片手で持てるちょうどいいタブレット!ドコモ「dtab Compact d-02H 」をレビュー

書いた人: Mako

カテゴリ: ドコモ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
片手で持てるちょうどいいタブレット!ドコモ「dtab Compact d-02H 」をレビュー

昨年12月に発売されたNTTドコモブランドの10.1インチタブレット「dtab d-01H(d-01H)」を以前レビューさせていただきましたが、今回は1月20日発売の8インチタブレット「dtab Compact d-02H(以下、d-02H)」のレビューをお送りします。
また、今回はd-02Hの本体のレビューだけでなくd-02Hで使いたいアプリまたはサービスを3種類ピックアップしましたので、そちらもあわせてご紹介します。

dtab d-01Hのレビューはこちら:

フルセグ対応が嬉しい!ドコモタブレット「dtab d-01H」をレビュー

目次:

「dtab Compact d-02H」ってどんなタブレット?

d-01Hとスペックを比較

まずはスペックを見ていきましょう。せっかくなのでd-01Hと比較してみたいと思います。
CPU、メモリ(RAM、ROM)は同一です。サイズを除き異なる点は、d-01Hがアウトカメラ約1,300万画素、インカメラが約500万画素なのに対し、d-02Hはそれぞれ800万画素と200万画素。他にもd-01Hはフルセグ(ワンセグ)に対応しているなど、基本的に大きな差はありません。
10.1インチのd-01Hの性能を、よりコンパクトな8インチの筐体に凝縮したといっても過言ではないでしょう。

機種 dtab d-01H dtab Compact d-02H
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約240 × 173 ×75 mm 約215 × 124 × 7.9mm
重量 約498 g 約345 g
OS Android™5.1 Lollipop
CPU Hisilicon Kirin 930
(2.0GHzクアッドコア+1.5GHzクアッドコア)
ディスプレイ 約10.1インチWUXGA(1,920×1,200 )ディスプレイ 約8インチWUXGA(1,920×1,200 )ディスプレイ
メモリ RAM:2GB/ROM:16GB
バッテリー 6,500mAh 4,650mAh
カメラ アウトカメラ:約1,300万画素
インカメラ:約500万画素
アウトカメラ:約800万画素
インカメラ:約200万画素
通信速度 下り(受信時)最大:150Mbps (4GLTE(800MHz))
上り(送信時)最大:25Mbps(4GLTE(2GHz))
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
製造メーカー ファーウェイ・テクノロジーズ
その他 フルセグ(ワンセグ)、SWS 2.0 SWS 2.0

ちなみに初期状態のストレージの空き容量は9GB超もあり、動画や音楽などのファイルサイズが大きいコンテンツも沢山保存できます。

ストレージの空き容量は9GB超
ストレージの空き容量は9GB超

ベンチマークテストの結果をチェック

続いて、ベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」でベンチ―マークテストを行ってみました。
テストの結果、スコアは「50564」になりました。価格およびスペック相応の結果です。

「AnTuTu Benchmark」のスコアは「50564」という結果に「AnTuTu Benchmark」のスコアは「50564」という結果に
「AnTuTu Benchmark」のスコアは「50564」という結果に

同梱品&外観をチェック

次に同梱品と外観をチェックしていきます。

d-01Hと同じアルミユニボディ

パッケージはこれまでのdtabシリーズ同様、白地に淡いグレーで「dtab」の文字が入ったシンプルなものです。

パッケージのデザインはこれまでのdtabシリーズを受け継いでいる
パッケージのデザインはこれまでのdtabシリーズを受け継いでいる

同梱品は、d-02H本体に加え、保証書やクイックスタートガイドなどの小冊子、スタンドです。スタンドは2013年3月に発売した初代dtabこと「dtab 01」から続くお馴染みの同梱品です。

同梱品はd-02H本体 保証書 クイックスタートガイド、スタンド
同梱品はd-02H本体 保証書 クイックスタートガイド、スタンド

続いて本体の外観を見ていきます。
まず、前面ですが、ベゼルの太さが気になるものの、縦持ち、横持ちいずれにしても指が直接画面に掛からないということを考えるとデメリットではないように感じます。

ベゼルの太さが気になるが、そのお蔭で持った際に直接画面に指が掛かることはない
ベゼルの太さが気になるが、そのお蔭で持った際に直接画面に指が掛かることはない

メタルユニボディのため、背面は見た目的にも手触り的にも高級感を感じることができます。
しかし、この寒い時期では、かなり冷たくなるため素手で触るのが億劫になるというデメリットがあります。

メタルユニボディは高級感を演出
メタルユニボディは高級感を演出

また、d-01Hを含め最近のファーウェイ製タブレット同様「harman/kardon」のロゴが刻印されており、d-02Hもまた音へのこだわりが表されています。

背面下部にはd-01H同様「harman/kardon」ロゴが刻印されている
背面下部にはd-01H同様「harman/kardon」ロゴが刻印されている

ちなみにこのd-02H、以前レビューさせていただいた「音の魔術師」こと「Media Pad M2 8.0」の廉価モデルがベースになっています。
そのためスピーカーは同じく上下に備わっており、お手頃価格であるにも関わらず、迫力あるサウンドで動画や音楽を楽しむことができます。

Media Pad M2 8.0のレビューはこちら:

エレガントなメタリックボディが美しい!音の魔術師「MediaPad M2 8.0」をレビュー

本体上下に備わっているスピーカーで迫力のあるサウンドを楽しめる
本体上下に備わっているスピーカーで迫力のあるサウンドを楽しめる
本体上下に備わっているスピーカーで迫力のあるサウンドを楽しめる

電源やボリュームなどのボタン類は右側面の上寄りにあります。

右側面の上部に電源やボリュームボタンがある
右側面の上部に電源やボリュームボタンがある

「dtab Compact d-02H」で使いたいアプリ&サービス3選

電子書籍の定番「Kindle」アプリ

8インチクラスの端末で楽しみたいのはなんといっても電子書籍です。電子書籍のストア、アプリはいくつかありますが、最大手ということもあり一番のおすすめはAmazonの「Kindle」です。

「Kindle paperwhite」などの専用端末で楽しむのもいいですが、何台も持ち歩きたくないという人がほとんではないでしょうか。もちろん筆者もその一人です。

1番のおすすめは電子書籍 なかでも「Kindle」がGood
1番のおすすめは電子書籍 なかでも「Kindle」がGood

コストパフォーマンスが素晴らしい「dマガジン」

電子書籍といえば、ドコモのサービス「dマガジン」も忘れてはなりません。
dマガジンの特長はなんといっても高コストパフォーマンスです。月額400円(税抜)で雑誌160誌以上が読み放題ということもあり、サービス開始当初から使い続けているサービスの1つです。

専用アプリのユーザーインターフェースがいまいちな点を除くと契約していても損はありません。

非常にお得なサービスdマガジンも忘れてはならない
非常にお得なサービスdマガジンも忘れてはならない

関連記事:

月額400円で雑誌が読み放題!だれでも使える「dマガジン」とは?

長距離移動中におすすめな「dアニメストア」

動画コンテンツも押さえておきたいところですが、ドコモのサービスの中に「dTV」などの動画コンテンツサービスがあります。
今回はその中でもアニメに特化した「dアニメストア」をピックアップしてみました。

dアニメストアでは最新のアニメはもちろん、懐かしのアニメまで幅広くカバーしています。
(dTVもそうですが)dアニメストアのうれしいところはコンテンツをダウンロードしておける点です。
新幹線や飛行機などでの長距離移動の場合、あらかじめ自宅のWi-Fi経由でまとめてダウンロードしておき、移動中に視聴するという使い方ができます(※一部のコンテンツはダウンロード不可)。持ち運びやすいd-02Hにうってつけのサービスだと考えています。

更に最近ではHD画質の動画も増えてきており、より高精細な動画を楽しめるのもポイントの1つです。

アニメ好きにはたまらないサービス「dアニメストア」
アニメ好きにはたまらないサービス「dアニメストア」
動画のダウンロードも可能。HD画質の動画も増えてきた
動画のダウンロードも可能。HD画質の動画も増えてきた

関連記事:

スマホでアニメ見放題!ドコモユーザー以外でも楽しめる「dアニメストア」とは?

まとめ

d-02Hのレビューと簡単ではありますが、d-02Hで楽しみたいアプリとサービスを紹介させていただきました。

昨年末にタブレットのまとめ記事で書かせていただいたように、8インチクラスのタブレットは戦国時代と言っても過言ではないほどひしめきあっています。その中で様々なサービスをもち、サポート体制もしっかりしているドコモがこのサイズのタブレットを出すという意味は大きいです。もちろん、ユーザー視点でも安心して使えるというメリットがあります。

中々タブレットを購入する機会というのはないかもしれませんが、今春に新しくケータイ、スマートフォンを購入予定の方はせっかくの機会ですので、一緒にd-02Hを購入してみてはいかがでしょうか。

ケータイ・スマホ購入の際に合わせて購入してみては?
ケータイ・スマホ購入の際に合わせて購入してみては?

ドコモスマホを購入する賢い方法

スマホを買うのに、どこに行きますか?

多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。家電量販店で買う人も多いですね。

でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか?
いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン
ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう?

一番多い答えが、ショップスタッフと「相談ができないから」という理由です。スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。

そこでおススメなのが、LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス!

やり方は簡単。下のボタンかQR コードから「LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談料金は無料

サービスの流れ

01

下のボタンまたはQR コードから、LINEの友達に登録

LINEの友達登録画面

矢印
02

LINEで相談

端末のことや料金プランのことなど気軽に相談してください。料金はかかりません。

LINEのタイムライン画面

矢印
03

LINE のリンクから公式サイトへ

ドコモ 公式サイト

矢印
04

公式サイトでお手続き

矢印
05

スマホがご自宅に届く

商品受け取りのイメージイラスト

使い慣れたLINE での相談は簡単だし、ドコモの公式ショップを通しての購入なので安心!
LINE なら使わなくなったらブロックしちゃえばいいので、普通に買うより無料で相談できる分だけお得ですよ!

LINE 友達に追加LINEアイコン

LINE WORKS

営業時間:10:00 ~ 20:00(最終受付19:30)

※営業終了後の質問は、営業開始してから返答します。

電話番号

0120-987-062

(電話受付時間11:00~24:00)

LINEはちょっと使いたくないし、めんどうだなと感じる人は直接電話して専門スタッフに相談することもできますよ!

受付時間は11:00~24:00までと夜遅くまで対応しているので、日中忙しい人も利用可能です。ご連絡先は以下の番号になります。

こちらの記事はいかがでしたか?

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mako

Mako

鹿児島在住のシステムエンジニア。福岡勤務の際、タブレットに魅せられ、タブレットを毎年20〜30台購入するほどのタブレットマニアに成長。最近はSIMフリースマートフォンやMVNOについて勉強中。