【格安SIM速度比較・16年2月編】爆速を見せたUQが復権!昼は安定のFREETEL

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: 格安SIM, 格安SIMの速度比較, 比較

タグ: ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【格安SIM速度比較・16年2月編】爆速を見せたUQが復権!昼は安定のFREETEL

※最新の速度比較記事はこちらからチェックできます:

格安SIMの速度比較記事一覧

暦の上では春を迎えましたがまだまだ寒い2月上旬。しかし格安SIMの速度調査は今月も熱い戦いを見せております。

格安SIMの速度は計測場所や時間の条件によっていろいろ異なるもの。東京都心部の情報としてご参考になりますよう頑張ります。

楽天モバイルが、5分以内なら850円で通話かけ放題「5分かけ放題オプション」を始めましたね。これまで通話のかけ放題は大手3キャリアが2700円の横並びといった印象がありましたが、大手3キャリアも5分以内の電話がかけ放題プランを1700円で提供するなどしていますが、一気にその半額まで引き下げてきました。

少し前までは「音声通話をすることが多いなら大手キャリア」という選択肢が絶対でしたが、楽天モバイルがその常識に風穴を開けるか、楽しみです。

今月もMVNOの主要な格安SIM10種類と、参考値として大手3キャリアの通信速度を計測しました。
その比較をもって、安くて速度も妥協できる格安SIMなのか、少し値が張るけれど速度が安定して出る大手3キャリアなのか、とみなさまがご判断できる情報になればいいなと思っています。

今回の結果はこのようになりました。

UQ mobileが復権!総合トップに返り咲いた

UQ mobileが復権!総合トップに返り咲いた

測定結果については、以下記事本文で詳しくご紹介していきます。

編集追記:

この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

目次:

調査方法や使用端末について

今回使用したのは7端末

今回使用したのは7端末

調査条件や方法は以下の通りです。

調査場所 東京・渋谷マークシティ オフィス棟付近
調査時間 (朝)8:15~9:00
(昼)12:15~13:00
(夜)18:30~19:15

2月上旬の平日、3つの時間帯で調査
調査アプリ OOKLA SPEED TEST.接続サーバーを「TOKYO」に固定
調査対象 IIJ(IIJmio)
OCN(OCN モバイル ONE)
BIGLOBE(BIGLOBE SIM)
b-mobile(b-mobile SIM 高速定額)
NifMo
FREETEL
楽天(楽天モバイル)
mineo-D(mineo Dプラン)
mineo-A(mineo Aプラン)
UQ(UQ mobile)
調査方法・機種 朝、昼、夜で上り・下りを5回ずつ計測しその平均を調査
IIJ、b-mobile、mineo-D→Galaxy S6 edge(SC-04G)
OCN、BIGLOBE→ARROWS F-02G
NifMo、FREETEL、楽天モバイル→Huawei P8 Lite
mineo-A、UQ→Xperia Z3(SOL26)で計測。
参考値として、同じタイミングで
NTTドコモ→Galaxy S6(SC-05G)
ソフトバンク→Xperia Z3(格安SIM計測とは別個体)
au→Galaxy S6 edge(SCV31・格安SIM計測とは別個体)
も計測。
備考 なるべく1回の計測時間に幅がでないよう、ドコモ系SIM8種類を3機種のスマホを使って並列で計測しそれぞれ45分以内に収めています。
機種の差が発生するデメリットはありますが、たとえば高速定額系は同じ機種でテストするなどの工夫はしています。すべて同じ機種でテストできていないなどの状況はご容赦ください。

ここからは、朝・昼・夜それぞれの測定結果を細かくみていきましょう。

朝の測定結果

朝の渋谷のモヤイ像

朝の渋谷のモヤイ像

冷え込みも激しくなり、また重度の方はすでに花粉に悩まされる時期になりました。
筆者もまあまあ強めの花粉症で、ビル内の調査にして良かったなと少し胸をなで下ろしています。4月までは花粉で悩みそうですから。

朝の測定結果:UQが下り平均34.53Mbps!

朝の測定結果:UQが下り平均34.53Mbps!

下り平均で30Mbpsを超えたのはUQ mobile。ドコモ・auの速度をも上回りました。
BIGLOBE、NifMo、楽天、mineo Aが25Mbps以上を記録し、快適な朝であったといえそうです。格安SIM10社中7社がドコモ超えを果たしているのも興味深い結果ですね。

先月の朝は200kbps程度でとても残念だったb-mobile。今月は改善したもののビリの400kbps程度。この程度ですと定額ながら高速とはいえない数字で、いまどきのコンテンツを閲覧するのには少し苦労しそうです。
朝・昼・夜とスキの無い速度を出していたFREETELは17.57Mbps。速度としては十分に出ていますが、他が早すぎたというところでしょうか。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 20.44Mbps 12.89Mbps
au 32.52Mbps 6.60Mbps
ソフトバンク 39.40Mbps 9.42Mbps

参考として計測した大手3キャリアの速度は、ソフトバンクはさすがの39.4Mbpsで格安SIMも入れて全体トップです。

朝のまとめ:UQが34Mbps超えでドコモ・auをも上回る

UQの爆速が目を引きました。5回計測で最低でも30Mbpsを超える安定度。ドコモ・auを超える速度には目を見張ります。

昼の測定結果

駅の東南方向にあり渋谷の書店好きに長く親しまれている山下書店のビルが周辺の再開発で孤立・・・

駅の東南方向にあり渋谷の書店好きに長く親しまれている山下書店のビルが周辺の再開発で孤立・・・

格安SIMの実力が試されるのが昼の時間帯。会社や学校の昼休み時にあたるこの時間帯にどれだけ快適に使えるかは、格安SIM選択の一つのバロメーターです。

最近は「歩きスマホ」の禁止マナーを訴えるポスターや個人も多く、歩きながらの利用は減っているかなと感じつつも、やっぱりまだまだ居ます。
一度カフェなどに入ってしまえばスマホをいじったり、テザリングを使ってパソコンをネット接続したりする人が居ますね。

昼の測定結果:先月から数値自体は落ちたがFREETELの圧勝は変わらず

昼の測定結果:先月から数値自体は落ちたがFREETELの圧勝は変わらず

このところ、昼の強さ圧倒的な力を見せているFREETEL。先月から数字自体は落ちたものの、まったく他社を寄せ付けぬ圧勝劇を見せました。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 24.38Mbps 12.73Mbps
au 29.23Mbps 8.59Mbps
ソフトバンク 31.79Mbps 10.76Mbps

昼の時間帯でも3キャリアそれぞれ快適な数字を出しています。朝に続いてソフトバンクが31.79Mbpsでトップという結果になりました。

昼のまとめ:FREETEL一人勝ち

格安SIMでトップのFREETELは下り平均が13.58Mbps。2位のUQが下り平均2.24Mbps。1Mbps代が楽天モバイルとmineo Aで、残りの6社は1Mbpsを切るという結果に。人気のIIJはブービー賞でした。

とにかくFREETELが圧倒しているという印象しか残りません。今月の昼は大手3キャリアが24Mbps以上を叩きだして高速安定の姿を見せている中、格安SIMは大部分が1Mbps出ないという状況。それでもFREETELが仁王立ちしていますね。

夜の測定結果

渋谷マークシティの中層階には深夜バスのターミナルがある

渋谷マークシティの中層階には深夜バスのターミナルがある

ビルの中ではありますが、コートを着て寒そうに歩く人々が多い夜の渋谷でした。お店の検索、明日の準備などスマホの利用頻度も高い夜。それぞれの速度はどのようになっているでしょうか。

夜の測定結果:UQがトップ、「夜のNifMo」復権をにおわせる全体2位

夜の測定結果:UQがトップ、「夜のNifMo」復権をにおわせる全体2位

UQが下り平均28Mbps超えを果たし、ドコモ・auをも上回りました。一時期は「夜のNifMo」と言われていたNifMoもドコモ・auの下り平均を上回る活躍ぶりです。
このところ安定の強さを見せているFREETELは3位に甘んじたものの17Mbpsを超えて安定した速度を見せています。

この3社に続くmineo Aが下り平均5.83Mbps。今月は3強が突出してしまい、1Mbpsを切って悪目立ちしたb-mobile・BIGLOBE以外は印象に残らないといったところです。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 20.00Mbps 8.67Mbps
au 10.60Mbps 2.38Mbps
ソフトバンク 41.66Mbps 16.40Mbps

大手キャリアはauがまさかの10Mbps程度。UQの3分の1程度しか出ないとはどうしたのでしょうか?

夜のまとめ:UQ・NifMo・FREETELの3社が強い

UQがドコモ・auを上回る28Mbpsを出したのに驚かされました。これが毎月続けばな・・・。と思います。
一時期夜に強さを発揮したNifMoは古豪復活と思わせる20Mbps超えで、FREETELは安定の高速でした。

b-moileは最高が0.47Mbps、平均が0.43Mbpsと厳しい結果に。

総まとめ :安心できるFREETEL、朝・夜はUQ mobileとNifMo

UQ mobileが復権!総合トップに返り咲いた

下り速度はUQ mobile、NifMo、FREETELという結果に

朝と夜に爆速を見せたUQとNifMoが1位・2位を占め、このところ最速の座を守り続けていたFREETELは全体3位。ただし個人的には、FREETELは朝・夜に17Mbps程度でており、昼も13Mbps程度と一日中安定して高レベルな速度を保っていると感じられます。

安定して使えるという安心感を最も与えているのがFREETEL、朝・夜の速度が重要ならUQとNifMoというのを今月の総評にしたいと考えます。

mineo Dの昼はまさかの最下位。「そのまま、安く、乗り換えようキャンペーン」で利用者が増えたことが要因でしょうか?来月も注視していきたいと思います。

大手キャリアではソフトバンクの下りの速さが目を引きました。auの夜はどうしたのでしょう?格安SIM並の速度でした。

上りの速度に関する傾向はいつも通り、格安SIMのコストパフォーマンスが高いようです。SNSに投稿したいなどの用途の方は格安SIMで十分でしょう。

今月は以上です!

編集追記:

この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。