はじめてのスマホはどこがおトク?2016年春の4キャリア学割まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル】

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめてのスマホはどこがおトク?2016年春の4キャリア学割まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル】

気がつけば3月。就職・就学をはじめとした4月から始まる新生活に備えて、準備をすすめる家庭も多いことと思います。

そんな中、中高生のお子さんを持つ方にとって大きな関心事といえるのが「子どもに持たせる携帯電話(スマホ)の準備」かもしれません。きちんと使えるスマホを持たせたいけど、家計の負担が抑えるにはどのキャリアで契約すればいいのか……。

毎年この時期になると各キャリアも学割の新プランを発表することが多いですが、2016年はどのキャリアも例年より力の入ったキャンペーンを実施しています。

そこで今回はドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの4キャリアが実施している2016年春の学割キャンペーンを紹介。さらに、それぞれどういった方にオススメなのかを整理していくことにします。

※当記事の料金は指定がない限りすべて税抜表記です。

目次:

ドコモ:ドコモの学割

ドコモの学割
ドコモの学割(参照

今シーズンドコモでは「ドコモの学割」と称してキャンペーンを実施しています。

適用される内容は「データ通信量の増量」「毎月の基本使用料の割引」の2点。
ドコモの学割は、データ通信量の増量分および毎月の割引額、いずれもおトクにバランスが取れているというのが特徴といえるでしょう。

25歳以下のユーザー本人

25歳以下のユーザー(本人)の場合、他社からののりかえ/新規加入/FOMA→Xiへの契約変更、機種変更(※その機種を18ヶ月以上利用していることが条件)で、端末の購入および指定プランへの加入といった条件を満たすことで、以下の特典を受けることができます。

ドコモ:25歳以下(本人)の場合

適用条件
・他社からののりかえ/新規加入/FOMA→Xiへの契約変更・機種変更
・端末の購入および指定プランへの加入

特典内容
毎月最大6GBのデータ通信量を増量(加入より最大36ヶ月間)
・カケホーダイプラン:基本使用料毎月最大1,300円割引(加入より最大12ヶ月間)
・カケホーダイライトプラン:基本使用料毎月最大800円割引(加入より最大12ヶ月間)

ドコモは現在このキャンペーンとは別に、25歳以下のユーザーを対象とした「U25応援割」という施策を実施しており、上記特典の内容はこれと併用した場合の内容となっています。
26歳の誕生月を迎えた場合には「U25応援割」のみ適用が外れ、以降は以下の内容が特典として継続適用されることになります。

ドコモ:26歳の誕生月以降の場合

特典内容
毎月最大5GBのデータ通信量を増量(加入より最大36ヶ月間)
・カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン:基本使用料が毎月最大800円割引

25歳以下のユーザーの家族

ドコモの学割では家族にも学割の適用が可能。他社からののりかえ、または新規加入によって端末の購入および指定プランへの加入といった条件を満たすことで、以下の特典を受けることができます。

ドコモ:家族の場合

適用条件
・他社からののりかえ/新規加入
・端末の購入および指定プランへの加入

特典内容
・毎月の料金から最大800円割引(加入より最大12ヶ月間)

ドコモの学割を他社と比較してみると、データ通信量の増量分と毎月の料金からの割引額のバランスがよいといえます。
ただし、特典の適用期間が最大36ヶ月かつ26歳の誕生月を迎えた時点で割引内容が減ってしまうということを考えると、1~2年程度で他社へののりかえなどを行なう人にとってオススメできる内容といえるでしょう。

キャンペーンの申込受付期間は2016年5月31日(火)まで。この期間中に条件を満たしたユーザーに特典が適用されます。

参照:

キャンペーン・イベント情報:ドコモの学割 | NTTドコモ
U25応援割:対象となる割引 | 料金・割引 | NTTドコモ

au:auの学割

auの学割
auの学割(参照

auでは今シーズン「auの学割」と称したキャンペーンを実施しています。

内容は、「データ通信量の追加付与」「毎月のデータ定額料の割引」「一部有料サービス利用料の割引」の3点。
最大◯ヶ月といった期間制限がなく、「条件が適用されれば25歳までずっと」という点が「auの学割」の大きな特徴といえます。

25歳以下のユーザー本人

25歳以下のユーザー本人は、他社からののりかえ、新規加入、および機種変更(※その機種を18ヶ月以上利用していることが条件)、いずれの場合においても端末の購入および指定プランへの加入といった条件を満たすことで、以下の特典を受けることができます。

au:25歳以下(本人)の場合

適用条件
・他社からののりかえ/新規加入/機種変更
・端末の購入および指定プランへの加入

特典内容
毎月最大5GBのデータ通信量を増量(加入より26歳の誕生月を迎えるまで)
・指定のデータプラン:データ定額料が毎月最大1,000円割引(加入より最大12ヶ月間)
・データ定額料の割引適用者対象:auスマートパス、ビデオパス、うたパスといった有料サービス利用料を一定期間限定で割引

25歳以下のユーザーの家族

25歳以下のユーザー本人に加えて、その家族にも学割の適用が可能。他社からののりかえ、または新規加入によって端末の購入および指定プランへの加入といった条件を満たすことで、以下の特典を受けることができます。

au:家族の場合

適用条件
・他社からののりかえ/新規加入
・端末の購入および指定プランへの加入

特典内容
・指定のデータプラン:データ定額料が毎月最大1,000円割引(加入より最大12ヶ月間)
・データ定額料の割引適用者対象:auスマートパス、ビデオパス、うたパスといった有料サービス利用料を一定期間限定で割引

auの学割の最大の魅力はなんといっても26歳の誕生月を迎えるまでならずっと学割が適用されるということ。例えば高校入学(15歳)とともに加入することで、最大10年間も学割の恩恵を継続的にうけることが可能です。

そういった意味では25歳以下のユーザー本人の年齢が若く、家族みんなで長期間auを利用しているなど今後も他社へののりかえを積極的には考えていないといった人にオススメできる内容といえるでしょう。

なおキャンペーンの申込受付期間は2016年5月31日(火)まで。この期間中に条件を満たしたユーザーに特典が適用されます。

参照:

今年は何かが違う。auの学割 | au

ソフトバンク:ギガ学割

ソフトバンクの学割
ソフトバンクの学割(参照

ソフトバンクでは「ギガ学割」と称したキャンペーンを実施しています。

ソフトバンクの学割で適用される内容は「データ通信量の増量」「毎月のデータ定額料の割引」の2点。ソフトバンクの学割では「加入時に年齢条件(25歳以下)を満たしていれば、26歳の誕生月を迎えた以降も特典が継続適用される」という点が魅力といえます。

25歳以下のユーザー本人

25歳以下のユーザー本人は、他社からののりかえ、および新規加入によって端末の購入および指定プランへの加入といった条件を満たすことで、以下の特典を受けることができます。

ソフトバンク:25歳以下(本人)の場合(のりかえ/新規加入)

適用条件
・他社からののりかえ/新規加入
・端末の購入および指定プランへの加入

特典内容
毎月最大6GBのデータ通信量を増量(のりかえ:加入より最大36ヶ月間/新規加入:加入より最大12ヶ月間)
・通話し放題プラン+指定パケット定額サービスへの加入:データ定額料が毎月最大1,500円割引(加入より最大24ヶ月間)
・通話し放題ライトプラン+指定パケット定額サービスへの加入:データ定額料が毎月最大1,500円割引(加入より最大24ヶ月間)
・ホワイトプラン+指定パケット定額サービスへの加入:基本使用料が毎月最大934円割引(加入より最大36ヶ月間)

上記は新規/のりかえの場合ですが、機種変更で端末の購入および指定プランへの加入を行なった場合はデータ通信量の増額のみ(毎月の料金からの割引はなし)となります。

ソフトバンク:25歳以下(本人)の場合(機種変更)

適用条件
・機種変更
・端末の購入および指定プランへの加入

特典内容
毎月最大6GBのデータ通信量を増量(加入より最大36ヶ月間)

25歳以下のユーザーの家族

ソフトバンクも家族に対して学割の適用が可能。こちらは他社からののりかえと新規契約とで特典の適用期間が異なっています。
いずれも端末の購入および指定プランへの加入をすることで特典を受けることが可能です。

ソフトバンク:家族の場合

特典内容(他社からののりかえ)
・毎月最大3GBのデータ通信量を増量(最大36ヶ月間)
・通話し放題プラン+指定パケット定額サービスへの加入:データ定額料が毎月最大1,500円割引(最大24ヶ月間
・通話し放題ライトプラン+指定パケット定額サービスへの加入:データ定額料が毎月最大1,500円割引(税別/最大24ヶ月間
・ホワイトプラン+指定パケット定額サービスへの加入:基本使用料が毎月最大934円割引(最大36ヶ月間

ソフトバンク:家族の場合

特典内容(新規加入)
・毎月最大3GBのデータ通信量を増量(最大12ヶ月間)
・通話し放題プラン+指定パケット定額サービスへの加入:データ定額料が毎月最大1,500円割引(最大12ヶ月間
・通話し放題ライトプラン+指定パケット定額サービスへの加入:データ定額料が毎月最大1,500円割引(税別/最大12ヶ月間
・ホワイトプラン+指定パケット定額サービスへの加入:基本使用料が毎月最大934円割引(加入より最大12ヶ月間

ソフトバンクの学割で魅力的なのは加入時に25歳だったとしても、その後最大3年間、割引を受け続けることが可能というところ。26歳の誕生月を迎えるまでもう1年前後しかない、といったユーザーにとっては非常にメリットの感じられる内容といえるでしょう。

キャンペーンの申込受付期間は2016年5月31日(火)までで、それまでに上記条件を満たす内容で契約した人に適用となります。

参照:

ギガ学割 | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク

ワイモバイル:ワン!キュッパ学割

ワイモバイルの学割
ワイモバイルの学割(参照

ワイモバイルでは「ワン!キュッパ学割」と称したキャンペーンを実施しています。

ワイモバイルの学割で適用される内容は「毎月の基本使用料の割引」「データ通信量の増量」の2点。
ポイントとなるのはそもそもの基本料金の安さで、一番データ通信容量の少ないプランであれば、最安毎月1,980円(※端末代除く)からの利用が可能となります。ただし、25歳以下のユーザーの家族に対して適用できる学割は用意されていません。

25歳以下のユーザー本人

25歳以下のユーザー本人は、他社からののりかえ、新規契約、契約変更、のいずれかにより端末の購入および指定プランへの加入といった条件を満たすことで、以下の特典を受けることができます。

ワイモバイル:25歳以下(本人)の場合

適用条件
・他社からののりかえ/新規契約/契約変更
・端末の購入および指定プランへの加入

特典内容
・スマホプランの基本使用料が毎月最大1,000円割引(加入より最大12ヶ月間)
・スマホプランのデータ通信容量が2倍に増量(加入より最大24ヶ月間)

ワイモバイルのスマホプランは「1回あたり10分までの音声通話が月300回まで無料」といったものにデータ通信容量を比較的定額で組み合わせることが可能。データ通信より通話頻度がとても多く、でも出来る限り毎月の支払いは安く抑えたい、といった人に検討の価値があるといえるでしょう。

ワイモバイルも申し込み受付期間は2016年5月31日まで。それまでに上記条件を満たす内容で契約した人に特典が適用されます。

参照:

ワン!キュッパ学割|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile(ワイモバイル)

まとめ:4キャリアの学割のポイント

4キャリアが今シーズン展開している学割のおおまかな内容と特徴、そしてどんな人にオススメか、といった点を触れてきましたが、いかがでしたでしょうか。最後に簡単な比較といった形でそれぞれの特徴を表で整理しておきます。

【データ通信容量の増量】
キャリア 適用 増量する通信量 適用期間
ドコモ あり 最大6GB 36ヶ月間
au あり 最大5GB 26歳の誕生月まで
ソフトバンク あり 最大6GB 36ヶ月間
ワイモバイル あり 契約プランの倍 24ヶ月間
【毎月の料金からの割引】
キャリア 適用 割引額 適用期間
ドコモ あり 最大1,300円 12ヶ月間
au あり 最大1,000円 12ヶ月間
ソフトバンク あり 最大1,500円 24ヶ月間
ワイモバイル あり 最大1,000円 12ヶ月間
【その他特典】
キャリア 適用 特典内容 適用期間
ドコモ なし
au あり 有料サービス(※)の月額情報料の相当額を割引 auスマートパス/ビデオパス:7月末まで
うたパス:5月末まで
ソフトバンク なし
ワイモバイル なし

※auスマートパス(372円/月)・ビデオパス(562円/月)・うたパス(300円/月)が対象

一見似通った内容にも見えますが、よくよく確認してみると、それぞれのキャリアで特典内容に特徴があります。
契約後に「実はあっちのほうが良かったんじゃ……」なんてことにならないためにも、各キャリアのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

実際にスマホを使うお子さんと、「どんな使い方をさせるのか」あるいは「どんな使い方をしたいのか」をしっかりと相談しつつ、気になったものはぜひ最寄りのお店に足を運んで相談してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。