カテゴリ: au

ガラケーからのステップに最適なガラホ!au 「GRATINA 4G」レビュー

今年の2月19日に2016年春モデルとしてauからGRATINA 4G(グラティーナフォージー)が発売されました。GRATINA シリーズとしては3代目にして初のAndroid搭載端末となっています。そしてau 4G LTE VoLTEにも対応し着実にスマホに近づきつつあります。
今回は短期間ですが端末をお借りする事が出来ましたので、実際の使用感からどういった人向けなのか?ガラケーとの違い・出来る事など含めてレビューしたいと思います。

GRATINA 4Gの設定・使い方はこちら:

これを見たあなたに覚えて欲しい!GRATINA 4Gを更に便利にする9個の設定・機能

目次:

-iPhone 12シリーズも割引対象-

au

au

・22歳以下の新規申し込みで10,000円分ポイント還元

・SIM(回線)のみ乗り換えでもポイント還元対象

iPhone 13シリーズも対象!

乗り換えで最大22,000円割引!

新規なら最大11,000円割引!

まずは外観をチェック!

GRATINA 4G
GRATINA 4G

それでは、さっそく外観を見ていきましょう。
形状についてはクラムシェル型を採用しており、折りたたみケータイと呼ばれる形になります。
スマートフォンが世に出るまではほぼ主流の形になっていただけに、今でもガラケー=折りたたみケータイをイメージする人は多いのではないでしょうか?
そういった人にも、このGRATINA 4Gは安心して使って貰えるデザインになっていると思います。

開いたところ
開いたところ

本体左側面に充電端子が搭載されています。GRATINA 4Gは防水・防塵・耐衝撃構造となっている点から充電端子にはキャップが付いています。最近ではキャップレスの防水端末もありますが、こちらは防塵仕様の為、キャップが付属しているのだと思われます。
ちなみにキャップは非常に開けやすく、不便には感じませんでした。ただ何度も開け閉めする事になるので耐久性の面で心配は残ります。

左側面にキャップ付きの充電端子があります
左側面にキャップ付きの充電端子があります
キャップを開けたところ
キャップを開けたところ

続いて右側面にはカメラのシャッターボタン兼マナーボタンが搭載されています。こちらは閉じた状態では本体のサブモニターの確認ボタンとなっており、長押しでマナーモードの設定/解除が出来ます。
またカメラを起動させるとカメラのシャッターになります。

右側面シャッター/マナーボタン
右側面シャッター/マナーボタン

サブモニターが搭載されているので閉じた状態でも日時、マナーモード、電池残量、電波強度などをひと目で確認する事が可能です。いちいち画面を開く必要が無いのは便利ですね。

サブモニターは有機ELディスプレイ
サブモニターは有機ELディスプレイ

裏蓋を外しバッテリーを取り出すとSIMスロットがあらわれます。

バッテリー内部にSIMとMicroSDのスロットがあります
バッテリー内部にSIMとMicroSDのスロットがあります

最近はずっとスマホだったので、久々にテンキーを使いましたが物理キーはやはり打ちやすいです。

テンキー部分
テンキー部分
バックライト点灯時
バックライト点灯時

本体背面にカメラが搭載されています。カメラの有効画素数は800万画素で昨今のスマホやガラケーと比べると劣るかなと思いますが、実際に撮影した写真は綺麗だと感じました。
また、裏面照射型CMOSカメラを採用しており、暗い所でもノイズが少なく明るく写真を撮る事が可能になっています。
撮影した写真を以下に載せておきます。

本体背面とカメラ
本体背面とカメラ
写真撮影例
写真撮影例
写真撮影例(暗い部屋でも比較的明るく撮れます)
写真撮影例(暗い部屋でも比較的明るく撮れます)

GRATINA 4Gの基本スペック

GRATINA 4Gのスペックを以下の表にまとめました。

サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51 × 113 × 16.7mm(最厚部 約17.7mm)
重量 約130g
バッテリー容量 1,500mAh
ディスプレイ 約3.4インチ854×480(FWVGA)
OS Android
メモリ RAM:1GB / ROM:8GB
CPU MSM8909 1.1GHz クアッドコア
対応SIMカードサイズ au Nano IC Card 04(VoLTE)
カメラ アウトカメラ:約800万画素 裏面照射型CMOS
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n(Wi-Fiテザリング最大10台)
Bluetooth® Bluetooth Ver.4.1
その他 MicroSDカード対応(最大32GBまで)、ワンセグ、GPS、NFC、防水機能(IPX5/IPX8)、防塵機能(IPX5)など

※詳細はauの商品ページにて確認可能です :
GRATINA 4G(グラティーナフォージー)|ケータイ|au

GRATINA 4Gは既に発売されており、本体価格は37800円(税込)に設定されています(執筆時点)。ガラホという事で、ガラケー寄りの為か比較的リーズナブルな料金設定になっているのではないかと感じました。

主な特徴、前機種からの進化点

ここからは、前機種と比較した際に特に進化したGRATINA 4Gの主な特徴・ポイントをご紹介します。

遂に対応!au 4G LTEとVoLTE

前機種では3G通信までしか対応していなかったのですが、今回の機種より4G LTEに対応し、今までよりも圧倒的に高速な通信が可能になりました。そしてフルブラウザ対応なのでスマートフォンやPCと同様の画面を表示する事が可能になっております。
また通話品質に関してもVoLTEに対応し、より高音質で実際の声にかなり近い音質での通話が可能となっています。
実際通話を試してみましたが本当にくっきり良く聞こえるという印象です。

聞こえ調整機能も搭載
聞こえ調整機能も搭載

また京セラの他機種では既に採用されていた「聞こえ調整」機能も搭載しています。
この機能は相手の声を自分の好みの音質に調整出来る機能です。
設定は3種類あり、

  • 甲高い音を軽減する「やわらかく」
  • こもった音を明瞭にする「はっきりと」
  • うるさく感じる音を小さくする「おさえめに」

こちらの設定で 調整する事が可能です。
例えば、通話中、相手の声が大きすぎると思う時ありませんか?そんな時は「おさえめ」に設定すると音質が落ち着き、声がすっと耳に入ってくるようになります。

Android搭載!!LINEが使えます

GRATINA 4GからOSにAndroidが採用しました。auのガラケーはこれまでKCPと言う独自のプラットフォームを採用してきましたが今回やっとスマホに並んだかなという感じです。
ただしAndroidと言ってもスマホの用にPlay Storeが使用出来る訳ではなく自分でアプリを追加したりということは基本的には出来ません。
設定などを見てもAndroidに共通した設定項目は表示されず、あくまでもガラケーの設定スタイルに倣っています。

設定画面
設定画面

そしてアプリはインストール出来ないと言いましたがLINEはプリインストールされていました。
今やコミュニケーションツールとしてスタンダードになりつつあるLINE。
これが使えるのはガラホの大きなメリットかと思います。
ただそれならばTwitterやFacebook、Instagramと言ったメジャーなアプリも追加して欲しかったかなと思います。

LINEが使えます
LINEが使えます
スタンプは標準のものだけのようです
スタンプは標準のものだけのようです

テザリングに対応、Wi-Fiルーター代わりにも使えます。

GRATINA 4Gはテザリングにも対応しています。なのでタブレットやPCのモバイルルーター代わりにもなります。しかもテザリングのオプションが豊富で、USBテザリングWi-Fiテザリング、そしてBluetoothテザリングにも対応しています。

この3つは、それぞれ特徴があります。

  • テザリング中は電池の消耗が激しくなるので充電しながら使用したい場合はUSBテザリング
  • 一度に複数人で使用したい場合はWi-Fiテザリング
  • 電池の消耗を抑えてワイヤレスで接続したい場合はBluetoothテザリング

といったかたちで、使用ケースに合わせて選択出来るのは大変便利だと思います。

GRATINA 4Gはこんな人にオススメ!

以上レビューしてきましたが、GRATINA 4Gはこんな人にオススメです。

まずはガラケー派でスマホは不要だと思っている人。
ガラケー自体がほぼ選択肢が無いのでauでガラケーを使用したいと思うなら、このGRATINA 4G一択になるかと思います。
ガラケーには無いLINEやPCと同等の表示が可能なフルブラウザの搭載がされており、設定編でご紹介予定のタッチポインタなどスマホの機能も取り入れられています。
これらの機能を使えるようになれば、今後「スマホに変えたい!」と思った時に比較的スムーズに移行出来るのではないかと思います。

次にオススメなのがガラケー+タブレットのユーザー。
というのもGRATINA 4Gはauシェアリンクという機能でタブレットと連携する事が出来るんです。(対象機種のみ)
残念ながら今回、対応したタブレットを持ちあわせておらず試す事が出来ませんでしたが、以下のような事が可能になります。

auシェアリンク機能
auシェアリンク機能(au公式サイトより)

この中でも特に良いなと思ったのが新着お知らせ機能。
ガラホでもタブレットでも、どちらを使っていても通知を受ける事が出来るのはとても便利だと思います。
上記機能の中でスマホ画面リンクとデバイス検索機能は本機種では未対応となっています。

またテザリング機能も搭載しているのでルーター代わりに使える点も注目です。
Wi-Fiのみのタブレットでもテザリングが使えれば、どこでもインターネットに繋がります。
モバイルルーターを検討している人にもオススメ出来ます。

まとめ

今回GRATINA 4Gを使用し非常に良く考えて作られた端末だなと感じました。
スマホの機能を取り入れているにも関わらず、ガラケーを使用している人が違和感なく使用出来るように設計されているからです。
従来通りのガラケーの使い勝手を維持し、今までガラケーでは出来なかった事がこのGRATINA 4Gでは出来るようになっています。
そして、スマホやタブレットがメイン機の人もサブで十二分に使える端末だとも思いました。

シンプルな中に高機能を隠しもった使う人を選ばない端末。
ガラケーの乗り換え、サブ機としても検討してみてはいかがでしょうか。

防水テストもしてみました、水に濡れても全然平気!
防水テストもしてみました、水に濡れても全然平気!
問題なく動いていますが真似はしないようにしましょう!
問題なく動いていますが真似はしないようにしましょう!

GRATINA 4Gの設定・使い方はこちら:

これを見たあなたに覚えて欲しい!GRATINA 4Gを更に便利にする9個の設定・機能

auで実施中のキャンペーン

au
  • 他社から乗り換えで最大22,000円割引
  • 新規・機種変更で最大11,000円割引
  • SIMのみで10,000円相当 au Pay還元
  • 22歳以下限定!新規契約でさらに10,000円相当のキャッシュバック

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんち

こんち

未来型ガジェッター・デザインラボ・スマフォトグラファー

プロフィール

2014年からシンプルなガジェットやテクノロジーに関するブログ「コチラボ」を運営中。新しいテクノロジーやデザインの製品に興味があり発信しています。

最近は自作や修理も意欲的に行っており技術記事も発信していこうと思っています。

モバレコでは、2016年から活動しており主にiPhoneの設定記事が最近では多いです。
iPhoneはじめスマホを深く使いこなして欲しいと思っています。
またトラブルシューティング等も得意なので皆さんの「困った」や「これが知りたかった」、「こんな使い方が出来るんだ」と言った部分を紹介していきたいと思います。

モバレコ以外のメディアでも、ちょこちょこ活動しています。

得意カテゴリー

iPhone・アプリ・スマホ・アクセサリ・SIMカード

ブログ・SNS

コチラボ
https//konchi.net
Twitter(@ko_nchi)
https://twitter.com/ko_nchi

メディア実績

  • マイベスト
  • おすすめExcite



Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン