防水・防塵・耐衝撃の堅牢ボディガラホ「DIGNOケータイ」レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
防水・防塵・耐衝撃の堅牢ボディガラホ「DIGNOケータイ」レビュー

ソフトバンクとワイモバイルから2月26日に発売された「DIGNOケータイ」

防水・防塵に加え、MIL規格準拠の耐衝撃性を備えたタフネスボディが特徴。折りたたみ式の携帯電話ながら、スマホ向けのLINEアプリを使用することもできます

目次:

シンプルスタイリッシュなデザイン

DIGNOケータイは、カッパー・ブラック・ホワイト・ピンク・ブルーの5色展開。今回はカッパーとブラックをレビューします。

カッパーとブラックの「DIGNOケータイ」
カッパーとブラックの「DIGNOケータイ」

ホワイト・ピンク・ブルーは若い人や女性にもオススメできる明るくポップなカラーですが、ブラックとカッパーは、シックな印象の落ち着いたカラーになっています。

カラーごとに質感が異なり、カッパーはプラスチックのサラサラな質感、ブラックはマットな質感はラウンドフォルムのボディと相まって持ち心地が好印象です。

表面にはサブディスプレイが搭載、側面に配置されたマナー/シャッターキーを操作すると、時間・曜日・電池残量・電波状況・着信相手・メールの受信相手などを確認することができます。

0.9インチの有機ELサブディスプレイ
0.9インチの有機ELサブディスプレイ

左の側面にはmicroUSB端子を搭載。キャップレスがトレンドですが、キャップ式になっています。

キャップ式のmicroUSB端子
キャップ式のmicroUSB端子
カメラ、フラッシュLED、充電端子、スピーカーを備える背面
カメラ、フラッシュLED、充電端子、スピーカーを備える背面
ストラップホールを備える底面
ストラップホールを備える底面
ディスプレイは、プッシュオープン式ではなく手動オープン式
ディスプレイは、プッシュオープン式ではなく手動オープン式
microSDカードやSIMカードのスロットは、バッテリーケース内に配置
microSDカードやSIMカードのスロットは、バッテリーケース内に配置

防水・防塵・耐衝撃のボディ、VoLTE、4G、大容量バッテリー搭載の充実スペック

「DIGNOケータイ」は、IPX5/IPX8相当の防水と、IP5Xの防塵に加え、MIL規格準拠の耐衝撃性を備えたボディが特徴です。

堅牢なボディには、3.4インチ/FWVGA(854×480ピクセル)のディスプレイと、800万画素のカメラ、1.1GHz・クアッドコアのプロセッサ、1GBのメモリ、8GBのストレージを搭載。

バッテリーは大容量の1,500mAhで、1週間超えの電池持ちを実現。高音質の通話が可能な「VoLTE(ボルテ)」「HD Voice」と、下り最大112.5Mbpsの高速データ通信が利用できます。

なお、おサイフケータイ、テザリング、Wi-Fiには対応していません。

サイズ 約51×114×17.9mm
重さ 約130g
ディスプレイ 約3.4インチ/FWVGA(480×854ピクセル)
サブディスプレイ 約0.9インチ/有機EL
カメラ 8メガピクセル CMOSカメラ
バッテリー容量 1,500mAh
連続通話時間 3G:約780分
4G LTE:約530分
GSM:約360分
連続待受時間 3G:約680時間
4G LTE:約530時間
GSM:約580時間
プロセッサ 1.1GHz / クアッドコア
メモリ 1GB
保存容量 8GB
microSD 最大32GB
防水・防塵 IPX5/IPX8・IP5X
耐衝撃 MIL規格準拠
Bluetooth 4.1
ワンセグ
テザリング・Wi-Fi ×
おサイフケータイ ×
高音質通話 VoLTE/HD Voice

スマホの快適操作を実現する「タッチポインター」搭載のテンキー

ボタンは、0〜9のテンキーに加えて、ガラホらしく「通知」「アプリ」「履歴」といったキーを配置。

テンキーの下に配置された「通知」「アプリ」「履歴」キー
テンキーの下に配置された「通知」「アプリ」「履歴」キー

通知キーは通知パネルを表示します。長押しすると、機内モード・Bluetooth・エコモード・GPS・マナーモードをオン・オフできる設定パネルが表示されます。

アプリキーはアプリ一覧を表示します。長押しすると、あらかじめ設定したアプリをショートカット起動することができます。

履歴はこれまでに起動したアプリの確認が可能です。

なお、ボタン部は「タッチポインター」機能を兼ねており、ボタンを押さずに指でなぞるとパソコンのマウスのように操作することができます

タッチポインター機能を備えたボタン
タッチポインター機能を備えたボタン

タッチポインターで操作できるのは「クリック」「スクロール」「拡大」「縮小」の4つで、LINEやブラウザ、Office Suiteで利用することができます。

キー同士の配置が離れていて、しっかりと押した感触もあるため、文字入力がしやすい
キー同士の配置が離れていて、しっかりと押した感触もあるため、文字入力がしやすい

LINEアプリも使えるケータイ

携帯電話でもLINEを利用することができますが、使える機能に制限があります。DIGNOケータイは、OSにAndroidを搭載し、Android向けのLINEアプリがインストールされているため、携帯電話ながらスマートフォン用のLINEアプリをそのまま利用することができます。

スタンプ、音声・アニメーション付きスタンプの送受信はもちろん、トーク画面のリアルタイム更新、新着メッセージの通知、受信した画像のプレビュー表示などを利用することが可能です。

DIGNOケータイで利用できるLINEアプリ
DIGNOケータイで利用できるLINEアプリ

TwitterやFacebookはブラウザから

LINE以外のスマホアプリは、基本的に利用することができません。ただ、TwitterやFacebookなどはブラウザでの利用に対応しており、DIGNOケータイのブラウザもスマホ用のページを表示することができます。

スマホ向けのレイアウトで利用できるFacebookとTwitter
スマホ向けのレイアウトで利用できるFacebookとTwitter

通知の受け取りや、Twitterではアンケート・GIF検索・ニュースなどの一部機能が利用できないなど、スマホアプリに比べると制限がかかっていますが、使い勝手が悪いというわけではありません。

また、先ほど紹介した「タッチポインター」を使えば、画面のスクロールやタッチなどの操作を快適に行えます。特にTwitterやFacebookで、タイムラインを遡って過去のメッセージを確認しようとするとカーソルキーを何回も押す必要がありますが、「タッチポインター」なら2タッチで高速にスクロールができるので、快適に操作することができます。

使いやすさにこだわったDIGNOケータイの機能

DIGNOケータイには使いやすさにこだわった機能として「すぐ文字」「漢字チェック」「自動マナーモード」などの機能が収録されています。

「すぐ文字」は、待ち受け画面で文字を入力して、そのままインターネット・電話帳検索やメール・SMS本文への反映、スケジュール・メモ登録、漢字チェックができます。気になった言葉を検索したり、忘れないようにメモやスケジュール登録するのに便利です。

すぐにネット検索やメモが取れる「すぐ文字」
すぐにネット検索やメモが取れる「すぐ文字」

「漢字チェック」は、入力した文字を拡大して確認できる機能。ペンで文字を書くのに携帯で漢字を調べることがよくありますが、画面に表示される文字が小さくて見づらいことがよくありますが、そんな時に便利な機能です。

読みづらい文字を拡大表示できる「すぐ文字」
読みづらい文字を拡大表示できる「すぐ文字」

「自動マナーモード」は、マナーモードをオン・オフする日時や曜日をスケジュールに登録することができる機能。ついつい、忘れがちなマナーモードの設定をスケジュールに登録することで未然に防ぐことができます。

まとめ

折りたたみ型の持ちやすいボディに、スマホの機能を詰め込んだいわゆるガラホは、シャープ製の「AQUOSケータイ」と富士通製の「かんたん携帯9」(ソフトバンクのみ)、そして京セラ製の「DIGNOケータイ」の3機種が発売されています。

今回レビューした「DIGNOケータイ」との比較機種になるのは、「AQUOSケータイ」ですが、最も大きな違いとなるのが、4G(LTE)の対応有無です。

AQUOSケータイは4Gに対応していないため、通信速度は「DIGNOケータイ」の約五分の一、携帯電話として利用頻度の高い音声通話でも高音質な通話が可能な「VoLTE」を利用することができません。

さらに、「DIGNOケータイ」は、MIL規格に準拠した耐衝撃性を備え、防水性能も「AQUOSケータイ」より優れたIPX5/8に対応した堅牢なボディを採用しています。

ソフトバンクオンラインショップでの価格は両機種とも同じなので、シャープ製の携帯電話に使い慣れている、画面のぞき見を防止する機能を使いたい、などの理由がない限りは、「DIGNOケータイ」をオススメします。

なお、「DIGNOケータイ」はソフトバンクとワイモバイルから発売されています。両社の料金プランに違いがありますが、デザイン・機能・性能面に違いはありません。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!