音楽を聴きながらのランニングが、大切な時間。【みんなのスマホ】No.4 染矢真帆(編集者)

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: インタビュー, レポート ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
 音楽を聴きながらのランニングが、大切な時間。【みんなのスマホ】No.4 染矢真帆(編集者)

みんなが毎日使っている、スマートフォン。
スマホとは、どんな風に付き合っているのだろう。
どんな毎日を過ごしているのだろう。

モバレコの連載企画「みんなのスマホ」。今回のゲストは、2年前に出版社を辞めてフリーの編集者になった染矢真帆さんです。彼女は、これまでランニング専門誌などを多く手がけてきました。
最近は日本でもランナー人口が急増中。それに合わせて、ランニングのデータを記録するスマホアプリも次々と出ています。
染矢さんが走るときに使っているアプリは? 彼女にとって、仕事とランニングとは?
そしてスマホとの向き合い方についても、うかがいました!

<関連記事>

【みんなのスマホ】No.1 吉本ばななさん(前編)
【みんなのスマホ】No.1 吉本ばななさん(後編)
【みんなのスマホ】No.2 近藤愛さん(イラストレーター)
【みんなのスマホ】No.3 小木戸利光(アーティスト)

目次:

もともとは、セラピストになりたかった

フリー編集者 染矢真帆さん

――編集者になろうと思ったきっかけは何ですか?

もともとは、セラピストになりたいと思っていました。
大学時代に原因不明の体調不良になることが多く、病院で診てもらうのですが精神安定剤などを処方されてしまい、「これはなんか違うな~」と思っていたときに自然療法の「アロマテラピー」に出会ったんです。人間の体を、表面的に癒すのではなく深くケアしてくれるという考えがすごくフィットし、次第に自分と同じような症状に悩む人を癒したいと思うようになっていきました。そして、いろいろ本を調べていたときに、『アロマじかん』というムック本に出会い、編集の仕事にも興味が出てきたんです。

ムック本『アロマじかん』
ムック本『アロマじかん』

――『アロマじかん』は、どんな本だったんですか?

自然療法の本や雑誌は他にもありましたが、当時は教科書みたいに効用を伝えるものが多かったんです。そんな中で『アロマじかん』は、「アロマのあるライフスタイル」を表現していました。私は体質改善のために一生懸命アロマの勉強をしていたタイプでしたが、『アロマじかん』は、もっとナチュラルにアロマを生活に取り入れる考えだったので、それがとても新鮮に感じて。
このムック本との出会いでセラピストよりも、世界観を伝える仕事をしてみたいと思うようになり、大学時代に編集プロダクションでアルバイトを始めたんです。アルバイトをしていたそこの会社には就職しなかったのですが、違う出版社に就職しそれからずっと編集の仕事をしています。

染矢さんの自宅・仕事場
染矢さんの自宅・仕事場

転職して、ランニング雑誌の部署に配属

――趣味はランニングということですが、始めたきっかけはなんですか?

趣味系の本や雑誌を多く出版している会社に転職した時に配属されたのが「ランニング雑誌」の部署だったんです。もともと私は学生時代に陸上部に入っていて、「長距離=辛い」というイメージしかありませんでした。でもランニング雑誌の取材で「1キロ6~7分のペースで、おしゃべりしながら走る感じでもいいんだよ」と言われ、そのペースで走っていたらあっという間に10キロくらい走りきっていて驚いたんです。走るって、こんな楽な感覚で楽しめるんだ!って。仕事でランニングに関わっていくうちに、辛いイメージが楽しいに変わっていきました。
当時は転職したばかり。仕事のやり方にまだ慣れず、同僚とスキルの差を感じて悔しい気持ちの日が多かったんですけど、いま振り返ると走っていたからリフレッシュできて、めげずに仕事が出来ていたんだと思います。異動が多い出版社だったんですが、私は6年間ランニング雑誌の仕事に関わることができて本当に良かったです。

染矢さんが編集に携わった書籍や雑誌
染矢さんが編集に携わった書籍や雑誌

――最近もランニングは続けていますか?

はい、続けています。昨年12月には湘南国際マラソンに参加しました。最近はちょっと忙しくて週1ペースになっていますが、1回5~10㎞くらい走っていますね。寒い時期は走る頻度が少し落ちてしまいますが(笑)、暖かい季節になると走るのが気持ちいいので週3ペースになってきます。走ると頭の中がスッキリするので仕事の効率も上がりますよ。

ランニングに欠かせないアプリ「AccuRadio」

――走るときに使うアプリはありますか?

AccuRadio(アキュ・レディオ)」という音楽専用インターネットラジオを聴きながら走ることが多いです。500以上のチャンネルがあるので、さまざまジャンルの音楽が楽しめる便利なアプリ。音楽を聴きながら走ると飽きないです。
あとは「Runtastic(ランタスティック)」というアプリ。これで運動記録を取りながら走ります。走ったコースや距離、ペースまで記録できるので大会前にはこのデータをもとに走り方を調整するんです。

走るときは、音楽を聴きながら
走るときは、音楽を聴きながら
音楽専用インターネットラジオ「AccuRadio」
音楽専用インターネットラジオ「AccuRadio」

スマホに疲れたら、家に置いて出かける

――スマホを使うにあたって、なにか気をつけていることはありますか?

スマホを見るのに疲れたら、ちょっと距離を取るようにしています。ささいなことですが、ちょっと近所へ買い物に行く間だけでも家に置いて出かけるとか。
パソコンを開かなくても原稿や写真のチェックができたり、すぐメールの返信ができたり、スマホの恩恵もたくさん受けているんですが、いつでも外部と繋がってしまうという状況だとONとOFFの切り替えが上手くできなくて、ストレスにもなります。スマホは生活になくてはならない存在だけど、使用頻度のバランス感覚がとても大事ですね。

――では最後に、これから染矢さんが挑戦したいことは?

40歳までにはトライアスロンの大会に出場してみたいと思っています。でも私、全く泳げないんです。まずはその点を克服をしなくちゃいけないんですが!(笑)
私は大会に出るとき、記録はあまり気にしません。完走したときの快感がたまらなくて参加しています。泳げるようになって無事に完走できたら、また自信がつくだろうなと思っています。

フリー編集者 染矢真帆さん

(取材・文・撮影)勝俣利彦

<関連記事>

【みんなのスマホ】No.1 吉本ばななさん(前編)
【みんなのスマホ】No.1 吉本ばななさん(後編)
【みんなのスマホ】No.2 近藤愛さん(イラストレーター)
【みんなのスマホ】No.3 小木戸利光(アーティスト)

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?