【iOS8新機能】削除した写真が復元できる!iPhoneのカメラ機能まとめ

書いた人: 小枝祐基

カテゴリ: iPhone, iPhoneの標準アプリ, まとめ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【iOS8新機能】削除した写真が復元できる!iPhoneのカメラ機能まとめ

iOSは新バージョンになるたびにカメラ機能がアップデートされるのが特徴です。
iOS 8では、撮影機能に「露出の手動調整」「タイマー撮影」「タイムラプス撮影」、写真管理では「お気に入り」「復元」、編集機能には「コンポジションツール」「外部フィルタ追加」など、便利な機能が新たに追加されました。
今回はiOS 8で搭載された最新機能を中心に、写真・カメラの解説を行っていきます。

iOS8の新機能~撮影編~

明るさの調整が簡単にできるようになった!

iPhoneのカメラにありそうでなかったのが、明るさ(露出)の手動調整機能です。
写真を撮影するとき、iPhoneでは画面に映った被写体をタップすると、自動でピントや明るさが設定されます。

フォーカスした位置だと写真が暗くなってしまう場合、これまでは明るさを調節するために、被写体周辺のタップを繰り返して、好みの明るさを探す…という対処をしていた人が多いのではないかと思います。
iOS 8では、被写体にピントを合わせたのち、画面に指をのせて上下にスワイプさせると、写真の明るさを自由に変更できるようになりました。

画面をタップし被写体をフォーカスします。
画面の任意の箇所に指をのせます。
上方向にスワイプすると明るくなります。
そのまま下方向にスワイプすると暗くなります。

タイマー撮影にも対応した!

集合写真の撮影など、備えていれば便利なタイマー機能。これまでアプリなどで代用していたユーザーもいたと思いますが、iOS 8からはようやく正式にタイマー撮影ができるようになりました。
タイマーは3秒と10秒の2種類が選択でき、シャッターキーをタップするとカウントダウン開始。時間になるとバーストモード(高速連写)により10枚連続で写真が撮影され、ベストな一枚を選ぶことができます。

撮影画面上部のタイマーアイコンをタップ。
撮影開始までの時間を3秒・10秒から選択し
シャッターボタンをタップ。
カウントダウンが開始され、
撮影までの時間が表示されます。
時間になると撮影。
高速連写で10枚連続撮影が行われます。

タイマー撮影はアウトカメラ・インカメラの双方に対応してます。
なお、これまでiPhone 5sで非対応だったインカメラでのバーストモード撮影にもiOS 8から対応しています。

なお、新たに追加されたタイムラプス撮影や進化したスローモーション撮影についてはこちらの記事をご覧ください。

iOS8の新機能~管理編~

ハートをタップしてお気に入り登録

気に入った写真を「お気に入り」アルバムに簡単に追加ができるようになりました。

写真の閲覧中に個々に表示されるハートのマークをタップするだけで登録ができるので、溜まってきた写真を整理するのにもひと役買います。

「写真」アプリで任意の写真を開いて、
画面下のハートマークをタップ。
「アルバム」タブを開き、
アルバムの一覧で「お気に入り」をタップ。
「お気に入り」に先ほどの写真が登録されているのを確認。

削除した写真は30日以内なら復元可能

写真を整理していて、誤って必要な写真まで削除をしてしまったら大変です。

iOS 8では、削除した写真が30日間、アルバム内の「最近削除した項目」に保管されます。30日が経過すると完全に削除されてしまいますが、30日以内であれば復元が可能です。

「アルバム」画面で
「最近削除した項目」を選びます。
削除した写真が一覧表示され、
完全に削除されるまでの日数が確認できます。
右上の「選択」をタップ。
写真を未選択の状態では、
画面下方に「すべて削除」と
「すべて復元」が表示されます。
写真を選択すると、
「削除」と「復元」に表示が変わります。
「復元」を選ぶと、削除した写真が元に戻せます。

注)「復元」ではなく「削除」を選ぶと、30日が経っていなくても即座に完全削除が行われます。「削除」を行った場合は、写真の復元ができなくなりますので、操作は慎重に行って下さい。

iOS8の新機能~編集編~

コンポジションツールで傾きを自動補正する

アイコンなど、パッと見では変化がわかりづらいですが、トリミングツールが「コンポジションツール」へと進化し、傾きの自動補正を行うようになりました。ダイヤル部分を左右にドラッグすると手動での傾き調整も可能です。

写真の編集画面で
「コンポジションツール」アイコンをタップ。
傾きを検知し、自動で補正を行います。
下方のダイヤルドラッグして手動調節も可能です。

色や明るさなどの調整メニューも豊富

撮影した写真の明るさや色味の調整も、写真アプリから簡単に行えます。スマートスライダでのお手軽調整に加えて、各項目ごとに細かく微調整することも可能です。

補正を行いたい写真を開き
「調整ツール」をタップします。
ライト、カラー、白黒の
3つのメニューが表示されます。
「ライト」を選ぶと、明るさの調整が行えます。
下方のスライダを右にすると明るく、
左に寄せると暗くなります。
「カラー」を選ぶと、色調補正が行えます。
右側で鮮やかに、
左側で淡い色味に調節が可能です。
メニューの左手にある矢印をタップすると、より詳細な項目が呼び出せます。
任意の項目だけを微調整することもできます。

別のアプリからフィルターが追加できる!

写真アプリには、これまでもワンタッチで写真に加工がかけられるアートフィルターが用意されていましたが、iOS 8ではさらに、あらかじめiPhoneにインストールされた他の写真加工アプリが持つフィルターも、写真アプリ上からすばやく呼び出せるようになりました。
純正にはないテイストの加工を施したい時など、いちいち他のアプリを起動する手間を省けて便利です。ただし、対応状況はアプリにより異なります。

写真の編集画面で「…」のアイコンをタップし
続く画面で「その他」を選びます。
「写真編集App」画面でアプリをチェックし
完了するとアプリのアイコンが追加されます。
ここではArtomatonで油絵風の加工を選択
完了後は写真アプリの編集画面に戻ります。
なお「フィルターアイコン」をタップすると
従来の8種類のアートフィルターが楽しめます。

まとめ

iOS 8では、話題となったタイムラプスのように直感的に遊べる機能も魅力的ですが、タイマー撮影や露出補正など、使い勝手に直結する機能に対応した点が、ユーザーとしては何より嬉しいポイントです。

編集機能や他のアプリとの連動など、写真アプリの機能も底上げされ、ますます便利に。撮影から加工、SNSなどへの投稿と、一層スムーズに利用できるiOS 8のカメラ機能。もし見落としていた機能があれば、ぜひ試してみて下さい!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!