【格安SIM速度比較・16年3月編】UQ mobileが最高速度を計測!安定感のあるFREETELとNifMo

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: 格安SIM, 格安SIMの速度比較, 比較

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【格安SIM速度比較・16年3月編】UQ mobileが最高速度を計測!安定感のあるFREETELとNifMo

※最新の速度比較記事はこちらからチェックできます:

格安SIMの速度比較記事一覧

恒例の格安SIM速度測定、お花見、卒業、花粉症・・・。季節や年度や人生の変わり目となる3月です。今月も東京の渋谷・マークシティ、ビジネス棟付近で調査をしました。格安SIM10種類に、NTTドコモ、ソフトバンク、auの大手3キャリアも参考計測しております。

2月末にイオンモバイルが他の格安SIMの代理店としての立場に加え、独自にMVNOとして格安SIMを提供することを発表し、サービス開始を試みました。

イオンデジタルワールド
引用:格安スマホを中心としたデジタル商品オンラインショップ|イオンデジタルワールド

しかし、オープン初日にまさかの登録遅延の障害が発生。記事執筆時点では順次登録作業が進んでいるということです。
他社の代理店として経験を積んだ中でイオンモバイルがどの程度の快適さを提供してくれるのか、今後が楽しみですね。

今月もMVNOの主要な格安SIM10種類と、参考値として大手3キャリアの通信速度を計測しました。
その比較をもって、安くて速度も妥協できる格安SIMなのか、少し値が張るけれど速度が安定して出る大手3キャリアなのか、とみなさまがご判断できる情報になればいいなと思っています。

今回の結果はこのようになりました。

モバレコ:格安SIM速度比較・16年3月編
最高速度はUQ。FREETELとNifMoが10Mbps超えの好成績で上位に入りました

測定結果については、以下記事本文で詳しくご紹介していきます。

編集追記:

この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

目次:

調査方法や使用端末について

今回も7端末で計測
今回も7端末で計測

調査条件や方法は以下の通りです。

調査場所 東京・渋谷マークシティ オフィス棟付近
調査時間 (朝)8:15~9:00
(昼)12:15~13:00
(夜)18:30~19:15

3月上旬の平日、3つの時間帯で調査
調査アプリ OOKLA SPEED TEST.接続サーバーを「TOKYO」に固定
調査対象 IIJ(IIJmio)
OCN(OCN モバイル ONE)
BIGLOBE(BIGLOBE SIM)
b-mobile(b-mobile SIM 高速定額)
NifMo
FREETEL
楽天(楽天モバイル)
mineo-D(mineo Dプラン)
mineo-A(mineo Aプラン)
UQ(UQ mobile)
調査方法・機種 朝、昼、夜で上り・下りを5回ずつ計測しその平均を調査
IIJ、b-mobile、mineo-D→Galaxy S6 edge(SC-04G)
OCN、BIGLOBE→ARROWS F-02G
NifMo、FREETEL、楽天モバイル→Huawei P8 Lite
mineo-A、UQ→Xperia Z3(SOL26)で計測。
参考値として
NTTドコモ→Galaxy S6(SC-05G)
ソフトバンク→Xperia Z3(格安SIM計測とは別個体)
au→Galaxy S6 edge(SCV31・格安SIM計測とは別個体)
も同じタイミングで計測。
備考 なるべく1回の計測時間に幅がでないよう、ドコモ系SIM8種類を3機種のスマホを使って並列で計測しそれぞれ45分以内に収めています。
機種の差が発生するデメリットはありますが、たとえば高速定額系は同じ機種でテストするなどの工夫はしています。すべて同じ機種でテストできていないなどの状況はご容赦ください。

ここからは、朝・昼・夜それぞれの測定結果を細かくみていきましょう。

朝の測定結果

朝のマークシティ
朝のマークシティ。出来て15周年だそうです

暖かい日が少しずつ多くなってきています。この日もコートやジャンパーといった防寒着を着ずに歩いている人もちらほら居ました。

モバレコ:格安SIM速度比較・16年3月編 朝の測定結果
UQ mobileが朝は快適

スピードの出やすい朝は10Mbps以上出ていれば標準的といえそうです。今月、その「標準」を下回ったのはb-mobileと楽天ですが、それでも3Mbps以上は出ているので、通信に不都合はないといえるでしょう。

トップはUQでした。先月のような30Mbps超えといった速度ではありませんでしたが、堂々の25Mbps超え。快適です。
そのほかはすべて10Mbps台と特筆すべきことはありませんでした。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 4.93Mbps 11.84Mbps
au 11.02Mbps 0.73Mbps
ソフトバンク 32.44Mbps 9.12Mbps

異変があったのは朝のNTTドコモとauです。ドコモの下りは5回の平均速度が5Mbpsを切ってしまいました。またauの上りは1Mbpsを切っています。これはどうしたことでしょう???

朝のまとめ:安定のUQ。大手キャリアに異変?

UQ mobileはいつも通りの安定感といった感じ。ドコモの下り、auの上りの低調にびっくりしました。

昼の測定結果

渋谷 道玄坂
あいにくの天気の道玄坂は全体的に灰色

少しぐずついた天気。傘をささずに済ませるランチを選択する人が多いかもしれませんね。もっとも渋谷・マークシティから雨に濡れずに地下道までいけるなど、範囲がとても広いため、これによってビル内が混雑すると言うこともそうそうなさそうです。

モバレコ:格安SIM速度比較・16年3月編 昼の測定結果
今月もFREETELの安定感が光る

データ通信速度に最も顕著な差が現れるのが昼。毎度のように述べていますが、ランチ時に速度が出る(落ちにくい)格安SIMは安定して使えるといった印象を持ちやすくなるのではないでしょうか。

このところ安定した速度を記録するFREETELは今月も「高値安定」。格安SIMトップの14Mbps台です。追随するのが10Mbpsを超えたBIGLOBEと9Mbps台のNifMo、朝の王者のUQは6Mbps台と、そこそこの速度を記録しました。

ほかは、約3Mbpsを記録したmineo-D以外は1Mbpsを切る速度で残念な感じ。BIGLOBE、NifMoも、毎月のように不満のない速度を記録しており、長く安定して使える格安SIMといえるのかもしれません。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 15.17Mbps 5.83Mbps
au 27.42Mbps 4.66Mbps
ソフトバンク 27.02Mbps 4.74Mbps

朝の不調は見られなかったドコモとau。速度が出るはずの朝にひどい数字でしたので一日中遅かったらどうしようと心配でしたが、杞憂に終わりました。

昼のまとめ:昼の王者・FREETELは今月も安泰。UQも十分

速度差が大きい昼は、今月もFREETELが安定ある高い速度を見せました。朝・夜の結果も合わせて考えれば昼に速度の出るFREETELは安心して使える印象をもたらします。

BIGLOBE・NifMoも大健闘。UQはFREETELほど出ないだけで、決して昼が弱いわけではありません。5Mbpsを超えて実用十分です。

夜の測定結果

渋谷駅東口近く
渋谷駅東口近く。ヒカリエは夜も明るい

3月は年度末・期末・卒業・送別会のシーズン。そんな外出用途も多くなるのでしょうか。
渋谷の町は天気のぐずつきもなくなり、外を歩きやすくなりました。

モバレコ:格安SIM速度比較・16年3月編 夜の測定結果
夜もUQ mobileが快調!

夜の速度はUQが18Mbpsと圧倒! ほか10Mbpsを超えたFREETEL、NifMoまでは快適に使えそうです。これ以下になると、5~10Mbpsを出しているSIMがなく、ちょっと差がついてしまっているといった感覚を受けます。

OCNの上りは惨憺たるものでした。一度は上り速度が0Mbpsという、通信エラーにはならない中での最低数値を出すなど5回の平均が0.14Mbps。あくまでも1カ所で計測している参考値に過ぎませんが、さすがに少し速度面で手を入れた方がいいのではないかなという気持ちがよぎりました。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 14.95Mbps 5.77Mbps
au 14.68Mbps 1.18Mbps
ソフトバンク 26.62Mbps 9.37Mbps

夜の大手キャリア、下りは問題ありません。auの上りは切なくなる1.18Mbps。コンテンツをアップロードする用途には向かない、と言いたくなってしまいます。

夜のまとめ:UQ、FREETEL、NifMoが3強

UQ、FREETEL、NifMoが強さを見せました。この3社は何か月かのスパンで見ても好成績を出していることが多く、少なくとも計測地点の東京・渋谷では、現時点で安定感高く使えるSIMであるように思えます。

b-mobileと上りのひどかったOCNは下り0.5Mbpsを切り、切ない速度に。

総まとめ :au系ならUQ、ドコモ系ならFREETELとNifMoの安定感が高い

モバレコ:格安SIM速度比較・16年3月編
au系ならUQ mobile、ドコモ系ならFREETELとNifMo

朝の大手キャリアの速度が低目だったのにはびっくりしましたが、昼・夜は安定の数字を出しており一安心です。

朝・夜の速度が速く全体トップのUQ mobile、昼の速度で安心感を与え、全体的におしなべて好成績のFREETEL、朝・昼・夜とも隙がないNifMo。これら3つが「使いやすい格安SIM」なのかなという印象が強く残った2016年3月の計測でした。
BIGLOBEは夜の低迷さえなければ十分に「狙える」格安SIMです。

今月は以上です!

編集追記:

この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

製品情報をチェック

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。