自由なカスタマイズ性が魅力。トリニティ「NuAns NEO」をレビュー

書いた人: ナックル末吉

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
自由なカスタマイズ性が魅力。トリニティ「NuAns NEO」をレビュー

Android、iOSに続いて、モバイル向けOSの第三勢力となるWindows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマートフォンが国内メーカーからリリースされました。
OSにWindowsを採用していると、とかくビジネス向けと思われがちですが、本モデルにはコンシューマーにも受け入れられる「秘密」がたくさん散りばめられています。
魅力あふれる「NuAns NEO」をご紹介します。

NuAns NEOの設定・使い方はこちら:

Windows 10 Mobile搭載!トリニティ「NuAns NEO」の最初にすべき設定ガイド7選

目次:

NuAns NEOってどんな端末?

Trinity(トリニティ)というメーカーは、主にパソコンやスマートフォンの周辺機器を製造販売するメーカーでした。しかし、Windows OSを搭載したスマートフォンが脚光を浴びる中、スマホ市場に打って出る事になりました。
その第一作目となるのが「NuAns NEO」です。
OSにWindows 10 Mobileを採用をすることで、ユーザーに新しいモバイルシーンを提案するというコンセプトのもと、使いやすさや親しみやすさを追求した端末となって日の目を浴びることになりました。

非常にシンプルな外観
非常にシンプルな外観

まずは主なスペックから見ていきましょう。

サイズ 高さ 約141mm ✕ 幅 約74.2mm ✕ 厚さ 約11.3mm
重さ 約 150g
CPU Snapdragon 617(MSM8952) 8 × A53 / 1.5GHz オクタコア
ROM 16GB
RAM 2GB
バッテリー容量 3,350mAh
ディスプレイ 5.0インチ 1280×720
対応バンド 2G(Quad band)
3G(Band 1/6/8/9/19 42Mbps/5.76Mbps)
4G LTE(Band 1/3/8/19/28 Cat.4、最大150Mbps)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
OS Windows 10 Mobile
対応SIM microSIM
カメラ メイン:1300万画素 サブ:500万画素
充電端子 USB Type-C(USB 2.0 / OTG、Quick Charge 2.0サポート)
その他 microSDカード対応(最大128GBまで)、3軸加速度センサー、3軸ジャイロセンサー、3軸地磁気センサー、近接センサー、環境光センサー、ホールセンサー

スマホとしての処理性能はミドルスペックといったところでしょうか。しかしながら、LTEの対応バンドは格安SIM全盛時代にマッチしており、USB-TypeCコネクタは時代を先取りしていると言えます。

NuAns NEO レビュー
本体はこんなにオシャレなパッケージに入っています
NuAns NEO レビュー
両サイドが湾曲したガラスを採用することにより持ちやすさを向上させています
NuAns NEO レビュー
本体底面。左から、イヤフォンジャック、マイク、USB Type-C、スピーカー、ストラップホール
NuAns NEO レビュー
本体右面。左から電源ボタン、ボリュームダウン、ボリュームアップのボタン類が並びます
NuAns NEO レビュー
NuAns NEO レビュー
上面と左面はなにも配置されない非常にシンプルなデザイン
NuAns NEO レビュー
手に持った状態。筆者の手にはジャストフィット
NuAns NEO レビュー
リアカバーを外した状態。「NEO」のロゴがある部分はバッテリーではなくダミーカード。詳しくは後述します
NuAns NEO レビュー
SIMスロットとmicroSDスロット

カバーを自分好みにカスタマイズ!

さて、NuAns NEOですが、最大の特徴の1つと言っても過言ではない「リアカバー」のカスタマイズ機能をご紹介します。
本モデルは、自分のライフスタイルにあわせて、リアカバーを交換できる仕様になっています。ビジネスシーンからキャンパスライフまで、ありとあらゆるシチュエーションに対応すべく、様々な材質やカラー、デザインのリアカバーが純正アクセサリとしてラインナップされています。

今回は、交換方法と豊富にあるカバーラインナップの中から一部だけ紹介します。

NuAns NEO レビュー
NuAns NEOは「コア」と呼ばれる本体部分と、上半分を覆う「TOPカバー」、下半分を覆う「BOTTOMカバー」で構成されています
NuAns NEO レビュー
TOPカバーを外した状態
NuAns NEO レビュー
BOTTOMカバーを外すとコアの背面があらわになります
NuAns NEO レザー調や木材、スエード調など
リアカバーは多数ラインナップされています。レザー調や木材、スエード調など素材も豊富!
NuAns NEO ホワイトのTOPカバーと木目調のBOTTOMカバーの組み合わせ
ホワイトのTOPカバーと木目調のBOTTOMカバーの組み合わせ
NuAns NEO ホワイトのTOPカバーとイエローのBOTTOMカバーの組み合わせ
ホワイトのTOPカバーとイエローのBOTTOMカバーの組み合わせ
NuAns NEO ブラックのTOPカバーとイエローのBOTTOMカバーの組み合わせ
ブラックのTOPカバーとイエローのBOTTOMカバーの組み合わせ
NuAns NEO ブラックのTOPカバーとカーキのBOTTOMカバーの組み合わせ
ブラックのTOPカバーとカーキのBOTTOMカバーの組み合わせ
NuAns NEO スエード調のTOPカバーとイエローのBOTTOMカバーの組み合わせ
スエード調のTOPカバーとイエローのBOTTOMカバーの組み合わせ
NuAns NEO スエード調のTOPカバーとカーキのBOTTOMカバーの組み合わせ
スエード調のTOPカバーとカーキのBOTTOMカバーの組み合わせ
NuAns NEO スエード調のTOPカバーと木目調のBOTTOMカバーの組み合わせ
スエード調のTOPカバーと木目調のBOTTOMカバーの組み合わせ
NuAns NEO 2分割しない上下一体のフリップカバー
2分割しない上下一体のフリップカバーもラインナップ

筆者的にはBOTTOMにスエード調のカバーをセットすると、持ちやすさや手に持った感触が素晴らしく、新しい感覚でした。

こっそりICカードを仕込んでみる

先ほどご紹介したダミーカードですが、実はこれSuicaなどのICカードをセットしてカバーをするだけで、まるでおサイフケータイのような使い方ができます。普段、よく使うカードを入れてスマートに会計するのに便利です。

NuAns NEO レビュー
NuAns NEO レビュー
リアカバーを外して、ダミーカードを取り出し、ICカードをセットするだけ。通常はBOTTOMカバーのみを外して挿し込むようにセットできます

カメラで作例を撮影してみた

NuAns NEOには1300万画素のメインカメラが搭載されています。と言うわけで恒例のアノ男に出動してもらい作例を撮影してみました。

NuAns NEO レビュー
まずはカメラアプリ。タッチフォーカスに対応し、設定は画面上のバーをタップして呼び出すことができます
NuAns NEO レビュー
今回は、全ての設定をデフォルト及び、Autoで撮影してみました
NuAns NEO レビュー
撮影時が夕方ということもあり、若干、鮮やかさに欠ける印象
NuAns NEO レビュー
カメラ目線でシャッターボタンを押したところ、そっぽ向かれた写真が撮れました

気になる点として、シャッターが切れるのに若干のタイムラグがあり、動物などの動くものの撮影はコツが必要に思われます。

細かすぎて伝わりにくいポイント2点

筆者的にスペック表では解らない、NuAns NEOの細かすぎるポイントを2点ほどご紹介します

指に吸い付くようなツルツルの画面

画像では解りづらいですが、防指紋フッ素コーティングされたガラスはツルツルで指のスベリがよく、タッチ操作が非常に心地よいと感じました。この点は実際に触ってみて欲しいところです!

NuAns NEO レビュー

スマホは薄いが正義ではない!

1cmを超える厚みですが、筆者的に「薄い=持ちやすい」ではないと考えます。適度な厚みがあったほうが手のひらにフィットして持ちやすく感じます。実際、設計段階で薄さよりも持ちやすさを優先したとのことでした。

NuAns NEO レビュー

手に持った感じですが、両サイドが丸みを帯びたラウンドデザインなので、どのように持ってもフィットするのが好印象です。

NuAns NEO レビュー

NuAns NEOまとめ

さて、主にNuAns NEOのハードウェア面や特徴をレビューしましたが、筆者的な独断で強引にまとめてみたいと思います。

Windows 10 Mobile搭載ということで、ビジネス向けモデルと思いがちですが、ハードウェアとしては、カスタマイズ可能なカバーやスタイリッシュなデザイン、使いやすさの追求など、一般の方でも十分馴染める端末と言えます

とはいえ、Windows 10 Mobileはまだまだ未知数であり、現時点でAndroidやiOSを使っている人が移行するには敷居が高く感じます。特にAndroidやiOSでは当たり前のようにに使用している定番アプリがWindows 10 Mobile向けにリリースされていないケースがあり、今後の課題と言っても過言ではありません。

しかしながら、Windows 10 Mobileを使用してみたい、2台目として欲しいなどの人にはオススメできる端末です。

次回は、一般の人には敷居が高いと思われているWindows 10 Mobileの初期設定を中心にNuAns NEOのガイド編をご紹介したいと思います。

NuAns NEOの設定・使い方はこちら:

Windows 10 Mobile搭載!トリニティ「NuAns NEO」の最初にすべき設定ガイド7選

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。また、それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイクなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。 Twitter:@nacklesueyoshi