カテゴリ: スマホ

ZTE Blade V580を快適に使うための購入したら設定しておきたい6つの機能

1. SIMカードの挿入とAPNの設定をしよう!

Blade V580を購入したらまず最初に設定しないといけないのがAPNの設定かと思います。
Wi-Fiのみで運用する場合には必要ありませんが、MVNOの格安SIMなどを使う人がほとんどかと思いますのでSIMの挿入からAPNの設定を見ていきましょう。

ZTE Blade V580:ピンを差し込んでSIMトレイを引き出す
ピンを差し込んでSIMトレイを引き出す
ZTE Blade V580:SIMとmicroSDカードを挿入出来ます
SIMとmicroSDカードを挿入出来ます
ZTE Blade V580:SIMを2枚挿しも可能です!
SIMを2枚挿しも可能です!

キャリアのスマホとは違いSIMフリーの端末は基本的にはSIMを挿しただけでは通信が出来ません。必ずAPNの設定を行わなければなりません。ちなみにAPNはAccess Point Nameの略になります。これはデータ通信(Access)をする為のポイント(Point)名前(Name)を設定する訳ですね。

[設定]>[もっと見る]>[モバイルネットワーク]>[アクセスポイント名]を選択します。

ZTE Blade V580:APNの設定ZTE Blade V580:APNの設定
APNの設定はココ!

SIMフリー端末なので多数のMVNO業者のAPNが事前にプリセットされています。自分の契約している回線事業者のAPN情報があれば、それを選択すれば設定は完了します。
これは非常に便利だと感じました。各社APNの設定方法のページを用意していますが自分で設定するのは面倒ですからね。

※しかしながら契約した日が古いとAPNの設定が違う場合があります。繋がらない場合はウェブページで確認をしてみましょう。

自分でAPNの詳細設定を登録する場合はこちら:

Androidスマートフォンを使った格安SIMのAPN設定ガイド

2. microSDカードを導入しましょう!

Blade V580はストレージが16GBしかありません。これは今のスマホでは少ない部類に入るかなと思います。写真や音楽、動画を入れるなら32GB〜64GBのmicroSDカードを使うのが良いでしょう。

ZTE Blade V580:SIMトレイに入れて使用します
SIMトレイに入れて使用します
ZTE Blade V580:デフォルト書き込みディスクはSDカードに!
デフォルト書き込みディスクはSDカードに!

3. バッテリーセーバーをONにして電池を長持ちさせよう!

最近のスマホのバッテリーは効率的で大容量化がすすんでいます。しかしながら節約して使用する事で更に動作時間を伸ばす事が可能です。ぜひ設定する事をオススメします。

[設定]>[電池]>[バッテリーセーバー]を選択します。

ZTE Blade V580:電池をタップZTE Blade V580:バッテリーセーバー機能の画面
電池をタップします!そしてバッテリーセーバー機能の画面へ

設定をONにすると上部がオレンジ色に変化します。

ZTE Blade V580:ONにすると上部がオレンジに
ONにすると上部がオレンジに

またOFFにする場合は通知バーから簡単にOFFにする事が可能です。

ZTE Blade V580:通知バーからOFFに出来ます
通知バーからOFFに出来ます

更にバックグラウンドインテリジェントパワーセーブもONにしておく事をオススメします。待機状態時に機能制限を行いバッテリーを長持ちさせる機能です。

ZTE Blade V580:バックグラウンドインテリジェントパワーセーブ
バックグラウンドインテリジェントパワーセーブ

バックグラウンドインテリジェントパワーセーブは縦モードだと文字が全て表示されませんが横に回転させると全ての文字が表示されます。正式名称を知らない人結構いると思いますのでスクリーンショットを載せておきますね!

ZTE Blade V580:横回転させる事で正式名称が表示される
横回転させる事で正式名称が表示されます!

4. ナビゲーションバーの設定をしよう!

Androidのボタンは基本は左から[戻る]、[ホーム]、[タスク]なのですが、SamsungのGALAXYシリーズ等のように[タスク] 、[ホーム]、[戻る]となっているものもあります。
Blade V580ではナビゲーションバーの設定機能があるので、自分の使いやすい配置に変更しましょう。

[設定]>[ナビゲーションバー]を選択します。

ZTE Blade V580:ナビゲーションをタップZTE Blade V580:ナビゲーションバーの設定
ナビゲーションをタップし、ナビゲーションバーの設定へ

5. データ通信の節約をしよう!

Blade V580はSIMフリー端末なのでMVNO各社が提供する格安SIMと呼ばれるSIMを使用される方が多いかと思います。
格安SIMは名前の通り月額費用が安い反面、通信量が少なめに設定されています。
データ通信の設定をきちんと行い、効率良く通信出来るようにしましょう。

まず [設定]>[データ使用量]を選択します。

ZTE Blade V580:設定のデータ使用量ZTE Blade V580:データ使用量の画面
設定のデータ使用量をタップし、データ使用量の画面へ

バックグラウンドデータの制限をしよう!

バックグラウンドデータは、アプリを使用していない間も後で参照出来るように裏でダウンロードされるデータです。これらのデータを裏でダウンロードしないようにする事で通信費とバッテリーの節約も可能となります。ぜひ設定しておきましょう。

ZTE Blade V580:バックグラウンドデータの制限画面
バックグラウンドデータの制限画面

モバイルデータの上限を設定しよう!

契約しているプランによっては2段階定額や変動制のプランを使用している人もいるかと思います。この場合、そんなに使っていないのに知らぬ間に上限まで達していた!なんて可能性も出てきます。そうならない為にもモバイルデータ通信の上限を設定しておきましょう。

まず [設定]>[データ使用量]を選択します。

ZTE Blade V580:設定のデータ使用量を選択します
設定のデータ使用量を選択します

【モバイルデータの上限】を設定するをONにしましょう。するとオレンジの制限バーが表示されます。

ZTE Blade V580:データ制限のバー
データ制限のバー

指でバーを操作して制限したい容量に設定します。今回は490MBに設定しました。

次に下の黒いバーを設定します。

ZTE Blade V580:データ警告のバー
データ警告のバー

黒いバーは警告する容量の設定で黒いバーの容量に達すると警告が表示されます。今回は470MBに設定しました。
こうする事で470MBまで使用すると、まず警告画面が表示され490MBに達するとデータ通信が自動的にOFFになり通信が出来なくなります。
いつも使いすぎてしまう人、子供に持たせるスマホとして設定しておくと良いかもしれませんね。

6. 自動電源ON/OFF設定の設定をしたらぐっすり眠れますよ!

自動電源ON/OFF機能は名前の通りで指定した時間に電源ON、OFFが出来る機能です。

[設定]>[電源ON/OFFのスケジュール設定]を選択します。

ZTE Blade V580:電源ON/OFFのスケジュール設定をタップします
電源ON/OFFのスケジュール設定をタップします
ZTE Blade V580:自動電源ON/OFF
自動電源ON/OFF

電源OFFのスケジュールを設定します。

ZTE Blade V580:電源OFFの時間設定画面
電源OFFの時間設定画面

繰り返し設定も可能なので平日のみ設定し、土日は設定しない!なんて事も可能です。

ZTE Blade V580:繰り返し設定の画面
繰り返し設定の画面

電源ONについても同様の画面で設定が可能となっています。

夜寝る前などスマホを使いすぎてしまう人に、ちょうど良い機能ではないでしょうか?
また子供のスマホの使用時間にルールを設けているご家庭は、この機能を使用する事で電源がOFFになったら親に預けて就寝。朝起きたらまた子供に渡す。という事をすればスマホを子供が使いすぎる事の抑制が出来るかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
SIMフリー端末ということで格安SIMでの利用を考えている人が多いと思います。

特に今回の設定の中で「モバイルデータの上限」設定は非常に重要な機能だと感じます。
データ通信を使い過ぎない為にも設定する事をオススメします。子供に持たせる時にも設定しておくことで使いすぎの予防にもなります。
また設定は毎回変更するものでもありませんので、最初に設定すればあとは快適に使えますよ。

ぜひ、購入したら一度は上記設定をチェックしてみて下さいね。

外観やスペックなどの基本レビューはこちら:

ついにZTEが本気を出した!「ZTE Blade V580」は最強のSIMフリー端末か?

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんち

こんち

未来型ガジェッター・デザインラボ・スマフォトグラファー

プロフィール

2014年からシンプルなガジェットやテクノロジーに関するブログ「コチラボ」を運営中。新しいテクノロジーやデザインの製品に興味があり発信しています。

最近は自作や修理も意欲的に行っており技術記事も発信していこうと思っています。

モバレコでは、2016年から活動しており主にiPhoneの設定記事が最近では多いです。
iPhoneはじめスマホを深く使いこなして欲しいと思っています。
またトラブルシューティング等も得意なので皆さんの「困った」や「これが知りたかった」、「こんな使い方が出来るんだ」と言った部分を紹介していきたいと思います。

モバレコ以外のメディアでも、ちょこちょこ活動しています。

得意カテゴリー

iPhone・アプリ・スマホ・アクセサリ・SIMカード

ブログ・SNS

コチラボ
https//konchi.net
Twitter(@ko_nchi)
https://twitter.com/ko_nchi

メディア実績

  • マイベスト
  • おすすめExcite



Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン