カテゴリ: スマートフォン

FREETEL MUSASHIを購入したら設定・確認しておきたい6個のポイント

FREETELから発売になった、フィーチャーフォンのような折りたたみ・テンキー付の最新スマートフォンのMUSASHI。
フィーチャーフォンユーザーからの乗り換え先として、2万円台中盤のお買得な価格設定や維持費の安い格安SIMカードとのセット販売がお買得に設定されるなど注目の集まる本機について、購入後のセットアップ、知っておくと・設定しておくと便利なことを今回はご紹介していきます。

FREETEL MUSASHIのレビュー記事はこちら:

FREETELのMUSASHIで二刀流の夢を見る – MUSASHI徹底レビュー

目次:

スマホセット購入がお得!
Y!mobileをチェック

スマホセット購入がお得!Y!mobileをチェック

■公式オンラインストア ヤフー店

・OPPO Reno5 A
31,680円3,980
・AQUOS wish
31,600円一括1

Androidが安い

■公式オンラインストア

・OPPO Reno5 A
31,680円3,980
・iPhone 8 64GB ソフトバンク認定中古品
21,840円一括1

アウトレットも気になるなら

1. SIMカードを取り付けよう

まず最初に行うべきは「SIMカードの取り付け」です。
ドコモであれば「FOMAカード」や「ドコモUIMカード」と呼ばれる、電話番号が記録されたマイクロチップの取り付けがセットアップの第一段階です。
電池パックを外した場所など、普段開ける事がない場所に取り付けられている事が多く、MUSASHIで久々に新しいケータイを手にする!というユーザーも多いと思いますので、何点か気をつけて頂きたい部分がありますのでこちらからご説明していきましょう。

取り付けるSIMカードのサイズに注意!!

MUSASHIが対応しているSIMカードは「microSIM」。「miniUIM」とも呼ばれますが、今入手できるSIMカードとしては「真ん中」のサイズのSIMカードに対応しています。

MUSASHIが対応しているのは真ん中のmicroSIM
MUSASHIが対応しているのは真ん中のmicroSIM

元々使っているSIMカードサイズがmicroSIMではない場合

  • 携帯電話会社のショップ窓口でサイズ変更の手続き
  • 格安SIMを利用中の場合は電話窓口や会員サイトでの手続き

を行い、SIMカードの発行替えを行う必要が出てきますのでご注意ください。

また、新規にSIMカードを購入・契約する際もサイズに注意です。
何度も言いますが、MUSASHIが対応しているのは「microSIM」です。

※SIMカードのサイズ・変更方法についてはこちら:

格安SIM初心者なら知っておきたい!SIMカードのサイズの種類・選び方・変更方法

取り付け場所は電池パックの上!差し込む場所は左!

MUSASHIのSIMカードスロットは本体の裏蓋を外したところ、電池パック取り付け場所の上部にあります。

MUSASHIの裏蓋を外したところ
MUSASHIの裏蓋を外したところ

上記の写真の通り、電池パック取り付け場所の上部にスロットが3つありますが、MUSASHIにSIMカードを取り付ける場合は「一番左」に取り付けましょう。
真ん中もSIMスロットですが、こちらは海外渡航時などに利用するスロットになっています。

また、一番右側はmicroSDカードスロットです。microSIMカードが取り付けられないサイズになっているので間違って挿入することはないと思いますが、間違ってでも無理に取り付けようとすれば壊れてしまいますのでご注意ください。

2. APNを設定して通信可能な状態にしよう

SIMカードも取り付け、電源も入れて、いざ使おうと思ったのにネットに繋がらない…という場合は「APN設定」が正しく行われていません。
初期設定画面でWi-Fi接続も行わず、その先のGoogleアカウントのセットアップなども行えずにホーム画面まで進んだ場合、まず最初に行うべきは「APN設定」です。

「設定」を開いて、APN設定に辿り着くまで

ホーム画面の一番下の真ん中をタップ
ホーム画面の一番下の真ん中をタップ

ホーム画面最下段、真ん中のボタンをタップしましょう。

一覧の中から歯車を探しましょう
一覧の中から歯車を探しましょう

インストールされているアプリの一覧が開きますので、この中から「歯車アイコン」を探して選択してください。これが「設定」です。何かと使うことの多いアプリですので覚えておきましょう。

MUSASHI:APN設定
「無線とネットワーク」の「もっと見る」をタップ 「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を選択

「設定」が開いたら以下の手順で操作を行うことで「APN設定」を開く事ができます。

  • 無線とネットワークの「もっと見る」
  • モバイルネットワーク
  • アクセスポイント名
ずらっと並ぶAPNの一覧
ずらっと並ぶAPNの一覧

そしてこちらがAPN設定・選択画面です。ここまで来ればひとまずゴールです。

APNを選択する

MUSASHI:APN設定
MUSASHI:APN設定
この一覧の中から自分が契約した回線事業者のAPN情報を探そう

さて、一息ついたところで、今度は「自分の契約にあったAPNを選択」しましょう。
MUSASHIはSIMフリー端末であり、また日本国内で提供される多くの格安SIM事業者のAPN設定があらかじめ登録されています。

この一覧から自分が契約した格安SIM事業者を探し選択することで通信可能な状態になります。同じ会社名が複数並ぶ場合、契約時の控えなどに「○○○.ne.jp」や「○○○.com」といった、接続先が書かれていますので、それを元に一覧から選択しましょう。

これで適切なものを選択できれば通信可能になります。
もし設定したのに繋がらないぞ…という場合、改めてAPN設定を開き、選択したものに誤りがないかを確認しましょう。

また、接続先一覧に自分の契約した回線事業者が無かった場合は、手動でAPN設定をすることが必要になります。

※手動でAPN設定をする場合はこちら:

Androidスマートフォンを使った格安SIMのAPN設定ガイド

3. 着信時の動作を設定しよう

多くのAndroidスマートフォンは着信時のバイブレーション設定が標準でオフになっています。筆者の経験上、購入後にバイブレーションが振動しない、着信音が鳴らないといった相談は多く、設定手順はしっかり把握しておいた方がいいと思われます。

音とバイブの設定も「設定」から

「ベル」のマークが目印です
「音」だけに「ベル」のマークが目印です

先程のAPN設定と同じ手順で「設定」を開きます。
今度は少し画面を下にスクロールさせると「端末」というくくりで設定項目の一覧が出てきますので、この中の「音と通知」を選択しましょう。

音と通知の設定
プリセットされたプロフィールの4種の切り替えでもいいですが、詳細に設定を詰めていきましょう

「音と通知」を開くと「プリセットされたプロフィール」としていくつかの設定を選ぶことができます。通常時は「全般」が選択されています。

「マナーモード」や「サイレント」といった項目もありますので、突然音が一切鳴らない、バイブレーションが振動しない…という場合、自分が意図したモード以外にチェックが入っている場合がありますので、この画面で確認するといいでしょう。

なお、今回は初期状態でのバイブレーションを「振動する」に設定したいため「全般」の右側の歯車をさらに選択します。

細かく設定して、もっと便利に使おう

歯車をタップした先ではより細かな設定を行えます。
例えば普段の着信音は小さく、アラーム音は大きな音で、といった音量の設定も可能です。

意図して「マナーモード」に設定しない限り、前の項目でも書いた「全般」の設定が普段の音量、バイブレーションの動作になりますのでこの画面でしっかりと設定しておくことが大事です。

設定出来る項目は色々
設定出来る項目は色々。バイブ設定はさらに一段深いところにあります
好みのバイブレーションを選択
好みのバイブレーションを選択しましょう

バイブレーションは「バイブレーションのスタイル」を選択し

  • 設定なし
  • モード1
  • モード2
  • モード3

から選択が可能です。

また、この画面で設定できる中でひとつ、設定しておくと便利なのが

タッチ操作バイブをオンにしよう!!
タッチ操作バイブをオンにしよう!!

タッチ操作バイブ」です。
設定項目としては一番下にあり、少しスクロールさせないと出てきませんが設定しておいた損はないでしょう。
この設定をオン(右のスイッチが緑の状態)にすることで「スマホーモードの戻るボタンなどにふれると軽くバイブが振動する」状態になります。

これらのボタンに触れた際にバイブレーションが振動するようになる
これらのボタンに触れた際にバイブレーションが振動するようになる

操作中、うっかりこれらのボタンに触れると本体が震えるので「突然最初の画面に戻った」場合でも、ボタンに触れたから戻ったとわかりますので設定しておいた方がいいでしょう。

4. 便利なショートカットキーを設定しよう

MUSASHIのキーを見ると「☆」のキーがあることに気付くはずです。

☆/お気に入りのボタンをさらに活用しよう
☆/お気に入りのボタンをさらに活用しよう

ブラウザ(インターネット)を表示している際には「お気に入り(ブックマーク)」を開くキーとして動作しますが、それ以外では「指定したアプリを起動する」ショートカットキーとして使うことができます。

「設定」の「システム」→「ユーザー補助」が今回設定する項目です
「設定」の「システム」→「ユーザー補助」が今回設定する項目です

今回も「設定」を開きまして、一番下まで画面をスクロールさせます。
そうすると「システム」の中に「ユーザー補助」という項目がありますので、ここを選択しましょう。

ユーザー補助の中の「ショートカット」を選びましょう
ユーザー補助の中の「ショートカット」を選びましょう
☆ボタンで呼び出せる、アプリの一覧が表示されるのでお好みで選択しましょう
☆ボタンで呼び出せる、アプリの一覧が表示されるのでお好みで選択しましょう

ユーザー補助を選択すると、その中に「ショートカット」という項目がありますのでこちらを選択。

するとインストールされているアプリの一覧が出ますので、ここから☆キーを押した際に立ち上がるアプリを選択することができます。電話、メール、カメラ、ブラウザ(インターネット)は元々キーが存在していますので、よく使いそうなアプリを選んでおくと便利に使えます。

MUSASHIを購入するユーザーの中には「使い慣れたキーはあった方がいいけど、LINEが使いたい」といったユーザーも多いと思われますので、ここでLINEを立ち上がるようにするなどすると便利かもしれません。

他にもアクティブにSNSを活用しているのであれば、Twitterやfacebookを設定してもいいですし、乗換検索やナビゲーションを便利に使いたい場合は「マップ」などを設定してもいいかもしれません。

5. 電話やメールの標準設定をしておこう

●MUSASHIの特徴である「テンキー」

従来形の携帯電話(フィーチャーフォン)のように開いて数字ボタンを押して電話をかける、メールボタンを押してメールを開く、こういう使い方ができるのがメリットですが、初期状態では少し不便な設定になっています。

数字ボタンを押したところ
数字ボタンを押したところ
メールボタンを押したところ
メールボタンを押したところ

上の二枚の画像の通りで、MUSASHIに「電話機能」や「メール機能」のアプリが複数個インストールされている状態だと、数字ボタン、またはメールボタンを押した時点では「どのアプリを使うか」の選択画面が開いてしまいます。

常にどちらを開くか設定しよう
常にどちらを開くか設定しよう

ボタンを押して選択肢が出てくる場合「よく使う方を選択」すると背景がグレーになります。
そして右下の「常時」を選んであげましょう。
こうすることで次からは今回選択したアプリが、ボタンを押した際にすぐ開くようになります

6. マナーモードの設定方法

スマートフォンにかえてからマナーモードの設定の仕方がわからない…という人は多いです。
しかし、MUSASHIは「ほぼ今まで通り」にマナーモード設定ができます。

しっかりキーにもマナーと書いてありますね
しっかりキーにもマナーと書いてありますね

開いた状態でテンキーの「#」を長押しするだけです。これでマナーモードのオン・オフが切り替えできます。
このあたりの使い方は、フィーチャーフォンとほぼ一緒ですね。

まとめ

FREETEL MUSASHIの設定編、いかがでしたでしょうか。

スマホが使いたいけど、キーは欲しい」という方でMUSASHIが気になるという方は思っている以上に多く、実際展示している家電量販店の店頭でもそうしたお客様が触って質問していく事が多いそうです。
そうしたお客様・エンドユーザーがハマりそうなSIMカードサイズの違い、挿入箇所、そしてキー設定に注力して今回はセットアップ項目を紹介してきました。

実際、本項執筆に伴って筆者自身もあれやこれやといじってみた本機ですが、こうした細かい設定をするかどうかでずいぶんと使い勝手が違うと感じました
とくに「使う機能が限定的」な場合、アプリ一覧を開くというのは思った以上にストレスだと思います。

ですから、キーを押した際に立ち上がるべきアプリを指定する、ショートカットキーでよく使うアプリを設定する、それだけでもフィーチャーフォンらしい操作感に近づき「普段はフィーチャーフォンとして使い、必要に応じてスマートフォンとして使う」がしやすくなりますので、MUSASHIを手にした際には是非、設定してください。

また、プレゼントとしてMUSASHIを贈るような場合にもこれら設定を行い「これを押せばこうなるよ」と操作を教えやすい状態にしてあげた方が贈る方も、贈られる方も嬉しいのではないでしょうか。

FREETEL MUSASHIのレビュー記事はこちら:

FREETELのMUSASHIで二刀流の夢を見る – MUSASHI徹底レビュー

「Androidの便利な使い方」もチェック

android_data

Androidの便利な使い方
こちらのリンクから「Androidの便利な使い方」をチェックできます。Androidのスマートフォンをお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

迎 悟

迎 悟

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon




Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン