これですべてわかる!ドコモ2016夏の最新スマホ&新サービスまとめ

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ドコモ

ドコモのお得なキャンペーン情報

店舗にいかなくてもネットから購入可能。
事務手数料・待ち時間なしでお得にスマホを購入!

  • 他社からのりかえで最大22,000円割引
  • オンラインショップ限定で
    機種変更が最大7,700円割引
  • スマホおかえしプログラムで機種代金値引き
  • SIMのみ契約で10,000pt還元

最新機種への機種変更は
ahamo契約前に
ドコモオンラインショップへ!

2016年5月11日(水)、NTTドコモが東京都内で 2016夏 新サービス・新商品発表会を開催しました。
当日は待望の2016夏モデルのバリエーション、共通して搭載される特長的機能が発表されるとともに、会場内にはタッチ&トライ用ブースも併設。

また従来より展開されていた3つのサービスに関して、内容拡充といったことも発表されました。

この記事ではその内容を改めて整理し、振り返っていくことにします。

目次:

2016年夏モデルは全部で7機種

2016年夏モデルとして今回NTTドコモが発表した商品は全7機種。内訳としてはスマホが5機種、タブレットが1機種、モバイルルーターが1機種。

ドコモ2016夏 新商品発表会:スマホ5機種を含む全7商品が発表された
スマホ5機種を含む全7商品が発表された

内訳としては次のとおりです。

●ドコモ 2016夏モデルのラインナップ

スマートフォン
・Galaxy S7 edge SC-02H
・AQUOS ZETA SH-04H
・Xperia X Performance SO-04H
・arrows SV F-03H
・Disney Mobile on docomo DM-02H

タブレット
・arrows Tab F-04H

モバイルルーター
・Wi-Fi STATION HW-01H

先行して海外向けに発売が開始されているGalaxy S7 edge、従来のXperia Zシリーズから変更され異なる印象となったXperia X Performanceといった話題性のあるスマホに、タブレットとして世界初の虹彩認証機能を搭載したarros Tab F-04H。そして3.5GHz帯の新たな周波数に対応&キャリアアグリゲーションで受信時最大370Mbpsの高速通信に対応するWi-Fi STATION HW-01H

ドコモ2016夏 新商品発表会:Galaxy S7 edge SC-02H
Galaxy S7 edge SC-02H
ドコモ2016夏 新商品発表会:Xperia X Performance SO-04H
Xperia X Performance SO-04H
ドコモ2016夏 新商品発表会:arrows Tab F-04H
arrows Tab F-04H
ドコモ2016夏 新商品発表会:Wi-Fi STATION HW-01H
Wi-Fi STATION HW-01H

各メーカーとも新商品のリリースは年1回のサイクルにしていくという方針によりバリエーションこそ少なくなってきている印象はありますが、NTTドコモとしては独自の機能も含め、他社にない商品としての魅力を発揮していくとのこと(詳細は次項)。

実際に当日、発表会場に併設されていたタッチ&トライブースもなかなかの盛り上がりを見せていました。

新モデルの発売時期に関してはGalaxy S7 edge SC-02Hが5月19日(木)から、その他の機種は6月上旬から7月下旬にかけてというスケジュールになっています。

事前予約は昨日5月11日(水)の10時15分よりスタート。現在は全国のドコモショップ店頭、および各Web窓口(ドコモホームページ、ドコモマイショップ、ドコモオンラインショップ)にて申し込みを受け付けています。

各機種個別の特徴は改めて個別レビューでご紹介できればと思います。

新機種に搭載される4つの特長機能

Galaxy S7 edgeはauから、Xperia X Performanceはau・ソフトバンクでも発売が発表されており、機種のバリエーションとしてはやや特長見にかける部分も感じるところ。しかし、NTTドコモではここに新たな4つの特長機能を組み合わせることで、独自性を発揮していきます。

それらの機能を順に紹介していきます。

VoLTE(HD+)

NTTドコモ内の対応機種同士で音声通話を行なった際に利用できていたVoLTE(ボルテ)。LTE通信を利用して通話接続することで、発着信までのタイムラグが少なく、また音声もクリアで高品質という特長がありました。

そして今回NTTドコモでは新たに、VoLTE(HD+)と呼ばれる通話サービスをスタート。次世代通話用コーデック「EVS(Enhanced Voice Services)」を活用したこのサービスでは、従来のVoLTEを超える超高音質通話を謳っています。

開発にあたり音声によるコミュニケーションと感情の認知を研究する中で、高周波数成分が多いほど感情や口調といった情報も話し相手にリアルに伝わる、というひとつの特徴を確認。また日本人は音声を認知する際、表情と音声の感情が一致しないケースにおいては音声の感情により注意を向ける傾向にもあるとのこと。

これらを踏まえ、VoLTE(HD+)では通話時に利用する音声周波数の幅を高い周波数側に広く確保。こうすることで話し相手の口調や雰囲気といったことがより感じられる、リアルでクリアな通話を実現しています。

ドコモ2016夏 新商品発表会:従来のVoLTEよりも広い音声周波数をカバー
従来のVoLTEよりも広い音声周波数をカバー

会場内には3G、VoLTE、VoLTE(HD+)それぞれで通話した際の通話音質を実際に試聴できるブースも設置。筆者も実際に確認してみましたが、確かにより話し相手の感情が伝わってくるリアルさを感じることができました。

ドコモ2016夏 新商品発表会:聴き比べてみると違いがはっきり認識できた
聴き比べてみると違いがはっきり認識できた

現状における対応機種は2016夏モデルのうち、次の3機種。この対応機種間で通話をした際にのみ、サービスを利用することができます。

●VoLTE HD+対応機種
・Galaxy S7 edge SC-02H
・AQUOS ZETA SH-04H
・Xperia X Performance SO-04H

今後も新機種のリリースにより、対応機種は拡充予定とのこと。なおVoLTE(HD+)自体はソフトウェアアップデートなどで追加対応できるものではないため、従来のVoLTE対応モデルでは今後も含めて利用できないサービスとなります。

スグ電

携帯電話がガラケーからスマホへと移り変わることで、多くの機能が新たに利用できるようになりました。一方で携帯電話の本来あるべき機能である音声通話に関しては、端末サイズの大型化なども含め、使い勝手が悪くもなっているとの見方も。

そこでNTTドコモでは今回新たにスグ電と呼ばれる機能を開発。音声通話の「応答」「発信」「切断」「消音・拒否」を、画面操作なしで行なうことが可能になりました。

例えば通話を発信する場合。あらかじめ特定の連絡先を設定しておくことで、スマホ本体を手に取り、振ってから耳に近づけるだけで通話発信を行なうことができます。ジェスチャーで操作できるというイメージですね。

ドコモ2016夏 新商品発表会:通話発信なら振って耳に添えるだけ
通話発信なら振って耳に添えるだけ

発表会中にはゲストとして登場していた綾野剛さん、高畑充希さんが実際にその機能を試す場面も。通常の通話発信とスグ電による発信を比べてみると、その差は歴然といえるほど、スグ電のスピーディーさが際立つ結果となっていました。

ドコモ2016夏 新商品発表会:スグ電の便利さを確かめるために競争するふたり
スグ電の便利さを確かめるために競争する高畑充希さん(左)、綾野剛さん(右)

対応機種は2016夏モデルのうち4機種です。

●スグ電対応機種
・Galaxy S7 edge SC-02H
・AQUOS ZETA SH-04H
・Xperia X Performance SO-04H
・arrows SV F-03H

おすすめ使い方ヒント

3つ目の特徴機能はオススメ使い方ヒント。

ユーザーからNTTドコモへの問い合わせ内容や件数、サポートサイトのチェック状況といったデータを元に開発されているこの機能は、スマートフォンと使っていく中で、ユーザーの利用状況に併せて、適切なタイミングで画面上に使い方のヒントを表示してくれるというもの

ドコモ2016夏 新商品発表会:困っている時にヒントが表示される
困っている時にヒントが表示される

例えば、気がつかないうちに機内モードになっており、ブラウザを立ち上げたら「現在オフラインです。」と表示されてインターネットが利用できない。そんな時に機内モードになっていること、そして機内モードをOFFにするための画面を表示するかどうか、を画面上に促してくれます。

ドコモ2016夏 新商品発表会:実際にヒントが表示された画面の例
実際にヒントが表示された画面の例。「機内モードをオフにしますか?」と表示された

対応機種は2016夏モデルのうち、Wi-Fi STATION HW-01Hを除く6機種です。

●オススメ使い方ヒントの対応機種
・Galaxy S7 edge SC-02H
・AQUOS ZETA SH-04H
・Xperia X Performance SO-04H
・arrows SV F-03H
・Disney Mobile on docomo DM-02H
・arrows Tab F-04H

PREMIUM 4Gで受信時最大375Mbpsをサポート

最後は高速データ通信に関する新機能。PREMIUM 4Gとして、これまで複数の帯域を束ねる通信の高速化技術キャリアアグリゲーションを用いた高速データ通信が提供されてきました。

そして今回2016夏モデルのリリースに合わせて、一部のスマホでは受信時最大375Mbpsの高速データ通信が利用可能になりました。この高速通信に対応する機種は2016夏モデルのうち、次の2機種。

●受信時最大375Mbpsの高速データ通信が利用できる機種
・Galaxy S7 edge SC-02H
・Xperia X Performance SO-04H

またモバイルルーターの新機種であるWi-Fi STATION HW-01Hに関しては、新たに対応した3.5GHz帯の周波数を利用したTDD方式とFDD方式のLTEによるキャリアアグリゲーションに対応。こちらは受信時最大370Mbpsの高速データ通信に対応となっています。

会場内では実際にこのキャリアアグリゲーションで速度テストをチェックできるブースも。理論値だけでなく、実効速度としても十分な値を計測していました。

ドコモ2016夏 新商品発表会:実測値も十分な速度に
実測値も十分な速度に

スマホ2機種の新たなキャリアアグリゲーション(受信時最大375Mbps)は2016年5月19日より、モバイルルーター1機種の新たなキャリアアグリゲーション(受信時最大370Mbps)は2016年6月末より、それぞれ提供予定です。

ドコモ2016夏 新商品発表会:最大375MbpsのCAは東名阪エリアから
最大375MbpsのCAは東名阪エリアから

既存サービスの拡充

従来より展開されていたサービスも一部、その内容の拡充が発表されました。

dリビング

これまで生活トラブルや家事サービスのサポート、留守中の部屋のみまもり機能といった項目が月額450円(税抜)で利用できていた「家のあんしんパートナー」が、2016年7月より「dリビング」にリニューアル。

このリニューアルに伴い、キッズ・ベビーシッターが優待価格で利用できるサービス、掃除や買い物、食事の用意といった家事代行を優待価格で依頼できるサービスが追加されます。

そしてdリビングのポータルサイトとアプリの提供もスタート。家庭で使用中の電力量モニタリング、暮らしがお得になるキャンペーン情報のお知らせやクーポンの入手ができるようになります。

ドコモ2016夏 新商品発表会:電気量を簡単にモニタリング
電気量を簡単にモニタリング

また従来の会員プラン(月額450円、税抜)とは別に、新たにビジター向けプランも提供が開始。利用料金は都度定額(優待なし)となるものの、生活トラブルへの出張サービスや家事サポートの窓口としてdリビングを活用することが可能になります。

ドコモ2016夏 新商品発表会:ビジターユーザーも窓口として利用が可能に
ビジターユーザーも窓口として利用が可能に

iコンシェル

これまで月額100円(税抜き)で個人向けに天気や交通状況などのサポート情報を提供していたサービス「iコンシェル」。こちらも2016年7月より、次の機能が拡充されます。

  • 音声インターフェースの提供
  • タブレット用のアプリ「iコンシェル ホーム」の提供
  • スーパーマーケットのチラシ情報や地域行政情報の提供
  • るすばん機能の提供
  • グループ連携機能の提供

大きな変化となるのが音声インターフェースの提供。「会話モード」と呼びかけることで、画面操作をせずとも、声だけで情報検索や機能の呼び出しができるようになります。またタブレット向けのiコンシェル ホームでは、毎回呼びかげずとも、常時音声による操作や情報の表示が可能です。

dポイント

2015年12月よりサービスが開始されたdポイントは、2016年下旬以降利用可能な加盟店を拡大。新たに5店舗が加盟店として加わります。

ドコモ2016夏 新商品発表会:dポイントは加入店舗が増加
dポイントは加入店舗が増加

またネットでの買い物でdポイントが貯まる決済サービス「dケータイ払いプラス」の加盟店も拡充。新たに7店舗で買い物時にdポイントが貯まる他、溜まったポイントをこのdケータイ払いプラス加盟店での買い物にも利用することが可能です。

グループ全体で「生活の快適化」にも取り組む

その他、ドコモグループ全体での取り組み例として「生活の快適化」とする健康面への取り組みが3つほど紹介されていました。

Shop Japan(ショップジャパン)

テレビ放送やインターネットにおいて通販事業を展開する「ショップジャパン」では、アンケートによる独自調査の結果をもとに、ヘルシーレストラン「Epicure(エピキュール)」藤春氏と、美味しさと健康的な食生活を両立させた新ジャンルの食事「Hill’s Epicure(ヒルズ・エピキュール)」を共同開発。

ドコモ2016夏 新商品発表会:おいしさとヘルシーさを両立した独自メニュー
おいしさとヘルシーさを両立した独自メニュー

ショップジャンパンでは6月1日(水)より本格発売となるこの商品ですが、それに先駆け、5月11日(水)からドコモのネットショッピングサービス「dショッピング」で先行販売が開始されます。なお5月31日(火)までは、7食入の商品が先着1,000セット限定、50%OFFの5,119円(税込、送料別)にて購入可能です。

会場内には実際に試食品も用意されていましたが、1食分とされたもの冷凍パックのボリュームは想像以上にしっかりとしたもので、ヘルシーながらも肉や野菜の繊維までしっかりと感じられるおいしさでした。

ドコモ2016夏 新商品発表会:実際にはパックに詰めて冷凍された状態で届く
実際にはパックに詰めて冷凍された状態で届く
ドコモ2016夏 新商品発表会:メニュー例
メニュー例も展示

らでぃっしゅぼーや

有機野菜や無添加食材を販売する「らでぃっしゅぼーや」では、肥満遺伝子タイプ別に構成された新しいタイプのお弁当「健康弁当」を開発。

ドコモ2016夏 新商品発表会:健康弁当のメニュー例
健康弁当のメニュー例

らでぃっしゅぼーやの販売チャネルでは2016年6月以降より展開予定ですが、こちらもdショッピングにおいては5月11日より発売します。

人それぞれが持つ肥満遺伝子タイプ(糖質を取ると太りやすい、脂質を取ると太りやすいなど)に合わせた食材で構成されるお弁当とともに、肥満遺伝子を簡単に調べることができるキットも販売。
調べられる遺伝子項目は3つ(または6つ)とシンプルですが、綿棒でほっぺたの内側をこすり、それを郵送するだけという簡単な手順。そして他社で同レベルのサービスを利用した場合の2~3分の1程度の費用に抑えられているとのこと。

ドコモ2016夏 新商品発表会:遺伝子検査も含めたサービス設計になっている
遺伝子検査も含めたサービス設計になっている

dヘルスケアパック

4月19日よりサービス提供が始まっているdヘルスケアパックでは、月額500円(税抜)でヘルスケアに関係する指定のアプリが使い放題となっていました。こちらにも新たにトレーニング方法を指導してくれるアプリ「Runtastic Results」が仲間入り。

ドコモ2016夏 新商品発表会:動画でトレーニングの動作を確認できる
動画でトレーニングの動作を確認できる

またdヘルスケアパック利用者には、ヘルスケアに関連する商品やサービスが割引・無料となるプロモーションも実施。

ドコモ2016夏 新商品発表会:dヘルスケアパックに加入していれば特典も
dヘルスケアパックに加入していれば特典も

ABC Cooking Studio

料理教室などでお馴染みの「ABC Cooking Studio」では、普段なかなかスタジオへ足を運べないが関心を持っているユーザー向けにオンラインレッスンを本格導入しています。

計量済みの食材キット(材料)、型など必要備品、レシピ、作り方動画がセットになったものを提供。材料はそれぞれ必要分だけ送られてくるため少量しか必要でないものを買い過ぎることもなく、より手軽に、通信教育感覚で自宅にいながらレッスンを楽しむことができます。

ドコモ2016夏 新商品発表会:スタジオに行けない人もレッスンが受けられる
スタジオに行けない人もレッスンが受けられる

ただ作って終わり、ではなく、レッスン終了後の確認テストに合格すると日付入りの修了証がダウンロードできるほか、学習サイトの利用やテスト合格でdポイントが進呈されるという工夫も。

こちらの申込方法は、ABCのスタジオで契約する、またはABC Cooking MARKETでの購入となっています。

まとめ

新商品発表からサービス、取り組みまで、非常に内容の多かった今回の発表会。気になっていた機種やサービスはありましたでしょうか?

2016年10月からはドコモショップのショップスタッフユニフォームが新デザインに変更されることも併せてアナウンスされていました。

ドコモ2016夏 新商品発表会:2016年10月からはこちらのユニフォームに
2016年10月からはこちらのユニフォームに

10月からということでまだ店舗でのお披露目は先となりますが、まずは気になった機種を予約しに、ドコモショップに足を運んでみるのもよいかもしれませんね。

ドコモスマホを購入する賢い方法

スマホを買うのに、どこに行きますか?

多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。家電量販店で買う人も多いですね。

でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか?
いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンラインショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう?

一番多い答えが、ショップスタッフと「相談ができないから」という理由です。スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。

そこでおススメなのが、電話で相談しながら購入できるこのサービス!

やり方は簡単。下記の電話番号に電話するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える!もちろん相談料金は無料

「新規・MNP」をご検討の方は、
こちらよりご相談・お申込み可能です! 

0120-323-803

営業時間 10時 ― 19時

※(株)ディーナビでの受付となります。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。




特集コンテンツ

d-card

d-card

キャリア・格安SIM 診断

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン