スマホが故障した時、買い直すよりお得に!FREETELの補償サービス「PREMIUM補償」とは?

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホが故障した時、買い直すよりお得に!FREETELの補償サービス「PREMIUM補償」とは?

最近テレビでもCMを見かけるようになったMVNOのFREETEL(フリーテル)。SIMカードだけでなく、スマホにアプリと幅広いサービス内容、そして大手量販店で即日契約・購入可能という点も他社と異なる魅力といえ、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

でもSIMフリースマートフォンを使う場合、キャリアで契約した場合と異なり、故障時などの手間や負担が大きいといった話も聞くような……。そんな人のために、FREETELではPREMIUM補償と呼ばれるオプションサービスも提供しています。

今回はこのPREMIUM補償のサービス内容やメリットについて、詳しく見ていきましょう。

目次:

FREETEL PREMIUM補償とは?

FREETELが提供するPREMIUM補償サービスはスマートフォンが故障や破損などのアクシデントに見舞われた際、利用することができるサービスです。

FREETELが提供する「PREMIUM補償サービス」
FREETELが提供する「PREMIUM補償サービス」

何ができるの?

手持ちのFREETELスマートフォンや同梱アクセサリー(USBケーブルや充電器、バッテリーパックなど)が故障、破損、全損、水濡れ、紛失、盗難といったアクシデントに見舞われた際、一定のお金を支払うことで良品(ユーザーから回収したスマホに修理や外装の交換を施し品質確認を行なった新品同様品)へと交換してもらえることが可能です

不意のアクシデントでも負担を少なく対応可能
不意のアクシデントでも負担を少なく対応可能

上記のような突発的なアクシデントの他、購入から1年を超えた自然故障に対してもサービスが適用できます

補償が適用できる回数は、スマートフォン本体交換が2回まで。そして同梱アクセサリーの交換が1回まで(最大で3回の交換サービスが利用可能)です。

なお”良品への交換”と書きましたが、手元に故障したスマートフォンが残らない紛失や盗難といったケースにおいては、スマートフォン本体の代わりに警察へ盗難や紛失を届ける際に作成する盗難届けあるいは紛失届けの提出が必要です。

保証期間はどれくらい?

PREMIUM補償サービスには店頭でのパッケージ購入版(一括購入)FREETEL eshopでの購入版(月額プラン)の2タイプが用意されており、保証期間はそれぞれ異なります。

一括購入版の場合は、補償対象製品を購入してから2年間(24ヶ月間)。一方で月額プランはサービスに加入している限り(ただし端末交換を2回利用すると自動解約)補償期間が継続となります

加入方法は?

PREMIUM補償サービスに加入するためには、前述のパッケージ版を量販店で購入するか、月額プラン版をFREETEL eshop(オンラインストア)で購入する必要があります。

店頭でパッケージ版を購入可能
店頭でパッケージ版を購入可能

なお加入にあたる条件として、補償対象製品を購入してから1ヶ月以内の加入手続きが必要となっています。逆にいえば、たとえば端末購入から日が経過していても、1ヶ月以内であれば後追いでサービス申し込みが可能ということです。

ここまでの概要を整理してみると次のようになりますね。

PREMIUM補償サービス
一括プラン
(店頭パッケージ版)
月額プラン
(eshop取扱い版)
加入方法 店頭でパッケージを購入 FREETEL eshopで購入
支払方法 現金、クレジットカード クレジットカード
補償適用期間 保証対象製品を購入後24ヶ月間 サービス加入中
(月額料金支払中)
補償範囲 破損、故障、全損、紛失、盗難、水濡れ、購入から1年を超えた自然故障
補償内容 本体交換:2回まで/同梱アクセサリー:1回まで
加入条件 補償の対象としたい製品購入後、1ヶ月以内の加入手続き実施
必須書類 1.PREMIUM補償 証明書
2.PREMIUM補償サービスと対象端末の購入日がわかるもの
(例:レシート、領収書、納品書)

料金をチェック

PREMIUM補償の対象とできるスマートフォンは現在8機種販売されており、それらの本体価格はもちろんバラバラ。

そのため店頭でのパッケージ購入による一括プラン、およびFREETEL eshopで購入できる月額プランのいずれにおいても、対象機種によって加入費用(および良品交換費用)は異なっています

参考までに最新機種のSAMURAI REI(麗)であれば、パッケージ購入による一括プランの加入費用は4,980円(税別)で、FREETEL eshopでの購入による月額プランの加入費用は420円/月(税別)ほど。

FREETEL SAMURAI REI
FREETEL SAMURAI REI(麗)

費用的には一括プランが月額プランのおおよそ12ヶ月分となっていますが、一括プランではその費用で24ヶ月間補償を適用することが可能。1年以上の期間を見越し、しっかり使う予定であれば、一括プランを購入したほうがトータルコストとしてはおトクになりますね。

また補償利用時に支払う交換費用は各対象端末の定価の約5分の1程度となっています。SAMURAI REI(麗)であれば、定価が29,900円(税別)であるのに対し、交換費用は5,960円(税別)です。

対象機種別の費用、あるいはアクセサリー品の交換費用といったより詳しい情報はFREETELの公式サイトにて確認いただけます。

参照:

PREMIUM補償|FREETEL(フリーテル)|国産高品質のSIMフリー端末/格安スマホ

PREMIUM補償サービスには入るべき?購入前に考えてみよう

サービスの基本的な内容は理解できた。でも、実際のところ加入するほうがよいのだろうか?

PREMIUM補償サービス
PREMIUM補償サービスには入るべき?

ここまでにも「こういったケースではオススメ」といった例をいくつか取り上げてきましたが、改めて情報を整理してみましょう。

例えばSAMURAI REI(麗)を量販店の店頭で購入し、PREMIUM補償サービス(一括プラン)にも加入した場合。

SAMURAI REI(麗)の本体価格は29,900円(税別)で、PREMIUM補償サービスの一括プラン価格は4,980円(税別)となっています。

またPREMIUM補償サービスを利用する際の交換費用が5,960円(税別)なので、万が一故障や紛失・盗難といったアクシデントに見舞われた場合に10,940円(税別)の追加費用(一括プラン価格+交換費用)で新品同様品に交換することができます。

新品を購入すれば29,900円(税別)かかるものが、3分の1に近い費用で済むということを考えれば、メリットを感じられる人は多いと思います。

さらにこのPREMIUM補償サービスの魅力といえるのは、対象期間内であれば(スマートフォン本体に関しては)最大2回まで交換が利用できるということ
2回交換を利用するとなれば、1回あたりの費用は先程よりさらに下がり8,450円(税別)に。

これまでスマートフォンを使用する中で何度も落として壊してしまった経験がある。あるいはこれまで使っていたスマートフォンは防水仕様だったので、うっかり水に濡らしてしまいそうな気がする。

そんな人にとっては大きく魅力が感じられるサービスといえるでしょうね。

PREMIUM補償サービスに関する注意点・疑問点

スマートフォンを安心して使うための魅力が感じられるこのPREMIUM補償サービスですが、最後に注意点、あるいは疑問となりそうな点をいくつか整理しておきました。

交換時には書類が必要

交換時には書類が必須項目
交換時には書類が必須項目

PREMIUM補償サービスによる交換を利用する場合は、プラン加入時にもらえる「PREMIUM補償証明書」、そしてレシートなどのPREMIUM補償サービスと対象端末それぞれの購入日がわかるものが必要となります。

たとえ端末の購入と同時にPREMIUM補償サービスにバッチリ加入したとしても、交換サービス利用時にこの書類が手元になければ意味がありません。

対象端末本体と異なり、これらの書類には紛失届けも意味がありませんので、無くさないように大切に保管&保管した場所をしっかり覚えておくようにしたいものです。

電池パックなども補償の対象?

電池パックも補償できる?
電池パックも補償できる?

前にも触れていますが、このPREMIUM補償サービスで交換してもらえる対象はスマートフォン本体だけではありません。パッケージに同梱されているケーブルや充電器、バッテリーパック、あるいはバッテリーカバー(バッテリー着脱対応機種のリアカバー)も1回まで、交換対象となります。

FREETELではこういったアクセサリー品の単体販売も行なっていますが、PREMIUM補償サービスを使用すれば費用は数百円におさえることが可能。

PREMIUM補償サービスに加入した際は「端末本体だけでなく、アクセサリー品も1度まで交換対象」ということを忘れずに覚えておきたいところです。

交換中は代替機を借りることができない

故障や破損してしまったスマートフォンを安価で新品同様品に交換できるこのサービスですが、交換にあたっては手持ちの端末を郵送する必要があります。

この際、キャリアでの修理対応とは異なり、代替機などのレンタルは受けることができません。つまり修理中は手元にスマホが残らない(使えない)ということになります。キャリアでの契約に慣れている人が困るポイントのひとつはズバリこれかもしれません。

有料・無料を問わず現在FREETELでは端末のレンタルは行なっていないだけに、数日(郵送でのやりとりとなると最低でも3日以上)の期間スマホが使えなくなることが困る人は、予備として安い機種を手元に置いておくことも検討したほうがよいかもしれませんね。

関連記事:

LINEやゲームはどうなる?もし壊したら? 故障・修理の際に借りる「代替機」にまつわる注意点!

まとめ

今回はFREETELのPREMIUM補償サービスについて詳しく内容を見てきました。

改めてチェックしてみると、SIMフリースマートフォン本体だけでなく、回線(SIMカード)からアプリ、サービスまで幅広く手掛け「SIMフリーキャリア」と謳うFREETELならではの、魅力あるサービスになっていることがわかったのではないでしょうか。

筆者個人としては、こういった補償サービスに入るか否かの判断は自身の過去の経験(故障したことがあったか?)を思い返して判断することがよいとは思います。

ですが、万が一の時にかかる費用が大きく変わることは事実だけに、長くひとつの機種を使い続けるつもりであれば、より加入したほうが損をする可能性が少ないことは間違いないでしょう。

またこれまでキャリア製のスマホ(防水仕様が当たり前)に慣れていて、SIMフリースマホに機種変更したことを忘れ、意識しないうちに水に濡らしてしまいそう。そんな心配がある人などには、安全策としての魅力も十分に感じることができるサービスだと思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。