ソフトバンク「AQUOS Xx3」レビュー!さらに進化した便利機能が病みつきになる!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク「AQUOS Xx3」レビュー!さらに進化した便利機能が病みつきになる!

AQUOS Xx3の基本性能をスペック表から確認

まずは本機のスペック表から基本性能を見ていきましょう。

AQUOS Xx3 スペック情報(参照:AQUOS Xx3 製品ページ
OS Android 6.0
SoC Qualcomm Snapdragon 820(MSM8996)
2.2GHz+1.6GHz クアッドコア
内蔵メモリ ROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリ microSDXC 最大200GB対応
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
149 × 73 × 7.6mm
重量 155g
ディスプレイ 約5.3インチ 1,080×1,920ドット フルHD ハイスピードIGZO 120Hz駆動
カメラ アウトカメラ 2,260万画素/インカメラ 500万画素
バッテリー 3,000mAh
カラー ホワイト・アクアブルー・アンバーブラック
備考 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X)

高解像度のメインカメラ。防水・防塵、おサイフケータイ、フルセグ、指紋認証などの機能はしっかり押さえていて、この辺りは国内メーカー、かつ格安スマホとは違うなぁという感じがします。

ディスプレイは5.3インチのフルHD。解像度に関してはWQHDディスプレイの端末もあるので高解像度という感じではありませんが、普段使っていて解像度の低さを感じることはありません。独自のS-PureLEDによって色の再現も忠実ですし、120Hz駆動のハイスピードIGZOで画面スクロールや動画視聴もなめらかでストレスがありません。

AQUOS Xx3の外観・デザインをチェック

AQUOS Xx3 外観:フロントパネル
フロントパネル

フロントパネルには2.5Dガラスが採用され、フレームに一体感が出ています。なお、パネルにはコーニングのGorilla Glass 4が使われています。

AQUOS Xx3 外観:サイドにはボリュムキーと電源ボタン、そして指紋センサーとグリップセンサー
サイドにはボリュムキーと電源ボタン、そして指紋センサーとグリップセンサー
AQUOS Xx3 外観:反対側はSIMトレイ、microSDカード挿入部のカバー、グリップセンサー
反対側はSIMトレイ、microSDカード挿入部のカバー、グリップセンサー
AQUOS Xx3 外観:上部にはイヤホンジャック
上部にはイヤホンジャック
AQUOS Xx3 外観:下部はmicroUSBコネクタとスピーカー、マイク、ストラップホールがあります
下部はmicroUSBコネクタとスピーカー、マイク、ストラップホールがあります

サイドフレームには金属を使用していて、上質な感じを醸し出しています。また、縁は絶妙にカットされていて、持ちやすさも両立しています。左右にはグリップセンサーも配置されています。

AQUOS Xx3 外観:バックパネルはハードコートのガラスを使用
バックパネルはハードコートのガラスを使用
AQUOS Xx3 外観:SIMトレイ部のカバーを外しましてみました。SIMのサイズはnanoSIMとなっています
SIMトレイ部のカバーを外しましてみました。SIMのサイズはnanoSIMとなっています
AQUOS Xx3 外観:2,260万画素のカメラは、出っ張っています
2,260万画素のカメラは、出っ張っています
AQUOS Xx3 外観:手に持ってみたところ
手に持ってみたところ

5.3インチという最近のスマホ事情を考えると標準的なサイズのディスプレイに、これといって狭くも広くもないベゼル。前モデルよりベゼルが広くなってしまったのは少々残念です。

AQUOS Xx3 外観:本体下部のLED
本体下部のLED

本体下部のスリット部分にはLEDが仕込まれていて、通知ランプとして機能します。12パターンの光りかた、9色のイルミネーションカラーでオシャレに通知を知らせてくれます。寝るときなどには、自動的に明るさを抑えてくれるという気配りもいいですね。

前機種とのスペック、AQUOS Xx3のサイズ感を人気端末と比較

左からFREETEL REI、AQOUS Xx3、Xperia Z5 Premium
左からFREETEL REI、AQOUS Xx3、Xperia Z5 Premium

Xx3のサイズ感をFREETEL REI、Xperia Z5 Premiumと比較してみました。それぞれ5.3インチ、5.2インチ、5.5インチで、ディスプレイサイズ通りの本体サイズといった感じですね。

AQUOS Xx2と比べるとなんだか野暮ったくなってしまったかなぁというのが正直な感想です。形だけであればXx2の方が好きですね。

スペックも比較してみました。

端末名 AQUOS Xx3 AQUOS Xx2
OS Android 6.0 Android 5.1
SoC Qualcomm Snapdragon 820(MSM8996)
2.2GHz+1.6GHz クアッドコア
Qualcomm Snapdragon 808(MSM8992)
1.8GHz+1.4GHz ヘキサコア
内蔵メモリ ROM 32GB/RAM 3GB ROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリ microSDXC 最大200GB対応 microSDXC 最大200GB対応
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
149 × 73 × 7.6mm 138 × 73 × 7.9mm
重量 155g 150g
ディスプレイ 約5.3インチ 1,080×1,920ドット フルHD
ハイスピードIGZO 120Hz駆動
約5.3インチ 1,080×1,920ドット フルHD
ハイスピードIGZO 120Hz駆動
カメラ アウトカメラ 2,260万画素/インカメラ 500万画素 アウトカメラ 1,310万画素/インカメラ 800万画素
バッテリー 3,000mAh 3,100mAh
カラー ホワイト・アクアブルー・アンバーブラック パープル・ホワイト・ブラック
備考 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X) 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP5X)

Socが最新のSnapDragon 820になった点や、アウトカメラの画素数が向上しているなどが前機種のXx2よりも進化したポイント。

一方で、バッテリー容量とインカメラの画素数は若干数値が下がっています。ディスプレイサイズが同じなのにサイズが大きく、重量も少し重くなっているというのも少々気になるところではありますね。

AQUOS Xx2の外観、詳細のレビューはこちら:

ソフトバンク「AQUOS Xx2」レビュー!ユーザーに寄り添う使い勝手が素晴らしい!

知っておきたい新たな特徴

AQUOS Xx3:新画像処理エンジン
新画像処理エンジン

残像を抑えて、滑らかな表示にしてくれる120Hz駆動のハイスピードIGZOディスプレイ。微妙な色合いも忠実に再現してくれる、独自のバックライト&カラーフィルタ「S-PureLED」といった機能は前機種のXx2と同様ですが、Xx3では新たな画像処理エンジンを搭載することで、ディティールが鮮鋭化されて細部までくっきりと描画してくれるようになりました。

AQUOS Xx3:長エネスイッチ
長エネスイッチ

バッテリー容量が3,000mAhと比較的多めになっていますが、独自の省エネ技術によってバッテリー持ちはなんと3日とのこと。

さらに、動作や機能を一部制限する長エネスイッチを利用すると、スマホとしての機能を維持しながらにして、バッテリー残量20%から1日持たせることができるというから驚きです。

AQUOS Xx3:下り最大262.5Mbpsを実現
下り最大262.5Mbpsを実現

前機種からキャリアアグリゲーションに対応していましたが、Xx3ではさらに進化して、東名阪の一部エリアでは下り最大262.5Mbpsを実現しています。

SHARPならではの便利機能

AQUOS Xx3:便利機能
便利機能

SHARPのスマートフォンでは、おなじみの便利な機能ももちろん搭載。Xx2にはなかった機能も増えています

ツイストマジック

AQUOS Xx3:ツイストマジックAQUOS Xx3:ツイストマジック
ツイストマジック

本体をツイストすると、一つ前に使っていたアプリに切り替えてくれるツイストマジック。タスクボタン>アプリをタップの手間がなくなるだけでこんなに快適になるとは…驚きです。

スクロールオート

AQUOS Xx3:スクロールオートAQUOS Xx3:スクロールオート
スクロールオート

画面をスクロールすると、表示されるボタン上で指を離すと自動で画面をスクロールしてくれる、なんともユーザーを甘やかしてくれるような機能。掲示板系のサイトを見るときなんかは非常にラクです。もちろん、機能をオンにするアプリを選択することもできますよ。

ロック解除だけではない指紋認証の使い道

AQUOS Xx3:指紋センサー
指紋センサー

指紋センサーは触れるだけでロック解除ができますが、Xx3の指紋センサーはそれだけでは終わりません。任意の指紋にアプリの起動や経路検索などの機能を割り当てられるようになっているんです。

AQUOS Xx3:ショートカットが割り当てられる
ショートカットが割り当てられる

いくつか指紋が登録できますが、センサーの位置的によく使うのは親指になると思います。他の指にショートカットを設定しておくと、サクッとその機能を立ち上げることができるので便利ですよ。

機能が多すぎてよく分からないという時は

AQUOS Xx3:各種機能は「体験しよう!」から確認できる
各種機能は「体験しよう!」から確認できる

どれだけ便利な機能でも、機能を把握して実際に使わなければ意味がありませんね。これらの機能を使い倒すには「体験しよう!」というアプリが便利ですよ。操作方法を動画で見ながら実際に体験し、アプリから機能のON/OFFを設定することが可能です。

Xx3のカメラ性能はいかほどか

2,260万画素で本格デジタルカメラ水準、「GR certified」も取得しているメインカメラはどんな画を写してくれるのでしょうか。

AQUOS Xx3 カメラ作例:焼く前の肉達。オートで撮影、色合いも鮮やかです
焼く前の肉達。オートで撮影、色合いも鮮やかです
AQUOS Xx3 カメラ作例:カブリというのはリブロースの中でも背中側の部分の肉です
カブリというのはリブロースの中でも背中側の部分の肉です
AQUOS Xx3 カメラ作例:焼かれている肉達もオートで撮影
焼かれている肉達もオートで撮影
AQUOS Xx3 カメラ作例:肉の後はアイスを...
肉の後はアイスを…
AQUOS Xx3 カメラ作例:接写して撮影、迫力満点
接写して撮影、迫力満点

解像感もしっかりしていますし、肉のツヤもしっかり表現できているのではないでしょうか。忠実な色再現と鮮やかな色合いが実現できていて、飯テロにも使えそうですね。

シャープ公式サイト PHOTOSHOWでは、さらにたくさんの作例を見ることができますよ。

評価まとめ

夏モデルの中でも性能面では正直秀でる部分のない控えめな本機。しかし、Xx3の魅力は数値上のスペックではなく、SHARPならではの便利機能や実際に使わないとわからない使い勝手なのではないかと思います。

今回紹介した機能はあくまでも一部ですし、これらの機能はパッと触っただけで便利だ!と思うようなもの以外に、毎日毎日使うことで自分に馴染んできて、便利と思うまでもなく無意識に必要な機能になるというものもあります。

性能と使いやすさの両立とデザイン性、これらのバランスがよくまとまっていて、様々な人にオススメできるスマートフォンだと感じました。

AQUOS Xx3の設定・使い方はこちら:

自分に”馴染む”スマホにしていこう!ソフトバンク「AQUOS Xx3」を買ったらやっておきたい設定・使い方5選

前モデルのAQUOS Xx2の外観、詳細のレビューはこちら:

ソフトバンク「AQUOS Xx2」レビュー!ユーザーに寄り添う使い勝手が素晴らしい!

2016-2017冬春モデルまとめはこちら:

最新おすすめスマホはこれだ!2016-2017冬春モデル総まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

最新スマホ情報はココでチェック!

最新スマホ情報

最新スマホレビュー&設定ガイド特集
ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリースマートフォンの「最新スマホレビュー」を随時更新中! スマホを購入したらまずやっておきたい「設定ガイド」も合わせてどうぞ。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。