驚きのバッテリー性能と価格に注目!au「AQUOS U SHV35」をレビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
驚きのバッテリー性能と価格に注目!au「AQUOS U SHV35」をレビュー

auの2016年夏モデルとして、SHARPの「AQUOS U SHV35」が発表されました。25,200円(毎月割り適用後の実質負担額)という低価格を実現しながらも、IGZOディスプレイや3,010mAhバッテリーを搭載するなど、ハイコストパフォーマンス機として、注目を浴びているモデルとなっています。本編では、AQUOS Uのハードウェアを中心にレビューしてみたいと思います。

AQUOS U SHV35の設定・使い方はこちら:

au 「AQUOS U SHV35」を購入したらやっておきたい各種設定ガイド6選

目次:

AQUOS Uってどんな端末?

本モデルは2万円台で購入できる低価格機として、スペックが気になるところです。低価格だからといって使用感にストレスを感じてしまうような低スペックでは本末転倒です。まずはスペック表をチェックしてみましょう。

AQUOS U SHV35 スペック情報(参照:AQUOS U SHV35 製品ページ
サイズ 高さ 約141mm ✕ 幅 約71mm ✕ 厚さ 約8.3mm
重さ 約 128g
CPU MSM8952 1.5GHz クアッドコア + 1.2GHz クアッドコア
ROM 16GB
RAM 2GB
バッテリー容量 3,010mAh
ディスプレイ 5.0インチ(1280×720)IGZOディスプレイ
通信規格 4G LTE/WiMAX 2+
最大通信速度 下り150Mbps/上り12Mbps
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
OS Android™6.0
対応SIM au Nano IC Card
リアカメラ 約1,310万画素 CMOS
フロントカメラ 約500万画素 CMOS
VoLTE 対応
その他 microSDXCカード対応(最大200GBまで)、防水(IPX5/IPX8)、ワンセグ、赤外線通信、Bluetooth(4.2)、緊急速報メール

ご覧のように前世代のミドルスペック並の性能が搭載されています。特にHDとはいえIGZOディスプレイの採用は、画面を重要視するユーザーにとって嬉しい仕様となっています。

また、3010mAhのバッテリーは、このクラスの性能では長時間のスタミナを発揮します。連続待受時間は800時間を超えるスペック値となっています。そして、Android6.0をプレインストールしていることも最新モデルの証と言えでしょう!

AQUOS U SHV35 Android 6.0
Android 6.0(Marshmallow)を標準搭載!

ハードウェアの外観・ディティールをチェック!

それではハードウェアのディティールをチェックしてきましょう。全体の印象は、シンプルすぎるほどシンプル。余計なものを一切排除し、奇抜なデザインでもなく、扱いやすく、オールラウンドのシチュエーションにマッチするデザインとなっています。

AQUOS U SHV35 外観 前面
角丸のオーソドックスな本体デザイン
AQUOS U SHV35 外観 背面
背面はサラサラとした樹脂製。金属素材などを採用しないことで高コスパを実現
AQUOS U SHV35 外観 右側面
右側面には電源ボタンとボリュームボタンを配置
AQUOS U SHV35 外観 左側面
左側面にはSIMカードスロットと、MicroSDスロットを配置。防水対応なのでキャップ付き
AQUOS U SHV35 外観 上面
上面にはイヤホンジャック。あえてiPhoneとは逆方向に配置しています
AQUOS U SHV35 外観 底面
底面にはmicroUSB端子とスピーカーが配置されています
AQUOS U SHV35 外観 500万画素のフロントカメラ
500万画素のフロントカメラはオーソドックスに画面上部に配置

筆者が気になった要チェックなポイント

AQUOS Uはハイスペック機やフラグシップ機のように、注目度抜群の機能や性能は搭載されていませんが、エントリーモデルならではの配慮がなされている部分について、筆者的に気になった点をピックアップしてみます。

AQUOS U SHV35 左上の角にあるストラップホール
左上の角にあるストラップホール

左上の角にはストラップホールが設けられています。この点について筆者的には不要な機能ですが、エントリーモデルを購入するユーザー層には「あると嬉しい」部分だと思います。

AQUOS U SHV35 下部のスピーカーはモノラル仕様
下部のスピーカーはモノラル仕様

残念ながらスピーカーはモノラル仕様。ただ、ステレオ仕様にすることによって、価格が上がってしまっては本末転倒なので、筆者的には妥当な仕様と評価します。

AQUOS U SHV35 IGZOディスプレイを搭載
IGZOディスプレイを搭載

はい、ご存じIGZOディスプレイ。低消費電力や高輝度だけではなく、この位置からも視認可能な視野角も特徴の1つです。解像度がHD(1280×720)ですが、それを考慮してもIGZOディスプレイの恩恵は大きいです!

AQUOS U SHV35 手に持ったサイズ感
持つと分かる、握りやすいサイズ感

両サイドが峡額縁になっているので、5インチとは思えないほど小柄に感じます。筆者は男性ですが、女性でもラクラク握ることができるサイズ感になっています。

作例からカメラ性能をみてみた

FacebookやInstagramなどSNSの流行により、エントリーモデルとはいえカメラ性能は重要なポイントです。例によって「アノ男」を交えて、カメラで作例を撮影してみました。

AQUOS U SHV35 リアカメラ
1,310万画素のリアカメラは背面上部に配置されています

カメラアプリから設定を開いて「ワンタッチシャッター」を「ON」にすると、画面のどこをタッチしてもシャッターが切れるタッチフォーカスが有効になります。

【設定】→【ワンタッチシャッター】【ワンタッチシャッター】→【ON】を選択
カメラアプリから【設定】→【ワンタッチシャッター】→【ON】を選択していく
AQUOS U SHV35 カメラ作例
これで「タッチフォーカス」が有効に、画面のどこをタップしてもシャッターが切れます

シャッターはサクサク感があるのですが、フォーカスが少々もたつく印象があります。

AQUOS U SHV35 カメラ作例
晴天時の日陰で撮影、各種設定はデフォルト

ズームはストレスなく動作するのですが、やはりフォーカスが瞬速とはいかない様子です。

AQUOS U SHV35 カメラ作例
スワイプによるズーム機能を試してみました
AQUOS U SHV35 カメラ作例
さすが埼玉県にお住まいだけあって「そこらへんの草」をむしゃむしゃ食べる十兵衛くん
AQUOS U SHV35 カメラ作例
色味はビビッドな印象で、明るい場所ならば色彩豊かなメシテロ画像も撮影可能だと思われます!

AQUOS U 評価・まとめ

さて、今回のAQUOS Uをまとめてみたいと思います。

低価格なスマホ市場はSIMフリーの格安スマホが席巻していますが、AUOQS Uはキャリア端末ということともあり、注目度は低めの様相を呈しています。

ハードウェア的には、ワンセグや赤外線通信が非搭載、ハイレゾ音源非対応など、プラスアルファな機能を排除してある分、極めてシンプルな設計と言えます。これらの機能が不要な人や、少しでも安価で購入したい人には適しているスペックです。

そんなシンプルスマホをお望みのユーザーが、キャリア端末とSIMフリースマホのどちらを買うかの判断基準として、2点ほどピックアップします

1つは、スマホで通話、特に発信が多い人はSIMフリー端末に格安SIMを挿入して、通話をしすぎると際限なしに料金が積算されてしまうため、注意が必要となってきます。そこで、キャリアの電話カケ放題プランを選択することによって、通話料金が大幅に削減できます。

もう1つは、自宅の固定回線との併用による割引が受けられることにキャリア端末のメリットがあります。ただし、格安SIMとの料金差は「精査」しないと、どちらがおトクとは言い切れないので、auの固定回線を自宅に敷設している人は検討の余地があります。料金体系がよく解らないと言う人は「第三者の厳しい目でチェック」してもらいましょう!

以上のことから、AQUOS Uをオススメできるユーザーは

  • ハイスペック機は不要
  • 本体購入価格は安く抑えたい
  • 電話カケ放題プランが必要なほど有料通話が多い
  • 自宅にauの固定回線を敷設している

などが挙げられます。該当する人は一度、AQUOS Uを検討してみてはいかがでしょうか!

AQUOS U SHV35の設定・使い方はこちら:

au 「AQUOS U SHV35」を購入したらやっておきたい各種設定ガイド6選

他の夏モデルをチェックする:

最新おすすめスマホはこれだ! 2016夏モデル総まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク】

最新スマホ情報はココでチェック!

最新スマホ情報

最新スマホレビュー&設定ガイド特集
ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリースマートフォンの「最新スマホレビュー」を随時更新中! スマホを購入したらまずやっておきたい「設定ガイド」も合わせてどうぞ。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。また、それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイクなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。 Twitter:@nacklesueyoshi