スマホやSNSが、仕事の仲間をつくる。 【みんなのスマホ】No.11 寺倉そめひこ(MOLTS代表取締役)

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: インタビュー, レポート ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホやSNSが、仕事の仲間をつくる。 【みんなのスマホ】No.11 寺倉そめひこ(MOLTS代表取締役)

みんなが毎日使っている、スマートフォン。
スマホとは、どんな風に付き合っているのだろう。
どんな毎日を過ごしているのだろう。

モバレコの連載企画「みんなのスマホ」。第11回のゲストは、株式会社MOLTS代表取締役の寺倉そめひこさん。
今年5月にWEB制作会社を退職し独立。人事領域やメディア領域のサービスを提供していく会社を立ち上げ、新しい挑戦をしている最中だそうです。現在されている人事の仕事とは?
そして、どんなスマホの活用を日々しているのでしょうか?

<プロフィール>
寺倉そめひこ(てらくら・そめひこ)

1987年生まれ。立命館大学を卒業後、経営コンサルティングファーム、広告代理店、藍染師を経て株式会社LIGに入社。入社1ヶ月半でマネージャーに就任、その後新規事業・新規メディアの立ち上げ、企画・メディア運用・Webドラマなどのディレクション、数値管理、人事採用など幅広く行う。2015年3月より人事部長として人事部を立上げ、9月より執行役員に就任し、人事領域、メディア領域を主に担当。

2016年3月に株式会社MOLTSを立ち上げ、5月に独立。Webメディア、人事領域にて複数のパートナーとプロジェクトベースで活動する他、自社メディア・サービスの立上げを進行中。

<関連記事>

【みんなのスマホ】No.1 吉本ばなな(前編)
【みんなのスマホ】No.7 金哲彦(プロ・ランニングコーチ)
【みんなのスマホ】No.8 宇野薫(総合格闘家)

人事の仕事は、とてつもなく奥が深いもの

——独立されたそうですが、現在はどんなことをされているんですか?

現在は6~7社の企業コンサルティングをしています。前職のWEB制作会社では、WEBメディアをどう構築していくのか、マネタイズしていくのか、そういったことを中心にやってきましたのでその経験を活かし、メディアの方向性や、課題をクリアするための行動や採用についてのアドバイスやプランニング、実行をさせていただいています。あとは、人事向けのメディアの立ち上げ準備などもしています。

——人事のお仕事を始めたのが前職在籍中ということですが、人事という仕事を通して学んだことはなんですか?

「人事っていう仕事は、深い世界だな!」と思いました。

——人事は深い、と言いますと?

前職で僕は会社よりスケールさせるためにどうしたらいいのか、と考えた時に人事部を立ち上げることにしました。人事の仕事って、採用、研修、評価、労務とかいろいろありますよね。給与がきちんと支払われているのかや、スタッフにとって良い労働環境整えたりするのも人事の仕事です。ただとても重要な仕事ですが、それはバックオフィス業務。会社をスケールさせるために、自分がやるべきことかどうかを考えると、採用や制度設計に時間を回した方がよいと思っていましたので、バックオフィス業務はもともと行っていた管理課に任せることになっていました。
ただ、「人事部」と名乗っていると管理課が行っている労務関係の業務の問い合わせがくるわけです。なので、3ヶ月後くらいに「経営企画室」という名称に変更しました。そうすると、一切労務関係の話が来なくなりました(笑)。これは面白い体験で、名前が変わると社員からの見え方もガラリと変わる。また、人事の範疇って幅広くて、まったく性質が異なる業務が存在しているんだなと。

——攻める役割と、ディフェンス的な役割が内在しているのが人事なんですね。そういった点で深いと・・・

いろんなことを包括的に見れる視野がないダメな仕事です。人と人、人と企業、人と制度であったり、すべて人と絡んだ仕事内容になるんです。人と関わると全て変数ということで、とてつもなく奥が深い。

人事に確実はない。覚悟が持てるかどうか。

——前職時代に、そめひこさんは結構多い人数の方を採用されていましたよね?

そうですね、50名くらい採用しました。

——そんなに多くの人を!? そめひこさんなりにどんな考えや方法で採用を進めていかれたんですか?

僕自体、人事をはじめたのが前職のWEB制作会社なので他社ではどんなことをして進めているのか詳しく知らないんですけど、採用だけにフォーカスしていうと、お金をあまり使いたくなかったので、コストを抑えることにいろいろ工夫しましたね。一般的な求人サイトに募集を出すとひとり採用するのに結構大きな金額になるんです。ビジネスSNSの「Wantedly(ウォンテッドリー)」で募集をかけたり、縁故採用(友達紹介採用)をしたり。

Wantedlyの募集ページ
Wantedlyの募集ページ

——Wantedlyというと、従来の求人サイトと違って、履歴書無しで気軽に会社訪問できたりと、フランクに人と企業が出会うサービスのことですね

はい、そうです。Wantedlyというサービスは、僕たちみたいなベンチャー企業にはとても相性がいいサービス。何故かというと、1週間単位で値段が設定される従来の求人掲載と違い、Wantedlyでは半年間で求人項目をいくつ作ってもいいんです。コストも従来の求人と比べるとすごい安い。
履歴書を持ってきて、そこからでしか判断しない採用は、特にベンチャー界隈では通用できなくなっている感じがします。これは多くの人事担当者の方と話していて、求人掲載からのエントリーでの採用をやめて、ダイレクトリクルーティングやリファラルリクルーティングといった採用に切り替えているところが最近は増えていますね。
だからWantedlyがもたらす敷居の低いエントリーというのは、僕にとってもすごいウェルカム。3年前に使った時は、敷居の低さは大変だったのですが、今ではそれでもいいから人に会いたいと思っています。

これまでは履歴書に自分の経歴、スキル、志望理由などを書いて求職者が企業にプレゼンしていました。もうこういったスタイルは、今では通用しなくなってきています。
一次面接官がいい人材だなと思ったら、口説き落としていけるのかが重要になっていく。そのためにはどれだけ多くの人と接点を持っていけるかが重要です。

——そめひこさんが、採用面接するときはどんなポイントを見ているんですか?

採用するかどうかの決め手は、その人のことを自分が背負える覚悟が持てるかどうか。自分、というのは僕の場合もありますし、他の事業責任者や採用に関わるメンバーの方もそうです。それしか思わないです。
ある会社で新規事業を統括する人がいて、「若手社員から出てきたビジネスアイディアを提案されたら、アイディア抜きにして人だけを見て成功するか失敗するか分かりますか?」と質問したことがあります。結論、ふたつ分かることがあると言われました。
どんなにいいアイディアでも持ってきた瞬間に「無理だな」と思う人。あとは「やってみないと成功か失敗か分からない」と思う人。それは見極められるけど、絶対成功するという人は分からない。それって採用も同じだと思います。
「この人を採用したら事業は確実に成功に向かう」と思うことはもちろんありますが、思ったとしてもそれが100%そうなるかなんて分からない。
だから最終的には、その人といい組織を作っていくために一緒に全力で走れる人かどうか。そういう覚悟を持てないと採用には至らないですね。

——前職時代には、現社員の友人を紹介してもらい採用をどんどん決めていったリファラルリクルーティング(縁故採用)を行なっていましたね。この方法は実際いかがでしたか?

リファラルリクルーティングでの募集は、内定率が高くなりました。内定が決まった人も、紹介してくれた友人がいることで社内に馴染むのも早かったし、コスト面でも安い。あとは肌感があった優秀な人がたくさん集まるようになりましたね。類は友を呼ぶということで。

——採用の仕方、求人のエントリーの仕方が、本当に大きく変化している時期なのかもしれませんね?

僕自体が、どこかの企業で人事の仕事をしてきた訳じゃなく、手探りで進めてきたので従来のやり方に縛られていないだけかもしれませんが、ベンチャー企業を中心に大きな変革期が来ているのかもしれませんね。
先日、ある中小企業の人事部長の方とお話する機会があったんです。その方にいい採用方法はないかと相談を受けたのでいろいろな方法を提示したら、「とてもいいアイディア!それはうちでもいけそうだね!あ、ただ、ちょっと待てよ、今までやったことがないから、新しいものが苦手な社長がNGを出すかも…… 」と答えられたんです。すごい違和感がありました。社長が新しいものが苦手だからやらないって、上層部の言いなりなのかなと。でもそれだと採用担当の役割が「経営陣に言われたことをやる担当」になってしまっているってことですよね。会社のこれからを左右する人材を獲得することに、自分たちなりのロジックや意見を持って主張しないといけないと思っています。

——経営者マインドを持って人事の仕事をしていくこと、これが重要ということですね

そういう変化がこれからどんどん生まれてくるといいなと、思います。
求人で一番大事なことは、どれだけ多くの人と会えるかどうか。つまり集客を考えるマーケティングと同じことなんです。いまは、TwitterやFacebookなどSNSがある時代、自ら求人を拡散できるという点ではすごくいい時代だと思っています。

移動中も仕事したいから、スマホをフル活用

株式会社MOLTS代表取締役 寺倉そめひこ氏

——仕事で毎日忙しいかと思いますが、そめひこさんが活用しているスマホアプリがあったら教えてください

パソコンとスマホが連動しているアプリが主に仕事で役立っていますね。「仕事、情報収集、情報発信」の3本柱で僕は使っています。仕事で移動することが多いので、移動時間をいかに有効に使えるかを常に考えています。

例えば、RSSリーダーの「feedly」やSNSでネット情報を効率よく収集。前職ではそれほどやっていなかったんですが最近は、面白いなと思う情報があれば、TwitterやFacebookに投稿しています。

日程調整はすべてデジタルで管理。クライアントにデータを見せてご説明することも多いので、Googleスプレッドシートは仕事になくてはならいものです。
いつも使っているグラフに、案件ごとに数値を変更してプレゼン。やはりデータをお見せするかしないかで、説得力も変わってきますからね。パソコンで情報設計だけをしておいて、スマホやタブレットで微調整。これがすごい便利なんです。

——タブレットも使われるんですね

iPadを使っています。主に電子書籍を読むために購入しました。

——コミュニケーションツールとしては、どんな風にスマホを使っていますか?

メールでやり取りすることもありますが、社内・社外ともにLINEやFacebookメッセージを一番活用しています。レスポンスが早く感じられるし、移動中にどんどんやり取りができて仕事が進められるという点で、自分にはすごい合っています。

——もしかして、ちょっと仕事中毒な傾向があります?

めっちゃあります(笑)。ヘトヘトに疲れて部屋で寝ていても意識失うギリギリまでスマホで仕事していることもよくありますし。仕事が大好きなんですよ。

株式会社MOLTS代表取締役 寺倉そめひこ氏

——他におすすめのアプリってありますか?

最近海外や日本のクリエーターの中で流行っている「Phhoto(フォート)」。gifアニメが簡単にスマホで作れて、それを投稿できる。インスタグラムのgif版みたいなSNSです。
あと配車アプリの「Uber(ウーバー)」も便利です! 打ち合わせをしていて、次の約束の場所に急がなくちゃいけないという時に、このアプリを立ち上げて打ち合わせ中にこっそりタクシーを呼んだりしたことがあります。あと5分でタクシー到着するとなったら、打ち合わせを終わらせて、次に向かいます。配送車が見つかりませんとなったらすぐに打ち合わせを終わらせて、ダッシュで駅まで向かうなど。

——そめひこさんのスマホの中にある写真で、最近思い出深い写真があれば教えてください

退職した日の写真です。前職で関わったたくさんの方たちが集まってくれて、みんなで送別会をしてくれました。現在在籍しているスタッフだけでなく、昔一緒に働いていたメンバーも来てくれて。これからの自分の仕事も応援してくれていて、本当にありがたいなと思いました。

そめひこさんの送別会
そめひこさんの送別会

——では最後に、どんなことをこれから挑戦していきたいと思っていますか?

今の時代に生まれて本当に良かったと思っています。既存のものが色々通用しなくなって変化の激しいこの時代だからこそ、「こうしたらもっと良くなるんじゃないか?」とアイディアもどんどん出てくる。
スティーブ・ジョブズが最初のiPhoneを発表したプレゼンってものすごく世界中が沸いていたんですね。僕の勝手な想像ですけど、その時iPhoneを作ったチームとジョブズが祝杯のお酒を飲んでいたなら、そのお酒って格別に美味しかったと思います。僕は仕事の成功体験をした時、チームで乾杯するお酒が一番美味しい。一人で飲むお酒よりも、そっちの方が絶対に美味しい。これからもいろんな苦労を乗り越えて、仲間やクライアントさんと一緒に成功を分かち合っていきたい。
それが社名「MOLTS」に込めた思いなんです。某アルコール飲料のスペル違い(笑)。
もうひとつ「MOLTS」には、脱皮するという意味があります。既存のモデルから脱皮させて、より新しい形に変化させていく。そこ生まれるカルチャーができた時、どんな美味しいお酒が飲めるのか今からすごい楽しみです。

株式会社MOLTS代表取締役 寺倉そめひこ氏

(取材・文・撮影/勝俣利彦)

<関連記事>

【みんなのスマホ】No.1 吉本ばなな(前編)
【みんなのスマホ】No.7 金哲彦(プロ・ランニングコーチ)
【みんなのスマホ】No.9 佐々木圭一(コピーライター/作詞家)

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?