au AQUOS K SHF33を楽しく使うならぜひ押さえておきたい4つのこと

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: au

スマホ向けのOSであるAndroidを搭載しつつ、操作性はガラケーと大きく変わらない設計、いわゆるガラホの1シリーズとして定着しつつあるauの「AQUOS K」シリーズ。

2016夏モデルではこの第3弾となるモデル「AQUOS K SHF33」がリリースされ、2016年6月下旬より発売予定となっています。

今回はこのAQUOS K SHF33の魅力を楽しむために、ぜひ知っておきたい機能・設定を4つ紹介していきます

AQUOS K SHF33のレビュー記事はこちら:

高精細カメラにエモパー搭載の au「AQUOS K SHF33」をレビュー!従来のガラホより使っていて楽しい1台

目次:

auのお得なキャンペーン情報

店舗にいかなくてもネットから購入可能。
Web割でお得にスマホを購入!

au応援割

使い放題MAX 5G/4Gに新規加入で
6カ月間税込3,938円/月割引
さらに「Amazonプライム」1年ついていくる!

他にもお得なキャンペーン

  • のりかえで最大22,000円割引
  • 機種変更で最大11,000円割引
  • 新規契約で最大11,000円割引
  • SIMのみ購入で10,000円還元
  • 22歳以下限定 新規契約でさらに10,000円相当のキャッシュバック

※au Pay残高へチャージ

1. 自ら話しかけてくる人工知能「エモパー」を初期設定

3モデル目となるこのAQUOS K SHF33で、ガラホ初搭載となった目玉機能のひとつが人工知能「エモパー」。自発的に考え話しかけてくるこの機能は、初めに初期設定を行なうことで初めてきちんと使用可能になります。

なおエモパーの初期設定中には自宅住所の登録作業が含まれます。これはGPSを用いた自動検索で行なうので、以降の作業は自宅にいる時に行なってください。

ホーム画面を表示した状態で、キーパッド上部中央、カーソルキー中央にある丸ボタンを押します。

AQUOS K SHF33のホーム画面
AQUOS K SHF33のホーム画面
設定項目など機能画面の呼び出しは中央の丸いボタンから
設定項目など機能画面の呼び出しは中央の丸いボタンから

メニュー画面が表示されるので、【ツール】→【7 エモパー】の順に項目を選択。

エモパーの項目を探すエモパーの項目を探す
エモパーの項目を探す

エモパーを開くと初期設定の画面が表示されます。画面の指示に従いながら(SHF33はタッチ操作非対応の画面なので)キーパッドのボタンを押し、進んでいきます。

キーパッド右上(カメラマーク)のボタンを押せば次の画面に進める
キーパッド右上(カメラマーク)のボタンを押せば次の画面に進める
エモパーを利用するにはデータ通信をONにする必要がある
エモパーを利用するにはデータ通信をONにする必要がある

以前に他機種でエモパーを使っていたことがあれば、SDカードを通じて記憶(データ)を移行・引き継いで使用することも可能です。今回は初めから設定する流れとし、【いいえ】を選択して進んでいきます。

以前に他機種でエモパーを使っていれば記憶(データ)を引き継ぐことも
以前に他機種でエモパーを使っていれば記憶(データ)を引き継ぐことも

エモパーの初期設定として最低限行なっておきたいのは【エモパーの選択】【ユーザー名と呼び方の設定】【位置情報の設定】の3つ。

これらを設定しておくことで、決まった場所でエモパーがユーザー(自分)の名前を呼びながら話しかけてきます。

選択できるエモパー(キャラクター)は3種類
選択できるエモパー(キャラクター)は3種類
ユーザー(自分)の名前はひらがなで指定
ユーザー(自分)の名前はひらがなで指定
呼び方(イントネーション)も好みのものを選択できる
呼び方(イントネーション)も好みのものを選択できる
エモパーが自発的に話すのは自宅+設定した場所。その特定に位置情報が必要
エモパーが自発的に話すのは自宅+設定した場所。その特定に位置情報が必要
位置情報はGPSを用いて特定する
位置情報はGPSを用いて特定する
同意文を確認したら【同意する】を選択同意文を確認したら【同意する】を選択
同意文を確認したら【同意する】を選択
再度同じ画面が表示されるので【次へ】を選択
再度同じ画面が表示されるので【次へ】を選択
位置情報は【現在地】を選択するとGPSで自動検索される
位置情報は【現在地】を選択するとGPSで自動検索される
現在地と、表示された住所が一致していることを確認したら【次へ】
現在地と、表示された住所が一致していることを確認したら【次へ】
最後にエモパーの利用規約を確認最後にエモパーの利用規約を確認
最後にエモパーの利用規約を確認
これで最低限の設定が完了
これで最低限の設定が完了

ここまでで最低限エモパーを使うための設定が完了。しかしエモパーをよりしっかりと使うためには、ユーザーの情報や関心事を追加で登録しておく必要があります。

エモパーのメイン画面から【設定】を選択(本のマークが付いたボタンをプッシュ)。

【設定】を選択
【設定】を選択

するとエモパーの設定画面が開きます。ここでは先程選んだエモパー(キャラ)の選び直し、話かけてくる際の音量調整、ユーザーの誕生日や関心事の登録が行なえます。

エモパーの設定画面
エモパーの設定画面
【基本動作について】ではお話しする音量やマナーモード時の動作を設定できる
【基本動作について】ではお話しする音量やマナーモード時の動作を設定できる
【あなたについて】では自宅以外でお話しを許可する場所やユーザー情報を登録できる
【あなたについて】では自宅以外でお話しを許可する場所やユーザー情報を登録できる
【エモパーの話題】ではお話しする内容(話題)を設定できる
【エモパーの話題】ではお話しする内容(話題)を設定できる

またこの設定画面では先程少し触れた記憶(データ)の復活、あるいは今後この他の機種に機種変更した際に使える、記憶の保存(SDカードにデータをコピー)といった作業も行えます。

記憶の保存・削除・復活といった作業もここから行なえる記憶の保存・削除・復活といった作業もここから行なえる
記憶の保存・削除・復活といった作業もここから行なえる

おそらくエモパーは、ほとんどの方が使い込むだけ愛着が湧く機能。また使い込む中でエモパー自身もあなたのパートナーとして成長していくだけに、データの移行もできるという点は覚えておいて損はないでしょう。

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

2. スマホライクな操作感「タッチクルーザーEX」の使い方をチェック

タッチ操作には対応していないAQUOS K SHF33のディスプレイ。しかし本体の物理キーパッド部分にはタッチクルーザーEXと呼ばれる、スマホ同様のタッチ操作に対応した機能が内蔵されています。

ガラホをより使いこなすためにもできれば使い方を覚えたい機能ですが、こちらは操作方法をチュートリアル形式で確認することができます。ぜひ使いはじめるタイミングで一度はチェックしておきましょう

メニュー画面から【ツール】→【タッチクルーザーEX操作ガイド】の順に項目を選択します。

【ツール】画面の下のほうに並ぶ【タッチクルーザーEX操作ガイド】の項目
【ツール】画面の下のほうに並ぶ【タッチクルーザーEX操作ガイド】の項目

ここでは順を追って、タッチクルーザーEXの操作方法を確認・試すことができます。

順番にひとつずつ、操作方法が確認できる順番にひとつずつ、操作方法が確認できる
順番にひとつずつ、操作方法が確認できる順番にひとつずつ、操作方法が確認できる
順番にひとつずつ、操作方法が確認できる
各操作方法ごと、実際の操作テストも
各操作方法ごと、実際の操作テストも
指示に従いテンキー部分を操作してみる
指示に従いテンキー部分を操作してみると……
ただしく操作できているかが確認できる
ただしく操作できているかが確認できる

タッチクルーザーEXで使える操作は、一般的なスマートフォンでも使われるものとなっており、このAQUOS K SHF33を使いこなるにはもちろん、今後スマホへと機種変更をした後も覚えておくと役に立ちます

ぜひ便利に使いこなせるようになりましょう。

3. 契約プランに合わせてデータ通信量の警告・制限値を設定

AQUOS K SHF33では4G LTEでの高速通信にも対応。スマホほどではないものの、フルブラウザ(スマホと同画面で表示できるブラウザ)やテザリングといった機能も利用できます。

ただ、これらの機能の使いすぎにより心配になるのがデータ通信の使用量。意図せず、気が付かないうちに契約プランの上限として定められたデータ通信量に到達してしまった、なんて自体は避けたいところ。

これについては一般的なAndroidスマホ同様に、データ通信量が一定値に到達したタイミングで警告メッセージを表示、あるいはデータ通信を制限する機能が搭載されています。ストレス無く使うためにも、ぜひ設定しておきましょう。

メニュー画面を開いたら【設定】→【8 通信・ネットワーク】→【データ通信設定】→【データ使用量】の順に項目を選択。

【設定】【8 通信・ネットワーク】
【データ通信設定】【データ使用量】
今回はメニュー画面の【設定】の項目から進んでいく

データ通信設定の画面を開いたら、はじめに集計周期(データのリセット日)を設定します。画面上の日付期間(◯月◯日~◯月◯日)と書かれた部分にカーソルを合わせ選択。

【サイクルを変更】を選び、特に理由がなければ毎月のリセット日を【1日】としましょう。これでauのデータ集計と同じ1日~末日で自動的に集計が行なわれます。

まずは集計サイクルを変更まずは集計サイクルを変更
まずは集計サイクルを変更
基本的には1日を指定しておけばOK
特別な理由がなければ、基本的には1日を指定しておけばOK

次に警告メッセージを表示するデータ使用量を設定します。【サブメニュー】を開きます(本のマークのボタンをプッシュします)。

先ほどの画面に戻ったら【サブメニュー】を開く
先ほどの画面に戻ったら【サブメニュー】を開く

表示される項目から【警告サイズ】を選択。ここで到達したら警告メッセージを表示させたいデータ使用量を入力します。この時、カーソルキー(上下ボタン)では1MB刻みでしか変更できないので、直接数字を入力したほうが手っ取り早いです。1GB=1024MBなので、入力する値(GB)に1024をかけた値を入力します。

【警告サイズ】の項目を選択
【警告サイズ】の項目を選択
10GBで設定するなら10x1024で「00010240」と入力
10GBで設定するなら10×1024で「00010240」と入力

確定したら画面上のグラフ(横棒)が指定した値になっているかを確認。

指定したGBの数値で「◯GB警告」と出ていればOK
指定したGBの数値で「◯GB警告」と出ていればOK

次は制限値も設定します。先ほど同様【サブメニュー】を開き、まずは【モバイルデータの制限】の項目をチェック。これで【制限サイズ】の項目を開けるようになるので、警告値を設定したのと同手順で、到達したら利用制限をかけたいデータ使用量を入力します。

【サブメニュー】を開いたらまずは【モバイルデータの制限】をオンに
【サブメニュー】を開いたらまずは【モバイルデータの制限】をオンに
【制限サイズ】が黒字表示(選択可能)になるので、この項目を開く
【制限サイズ】が黒字表示(選択可能)になるので、この項目を開く
値の入力方法は先程同様。ここでは20GBで指定するので「00020480」とする
値の入力方法は先程同様。ここでは20GBで指定するので「00020480」とする

制限値を入力し終えると、先ほどのグラフに赤棒が表示されます。この値も設定したGBの数値で「◯GB制限」とでていることを確認しましょう。これで設定が完了しました。

「◯GB制限」と出ていることを確認する
「◯GB制限」と出ていることを確認する

ガラホの場合、Youtubeなどネット上に公開されている動画の視聴、あるいはテザリングといった使い方を頻繁にしないかぎり、データ通信量がふくれあがるという心配はあまりないでしょう。

逆にいえば、こういった使い方をするのであれば、忘れずに設定しておきたい項目です。

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

4. テザリングをより気軽に使うための初期設定

スマホより優れたバッテリー持ちや、4G LTEによる高速通信をサポートするAQUOS K SHF33。テザリング目的でタブレットやパソコンとの併せ持ちをする方も多いはず。

テザリングも初めに初期設定を済ませておけば、以降はボタン一つで簡単にオン・オフを切り替えられます。

メニュー画面より【設定】→【8 通信・ネットワーク】→【ネットワーク設定】→【テザリング】→【Wi-Fiテザリングを設定】と選択し、進んでいきます。

【ネットワーク設定】【テザリング】
【Wi-Fiテザリングを設定】
【Wi-Fiテザリングを設定】の項目を探す

ここでネットワークSSID(テザリングの接続先名称)とパスワード(接続時に必要とするパスワード)を自分が使いやすい任意のものに変更しましょう。入力を終えたら【保存】を選択するのも忘れずに。

ネットワークSSIDとパスワードを自分が覚えられるものに変える
ネットワークSSIDとパスワードを自分が覚えられるものに変える

初期設定を済ませておけば、以降AQUOS K SHF33ではキーパッド下に配置されたテザリングボタンを押すだけでテザリング機能のオン・オフを切り替え、使うことができるようになります。

右下のボタンを押すだけでテザリングを起動
右下のボタンを押すだけでテザリングを起動
初回のみ注意メッセージが表示される
初回のみ注意メッセージが表示される
テザリングがオンになると画面上部にメッセージがでる
テザリングがオンになると画面上部にメッセージがでる

テザリングにただ対応するだけでなく、より簡単にオン・オフが切り替えられる点はこの機種の魅力のひとつといえるかもしれません。ぜひ確認・設定しておきましょう。

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

まとめ

スマートフォンに比べれば利用できる機能が制限されている分、押さえておきたい設定項目はやや少なめな印象。それだけに、できればいずれも早めに確認・設定しておきたいものともいえます。

今回紹介した中でも筆者が特にチェックをオススメしたいのはエモパー。使う期間が長くなるほどあなたの身近なパートナーへと成長していくだけに、できれば使い始めと同時に(できるだけ早い段階で)設定してほしいところ

AQUOS K SHF33を購入予定の人はぜひ参考にしてみてください。

AQUOS K SHF33のレビュー記事はこちら:

高精細カメラにエモパー搭載の au「AQUOS K SHF33」をレビュー!従来のガラホより使っていて楽しい1台

新型iPhoneも対象!
機種変更で5,500円キャッシュバック

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン