mineo(マイネオ)を実際に使ってみた感想と速度の実測値をレビュー

書いた人: とくめい

カテゴリ: レビュー, 格安SIM

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
mineo(マイネオ)を実際に使ってみた感想と速度の実測値をレビュー

申し込みガイドはこちら

テレビCMや雑誌などでも良く見かける格安SIMの「mineo」ですが、実際どうなの?という疑問に答えるべく、Aプラン・Dプランの両方を1年以上利用している筆者の感想や、スピード測定の結果、使ってみて便利なところなどをレビューしました。

申し込み・詳細ページはこちら:mineo エントリーパッケージ

目次:

mineoの特徴とプラン

mineoは記事執筆時点でまだ数少ないドコモとauの回線の両方に対応した格安SIM(MVNO)です。
他の格安SIMに比べて突出して通信速度が速いわけではありませんが、モバレコが行なっているスピードテストでも安定した結果を出しています。
また余ったパケットを繰り越せるだけでなく、その分を家族や複数の回線でシェア出来るなどユニークな機能があるのも特徴です。

料金プランについては以下の通りとなります。
「Dプラン」がドコモ回線、「Aプラン」がau回線に対応したプランです。

mineo Dプランの料金
デュアルタイプ(音声) シングルタイプ(データ)
500MB 1,400円 700円
1GB 1,500円 800円
3GB 1,600円 900円
6GB 2,280円 1,580円
10GB 3,220円 2,520円
mineo Aプランの料金
デュアルタイプ(音声) シングルタイプ(データ)
500MB 1,310円 700円
1GB 1,410円 800円
3GB 1,510円 900円
6GB 2,190円 1,580円
10GB 3,130円 2,520円

mineoでは500MB・1GB・3GB・6GB・10GBから選べます。デュアルタイプ(音声)はAプランのほうが安く、シングルタイプ(データ)はどちらも同じ値段です。1番オススメは中間の3GBプランで、まずはこの容量から試してみて自分の使用量に合っているか試してみましょう。

速度を計測してみました

mineoについて分かったので次は実際の通信速度を計測してみましょう。今回の測定条件は以下の通りです。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 祝日(朝)9時~10時、(昼)12時~13時、(夜)19時~20時
測定方法 Speedtest.net
測定機種・回線 Dプラン:FREETEL 雅
Aプラン:Xperia Z3 SOL26
調査方法 ping・上り・下りを連続で3回ずつ計測。
測定時間は朝・昼・夜の混雑する時間帯を選択。

格安SIMは時期や時間帯、場所によって大きく差が開いてしまうため、あくまでも数値は参考程度に見てください。

朝の測定結果

朝はどのSIMも速度が出やすい傾向で常時下りが10Mbpsを超えていました。最近は速度が落ちていたmineoでもこの日は快調です。

Dプランの測定結果
ping 下り 上り
1回目 94ms 11.54Mbps 5.97Mbps
2回目 78ms 10.65Mbps 3.82Mbps
3回目 81ms 10.72Mbps 5.75Mbps
Aプランの測定結果
ping 下り 上り
1回目 99ms 14.03Mbps 6.03Mbps
2回目 111ms 13.09Mbps 7.03Mbps
3回目 114ms 12.87Mbps 6.01Mbps

昼の測定結果

格安SIMで混雑しやすいお昼の時間帯ですが、この日は祝日だったのでそこまで速度が落ちることはなく、YouTubeの動画もHD画質で視聴できる速度が出ていました。

Dプランの測定結果
ping 下り 上り
1回目 118ms 3.55Mbps 5.54Mbps
2回目 122ms 3.06Mbps 4.11Mbps
3回目 121ms 4.13Mbps 4.26Mbps
Aプランの測定結果
ping 下り 上り
1回目 96ms 7.80Mbps 9.44Mbps
2回目 92ms 6.26Mbps 10.14Mbps
3回目 90ms 5.53Mbps 11.55Mbps

夜の測定結果

沖縄では梅雨明けをして最近はずっと晴れていたのですが、夜の測定では土砂降りの大雨が降ってきたので室内での測定です。天候が荒れると速度が落ちやすい傾向があり、速度もイマイチ伸びなかったです。

Dプランの測定結果
ping 下り 上り
1回目 153ms 1.68Mbps 1.23Mbps
2回目 129ms 1.99Mbps 2.53Mbps
3回目 144ms 1.18Mbps 3.10Mbps
Aプランの測定結果
ping 下り 上り
1回目 103ms 1.04Mbps 4.05Mbps
2回目 97ms 2.27Mbps 2.39Mbps
3回目 99ms 1.51Mbps 2.45Mbps

ウェブサイトを見たり、メール送信、LINEなどの使用については1日を通して特にストレスなく使える速度かと思います。
ただし高画質動画などの大容量コンテンツや高画質画像を見る場合などは、時間帯によってダウンロードに時間がかかりそうです。

mineoを使った感想

次にmineoを使ってみて感じた良い点・悪い点を紹介していきます。

家族や友人とデータがシェアできる

mineoを語る上で外せないのがデータ残量のシェア機能です。余ったパケット容量は翌月まで繰り越しが出来ますが、繰り越した分の容量を家族もしくは複数回線で分け合える「パケットシェア」や、家族以外の友人などにも分け合える「パケットギフト」が使えます。

SNSでのシェアとは違って、パケットを無駄なく使うための共有機能という意味合いが強いサービスです。これならパケットを無駄なく使えるのではないでしょうか。

パケットシェアを組んでみよう

余ったパケットを家族で共有できる「パケットシェア」

余ったパケットを家族で共有できる「パケットシェア」

パケットシェアは別途申し込むことでパケットをシェアするグループを結成し、グループ間でパケットを共有することが可能です。シェアグループを組むにはmineo.jpのメールアカウントを設定する必要があり、そこに重要なメールなどが届くようになっています。

まずはシェアグループを組む回線ごとに付与されたmineo.jpのアカウントをマイページからメモして設定しておきましょう。やり方はユーザーサポートに詳しく書かれているのでこちらをご覧ください。

メールアカウント設定(Android™端末)

メールアカウント設定(iOS)

パケットシェアではDプラン・Aプランどちらにもシェアすることができます。こういった機能では同一キャリアのみというパターンが多いですが、マルチキャリアの格安SIMだからこそ出来る機能ですね。

前月から繰り越したパケットから消費される

前月から繰り越したパケットから消費される

前月から繰り越しのパケットシェア分がある場合、繰越分から優先的に消費されていき残量がなくなると当月分のパケットが消費されていきます。注意点として、シェア可能なパケットは前月から繰り越されたパケットだけということ。当月分の基本データ容量はシェアすることができないので気をつけてください。

パケットギフトなら親戚や友人にも分け合える

親戚や友人にもパケットを分け合える「パケットギフト」

親戚や友人にもパケットを分け合える「パケットギフト」

上記でご紹介したパケットシェアは同一住所であることが条件でしたが、パケットギフトでは離れて暮らす家族や親しい友人などにも分け合えて無駄なく使えます。複数回線でパケットをシェアすることは他社にもありますが、他人にもパケットを共有できるのはmineoだけです

8桁のコードを受け取って入力すると残量が増える8桁のコードを受け取って入力すると残量が増える
8桁のコードを受け取って入力すると残量が増える

8桁のコードを受け取って入力すると残量が増える

マイページからパケットギフトを発行すると8桁のコードが表示されるので、このコードを相手に教えることでシェアできる仕組みになっています。ギフトとして使用できるパケットは10MB~9,990MBまで、有効期限は送られた月の翌月末までと決まっているので使い切れる容量を送りましょう。

mineoユーザー同士でシェアし合えるフリータンクとチップ

ユーザー同士でパケットをシェアするフリータンクとチップ

ユーザー同士でパケットをシェアするフリータンクとチップ

フリータンクチップと呼ばれる機能で、全国のmineoユーザーともパケットを共有できるようになりました。格安SIMをまわりで使っている人がまだまだ少なくてもmineoユーザー間で、パケットをやり取りできるのは面白いですね。

多くのユーザーがフリータンクへ入れている

多くのユーザーがフリータンクへ入れている

フリータンクはmineoユーザー全員でパケットをシェアするための貯蔵庫のこと。パケットが余ったらフリータンクへパケットを入れて、足りなくなったらちょっと借りる。パケットを通じてユーザー同士で助け合える仲間になるという発想は、利用者が「mineoを契約して良かった!」と思えるのではないでしょうか。

チップで10MBのパケットをプレゼント

チップで10MBのパケットをプレゼント

チップはマイネ王のコミュニティでちょっとした気持ちとして10MBのパケットをプレゼントできる機能です。eoIDとマイネ王のアカウントを紐付けることによって、「ありがとう」「おもしろい」「役に立った」と感じたコメントや回答にパケットをプレゼントしてみましょう。

デュアルプランでも最低利用期間や解約金なし

他社で音声プランを契約した場合、6ヶ月~12ヶ月以内に解約してしまうと解約金が発生してしまいますが、mineoではデュアルプラン(音声)でも最低利用期間や解約金は掛かりません。ただし、利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円発生するので注意してください。

mineoコミュニティ「マイネ王」が便利

mineoを使っていてなにかと便利なのがユーザが投稿できる掲示板やQ&A、スタッフブログなどで構成されるコミュニティサイト「マイネ王」。

質問はもちろん要望なども伝える事ができますし、疑問点なども過去の投稿を確認することで解決できます。

無制限プランがない

いい事ばかりを書きましたが、ちょっと不便な点も。
他の格安SIMでは速度が遅いながらも無制限通信プランを提供している業者がいくつかありますが、mineoはありません。

10GBまでのプランがありますが、それ以上使う方には向いていません。

評価まとめ

無駄なくパケットを使えるシェア機能や、マイネ王を通じてユーザーの声をサービスに反映しようとする姿勢が気に入っています。他社には料金が安いプランがありますが、格安SIMは安いだけが魅力ではないと思っています。

au回線とdocomo回線の両方が使えて、両回線のパケットを共有したりと他社にはない魅力がたっぷり詰まったmineo。まだ格安SIMを使ったことがない人も、他社から乗り換え先を探している人にもオススメできるSIMです。

気になった方はまずはマイネ王をチェックしてみてはいかがでしょうか。面白い企画も沢山行われているので、あなたもきっとmineoに乗り換えたくなりますよ!

申し込みガイドはこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi