au「HTC 10 HTV32」のおすすめ設定5選!指紋認証や省電力モード、パーソナルオーディオを使いこなそう

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: au

2016夏モデルとしてauより発売されたHTCのグローバルフラッグシップモデル「HTC 10(HTV32)」。

今回はこのHTC 10をより自分に合わせて使いこなすため、使い始めのタイミングでぜひ確認・設定しておきたい項目を5つ紹介していきます。指紋認証やオーディオプロファイルといった便利機能だけでなく、電池持ちを気にせず使うためのバッテリー節約(省電力モード)も解説!

au HTC10を手に入れた方はぜひチェックしてみてください。

関連記事:

au「HTC 10 HTV32」のレビューはこちら

目次:

auのお得なキャンペーン情報

店舗にいかなくてもネットから購入可能。
Web割でお得にスマホを購入!

au応援割

使い放題MAX 5G/4Gに新規加入で
6カ月間税込3,938円/月割引
さらに「Amazonプライム」1年ついていくる!

他にもお得なキャンペーン

  • のりかえで最大22,000円割引
  • 機種変更で最大11,000円割引
  • 新規契約で最大11,000円割引
  • SIMのみ購入で10,000円還元
  • 22歳以下限定 新規契約でさらに10,000円相当のキャッシュバック

※au Pay残高へチャージ

1)【テーマ】を自分好みに変更・カスタマイズする

HTC製スマートフォンに共通する魅力のひとつとなるのがテーマ。テーマを適用することで画面のデザインを様々にカスタマイズできます。
今作ではフリースタイルレイアウトと呼ばれるさらに自由な機能も追加され、よりこの魅力を楽しむことができるようになりました。

まずはこのテーマの変更・カスタマイズがどこからできるのかを確認しておきましょう。

設定画面から【個人設定】を開き、【テーマの変更】を選択します。

設定画面上で【個人設定】【個人設定】→【テーマの変更】
設定画面上で【個人設定】→【テーマの変更】の順に選択

自身で作成したテーマであればサインインは不要ですが、HTCや第3者が提供しているテーマを利用するためにはサインインが必要となります。

まずはサインイン
まずはサインイン

サインインに使う情報は【Googleアカウント】【Facebookアカウント】【Eメールアドレス】の3つから選択が可能。自分で好きなものを選択し、認証を済ませましょう。

AndroidユーザーであればGoogleアカウントが一番使いやすいかも
AndroidユーザーであればGoogleアカウントが一番使いやすいかも

無事サインインが完了すると、メイン画面が開きます。はじめは初期テーマ以外が何も端末にダウンロードされていない状態なので、左上のメニューボタンをタップします。

左上の3本線マークをタップ
左上の3本線マークをタップ

メニューが表示されるので、【ショップ】の「テーマ」(壁紙やアイコンのセットになったもの)や「壁紙」「アイコン」といった項目を選択すれば、ダウンロードできるそれぞれのアイテムがチェックできます。

メニュー一覧
メニュー一覧
テーマ壁紙
アイコンサウンド
フォント
テーマ、壁紙、アイコン、サウンド、フォントといったくくりでダウンロードできる
フリースタイルレイアウトに対応したテーマも探すことが可能
フリースタイルレイアウトに対応したテーマも探すことが可能

テーマを適用した状態で、アイコンやフォントだけを自分好みに置き換えることも。この場合は先ほどの【個人設定】の画面で【現在のテーマを編集】を選択します。

【現在のテーマを編集】を選べば適用中のテーマをカスタマイズできる
【現在のテーマを編集】を選べば適用中のテーマをカスタマイズできる

これで適用中のテーマに対して、ホーム画面のレイアウトや壁紙などを個別に指定・変更することができます。

個別に変更を加え、より自分好みにカスタマイズできる個別に変更を加え、より自分好みにカスタマイズできる
個別に変更を加え、より自分好みにカスタマイズできる

単にテーマを選んで選択するだけでなく、そこから各項目を個別にカスタムし始めると、あっという間に時間が過ぎてしまいます!(筆者が実際にそうでした)。

ですが、こういった自分好みのカスタマイズはその機種を使う上で楽しさと愛着を増してくれます。ぜひ試してみてください。

2)ロック解除に便利な【指紋認証】を登録する

HTC 10ではディスプレイ下にタッチ式の指紋認証センサーを搭載しています。端末のロック解除に便利に使える機能ですので、ぜひ登録して使ってみましょう。

設定画面より【指紋スキャナ】の項目をタップ。次の画面で【指紋の追加】を選択します。

【指紋スキャナ】【指紋の追加】
【指紋スキャナ】→【指紋の追加】の順に進む

端末のロック解除を指紋認証で行なうためには、まず万が一指紋認証でロックが解除できなくなった時のために、指紋認証以外のロック解除方法を設定しておく必要があります。
ここでは【パターン】【暗証番号】【パスワード】の3種類が用意されていますので、自分の好きなものを選んで設定してください。

まずは指紋認証以外のロック解除方法を設定
まずは指紋認証以外のロック解除方法を設定

次にセキュリティ性をより高めるため、端末を起動した際にPINコードの入力を求めるか否かを選びます。これはあらかじめ設定しておくことで、紛失や盗難時に他人に中身を見られることを防ぐためのもの。必要に応じて好きなほうを選択してください。

よりセキュリティ性を高めたいなら【PIN入力必須】を選ぶこと
よりセキュリティ性を高めたいなら【PIN入力必須】を選ぶこと

端末がロックされた状態でメッセージなどを受信した際、通知内容をロック画面に表示するか否かも併せて選択します。

ロック状態で何も画面に表示したくなければ【通知を表示しない】に
ロック状態で何も画面に表示したくなければ【通知を表示しない】に

ここからようやく指紋情報の登録作業です。指紋認証センサーに登録する指の指紋を押し当てていきます。指の中央→縁の順に登録していく流れとなり、最短で16回ほどタッチすると1つの指紋情報が登録できます。

登録する指を少しずつ場所を変えながらタッチしていく登録する指を少しずつ場所を変えながらタッチしていく
登録する指を少しずつ場所を変えながらタッチしていく
この画面になれば登録が完了
この画面になれば登録が完了

登録できる指紋情報の数は最大5つまで。指紋認証センサーの配置を考えると、両手の親指、人差し指の計4本は登録しておくと使いやすいのではないかと思います。特にこだわりがなければ、まずはぜひこの4本で試してみてください。

3)ナビボタンの【バックライト点灯】設定を変更する

HTC 10では「戻る」「アプリ使用履歴」といったナビゲーションボタンはディスプレイ下にタッチ式のものを物理搭載。このボタンは初期状態ではボタンにタッチした時のみバックライトが点灯(ボタンのマークが表示)する設定になっています。

「できれば常時点灯してくれたほうが使いやすい」という人もいるはず。この設定も設定画面から変更することが可能です。

設定画面より【ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン】を選択し、その先の【ボタン】グループ内にある項目で設定は変更できます。

設定変更は【ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン】の項目から
設定変更は【ディスプレイ、ジェスチャ、ボタン】の項目から
【ボタン】グループ内にある2つの項目で点灯+αの設定を変えられる
【ボタン】グループ内にある2つの項目で点灯+αの設定を変えられる

【ナビゲーションボタンのバックライト】の項目を選択すると、ナビゲーションボタンの点灯設定を「無作動時(ボタンに触れていない間)は自動オフ」および「スクリーンがオンの間は常にオン(常時オン」の2つから選択できます。

ナビゲーションボタンのバックライト動作設定
ナビゲーションボタンのバックライト動作設定

またその下にある【最近使用したアプリケーションボタン】の項目では、アプリ使用履歴ボタン(四角マーク)の動作を変更することも可能。

アプリ使用履歴ボタンの動作設定
アプリ使用履歴ボタンの動作設定

ナビゲーションボタンはAndroidスマホを操作する上で最も使用頻度の多いボタン。HTC 10ではボタンの配置は変更することができませんが、点灯と動作の設定を見なおしておくだけでも、かなり使いやすさが変わってくるはず。

ぜひチェックしておきましょう。

4)自分の耳に合った【オーディオプロファイル】を登録する

HTC 10では音楽再生に関する機能として、従来のHTC BoomSoundをグレードアップしたHTC BoomSound Hi-Fi Editionを搭載。今作からハイレゾ音源の再生もサポートするようになりました。

そんな音楽好きにもうれしいHTC 10ですが、HTC BoomSoundをより楽しむために、イヤホン・ヘッドホン使用時の再生音をよりユーザーの耳に合った音へと調整してくれる【オーディオプロファイル】という機能も備えています。音楽をより楽しむために、こちらもチェックしておきたいところ。

設定画面より【Dolby Audio 搭載 HTC BoomSound】の項目を探します。イヤホンジャックに何も差していない状態ではBoomSoundのオン・オフを切り替えることしかできませんが、イヤホンやヘッドホンを接続すると、表示が変化。タップすることでオーディオプロファイルの設定画面を開けるようになります。

イヤホン・ヘッドホン未接続時と接続時で表示内容が変わるイヤホン・ヘッドホン未接続時と接続時で表示内容が変わる
イヤホン・ヘッドホン未接続時と接続時で表示内容が変わる
初回に限り、プラグを挿すとオーディオプロファイルの設定を尋ねられる
初回に限り、プラグを挿すとオーディオプロファイルの設定を尋ねられる

【Dolby Audio 搭載 HTC BoomSound】の項目を選択したら、次に【パーソナル オーディオ プロファイル】を選択。オーディオプロファイルの設定画面が開きます。

【パーソナル オーディオ プロファイル】の項目をタップ
【パーソナル オーディオ プロファイル】の項目をタップ

プロファイルの作成方法は【簡易作成】【詳細作成】の2種類が用意されており、【簡易作成】ではいくつかの簡単な質問に答えることで、【詳細作成】では聴力検査のようにビープ音を聴きながら聞こえる音を登録していくことで進めていくことになります。

オーディオプロファイルは2通りの方法から作成できる
オーディオプロファイルは2通りの方法から作成できる
【簡易作成】時に表示される質問の例【簡易作成】時に表示される質問の例
【簡易作成】時に表示される質問の例
【詳細作成】を選ぶと聴力検査の要領で聞こえる音を設定していくことに【詳細作成】を選ぶと聴力検査の要領で聞こえる音を設定していくことに
【詳細作成】を選ぶと聴力検査の要領で聞こえる音を設定していくことに

オーディオプロファイルの作成が終わると、最後にプロファイルの適用前後でどの程度聞こえる音に違いが出ているかの確認ができます。
画面中央の【オーディオを再生】をタップすると音楽が再生され、その下の【プロファイル適用前後を比較する】をオン・オフ切り替えることで、オーディオプロファイルの効果を実際に聴いてチェックできます。

画面中央のボタンで音楽を再生。下のスイッチのオン・オフで適用前後の音を確認できる画面中央のボタンで音楽を再生。下のスイッチのオン・オフで適用前後の音を確認できる
画面中央のボタンで音楽を再生。下のスイッチのオン・オフで適用前後の音を確認できる

なおプロファイルは複数個作成することが可能で、任意で名前もつけられます。複数のイヤホンを使い分けする場合などは、各イヤホン毎にプロファイルを作成するとよいのではないでしょうか。

作成したプロファイルには名前もつけられる
作成したプロファイルには名前もつけられる

5)ガンガン使うために【省電力モード】を設定する

日常使いはもちろん、パワフルなCPUでゲーム、HTC BoomSoundで音楽、暗所に強いカメラで写真撮影、と多くの場面でガンガン使いたくなってしまうHTC 10。

Qualcomm社の急速充電規格 Quick Charge 3.0 にも対応し、短時間での充電も可能ですが、できれば1回の充電でより長く使いたい人も多いのではないでしょうか。

そこでチェックしておきたいのが省電力モードです。HTC 10をガンガン使うために、バッテリー節約につながるこの機能の設定と切り替え方法を見ていきましょう。

設定画面より【電源】の項目を選択すると省電力モードのオン・オフを切り替えることが可能です。

設定画面の下の方にある【電源】の項目
設定画面の下の方にある【電源】の項目
開いた画面の【省電力】【EX省電力モード】を切り替えることでモードが変わる
開いた画面の【省電力】【EX省電力モード】を切り替えることでモードが変わる

【EX省電力モード】は本当にバッテリー残量が少ない場合、あるいはなるべくバッテリー消費を抑えたい非常事態で使いたいモード。オンにすると多くの機能が制限されます。普段はあまり使う機会がないかもしれませんが、こういった使い方もできることをぜひ知っておきましょう。

【EX省電力モード】では多くの機能が制限される
【EX省電力モード】では多くの機能が制限される
ホーム画面も必要最低限の機能が配置されたシンプルなデザインに
ホーム画面も必要最低限の機能が配置されたシンプルなデザインに

バッテリーをパーセント表示に設定する

またこの【電源】の設定画面では、画面右上に表示されるバッテリー残量をパーセント表示に変更することもできます。

パーセンテージ表示ありパーセンテージ表示なし
パーセンテージ表示あり・なし

バッテリー残量が数字で明確に確認できると安心できる、という人は、ぜひパーセンテージ表示もオンにしておきましょう。

まとめ

非常に多くの魅力的な機能を搭載するHTC 10ですが、今回はそんな中から”より自分に合わせて使いやすくする”ための設定項目を5つピックアップして紹介しました。

いずれもHTC 10の魅力をより引き出し、楽しむためにきちんと確認しておくことをオススメしたいものですので、ぜひ参考にしてみてください。

こちらも読んでみる:

au「HTC 10 HTV32」のレビューはこちら

スマホの基本設定ガイドをチェックする:

Androidの便利な使い方もチェック

Androidの使い方

Androidの便利な使い方
こちらのリンクから「Androidの便利な使い方」をチェックできます。Androidのスマートフォンをお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

まきはら とよかず

まきはら とよかず

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。




特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン