【格安SIM速度比較・16年6月編】強いぞUQ mobile!安定したFREETELにイオンモバイルもまずまずの出だし

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: 格安SIM, 格安SIMの速度比較, 比較

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【格安SIM速度比較・16年6月編】強いぞUQ mobile!安定したFREETELにイオンモバイルもまずまずの出だし

※最新の速度比較記事はこちらからチェックできます:

格安SIMの速度比較記事一覧

梅雨本番の6月。東京の渋谷・マークシティ、ビジネス棟付近で恒例の格安SIM速度を調査しました。MVNOの格安SIM10社に、NTTドコモ、ソフトバンク、auの大手3キャリアも参考計測しております。

モバイルに特化した調査研究機関・MMD研究所が発表したレポートによりますと、写真撮影で最もよく使うカメラデバイスはスマートフォンのカメラだという結果が出ています。撮影の用途は人物・風景・食品が多いようです。

どんなに高画質でも持ち運ぶのが多少大変なデジタルカメラに比べ、普段から持ち歩けて、さっと取り出せすぐに撮影できるスマートフォン。撮影の機会としてはスマホが圧倒するのかもしれませんね。

さて、今月もMVNOの主要な格安SIM10種類と、参考値として大手3キャリアの通信速度を計測。値段と速度・安定感・サービスを天秤にかけて選択することになりますが、その選択材料の一助になれば幸いです。

測定結果については以下記事本文で詳しくご紹介。記事最後には総合ランキングも掲載しています。

編集追記:

この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

目次:

調査方法や使用端末について

今回も7端末で計測

今回も7端末で計測

調査条件や方法は以下の通りです。

調査場所 東京・渋谷マークシティ オフィス棟付近
調査時間 (朝)8:15~9:00
(昼)12:15~13:00
(夜)18:30~19:15
6月下旬の平日、3つの時間帯で調査
調査アプリ OOKLA SPEED TEST.接続サーバーを「TOKYO」に固定
調査対象 IIJ(IIJmio)
OCN(OCN モバイル ONE)
BIGLOBE(BIGLOBE SIM)
b-mobile(b-mobile SIM 高速定額)
NifMo
FREETEL
楽天(楽天モバイル)
イオン(イオンモバイル)
mineo-D(mineo Dプラン)
UQ(UQ mobile)
調査方法・機種 朝、昼、夜で上り・下りを5回ずつ計測しその平均を調査
調査機種
IIJ、b-mobile、mineo-D→Galaxy S6 edge(SC-04G)
OCN、BIGLOBE、イオン→ARROWS F-02G
NifMo、FREETEL、楽天→Huawei P8 Lite
UQ→Xperia Z3(SOL26)
NTTドコモ→iPhone 5s (ME334J/A)
ソフトバンク→Xperia Z3(格安SIM計測とは別個体)
au→Galaxy S6 edge(SCV31・格安SIM計測とは別個体)
備考 1回の計測時間に幅がでないよう計測時間を45分以内に収めています。
すべて同じ機種でテストできていないなどの状況はご容赦ください。

ここからは、朝・昼・夜それぞれの測定結果を細かくみていきましょう。

朝の測定結果

渋谷ヒカリエの11階から

渋谷ヒカリエの11階・スカイロビーから国道246・セルリアンタワー方面を望む

いかにも梅雨時という曇り空。ただ、雨は降っておらず長い傘を持ち歩く通勤者は多くありません。この時期にしては気温が低く、湿度は高いものの不快感の低い一日となりました。

2016年6月格安SIM速度比較:朝の測定結果

UQ・BIGLOBE・イオンが20Mbps超え

混み合わないからか高速が期待できる朝。UQ・BIGLOBEに加え、今月から計測を始めたイオンが20Mbpsを超えて快調です。

b-mobileは平均0.33Mbpsと悪目立ちしています。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 27.42Mbps 14.18Mbps
au 24.69Mbps 2.53Mbps
ソフトバンク 19.28Mbps 11.39Mbps

大手キャリアはドコモがトップです。auの上り速度はいつも遅いですね。

朝のまとめ:UQが今月も高速。イオンは健闘

毎月良い数字をたたき出すUQが今月も高速です。新しく計測し始めたイオンは出だし好調の20Mbps超えと健闘。

昼の測定結果

いつ雨が降ってもおかしくない渋谷

いつ雨が降ってもおかしくない渋谷。セルリアンタワー周りも鈍色(にびいろ)に

昼の速度が格安SIMの世界を制す!というのは言い過ぎですが、実力差がはっきりするのが昼休みの時間帯です。いつものあの2社が良い記録をマークしました。

2016年6月格安SIM速度比較:昼の測定結果

UQモバイルとFREETELが目を引く結果に

UQは昼の時間帯でも15Mbpsオーバー。ダントツです。FREETELも10Mbps付近と、この2社の数字は昼でも十分といえるでしょう。

イオンはこの2社を除けばトップの平均1.34Mbps。SNSやブラウザーの閲覧であれば問題のない数字と言えるでしょう。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 20.50Mbps 8.44Mbps
au 12.92Mbps 1.35Mbps
ソフトバンク 28.68Mbps 12.99Mbps

大手3社ではソフトバンクが制しました。もっとも、どこと契約してもそう問題になる数字ではないでしょう。auはUQに劣ってしまう数字でした。

昼のまとめ:FREETELが圧倒的な速さを記録

ダントツの速度を見せたUQ。最新のauスマホではSIMロックを解除しないと使えませんが、使える端末を所有しているのであれば魅力ある格安SIMであると言えます。

b-mobileは下り平均0.11Mbpsと、あまりにも切ない結果に・・・。

夜の測定結果

渋谷の摩天楼・セルリアンタワー

渋谷の摩天楼・セルリアンタワーは群を抜く高さ

半袖・ハーフパンツだと少し寒く感じるくらいの涼しさを見せた夜。ボーナスシーズンの夜とあって渋谷の夜を歩く人々は心なしか元気に見えます。この夜、元気な格安スマホは定番のあの2種類でした。

2016年6月格安SIM速度比較:夜の測定結果

UQとFREETELは夜も強かった

今月は夜もUQが圧倒していました。唯一の20Mbps越えです。15Mbpsに肉薄したのがFREETEL、このところおとなしいIIJが3位となり、BIGLOBEをわずかに抑えて入賞しました。

キャリア 下り速度(5回平均) 上り速度(5回平均)
ドコモ 23.75Mbps 13.06Mbps
au 8.51Mbps 2.35Mbps
ソフトバンク 21.17Mbps 9.49Mbps

大手3キャリアではNTTドコモが最速でした。auは10Mbpsも出ず、消化不良感がありますね。

夜のまとめ:UQとFREETELは安定感あり。IIJ、BIGLOBEも10Mbpsを超える

夜もUQとFREETELでした。10Mbpsを超えたIIJ・BIGLOBEは夜に訪れるお店探しやタクシーの配車アプリも快適に使えることでしょう。

毎月のように夜にがんばっているNifMoは残念な1Mbps切りでした。

総まとめ :一日を通して快適だったUQ mobile

2016年6月 格安SIM速度比較ランキング

全時間帯で優秀なUQがトップに

今月はUQの月だったと言えるでしょう。朝・昼・夜とも隙がありません。FREETELも朝に12Mbps出ており、昼と夜も2位で使って不満がない速度といえそうです。

2月に手続きが始まり加入者も増えつつあるイオン。昼にも1Mbpsを超えて大健闘していると言えるでしょう。今後も見守りたいですね。

編集追記:

この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

製品情報をチェック

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。