注目の「HUAWEI P9 lite」レビュー!コスパモンスターの後継機はやっぱりコスパモンスターだった!

書いた人: あさひな

カテゴリ: HUAWEI

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
注目の「HUAWEI P9 lite」レビュー!コスパモンスターの後継機はやっぱりコスパモンスターだった!

昨年発売され、評価が高かったHUAWEI P8 liteの後継モデルにあたるHUAWEI P9 liteをレビューします。2016年6月17日に発売開始で、価格は29,800円(税抜)です。この価格帯の製品が増えてきましたね。

「HUAWEI P9 lite」の特徴と従来モデルから進化した部分を見ていくと、どこで競合製品と差別化を図っているのかがわかってきます。それでは早速スペックから見ていきましょう。

HUAWEI P9 lite 最安価格で販売中!

目次:

スペックとベンチマークスコア

HUAWEI P9 lite スペック情報(参照:製品ページ
サイズ 高さ 約146.8 × 幅 約72.6 × 厚さ 約7.5mm
重量 約147g
OS Android 6.0 Marshmallow
SoC Huawei Kirin650 Octa-core
(2GHz Quad-core + 1.7GHz Quad-core)
RAM 2GB
ROM 16GB
外部メモリ microSDカード(最大128GB)
バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 約5.2インチ FHD(1920 × 1080)
カメラ アウトカメラ 約1,300万画素 / インカメラ 約800万画素
カラー ゴールド、ホワイト、ブラック
通信方式 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
備考 Emotion UI 4.1

RAM2GB、ROM16GBはミドルレンジとしては一般的です。ただ、ROM16GBはやや心もとないので、microSDカードを活用すると良さそうです。特徴としては、HUAWEI独自のユーザインタフェースであるEmotion UIを搭載していること。ここは後ほど確認していきます。

ベンチマークスコア
ベンチマークスコア

Antutu Benchmark v6.1.4で測定しました。スコアはP8liteよりは確実に伸びてますし、同価格帯の製品よりも頭ひとつ抜けています。SoCはHisilicon製のKirinを搭載しており、グラフィック性能ではやや不安が残りますが、よほど性能を要求するゲームでなければ問題なさそうです。

詳細・商品ページはこちら:HUAWEI P9 lite

デザイン・外観をチェック

HUAWEI P9 lite:前面
前面
HUAWEI P9 lite:背面はマットな質感で、指紋センサーがある
背面はマットな質感で、指紋センサーがある
HUAWEI P9 lite:右側面はボリュームキーと電源ボタン
右側面はボリュームキーと電源ボタン
HUAWEI P9 lite:左側面はnanoSIMカードとmicroSDカードスロット
左側面はnanoSIMカードとmicroSDカードスロット
HUAWEI P9 lite:nanoSIMカード×2またはnanoSIMカード+microSDカードの組み合わせに対応
nanoSIMカード×2またはnanoSIMカード+microSDカードの組み合わせに対応
HUAWEI P9 lite:上部は3.5mmイヤホンジャックとマイク
上部は3.5mmイヤホンジャックとマイク
HUAWEI P9 lite:下部はスピーカー、microUSB端子、マイク
下部はスピーカー、microUSB端子、マイク
HUAWEI P9 lite:しっかり握れる
しっかり握れる

デザインや外装にこだわりを感じられます。背面がプラスチックなのが少し残念ですが、チープ感はないです。また、片手でも容易に操作できるサイズで使う人を選びません。

3Dで外観を見る

HUAWEI P9 Liteの外観を確認できるよう、3Dデータを用意しました。ぜひ試してみてください。

HUAWEI P9 Lite

HUAWEI P8liteとの違いを比較

HUAWEI P8liteHUAWEI P9 lite
「HUAWEI P8lite」と「HUAWEI P9 lite」
「HUAWEI P8lite」と「HUAWEI P9 lite」のスペック比較表
HUAWEI P8lite HUAWEI P9 lite
サイズ 高さ 約143 × 幅 約71 × 厚さ 約7.7mm 高さ 約146.8 × 幅 約72.6 × 厚さ 約7.5mm
重量 約131g 約147g
SoC Hisilicon Kirin 620 1.2GHz Octa-core Huawei Kirin650 Octa-core
(2GHz Quad-core + 1.7GHz Quad-core)
バッテリー容量 2,200mAh 3,000mAh
ディスプレイ 約5インチ 1280×720(HD) 約5.2インチ 1920×1080(FHD)
カメラ アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約500万画素
アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約800万画素

スペックが異なるところをピックアップして比較しました。本体サイズは高さと幅はそれぞれ数ミリ、重量は約16g増加しました。しかし、ディスプレイサイズは0.2インチ大きくなり、バッテリーは800mAh増えています。

SoCはどちらもOcta-core(8コア)ですが、処理能力はもちろんHUAWEI P9 liteの方が上です。カメラはインカメラがスペックアップ。ビューティーモードがあるので、セルフィーをよく使う人には嬉しいポイントですね。

「FREETEL REI」と「HUAWEI P9 lite」の比較はこちら:

どっちがオススメ!? 3万円の格安スマホ「FREETEL SAMURAI REI」と「HUAWEI P9 lite」を徹底比較!

使ってみてわかった特徴

持ちやすく手になじむスリムなボディ

HUAWEI P9 lite:丸みを帯びた合金のフレーム
丸みを帯びた合金のフレーム

背面は樹脂ですが、フレームは合金で高級感があります。カーブしていて、手にしっかりフィットします。ホールド感はかなり良く、片手で持て余すことなく操作できます

こだわりを感じるデザイン

HUAWEI P9 lite:さりげない横線
さりげない横線

前面の上下ベゼル部分と、背面のガラスに横線が入っています。写真でお伝えするのが難しいところですが、肉眼だと見る角度によってははっきり現れます。デザインのアクセントになっているので、実機を触る機会があれば、ぜひ確認してほしいポイントです。

使うと分かる快適な指紋認証センサー

HUAWEI P9 lite:背面の指紋センサー
背面の指紋センサー

背面の指紋センサーがよくできていて、登録した指で触れればスリープから復帰します。また、指紋センサーを使って通知パネルを表示したり写真の切り替え操作をすることもできます。これはかなり便利ですよ。

Huaweiオリジナル「Emotion UI」

HUAWEI P9 lite:Emotion UIのホーム画面Emotion UIの設定画面
Emotion UIのホーム画面と設定画面

Emotion UIはHuaweiオリジナルで、Huaweiの端末にしか搭載されていません。ドロワーがないなど標準のAndroidと少し使い勝手が異なります。ここは好みが分かれるところだと思いますが、数日使ってみると意外と慣れるので、一度使ってみて欲しいです。

初心者にオススメ「Simple UI」

HUAWEI P9 lite:Simple UIのホーム画面Simple UIの設定画面
Simple UIのホーム画面と設定画面

スマートフォン初心者の方におすすめしたいのがSimple UIです。その名の通り、シンプルで直感的な操作性が特徴です。最初はこれで使ってみて、操作に慣れてきたらEmotion UIに切り替えるのがおすすめです。

詳細・商品ページはこちら:HUAWEI P9 lite

撮るのが楽しくなるカメラアプリ

HUAWEI P9 lite:13MPのメインカメラ
13MPのメインカメラ

HUAWEI P9 liteは13MPのカメラを搭載しています。画素数より大事なのは、実際の写りです。植物や食べ物の作例でカメラの実力を確認していきます。

HUAWEI P9 lite:豊富な撮影モード
豊富な撮影モード

全16種類の撮影モードが用意されています。マニュアルモードやHDRなど基本的な機能をおさえつつ、ライトペインティングや文書スキャンといったユニークなモードも搭載。後ほど作例をご紹介します。

HUAWEI P9 lite:画像編集画面
画像編集画面

撮影した写真を編集することもできます。最近は撮った写真をシェアする機会が多いと思うので、活用したい機能です。編集といっても知識や難しい操作は不要で、アップロードする前にサクッと編集し、いい写真をシェアできます。

HUAWEI P9 lite:スプラッシュ(特定の色を残す効果)を使ってフラペチーノを強調スプラッシュ(特定の色を残す効果)を使ってフラペチーノを強調
スプラッシュ(特定の色を残す効果)を使ってフラペチーノを強調

いかがでしょうか。効果を選び、残したい色の部分をタップするだけのたった10秒程度でここまで印象が変わりました。もちろん時間をかければもっと凝ったこともできますよ。

HUAWEI P9 liteで撮影した作例

HUAWEI P9 lite カメラ作例:花を接写
花を接写
HUAWEI P9 lite カメラ作例:紫陽花
紫陽花
HUAWEI P9 lite カメラ作例:ノーマルで撮影HUAWEI P9 lite カメラ作例:ナイスフードで撮影
ノーマル(左) ナイスフード(右)で撮影
HUAWEI P9 lite カメラ作例:ノーマルで撮影HUAWEI P9 lite カメラ作例:ナイスフードで撮影
ノーマル(左) ナイスフード(右)で撮影
HUAWEI P9 lite カメラ作例:ライトペインティング
ライトペインティング

この価格帯の製品にありがちな、画素数はそこそこだけど写りが残念なカメラではありませんでした。色味やオートフォーカスの精度など全体的にハイレベルで、HUAWEI P9と同等とまではいかないながらも、かなり綺麗に撮影できます。

詳細・商品ページはこちら:HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 liteの価格と購入できる場所

※2017年1月編集部追記

HUAWEI P9 liteの購入できる場所は、公式サイト、オンラインストア、家電量販店にて購入することができます。SIMフリースマホとなるので、SIMが必要になります。
格安SIMとセットで購入したい場合は、主にLINEモバイル楽天モバイルBIGLOBE SIMIIJmiomineoDMM mobileNifMoなど多くのMVNOが取扱をしています。

2017年1月、現在の価格は公式オンライストアにて25,800円(税抜)となっています。

HUAWEI P9 lite

価格 : 定価25,800円(税抜)
カラー : ホワイト、ゴールド、ブラック
本体サイズ : 約146.8mm × 約72.6mm × 約7.5mm
重さ : 約147g
OS : Android™ 6.0 Marshmallow
ROM : 2GB
RAM : 16GB
電池容量 : 3,000mAh
ディスプレイ : 5.2インチ, FHD(1920×1080ドット)
カメラ : アウトカメラ 1,300万画素 / 800万画素

モバレコが運営する、スマホ・格安SIM販売サイト「モバレコ バリューストア」ではHUAWEI P9 liteの新品が、一括価格で25,741円(税抜)24回の分割で月々1,073円と、定価よりも安く購入することができます。

ぜひ、一度チェックしてみてください。

評価まとめ

HUAWEI P9 liteはHUAWEI P9の下に位置づけられるモデルです。HUAWEI P9はフラッグシップモデルというだけあって、デュアルカメラや高性能なSoCを積んでいますが、その分価格が59,800円(税抜)でHUAWEI P9 liteの約2倍です。

コストパフォーマンスの高さが評価されたHUAWEI P8liteの後継モデル、気になっていた人も多いはず。まとめると、コストパフォーマンスの高さは引き継いで、さらにスペックアップとデザインのブラッシュアップをしたのがHUAWEI P9 liteです。気になったらぜひ実機を手に取ってみてください。

格安SIMをお探しなら

格安SIMの利用、乗り換えを検討中であればモバレコが運営する「モバレコ バリューストア」で購入すると、最初にかかる初期費用を安く抑えられることができます。
ぜひ、一度チェックしてみてください。

■初期費用が安くなる格安SIM一覧

U-mobile(初期費用3,000円 → 130円~
BIGLOBE SIM(初期費用3,000円 → 2,000円
IIJmio(初期費用3,000円 → 330円~
NifMo(初期費用3,000円 → 2,300円

HUAWEI P9 lite 最安価格で販売中!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。