「すぐに」「簡単に」「同期できる」Androidスマホのメモ帳・メモアプリの使い方

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: Android, ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「すぐに」「簡単に」「同期できる」Androidスマホのメモ帳・メモアプリの使い方

スマホは手のひらで使えるコンピューター。ブラウザでコンテンツを読んだり、SNSで情報を発信したり、それ以外にも地図の確認や電卓など様々な用途で役に立ちます。その場で思いついたことをちょっとメモできるのもスマホの良い所ですね。

iPhoneだと標準でメモアプリがあり、Apple IDを経由して複数のiOSデバイスやMacとも同期が取れる便利なものですが、Androidでは同期が取れる標準のメモアプリがありません。

EvernoteやOneNoteといった高機能で総合的なノートアプリもありますが・・・Googleのアカウントだけで同期できる軽快なアプリがあれば、普段使いのメモアプリとしてさらに簡単・便利に使えることでしょう。

そこで今回は、Androidユーザーにおすすめな「すぐに」「簡単に」「同期できる」メモ帳・メモアプリとその使い方をご紹介します。

目次:

Google Keep

Googleが提供する「Google Keep」

Googleが提供する「Google Keep」

Androidのアプリはもちろん、Web版やパソコン用Chromeで動くブラウザアプリも用意されているGoogle Keep。テキスト、リスト、音声、画像のメモが取れます。

Google Keepは音声や画像まで対応したメモアプリ

Google Keepは音声や画像まで対応したメモアプリ
左下の「メモを入力...」から即入力可能左下の「メモを入力...」から即入力可能

左下の「メモを入力…」から即入力可能

アプリを起動して左下の「メモを入力…」欄をタップするとメモの入力画面に移行します。メモは「保存」操作を行わずとも順次保存されていきますので、うっかり保存せずに閉じてしまったという経験がある方でも安心です。

ひと手間省きたい方はホーム画面にウィジェットを追加しましょう。アイコンをタップしていきなり新規メモの作成画面に行くこともできます。

ウィジェットを登録すればいきなりメモの作成画面に移行できるウィジェットを登録すればいきなりメモの作成画面に移行できる

ウィジェットを登録すればいきなりメモの作成画面に移行できる

Google Keepの詳細についてはモバレコ内のこちらの記事に解説がありますのでご覧ください。

参照:

シンプルなメモアプリ「Google Keep」でメモ忘れ防止!リマインダーや同期など使い方・できることを徹底解説

●アプリをダウンロード

Google Keep – メモとリスト – Google Play の Android アプリ

Googleドキュメント

文書編集といえば「Googleドキュメント」

文書編集といえば「Googleドキュメント」

Googleドキュメントは、Google KeepよりもマイクロソフトのWord寄りになったドキュメント編集アプリです。

Googleドキュメントは文書の編集に長けたアプリ

Googleドキュメントは文書の編集に長けたアプリ

作成されたドキュメントのファイルはGoogleドライブに保存され、Android、iOSをはじめ、パソコンからも読み書きが可能。アクセス権限をコントロールして複数人で同時に編集することもできるので、オンラインで打ち合わせをする際の議事録を参加者同士で作成・編集するような時にも便利に使えます。

文字サイズや色、装飾にとどまらず、左寄せ・中央揃えといったレイアウトの指定もできますし、マイクロソフトのWordへデータ変換もできます。

メモをビジネス文書に活かしたい場合はGoogleドキュメントに書きためておくのが有効です。装飾を活かしたままWordなどの形式へ変換できます。

文字サイズや色・装飾・段落レイアウトも指定可能文字サイズや色・装飾・段落レイアウトも指定可能

文字サイズや色・装飾・段落レイアウトも指定可能

新規画面への遷移も「簡単に」できます。アプリを起動し、右下の十字ボタンをタップすると新規ドキュメントの作成画面に移行します。保存操作を行わなくても編集内容が順次Googleドキュメントのデータとして保存されます。

右下の十字ボタンをタップしたらドキュメントを新規作成できる

右下の十字ボタンをタップしたらドキュメントを新規作成できる

ひと手間省きたい方は、こちらも同じくホーム画面にウィジェットを追加してみましょう。アイコンをタップしていきなり新規ドキュメントの編集画面に行くこともできます。

ウィジェットを登録すればいきなり編集画面にも

ウィジェットを登録すればいきなり編集画面にも

●アプリをダウンロード

Googleドキュメント – Google Play の Android アプリ

Googleカレンダー

「Googleカレンダー」でスケジュールと一緒に管理しよう

「Googleカレンダー」でスケジュールと一緒に管理しよう

「会社からの帰り道にスーパーでトイレットペーパーと洗剤を買って帰ろう」といったメモは、メモアプリを使うよりもカレンダーに登録した方が便利です。

カレンダーにメモすれば日時と一緒に確認できる

カレンダーにメモすれば日時と一緒に確認できる

Googleカレンダーには、スケジュール以外にも関連したメモの自由入力や、関連データの添付もできるようになっています。紙のカレンダーに予定を手書きするケースがありますが、まさにそれをスマホで体現しているような感覚ですね。

Google Keepにもリマインダー機能がありますが、実はGoogleカレンダーの方が詳細な時間設定ができます。1時間前と15分前に通知、といった複数段階の登録も行えます。

複数の通知を登録できる

複数の通知を登録できる

Googleカレンダーも他のメモアプリと同様、Androidに限らずiOS・パソコンからも閲覧・編集できます。また、Googleカレンダーは多くのスケジュールアプリ・ToDo管理アプリと連携しています。そのため、Googleカレンダーでのメモは大いに活かされます。

予定の作成、メモの記入は簡単です。アプリを起動し、カレンダーの画面で右下の+アイコンをタップすると新規予定の作成ができます。

右下の十字をタップして予定を新規作成

右下の十字をタップして予定を新規作成

注意点として、文書中心のアプリではないため情報の保存には「保存」の操作が求められます。保存する際には必ず編集画面の「保存」をタップしましょう。

右上の「保存」をタップしないと情報は保存されない

右上の「保存」をタップしないと情報は保存されない

他のアプリよりも手間がかかりますが、Googleカレンダーと連携できる外部アプリLifebearのウィジェットを使うことで、いきなり予定登録画面を起動できます。

Lifebearの予定作成ウィジェットを起動すれば一発で予定の作成へLifebearの予定作成ウィジェットを起動すれば一発で予定の作成へ

Lifebearの予定作成ウィジェットを起動すれば一発で予定の作成へ

●アプリをダウンロード

Googleカレンダー – Google Play の Android アプリ
大人気カレンダーLifebear 予定・ToDo・日記・無料 – Google Play の Android アプリ

まとめ

Googleのアカウントを用いて簡単に操作・同期が出来るアプリをご紹介しました。それぞれ、特に設定をしなくとも自動的に同期を行います。iPhoneからAndroidに移行してメモアプリを探している方は、是非ここで紹介したものを試してみてください。

一方、EvernoteやOneNoteをすでにご利用の方は、そのまま使い続けても問題ありません。自分にとって使いやすいアプリを使うのが一番です。

他の記事も読んでみる:

Androidの便利な使い方もチェック

Androidの使い方

Androidの便利な使い方
こちらのリンクから「Androidの便利な使い方」をチェックできます。Androidのスマートフォンをお持ちの方はぜひチェックしてみてください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。