UQモバイル レビュー!気になる速度・料金は?実際に1年間使ってみた感想と評価まとめ

書いた人: とくめい

カテゴリ: レビュー, 格安SIM

タグ:

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQモバイル レビュー!気になる速度・料金は? アプリでデータ節約が便利にできる!

申し込みガイドはこちら

UQモバイルは格安SIMの中でも数少ないauのネットワークを使用したSIMカードです。人口カバー率99%超えのau 4G LTE(800MHzプラチナバンド) に対応して広いエリアで繋がります。

無料通話コミコミのぴったりプランや、UQモバイルに対応したスマートフォンが実質0円で購入できるマンスリー割など、大手3キャリアと似たような販売形式は馴染みやすく注目を集めています。

今回はそんなUQモバイルの特徴や実際に使ってみた感想、通信速度などをご紹介します。

公式サイト:UQモバイル

目次:

料金プランについて

まずは気になる料金プランについて見ていきましょう。UQモバイルには「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」と「データ高速プラン」「データ無制限プラン」があります。

ぴったりプラン・たっぷりプランはデータ通信と通話プランがセットになっており、かつあらかじめ無料通話時間も付いているなど、ドコモやau・ソフトバンクなどの大手キャリアと似たプランで、「データ高速プラン」「データ無制限プラン」に比べ初心者にもわかりやすい内容になっています。

ぴったりプラン ぴったりプラン
+ たっぷりオプション
基本料金 1,980円(最大13ヶ月)
2,980円(14ヶ月目~)
2,980円(最大13ヶ月)
3,980円(14ヶ月目~)
通話料金 20円 / 30秒 20円 / 30秒
無料通話 2,400円分 / 最大60分 ※1 4,800円分 / 最大120分 ※1
高速通信速度 下り最大150Mbps
低速時通信速度 下り最大0.3Mbps
データ通信量 2GB ※2 6GB ※3
最低利用期間 課金開始日を含む月を1ヶ月目として25ヵ月間
解約金 9,500円

※1:最大2年間無料通話が倍増。25ヶ月目以降は半額になります
※2:基本容量1GB+追加データチャージ料500MB×2回分=合計1GB分を最大2年間割引
※3:基本容量3GB+追加データチャージ料500MB×6回分=合計3GB分を最大2年間割引

あまり電話をしない方、無料通話分が不要な方には「データ高速プラン」「データ無制限プラン」があります。

料金プラン名称 月額基本料金 通信速度 通話料 最低利用期間
データ高速プラン 980円/月 下り最大150Mbps なし
データ高速+音声通話プラン 1,680円/月 20円/30秒 12ヶ月
データ無制限プラン 1,980円/月 下り最大0.5Mbps なし
データ無制限+音声通話プラン 2,680円/月 20円/30秒 12ヶ月

※上記費用のほかに初期費用として、SIMパッケージ料金3,000円がかかります。また、ユニバーサルサービス料3円/月(2016年7月現在)がかかります。
※データ高速プランで3GBを超えた場合は送受信最大0.2Mbpsに制限されます。
詳細はこちら(UQモバイル公式サイト)

気になる速度の実測値

それでは実際にスピードテストで通信速度を測ってみましょう。今回測定する条件は以下の通りです。測定する時間帯や環境に大きく左右されるため、数値は参考程度に見てください。

測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 平日(朝)9時~10時、(昼)12時~13時、(夜)19時~20時
測定方法 Speedtest.net
測定機種 au Xperia Z3 SOL26
調査方法 ping・上り・下りを連続で3回ずつ計測。
測定時間は朝・昼・夜の混雑する時間帯を選択。

なお、モバレコでは格安SIMの速度ランキングを発表していますので、最新の情報についてはこちらをご覧下さい。

朝の測定結果

通勤・通学する人が行き交う朝の時間帯で測定。職場(室内)から測定してみると、他社と比べて若干速度が見劣りするものの、動画視聴なども快適に行える速度が出ています。

ping 下り 上り
1回目 124ms 9.14Mbps 8.38Mbps
2回目 129ms 9.62Mbps 6.36Mbps
3回目 116ms 9.74Mbps 6.63Mbps

昼の測定結果

ランチタイムの時間帯では格安SIMの速度が落ちる時間帯です。他社では下り1Mbps以下に落ちていましたが、UQモバイルでは朝とほとんど変わらない速度が出ていました。

ping 下り 上り
1回目 99ms 6.15Mbps 5.49Mbps
2回目 83ms 6.63Mbps 5.58Mbps
3回目 103ms 9.94Mbps 4.34Mbps

夜の測定結果

夜になると少し速度が上がり下り10Mbpsを超えてきました。その代わりなのか上りの速度が低下しているので、SNSへの写真アップロードなどが少し待たされる感じがしました。

ping 下り 上り
1回目 91ms 11.52Mbps 2.63Mbps
2回目 89ms 12.23Mbps 2.19Mbps
3回目 92ms 12.62Mbps 3.15Mbps

UQモバイルを使ってみての感想

次に筆者がUQモバイルを1年間利用してきた中で感じたいい点・悪い点ご紹介します。

安心して利用できる通信速度

UQモバイルは通信速度が1日を通して安定しており、利用者が多く混雑しやすいランチタイムの時間帯でも動画視聴などが行える速度をキープし続けています。

キャリア契約の回線を利用している人からすると当たり前のように思えますが、格安SIMでは時間帯や日によって速度に大きくバラつきがあり、キャリア回線で30Mbps以上出ているときでも格安SIMは1Mbpsを切ることがよくありますが、モバレコが行っている速度計測でも常に上位にいるなど、他の格安SIMに比べこの点は非常に優れているといえます。

参考:MVNOの通信速度を一斉調査!格安SIM速度ランキング

au 4G LTE対応!広いエリアで繋がる

人口カバー率99%超で安定して繋がる
人口カバー率99%超で安定して繋がる

人口カバー率99%超えのau 4G LTE(800MHzプラチナバンド)に対応しているので、全国エリアで快適に繋がります

私が普段使用しているワイモバイルでは、沖縄県の離島や北部へ行くと3G接続になり通信が不安定になりましたが、UQモバイルではずっとLTEで繋がっていたのでエリアの広さを実感しました。電波の届きにくい建物の地下などでも問題なく繋がります。

UQ mobileポータルアプリでデータの節約が便利にできる!

専用アプリから残量や各種操作が行える
専用アプリから残量や各種操作が行える

UQモバイルポータルアプリでは、これまでウェブサイトから行っていたデータ通信速度の切替やデータの追加チャージ、契約状況の確認をアプリ上で行えます。

ウィジェットでも高速通信の切り換えが可能
ウィジェットでも高速通信の切り換えが可能

ウィジェット対応で、ホーム画面や通知領域からデータ通信量の確認やデータ通信速度の切替ができます。

通信モードを節約モードにすると、ぴったりプランでは最大300Kbps、データ高速プランは最大200Kbpsへ制限されますが、高速データ通信量を消化せず使えるのでパケットの節約になります。

節約モードの音楽や動画のストリーミングは厳しいものの、テキスト中心のサイト閲覧やLINEやSNSなどライトな使い方であれば低速時でも思っていたより使えます。

※アプリダウンロード・詳細は下記から確認できます。

SMS機能・テザリング・音声通話プラン専用オプションサービス が無料

UQモバイルではSMS機能や音声通話プラン専用オプションが無料で使えます。ドコモ系の格安SIMではデータプランで利用するにはオプション代金を追加したり、SIMカードを変更しなければいけないなどの手間が発生しますが、au系の格安SIMでは標準で対応しています。

特に嬉しいのが、au系の格安SIMではテザリングが無料で利用できるところです。

ドコモ系のAndroid端末でテザリングを起動すると、接続先が強制的にSPモードに切り替わってしまいテザリングが使えませんでした。一部機種ではこの組み合わせでも対応しているようですが、最近対応したばかりなので対応機種は少ないです。

ただしiPhoneに関しては真逆の結果になり、ドコモのiPhoneではテザリングが利用可能、auのiPhoneではテザリングが使えません。ちょっと分かりにくいので対応表を用意しました。

テザリング対応状況
ドコモ au
iPhone ×
Android △(ごく一部のみ対応)

繋がらない期間なし!即日開通ができる!

キャリアや他社の格安SIMから乗り換えるときにMNP(ナンバーポータビリティ)を利用する人も多くいます。以前は乗り換える際にSIMカードが届くまでの数日間、電話が一切使えない不通期間がありました。

即日開通できるカウンターが多く存在する
即日開通できるカウンターが多く存在する

そんな不便を解消するために、最近では即時開通ができる店舗やウェブ上で都合に合わせて自分の好きなタイミングで回線切り替え手続きが出来るようになりました。乗り換えの際はクレジットカード以外にもMNP予約番号本人確認書類などが必要なので、切り替え手続きをする前に用意しておきましょう。

格安SIMの即日開通についてはコチラをチェック

プランの選択肢が少ない

いいことばかりでしたが、悪い点もあります。
音声プラン含む「データ高速プラン・データ無制限」から「ぴったりプラン・たっぷりプラン」への変更、そしてその逆への変更もできないため、用途によって柔軟に選びたいユーザーからすると不便です。

評価まとめ:auのスマホを利用している人に特にオススメできる格安SIM

UQモバイルは今auのスマホを利用している人にオススメです。LTEに対応したauのスマートフォンであれば多くの機種で利用可能で、格安SIMに乗り換えるためにわざわざ端末を買い換える必要もありません。通信速度も今のところ1日を通して安定しているので、これまで通りネットの動画視聴等も快適に行えるでしょう。

興味がある人は最大15日間無料でUQモバイルをレンタルできる「Try UQ mobile」というサービスがありますので実際に試してみてはいかがでしょうか。

UQモバイルを安く購入する方法

モバレコではUQモバイルを公式よりも初期費用を安く購入することが出来ます。
UQモバイルのSIMが初期費用3,000円 → 1,150円
初期費用を抑えてさらに安くUQモバイル初期費用割引キャンペーン対象プラン!

データ通信専用(インターネットやメールやLINEなどのデータ通信のみ)

プラン名 容量 月額料金
データ高速プラン 3GB 980円~ 詳細はこちら
データ無制限プラン 無制限 1,980円~ 詳細はこちら

音声通話機能付き(データ通信と通話ができるプラン)

プラン名 容量 月額料金
データ高速+音声通話プラン 3GB 1,680円~ 詳細はこちら
データ無制限+音声通話プラン 無制限 2,680円~ 詳細はこちら

音声通話機能付き(無料通話付き)(2種類の無料通話が選べるUQモバイルのメインプラン)

プラン名 容量 月額料金
ぴったりプラン S 2GB 1,980円~ 詳細はこちら
ぴったりプラン M 6GB 2,980円~ 詳細はこちら
ぴったりプラン L 14GB 4,980円~ 詳細はこちら
おしゃべりプラン S 2GB 1,980円~ 詳細はこちら
おしゃべりプラン M 6GB 2,980円~ 詳細はこちら
おしゃべりプラン L 14GB 4,980円~ 詳細はこちら

ぴったりプラン:1ヶ月間に使える無料通話の時間が選べる(S 60分 / M 120分 / L 180分)
おしゃべりプラン:5分以内の国内通話が何度でも無料

■UQモバイルの格安SIMを端末とセットで購入なら「UQ mobile モバレコ店

UQ mobile モバレコ店

通常は3,000円かかるSIMパッケージ料金がUQ mobile モバレコ店はなんと0円! さらに今なら11,000円キャッシュバックキャンペーン中なのでUQモバイルのスマホが14,000円分お得に購入することができます。

月額料金1,980円~のオトクな料金プランも大きな魅力。UQモバイルを始めるなら今がチャンス!キャンペーン実施中のこの機会にぜひどうぞ。

UQモバイル 格安SIM 人気ランキング

通信品質・通信速度に定評のある、UQモバイルの格安SIM。オススメの第1位は「データ高速プラン」。月額980円とリーズナブルな値段が魅力。通話を重視しない人であれば、LINE無料通話などの通話アプリで十分。サブスマホにもオススメ!
第2位は「データ高速+音声通話プラン」。キャリアのスマホから乗り換える人にもオススメの音声通話付きのプラン。速度の速いUQモバイルなら、ほとんど違和感なく使えるのではないでしょうか。

データ高速プラン

UQ mobile

安く・速くスマホ使いたい人にオススメ!

月額料金 980円/通信速度:受信最大 150Mbps/データ量:3GB/月

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用割引キャンペーン実施中)

データ高速+音声通話プラン

UQ mobile

メインスマホを安く乗り換えたい人にオススメ

月額料金 1,680円/通信速度:受信最大 150Mbps/データ量:3GB/月

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用割引キャンペーン実施中)

データ無制限プラン

UQ mobile

動画やネットをたっぷり見たい人にオススメ

月額料金 1,980円/通信速度:受信最大 500Kbps/データ量:無制限

>モバレコ バリューストアで購入する(初期費用割引キャンペーン実施中)

UQモバイルの取扱い機種をチェック

UQモバイルではSIMカード単体だけでなく、スマートフォンをセットで購入することも可能です。特に前述の「機種選び」に不安を持っている場合は、UQモバイルが販売する(=きちんと使える保証がある)機種から選ぶことはとても安心できると思います。

2017年10月現在において取扱い中および今後取扱い予定として発表済みの機種からオススメの端末をいくつかピックアップして特徴を紹介します。

ZenFone 4

ZenFone 4

ZenFoneシリーズの最新作、4シリーズのメインとなるモデル。

Qualcomm® Snapdragon™ 660に、3,300mAhの大容量バッテリー、背面には待望のデュアルレンズを搭載した安定のSIMフリースマホ。

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite

人気のHUAWEIから、ミドルスペックで使い易いP10 lite。

3GB RAMを搭載し動作もカメラも評判が良くコスパが高い。ミドルスペックの中でも人気のモデル。

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFoneシリーズの中でも自撮り(セルフィー)に重点を置いたモデル。

今までのセルフィーシリーズとは違い、それ以外の機能も自信を持ってオススメできるミドルスペックモデル。

これらの端末以外にも魅力的な端末を随時追加販売しています。詳しくはUQモバイル端末特集を確認してください。

申し込みガイドはこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi