auオリジナルブランドスマホ 「Qua phone PX」をレビュー!前作からさらに扱いやすさをブラッシュアップ!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
auオリジナルブランドスマホ 「Qua phone PX」をレビュー!前作からさらに扱いやすさをブラッシュアップ!

3キャリアで同じ機種を取り扱うことも珍しくなくなった現在において、ラインナップによる他社との差別化は少し難しくなりつつありますね。そんな中でユニークさが感じられる存在のひとつとなっているのがauが展開するオリジナルブランド「Qua(キュア)シリーズ」。

2016夏モデルとして、Quaシリーズのスマートフォン第2弾となるQua phone PX(キュア・フォン・ピーエックス)がリリース。7月1日より発売も開始されています

今回はこのQua phone PXのデザインから特徴、実際に使ってみて感じたポイントを紹介していきます。

Qua phone PXの設定・使い方はこちら:

au 「Qua phone PX」を快適に使うためにチェックしたい6つの設定

目次:

樹脂製ながらもスタイリッシュな外観デザイン

Qua phone PXは本体カラーがホワイト、ネイビー、ピンクの3色展開となります。そのうち今回レビューに用いるのはホワイトのもの。フロントパネルは白をベースとしたデザインで、3色のなかでも最もシンプルといえるでしょう。

Qua phone PX(本体カラー:ホワイト)の前面

Qua phone PX(本体カラー:ホワイト)の前面

オリジナルブランドの名前「Qua」の文字は、大きく目立つサイズでディスプレイ下にデザインされている。

目立つサイズ・配置の文字ロゴ

目立つサイズ・配置の文字ロゴ

前作ではメタルボディを採用していたQua phoneですが、今作のQua phone PXでは樹脂製へと素材を変更。サイドフレームなどは特にその素材の違いがはっきりと感じられます。

側面(上):特に何も配置されていない

側面(上):特に何も配置されていない
側面(右):こちらには電源キーとストラップホール

側面(右):こちらには電源キーとストラップホール
側面(下):外部入出力端子(Micro USB)とイヤホンジャックが並ぶ

側面(下):外部入出力端子(Micro USB)とイヤホンジャックが並ぶ
側面(左):音量キーとSIMカード/SDカードスロットを配置

側面(左):音量キーとSIMカード/SDカードスロットを配置
SIMカード/SDカードは1枚のトレイに横並びに乗せて差し込む

SIMカード/SDカードは1枚のトレイに横並びに乗せて差し込む

リアパネルもベースは白。樹脂素材の1枚板で変に凝ったデザインでもなく、”スタイリッシュ“の言葉が似合うシンプルデザイン。

Qua phone PX(本体カラー:ホワイト)の背面

Qua phone PX(本体カラー:ホワイト)の背面
メインカメラは飛び出しもほぼなく、レンズへのキズ付着も心配不要

メインカメラは飛び出しもほぼなく、レンズへのキズ付着も心配不要
前面同様、こちらにもQua phoneの文字ロゴ

前面同様、こちらにもQua phoneの文字ロゴ

前作と比べると素材の変更により質感は質素になっていますが、一方で本体重量は実は大きく変わっていません。その代わりにバッテリー容量が大型化し、より長い時間の使用にも耐えられるようになりました。

手に取ると軽く感じるが、前作と重量自体は大差ない

手に取ると軽く感じるが、前作と重量自体は大差ない
素材が樹脂に変わった事でグリップ性は向上している

素材が樹脂に変わった事でグリップ性は向上している

決して高級感がある質感ではないものの、シンプルに仕上げられた外観はより幅広い層に受け入れられそうな印象。適度なつや消しとホワイトの組み合わせにより指紋や皮脂汚れもほぼ目立つことがなく、細かいことを気にせず使うことができる仕上がりとなっています。

ハードな用途でなければ必要十分なスペック

続いては操作面での使い勝手全般に大きく関わってくる、スペック面をチェックしてみましょう。

まずはスペック表を確認。

Qua phone PX スペック情報(参照:au 製品ページ
サイズ
(幅x高さx厚さ)
約73 x 148 x 7.5 mm
重量 約 127 g
電池容量 3,000mAh
内蔵メモリ容量(RAM) 2GB
内蔵メモリ容量(ROM) 16GB
外部メモリ microSDXC(最大200GB)
ディスプレイ 約5.2インチ フルHD(1920×1080)IPS液晶ディスプレイ
防水防塵 IP65/IP67
SIMカード au Nano IC Card 04(VoLTE)
OS Android 6.0 Marshmallow
CPU MSM8937 オクタコア(1.4GHz クアッドコア + 1.1GHz クアッドコア)
Wi-Fi規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Ver.4.2
カメラ メイン:約1,610万画素/サブ:約800万画素

5.2インチと現行においては平均~ややコンパクトな部類となる画面サイズですが、解像度はフルHDと高精細。またバッテリー容量が3,000mAhと大きいことが魅力的ですね。

CPUにはQualcomm社のローエンド~ミドルレンジ向けモデルとして最新となるSnapdragon 430(オクタコア)を搭載。RAM2GB、ROM16GBと全体的にもローエンド~ミドルレンジの仕様となっています。

RAM・ROM容量が決して大きくない点は少し気がかりですが、初期状態ではいずれもそこそこ空きスペースがあることは確認。特にROM容量についてはSDカードで拡張も可能なので、そこまで気になることはないかもしれません。

RAMは全体2GBに対して空き容量が0.6GBほど

RAMは全体2GBに対して空き容量が0.6GBほど
ROMは全体16GBに対して空き容量が8GBほど

ROMは全体16GBに対して空き容量が8GBほど

国内向けとして需要の高い防塵防水仕様やおサイフケータイなどの機能は備え、また(別途対応ヘッドホンの用意が必要ですが)ハイレゾ音源の再生もサポート。ただし一方で前作同様、フルセグ・ワンセグといったテレビ視聴機能は非搭載となっています。

こうしてみてみると需要が特に高い機能はもれなく押さえつつ、あとは現在のトレンドも考慮して搭載する機能を選別した内容といえそうです。

また使い勝手に大きく関係してくる基礎性能については、ベンチマークスコア測定アプリ「AnTuTu Benchmark v6.1.4」を使用して測定した結果が以下のとおり。

ベンチマークスコアは42,000点台ベンチマークスコアは42,000点台
ベンチマークスコアは42,000点台

ベンチマークスコアは42,000点台

現行のハイエンド機と比較すれば3分の1程度となりますが、それでも前作では25,000点前後であり、外観だけでなく中身も大きく変化が見られます

ベンチマークスコア測定時に再生される3Dグラフィック、あるいはゲームをプレイしての画面表示を確認すると若干のカクつき、コマ抜けは感じました。なのでそういった用途には正直あまり向きはしないかと思います。

一方でゲームをあまりしない、ネットブラウジングやSNSが主な用途ということであれば、このスコアでも十分ストレスなく使うことは可能でしょう。

前作のQua phoneとのスペック比較

なお参考までに、前作のQua phoneと仕様を比較してみると次のようになっています。

前モデルQua phoneとのスペック比較
Qua phone PX Qua phone
サイズ(幅x高さx厚さ) 約73 x 148 x 7.5 mm 約72 x 146 x 7.9 mm
重量 約 127 g 約 132 g
電池容量 3,000mAh 2,200mAh
内蔵メモリ容量(RAM) 2GB 2GB
内蔵メモリ容量(ROM) 16GB 16GB
外部メモリ microSDXC(最大200GB) microSDXC(最大200GB)
ディスプレイ 約5.2インチ フルHD(1920×1080)IPS液晶ディスプレイ 約5.0インチ HD(1280×720)TFT液晶ディスプレイ
防水防塵 IP65/IP67 IP55/IP58
OS Android 6.0 Marshmallow Android 5.1 Lollipop
CPU MSM8937 オクタコア(1.4GHz クアッドコア + 1.1GHz クアッドコア) MSM8916 1.2GHz クアッドコア
Wi-Fi規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth Ver.4.2 Ver.4.1
カメラ メイン:約1,610万画素/サブ:約800万画素 メイン:約1,300万画素/サブ:約200万画素

比べてみると本体サイズが大きく変わらない中でディスプレイが大型かつ高精細になっていること、CPUのコア数が倍になっていること、サブカメラ(セルフィーカメラ)の有効画素数が大幅に向上していることもポイントとして目につきますね。

スマホ初心者にもやさしい便利な設定がプリインストール

Qua phone PXの最大の魅力といえるのは、シンプルながらも最低限の便利な仕様・機能が盛り込まれているということ。まんべんなくハードに使い倒すといった場合であれば非力さは否めません。ですがスマートフォンに求める機能がそこまで多くない、気軽に安心して使いたいといった人には十分な内容といえるでしょう。

浸水は厳しいが、水がじゃばじゃばかかっても問題ない防水等級

浸水は厳しいが、水がじゃばじゃばかかっても問題ない防水等級

例えばスマホを長時間使う中で眼の疲労の原因となるブルーライト。Qua phone PXではブルーライトを低減するモードも搭載しており、使用環境を問わず、負担少なめにスマホを使い続けることも可能です。寝る前の読書などにも使いやすい設計です。

ブルーライト低減機能をオンで撮影
ブルーライト低減機能をオフで撮影

1枚目はブルーライト低減機能をオン、2枚目はオフにした様子。比べてみると写真でも光の刺激の違いがわかるはず

またガラケーからの機種変更でスマホに移行する場合、画面が大型化することは使える機能の増加という意味ではメリットになりますが、一方で画面が大きくて操作がしづらいと感じることもありますよね。そういったストレスを少しでも減らすため、この機種にはボタンの配列変更と追加のナビゲーションキーが用意されています

ナビゲーションキーは配置の変更もでき、また【お知らせ】【Qスライド】といったキーも用意されているナビゲーションキーは配置の変更もでき、また【お知らせ】【Qスライド】といったキーも用意されている

ナビゲーションキーは配置の変更もでき、また【お知らせ】【Qスライド】といったキーも用意されている
【Qスライド】キーはタッチすることで特定のアプリをランチャー感覚で呼び出せる

【Qスライド】キーはタッチすることで特定のアプリをランチャー感覚で呼び出せる
【お知らせ】キーをタッチすると通知エリア/クイックアスセスパネルが下がってくる

【お知らせ】キーをタッチすると通知エリア/クイックアスセスパネルが下がってくる

どれも決して派手な仕様・機能ではないものの、あるとないとでは使い勝手が変わってくるものばかり。特にスマホ初心者にとっては、こういった機能がはじめから入っている点はかなり便利に感じられることでしょう。

気軽に使って万能に使えるカメラ性能は便利

スマホの用途として多くの人が考えるであろう基準の1つがカメラ機能。今や安価なデジタルカメラとの比較であれば画質も勝り、かつなんといってもシェアが簡単にできる点はスマホのカメラの大きな魅力となっています。

最後はQua phone PXのカメラをチェックしてみました。

静止画の撮影操作は「ベーシック」「マニュアル」「シンプル」の3つを搭載。下は「ベーシック」のカメラUIです。

「ベーシック」のカメラUI

「ベーシック」のカメラUI

ベーシックに関しては、選択できる撮影モードは「オート」「パノラマ」「タイムラプス」の3つでシンプル。また設定項目もアスペクト比、HDRオン/オフやセルフタイマーなど全5項目。あまり難しく考えなくても使いこなせる範囲といえますね。

撮影モードは3つ

撮影モードは3つ
設定項目を弄れる内容は5つでわかりやすい

設定項目を弄れる内容は5つでわかりやすい

一方「マニュアル」は名前のとおり、ホワイトバランスや照度、ISO感度などをマニュアルで設定できます。画面下に表示される各設定項目のアイコンをタップすると、操作バーが出現。スワイプしながら値を変えることで設定が変わっていきます。

マニュアルモードでは画面下に詳細な設定項目が表示される

マニュアルモードでは画面下に詳細な設定項目が表示される
それぞれをタップするとスライド式の操作バーが出現

それぞれをタップするとスライド式の操作バーが出現

また残る「シンプル」は、プレビュー表示のみという超シンプルなUIデザイン。フォーカスを合わせたい部分にタッチすると、AF(オートフォーカス)→撮影までがワンタッチで行なえます。

驚くほどあっさりしたデザインの「シンプル」

驚くほどあっさりしたデザインの「シンプル」

ここからは実際に撮影した例を見ながらカメラをチェックしていきます。以降の写真はいずれもリサイズ加工のみ行なったものです。

仙台駅(西口)の外観(HDRオフ)

仙台駅(西口)の外観(HDRオフ)
仙台駅(西口)の外観(HDRオン)

仙台駅(西口)の外観(HDRオン)
昼の仙台駅前(HDRオフ)

昼の仙台駅前(HDRオフ)
昼の仙台駅前(HDRオン)

昼の仙台駅前(HDRオン)

最近のスマホには搭載されているのがほぼ当たり前にもなりつつあるHDR(ハイダイナミックレンジ合成)機能。明暗がくっきり出ている場所、逆光での撮影に強さを発揮するものですが、上記の2パターンいずれをみても、HDRをオンにするとより全体が明るく綺麗に撮影できています

細部も変に潰れることなく記録できており、こういった景色の撮影には結構オススメできる仕上がりです。

ビルの上にある看板用の鉄骨

ビルの上にある看板用の鉄骨
デジタルズーム最大で寄って撮影

デジタルズーム最大で寄って撮影

スマホとデジタルカメラを比較した場合に、ウィークポイントのひとつがズームの弱さ。スマホでは端末本体を無駄に厚くしないため、内蔵することにスペースが必要となる光学ズーム機能はほとんど採用されません。そうなるとどうしてもズームは粗くなりがちですが、Qua phone PXに関してはズーム時も粗さがそこまで見られませんでした

夜の仙台駅前(HDRオフ)

夜の仙台駅前(HDRオフ)
夜の仙台駅前(HDRオン)

夜の仙台駅前(HDRオン)

またズームと合わせてスマホのカメラが苦手としがちなのが夜景など、暗所での撮影。こちらはHDRオフ/オンで撮り分けてみましたが、先ほどよりも違い(効果)は見られない結果に。ただ左側の赤い看板を見てみると、HDRをオンにすることでベースの赤と文字の白がいずれもきちんと残っています。効果が全くでないというわけではなさそうです。

ペペロンチーノもそこそこ美味しそうに撮れた

ペペロンチーノもそこそこ美味しそうに撮れた

最後に料理の撮影もテスト。リサイズしたことでやや細かいディテールが潰れてはいるものの、ぱっと見の印象は決して悪くありません。ネギがやや多めに乗っていても写真全体が緑に引っ張られすぎることは無く、料理の撮影にもしっかりと使えるように感じました。

またこのQua phone PXでひとつ便利なのが、あらかじめ設定をオンにしておくことで、側面に配置された音量キーを2度押しすることによりカメラを高速起動できるということ。キーを押してから1~2秒ほどでカメラが立ち上がります。現在のハイエンドの超高速起動には敵いませんが、とっさのシャッターチャンスにもトライできそうですね。

音量キー2度押しでカメラを高速起動できる

音量キー2度押しでカメラを高速起動できる

評価まとめ:扱いやすいシンプルさが魅力のベーシックモデル

今回Qua phone PXを使って見る中で全体の印象として感じたのは、扱いやすさを重視したベーシックな機種であるということ。

単独で使用すると決してユニーク、あるいは目立つような特徴的機能はありませんが、搭載されている機能はいずれもユーザーの使いやすさを考えたものとなっており、かつシンプル。

幅広い使い方ができることはもちろんスマートフォンの魅力ですが、少しずつ使い方に慣れていきたい初心者ユーザーに特にうってつけのモデルといえるでしょう。

なおQua phone PXには同シリーズのタブレット「Qua tab PX」とセットで使うとさらなる進化を発揮できる機能が盛り込まれています。

こちらはQua tab PXをレビューする際に、改めて紹介することにします。

Qua phone PXの設定・使い方はこちら:

au 「Qua phone PX」を快適に使うためにチェックしたい6つの設定

最新スマホ情報はココでチェック!

最新スマホ情報

最新スマホレビュー&設定ガイド特集
ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリースマートフォンの「最新スマホレビュー」を随時更新中! スマホを購入したらまずやっておきたい「設定ガイド」も合わせてどうぞ。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。