iPhoneのセキュリティ対策を万全に! Apple IDの「2ファクタ認証」とは!?

書いた人: NINO

カテゴリ: iPhone, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのセキュリティ対策を万全に! Apple IDの「2ファクタ認証」とは!

ネット上のあらゆるサービスはクラウドが主流となり、ユーザーとしてはより便利になる一方でIDやパスワードの流出によるセキュリティ上の問題も懸念されています。
iPhoneを始めとしたApple製端末を管理するApple IDもその一つ。さまざまな重要なデータが管理されている端末からの情報流出という万が一の事態に備えて、端末のセキュリティ対策はしっかりと行っておくべきです。

今回は、iPhoneやApple IDのセキュリティをより強固にするための設定である「2ファクタ認証」について、そのメリットや設定方法を解説します。

※検証端末:iPhone 6s Plus 128GB , iPhone 6s 128GB
 バージョン:iOS9.3.3

目次:

2ファクタ認証とは?

普段iPhoneで使用しているApple IDは、写真・メール・ドキュメントなど多くの個人情報が保存されているiCloudにログインする際や、アプリ・課金アイテムを購入する際に必要となる最も重要な個人情報です。そして、この重要な個人情報のセキュリティ性を向上するための機能が2ファクタ認証です。

2ファクタ認証はiOS9から登場した機能で、Apple IDのセキュリティ対策が二重に強化されいている認証方式のことです。

iPhoneなどのiOS端末にApple IDを使ってログインする際に、自分自身の信頼済みである別のiPhone,iPad,MacなどのApple製端末に表示されるパスコード6桁を入力することにより、初めてログインが可能になります。

Apple ID管理サイトより
Apple ID管理サイトより

たとえば、新しく購入したiPhoneに既存のApple IDでログインをする場合、IDとパスワード単体だけではログインすることができません。ログインするためには自分が信頼済みとした別のiPhone,iPad,Macに表示される6桁のコードを入力する必要があります。入力完了後、新しいiPhoneにApple IDでログインが可能となります。

万が一、iPhoneを紛失するなどして情報漏洩等が発生しApple ID及びそのパスワードが流出するという事態が発生しても、流出先のどこにあるかわからないような端末からはログインすることができません。

このようにApple IDを使って特定の端末にログインするために、別の端末に表示させる6桁のパスコードを入力する2ファクタ認証は、手間が増えてしまう反面、Apple IDとパスワードが流出してしまうという事態が起きたとしても、単体ではログインすることができないので、セキュリティ対策として極めて有効な手段となります。

iPhoneから簡単に設定できる2ファクタ認証の設定方法

セキュリティ性が飛躍的に向上するApple IDの2ファクタ認証ですが、iPhoneから簡単に設定することができます。

まず、ホーム画面から設定アプリを開きます。

設定アプリを起動
設定アプリを起動

一覧から【iCloud】を選択します。

一覧から【iCloud】を選択
一覧から【iCloud】を選択

画面上部に表示されているiCloudアカウントを選択します。

一番上部のiCloudアカウントを選択
一番上部のiCloudアカウントを選択

iCloudアカウントの設定項目が表示されたら【パスワードとセキュリティ】を選択します。

【パスワードとセキュリティ】を選択
【パスワードとセキュリティ】を選択

項目下部にある【2ファクタ認証を設定】を選択します。

【2ファクタ認証を設定】を選択
【2ファクタ認証を設定】を選択

2ファクタ認証の概要が表示されるので、確認した後に【続ける】を選択します。

確認後【続ける】を選択
確認後【続ける】を選択

続いて端末を確認するのためのコードをApple側から受け取ります。所持している端末の電話番号を入力します。確認方法はSMSと音声通話を選べますが、今回はSMSで進めます。入力が完了したら右上にある【次へ】を選択します。

番号を入力後【次へ】を選択
番号を入力後【次へ】を選択

少しすると確認コードが送られてくるので【確認コード】という部分にSMSで受信した6桁のコードを入力します。

確認コードを入力
確認コードを入力

送られてこない場合は、携帯電話番号の入力を間違えている可能性もあります。そのような場合、【確認コードを受信されませんでしたか?】を選択し再度電話番号を入力後、確認コードの再送指示を送りましょう。

確認コードを入力したら2ファクタ認証の設定は完了です。

なお、2ファクタ認証を使用するにはApple IDを使用中のデバイスが以下のシステム条件を満たしている必要です。

  • iOS 9以降を搭載したiPhone,iPad,iPod touch
  • OS X El Capitan および iTunes 12.3 を搭載した Mac
  • watchOS 2 を搭載したApple Watch
  • iCloud for Windows v5 および iTunes 12.3.3 がインストールされた Windowsパソコン

2ファクタ認証の使い方

では、今回設定した2ファクタ認証を実際に使用してみます。検証機としてiPhone 6s PlusとiPhone 6sを使います。

iPhone 6s Plusは、Apple ID でサインイン済みで2ファクタ認証を設定。iPhone 6s は新しい端末を想定しiCloudからサインアウトしている状態から検証開始です。

まずは、iPhone 6s Plusに既にサインインしたApple IDを、iPhone 6sに入力しログインを試みます。IDとパスワードを入力後に【サインイン】を選択します。

Apple IDとパスワードを入力しログイン(iPhone 6s)
Apple IDとパスワードを入力しログイン(iPhone 6s)

すると、早速2ファクタ認証の効果が現れます。新しい端末であるiPhone 6s画面上にApple ID確認コードの入力が求められます。

確認コードの入力を求められる(iPhone 6s)
確認コードの入力を求められる(iPhone 6s)

このタイミングで同時に既にログイン済みのiPhone 6s Plus側に、新たな端末にApple IDでログインしようとする状況の通知が表示されます。確認後、【許可】を選択。

新しい端末でログインが行われている通知(iPhone 6s Plus)
新しい端末でログインが行われている通知(iPhone 6s Plus)

許可を選択後、iPhone 6s Plus側で6ケタの確認コードが表示されます。これを新しい端末であるiPhone 6s側に入力しApple IDのログインが完了します。

6ケタの確認コード(iPhone 6s)
6ケタの確認コード(iPhone 6s)

2ファクタ認証の解除方法

2ファクタ認証は、その性質からiPhoneやApple IDのセキュリティ性を向上させるものなので、一度設定しているならば解除することはオススメできませんが、何らかの理由により解除したい場合は以下の手順により行ってください。

2ファクタ認証のON設定は設定アプリからできますが、解除の場合はブラウザ上からApple IDの公式サイトにアクセスします。まずは下記のApple ID管理サイトにアクセスします。

Apple ID管理サイト

アクセス後、Apple ID とパスワードを入力しログインします。

Apple IDとパスワードを入力
Apple IDとパスワードを入力

ここで、2ファクタ認証がONになっているので、そのまま端末上に別端末でログイン許可通知がでます。そこで【許可する】を選択します。

【許可する】を選択
【許可する】を選択

6ケタの確認コードを確認し、ブラウザ上に入力します。

6ケタの確認コードを入力
6ケタの確認コードを入力

続いて【セキュリティ】を選択します。

一覧から【セキュリティ】を選択
一覧から【セキュリティ】を選択

項目の中から一番下にある【2ファクタ認証を無効にする】を選択します。

2ファクタ認証を無効
2ファクタ認証を無効

確認画面が表示されるので、右上の【続ける】を選択します。

右上の【続ける】を選択
右上の【続ける】を選択

Apple IDに設定している秘密の質問と答え・生年月日・復旧用メールアドレスを入力すると、2ファクタ認証の設定が無効となり解除が完了します。

2ファクタ認証の無効
2ファクタ認証の無効

まとめ

iPhoneユーザーにとって、iCloudはとても便利な機能でありさまざまな重要なデータが保管されています。またアプリ購入といった課金オプションもApple IDで管理されています。iPhoneの紛失やハッキングなどによる意図しない形でApple ID漏洩した場合でも、2ファクタ認証をしっかり設定しておけば全く問題ありません。

6ケタの確認コードの入力という簡単なコマンドで、セキュリティ性を飛躍的に向上させる2ファクタ認証は、iPhoneユーザーとしてはぜひとも設定しておきたい機能です

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。