国産スタイリッシュSIMフリースマホ!富士通「arrows M03」レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
国産スタイリッシュSIMフリースマホ!富士通「arrows M03」レビュー

富士通がSIMフリーで投入するスマートフォンとしてはarrows M01、arrows M02に続く三代目となる「arrows M03」。防水・防塵におサイフケータイ、ワンセグなどの国内機能は引き続き搭載しつつも、先代モデルと比べデザイン・機能共にブラッシュアップされ、完成度の高い機種に仕上がっています。

今回はこの「arrows M03」の魅力を様々な角度からチェックしていきます。

arrows03 最安価格で販売中!

目次:

※2017年07月編集部追記

2017年7月に発売した、最新モデル「arrows M04」のレビュー記事を公開しました。気になる人はチェックしてみてください。

arrows M03の性能をスペックシートで確認

まずはarrows M03の性能を、先代モデルのarrows M02と並べつつ数字で見ていきます。

arrows M03のスペック(参照:公式ページ)
arrows M03 arrows M02
サイズ
(高さx幅x厚さ)
約144mm×72mm×7.8mm 約141mm×68.9mm×8.9mm
重さ 141g 149g
バッテリー容量 2580mAh 2330mAh
ディスプレイ 約5.0インチHD
IPS液晶(720×1280)
約5.0インチHD
有機EL(720×1280)
OS Android 6.0 Android 5.1
カメラ アウト:約1310万画素 CMOS
イン:約500万画素 CMOS
アウト:約810万画素 CMOS
イン:約240万画素 CMOS
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ 2GB 2GB
内蔵ストレージ 16GB 16GB
外部ストレージ microSD/microSDHC/
microSDXC(最大200GB)
microSD/microSDHC
対応バンド LTE:Band1/3/8/19/26
3G:Band1/5/6/8/19
LTE:1/3/8/19/26
3G:1/5/6/8/19
WiFi IEEE802.11 a/b/g/n IEEE802.11 b/g/n
SIMサイズ nanoSIM nanoSIM

arrows M03はCPUやメモリ、ストレージ容量などはM02から据え置きなものの、バッテリー容量が増量しつつも重量は8gほど軽くなり、薄さは8.9mmから7.8mmまで1mm以上の薄型化を実現。通信面ではWiFiが5GHzの11aに対応、カメラの画素数もアップし、外部ストレージも最大200GBまで対応を広げるなど、価格を抑えつつもスペックが底上げされています

関連記事:

これならガラケーから乗り換えもアリ!富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」をレビュー

ドコモ・au・ソフトバンクのSIMが選べるLTE

auのSIMを入れたarrows M03

auのSIMを入れたarrows M03

LTEはM02に引き続きauの主要エリアであるBand 1とBand 26(Band 18内包)に対応。ドコモのBand 1/3/19、ソフトバンクのBand 1/3/8に対応しているため、国内大手3キャリアのSIMカードが自由に選べるSIMフリー端末となっています

美しく実用的な新しいデザインを見る

デザインが一新されたarrows M03

デザインが一新されたarrows M03

arrows M03は以前のarrowsシリーズからガラっとイメージを一新した、一枚板のデザインを採用。アルマイト処理を施したアルミ素材のフレームで高級感と耐久性を実現しています。

ラウンドとフラット、良いとこ取りの形状

arrows M03のアルミフレーム

arrows M03のアルミフレーム

アルミのフレームは縦持ちした際に手に収まりの良いラウンド形状の四辺と、カメラ撮影時などで横持ちした際にしっかりグリップできるフラットな四隅を組み合わせた良いとこ取りのフレーム形状。具体的な利用シーンを想定して計算された、人に寄り添うデザインが感じ取れる形になっています。

ワンセグアンテナは内蔵式、外付けアンテナケーブルは不要

内蔵アンテナを展開したところ

内蔵アンテナを展開したところ

人気のGalaxyシリーズやXperiaシリーズを含むここ近年のワンセグ搭載スマートフォンはワンセグ視聴の際、イヤホンジャックに挿入するタイプのアンテナケーブルを必要とする機種がほとんど。
対してこのarrows M03はアルミフレーム部分の隅にしっかりとワンセグ視聴用のアンテナを格納。災害などの緊急時に外付けのアンテナケーブルを常備していなくとも、内蔵のアンテナでTV放送が視聴できるのは安心感のあるポイントとなっています。

ストラップホール搭載

右下に配置されたストラップホール

右下に配置されたストラップホール

国産スマートフォンらしく、しっかりとストラップホールを搭載しています。同じ国産スマートフォンの中では今年はXperia X Performanceがストラップホールを省いており、こういった日本ならではのニーズに応えた細かい配慮は嬉しいところです。

FeliCaも使いやすい位置に配置

背面上部に配置されたFeliCaアンテナ

背面上部に配置されたFeliCaアンテナ

arrows M03はSIMフリーの低価格スマートフォンとしては珍しく、おサイフケータイを搭載しています。更にこれを実際にこれを使ってみたところ、やはり国産メーカーらしい気配りを感じる配置であることがわかります。

arrows M03のおサイフケータイのFeliCaアンテナは背面上部に搭載されており、改札を通ったりコンビニのレジで決済したりするにはぴったりの王道配置。

基板配置の関係上本体中央右寄りに搭載しているGalaxy S7 edge、背面がアルミであるがために表側のディスプレイ上部に搭載しているXperia X Performance。

比べてみると、ただ「おサイフケータイ対応」なだけでなく、実際に使い勝手の良いおサイフケータイとして仕上げてあることが実感できます。

サイズ感を他の機種と比較

iPhone 6s、Xperia X Performanceとサイズ比較

iPhone 6s、Xperia X Performanceとサイズ比較

iPhone 6sとXperia X Performanceと並べたところ。arrows M03は5インチディスプレイを搭載しており、4.7インチディスプレイを搭載したiPhone 6sと比べるとやや大きめで、同じく5インチディスプレイを搭載したXperia X Performanceとはほぼ同じ大きさとなっています。

Xperia Z3と比較

Xperia Z3と比較

デザインの系統が似ている5.2インチのXperia Z3と比べたところ。やや小さめの持ちやすいサイズとなっています。

パワーアップしたカメラ性能を試す

arrows M03のカメラは1310万画素にアップ

arrows M03のカメラは1310万画素にアップ

arrows M03のメインカメラはarrows M02の810万画素から、1310万画素に大幅に画素数がアップしています。今回はこのカメラをいくつかのシーンで実際に試してみました。撮影は全てオートで行っています。また、写真をタップ・クリックすると大きいサイズの写真を表示できます。

arrows M03 カメラ作例:モーニングセット

モーニングセットを撮影。色合いは自然に仕上がっています
arrows M03 カメラ作例:空港にて接写

空港にて接写。F値2.0でボケ味も悪くない出来です
arrows M03 カメラ作例:建物

建物を撮影。この価格帯としては高い精細感です
arrows M03 カメラ作例:ラーメンiPhone SE カメラ作例:ラーメン

同じ被写体をiPhone SE(右)と比較。暗いシーンでは手ブレが気になるところ
arrows M03 カメラ作例:クラゲ

水族館でクラゲを撮影。ピント合わせにやや時間がかかりました
arrows M03 カメラ作例:夏の海

夏の海を撮影
arrows M03 カメラ作例:猫

猫を撮影。毛の一本一本までしっかり写っています

キャリアモデルで培われた多機能をチェック

低価格モデルながら、arrows M03はキャリアモデルとして開発されてきたフラッグシップの歴代arrowsシリーズの機能をそのまま引き継いでおり、非常に多機能。今回はarrows M03で使える独自機能をピックアップしてチェックしていきます

1. スライドディスプレイ

スライドディスプレイスライドディスプレイ
スライドディスプレイ

スライドディスプレイ

arrowsの片手操作機能のスライドディスプレイ。画面下部のボタンで画面を下に引っ張って下げられるほか、左右にずらす事も可能。5インチでは少し大きいという方や、不安定な体制で操作したい場合は重宝する機能です。

2. 戻ってシェイク

戻ってシェイクは「設定」>「壁紙・画面」からオン・オフ可能

戻ってシェイクは「設定」>「壁紙・画面」からオン・オフ可能

横になってスマホを使おうとした際、意図せず画面回転してしまった場合に回転を元に戻して固定できる機能。寝ながらスマホを使いたい場合などに役立ちます。

3. スライドイン機能

スライドイン機能を発動したところスライドイン機能を発動したところ

スライドイン機能を発動したところ

arrowsシリーズに搭載しているランチャー機能。画面端の任意の場所からアプリのランチャーを呼び出し、素早くアプリを起動することができます。項目は編集可能で、アプリの他ショートカットなども設定可能。また、後述するキャプメモ/なぞってコピー機能もスライドイン機能から起動できます。

4. キャプメモ

キャプメモでスクリーンショットに書き込んでいるところ

キャプメモでスクリーンショットに書き込んでいるところ

スライドイン機能から起動できるキャプメモ。画面をキャプチャし、書き込んで共有できるというもの。スマートフォンの画面に注釈を添えて共有したいといった場合に便利です。

5. なぞってコピー

なぞってコピーでテキストを選択しているところ

なぞってコピーでテキストを選択しているところ

スライドイン機能から起動できるもう一つの機能、なぞってコピー。通常は選択できない画面上のテキストをなぞってコピーすることができます。アプリのメニューの漢字が読めなかったりといった場合に役に立つ機能です

6. マルチコネクション

マルチコネクション設定画面

マルチコネクション設定画面

LTEとWiFiを同時に利用して接続できるマルチコネクション機能も搭載。公衆のWiFiを使う場合などの不安定な接続では、通信が途切れないように自動でLTE/3GとWiFiを切り替えて通信を維持することができます。また、フルスピードモードを選択するとLTE/3GとWiFiのより高速な回線を利用して通信することでより高速な通信が可能です。

評価まとめ:格安スマホへの乗り換えに最適な低価格全部入りモデル

機種名の下に刻まれたMADE IN JAPANの文字

機種名の下に刻まれたMADE IN JAPANの文字

低価格帯のスマートフォンは防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグなどの国内大手キャリアのモデルでは当たり前の機能が無い機種が多く、一つでも使っている物があれば乗り換えを躊躇する理由になり得るところ。arrows M03はそういった国内向けのニーズをひとつひとつ繋ぎ合わせた上でコストパフォーマンスの高い低価格のハードウェアで商品化されており、FullHDディスプレイや最新の高性能プロセッサ、最新のカメラなどの機能が普段使いのスマートフォンとして不要といったユーザーであれば最適な機種です。

低価格のSIMフリー国産スマートフォンとして完成度の高かったarrows M02を更にブラッシュアップしたarrows M03は、今回デザイン面でも大手キャリアのフラッグシップと比べても胸を張って持てる高級感のある機種に仕上がり。大手キャリアからMVNOの格安SIMに乗り換えて料金を抑えたいと思っている方にはうってつけの一台となっています。

※2017年07月編集部追記

2017年7月に発売した、最新モデル「arrows M04」のレビュー記事を公開しました。気になる人はチェックしてみてください。また、SIMフリースマホ・格安SIM販売サイト「モバレコ バリューストア」でも発売日から取り扱いを開始しています。

arrows M04
arrows M04

富士通 arrows M04
カラー:ホワイト・ブラック
安心、安全設計の国産SIMフリースマホ
防塵・防水・おサイフケータイ対応

販売価格:31,260円(税込)

最新スマホ情報はココでチェック!

最新スマホ情報

最新スマホレビュー&設定ガイド特集
ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリースマートフォンの「最新スマホレビュー」を随時更新中! スマホを購入したらまずやっておきたい「設定ガイド」も合わせてどうぞ。

arrows03 最安価格で販売中!

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ブログ「ガジェットショット」を作った大学生、デザイナー、ライター。Apple製品を中心に愛用しています。