海中撮影にも対応したタフネススマホ au「TORQUE G02」レビュー! 京セラ独自試験をクリアした耐久性はいかに

書いた人: とくめい

カテゴリ: auスマホのレビュー, レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
海中撮影にも対応したタフネススマホ au「TORQUE G02」レビュー! 京セラ独自試験をクリアした耐久性はいかに

昨年auから発売されたタフネススマホ「TORQUE G02」の新色ブルーが発売されました。1年越しの新色ということでOSが新しくなり新機能もいくつか追加されています。

TORQUEといえば、見るからに頑丈そうなボディと海水にも耐えられるようになった耐海水性能が気になりますよね。そこで今回は外観とスペック、沖縄の海で海中撮影にチャレンジしてみました。

TORQUE G02の設定・使い方はこちら:

au「TORQUE G02」を便利に活用する7つの機能・設定

目次:

大型バイクのようなスポーティーでカッコいいデザイン

色鮮やかなブルーがアクセントの本体
色鮮やかなブルーがアクセントの本体

まずは本体外観から見ていきましょう。最近のトレンドとは真逆を行くようなデザインで、ゴツくて重量感のあるボディです。新色のブルーは青い海を連想させるような爽やかな色合いでカッコいいですね。

しっかりとした押し心地のナビゲーションボタン
しっかりとした押し心地のナビゲーションボタン

画面の下にある物理キーはしっかりとしたクリック感があり押しやすいです。落としたときの衝撃に耐えられるようにように、ボタンの下には樹脂製のバンパーが付いています。

画面を振動させて音と振動で相手の声を届ける
画面を振動させて音と振動で相手の声を届ける

従来の携帯電話は受話口の位置が耳からずれるとうまく聞こえづらかったり、騒がしいところで聞き取りづらいことがありました。

TORQUE G02では京セラ独自の技術「スマートソニックレシーバー」を搭載しており、受話口がなくても画面の振動で相手の声が聞こえてきます。また、新たにVoLTEにも対応したことで高品質で遅延の少ない通話が楽しめます。

端子類は海水による腐食を防ぐためキャップ付き
端子類は海水による腐食を防ぐためキャップ付き
端子類は海水による腐食を防ぐためキャップ付き

最近ではキャップレス防水がトレンドになっていますが、TORQUEでは海水による腐食防止のためにイヤホンジャックとmicroUSBコネクタにキャップが付いています。充電はQi規格による無接点充電にも対応しているため、パッキンの劣化を防ぐことができます。

パッキンは固めに取り付けられている
パッキンは固めに取り付けられている

フタを開けてみるとこんな感じ。フタが大きめなので使用するケーブルやイヤホンによっては干渉する可能性があります。

右側面
右側面

右側面には電源キーとシャッターキーが配置されています。シャッターキーの下にある穴はオプション取り付け口で、別売りのフローティングストラップやフックを引っ掛けるためのハードホルダーを取り付けます。

左側面
左側面

左側面は音量キーと好きなショートカットを割り当てられる「ダイレクトボタン」が配置されています。その下には落下防止に役立つストラップホールも付いています。

背面は鮮やかなブルーが全面に押し出される
背面は鮮やかなブルーが全面に押し出される

背面は大型バイクのようなスポーティーなデザインで、鮮やかなブルーが前面に押し出されています。人目で上下が分かるデザインはポケットからサッと取り出してすぐに使えるように工夫されています。

特徴的なカメラ部分
特徴的なカメラ部分
大型スピーカーを内蔵
大型スピーカーを内蔵

背面カバーの上部にはシボ加工のあるゴムっぽい材質で、滑りにくさと持ちやすさに貢献しています。大型のスピーカーは防水性能のためか音質はそれなりですが、騒音の中でも聞こえるくらいの大音量が流せるのでアウトドアに役立ちそうです。

実際に手に持ってみた

片手で持ってみるとそのゴツさが良く分かる
片手で持ってみるとそのゴツさが良く分かる
この厚みのおかげで数々の衝撃に耐えられる
この厚みのおかげで数々の衝撃に耐えられる
この厚みのおかげで数々の衝撃に耐えられる

机に置いただけではそのサイズ感が伝わらないので、実際に手で持って撮影してみました。

4.7インチの比較的コンパクトな部類に入るディスプレイですが、この手に余るサイズは新鮮です。私は男性の中でも手が小さい方ですが、タフネススマホということだけあって片手操作は厳しいですね。

特に気になるのが本体の厚みと重量。本体の厚みは14.2 mmとiPhone 6sの約2倍の分厚さで、重量は約203gとこのサイズにしては超ヘビー級です。ここまで頑丈にするためなら仕方がないかもしれません。

耐久性第一!その分スペックは控えめに

TORQUE G02のスペック情報(参照:公式ページ)
本体サイズ(幅×高さ×厚さ) 約72 × 147 × 14.2 mm
本体重量 約203g
ディスプレイ 約4.7インチ1,280×720(HD)約1,677万色 IGZO
OS Android™ 5.1 / Android™ 6.0(ブルー)
CPU Snapdragon 400 1.4GHz クアッドコア
RAM 2GB
ROM 16GB
外部メモリ 200GB microSDXC™
アウトカメラ 約1,300万画素 CMOS
インカメラ 約500万画素 CMOS
バッテリー 2,910mAh(取り外し可能)
防水性能 IPX5/IPX8
防塵性能 IP6X

TORQUE G02は耐久性第一としたローエンドモデルのためスペックは控えめです。とは言っても、ブラウジングやSNSなどのライトな使い方であればサクサク動いてくれます。

Antutu Benchmark結果Antutu Benchmark結果
Antutu Benchmark結果

参考までにAntutu Benchmarkでは24,389とスペック相応の結果に。最近のハイエンド端末では10万点を超える機種も出てきているので、スペック重視の方はあまりオススメしません。

新色のブルーではOSがAndroid 5.1(Lollipop)からAndroid 6.0(Marshmallow)にアップグレードされていますが、基本的なスペックは前モデルTORQUE G01から大きく変わらず。欲を言えばもう少し基本スペックが高くなると長く使える良機種になりそうです。

21項目に準拠した高い堅牢性

TORQUE G02が活躍するシーンは単純なスペックではありません。いつでもどこでも使える高い堅牢性が売りということだけあって、21項目に準拠したテストに合格した最強モデルです。以下の項目内容となっています。

  • 防水(風雨、浸漬、雨滴)
  • 防塵
  • 耐衝撃(落下、衝撃)
  • 耐振動
  • 耐日射
  • 防湿
  • 温度耐久(高温動作/保管、低温動作/保管、温度衝撃)
  • 低圧対応(低圧動作/保管)
  • 塩水耐久
  • 耐氷結(凍結-融解、氷結)
  • 耐海水(京セラ独自試験)
  • 耐荷重(京セラ独自試験)

詳しい内容は、開発元の京セラの公式サイトからチェックできます。

温度耐久では-21℃/50℃で各連続3時間、塩水耐久では連続24時間の5%塩水噴霧後、24時間乾燥といった内容です。過酷な環境でのテストをクリアした、最強の謳い文句に嘘偽りがない端末と言っていいでしょう。

沖縄の海で海中撮影にチャレンジ!

沖縄の海
沖縄の海
一人で海にやってきました

ちょうど近くに用事があったので一人で海にやって来ました。周りの視線が気になりますが、オヒトリサマーを楽しみたいと思います。

波打ち際に穴を掘って撮影
波打ち際に穴を掘って撮影
このあとちゃんと回収しました
激しい波に打たれながらカメラ撮影
撮影できた海中写真
撮影できた海中写真

波打ち際で穴を掘ってTORQUE G02を半分埋めて撮影。撮影した日が悪く激しい波が立ってうまくピントを合わせる事ができず…。防水性能は約1.5mの水中までしか対応しておらず、本格的に撮影するにはアクションカムなどが必要だと感じました。

アウトドアシーンに役立つ「Outdoor Portal」

アウトドアで必要な情報がチェックできる
アウトドアで必要な情報がチェックできる

TORQUE G02には、アウトドアシーンで活躍するポータルアプリが最初からインストールされています。天気、気圧計、高度計、コンパス、潮汐、波情報、GPS地図、歩数計などアウトドアで必要な情報がまとめられています。これさえあれば海や山などで活躍してくれそう。

ウィジェットでロック画面からも確認可能ウィジェットでロック画面からも確認可能
ウィジェットでロック画面からも確認可能
ウィジェットでロック画面からも確認可能

わざわざアプリを起動しなくてもロック画面のウィジェットから情報を確認できます。専用アプリなだけあってウィジェットの動作も良好。ストレスを感じさせない作りになっています。

イラストやグラフで見やすい「なみある?」イラストやグラフで見やすい「なみある?」
イラストやグラフで見やすい「なみある?」イラストやグラフで見やすい「なみある?」
イラストやグラフで見やすい「なみある?」

波情報のポータルアプリ「なみある?」は、イラストやグラフを用いて潮の満ち引きや風向きなどを確認できます。波解説士による概要などもあり本格的なアプリでした。

釣果やロッドのコレクションを登録できる「FishingLog~釣れてる?~」釣果やロッドのコレクションを登録できる「FishingLog~釣れてる?~」
釣果やロッドのコレクションを登録できる「FishingLog~釣れてる?~」釣果やロッドのコレクションを登録できる「FishingLog~釣れてる?~」
釣果やロッドのコレクションを登録できる「FishingLog~釣れてる?~」

「FishingLog~釣れてる?~」は、釣った魚の写真を撮ると自動で場所や時刻、天候などを登録してくれるTORQUE G02ユーザー限定アプリです。

マリンスポーツに相性ぴったり
マリンスポーツに相性ぴったり

カメラ性能は本来の性能を発揮できなかったのが残念ですが、海中でも問題なく使える安心感は非常に心強いです。

海水に漬けた後はセンサーが反応して海中であることを判定し、水中モードに自動で切り替わります。水中モードでは誤動作防止のため、タッチパネルではなくサイドキーで操作します

水辺から上がると通知が届く、お手入れ方法は順番にやっていく水辺から上がると通知が届く、お手入れ方法は順番にやっていく
水辺から上がると通知が届く、お手入れ方法は順番にやっていく
海水で使用した後は、しっかりとケアーも忘れずにしましょう海水で使用した後は、しっかりとケアーも忘れずにしましょう
海水で使用した後は、しっかりとケアーも忘れずにしましょう

水辺から上がったらお手入れ方法について通知が届きます。背面カバーと端子類のキャップを外して真水で洗うと説明があり、海水から上がってから30分以内に行う必要があります。

公式サイトにはお手入れ方法が詳しく記載されているので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

通常撮影も意外とこなせるカメラ

水中撮影がイマイチだったので、風景や食べ物などを撮って一般的なカメラ性能をご紹介します。カメラ初心者が撮影しているので、特に記載がない限り全てオートで撮影しています。

TORQUE G02 カメラ作例:HDRオンTORQUE G02 カメラ作例:HDRオフ
HDRオン(左)HDRオフ(右)タップ・クリックて写真を大きく表示することができます
TORQUE G02 カメラ作例:ズームしてもそれなりに撮れている
ズームしてもそれなりに撮れている

工事現場の写真では、HDRをオンにしたときのほうが空の青さやショベルカーの色が鮮やかに写っています。最大までズームしたときは少々画質が落ちますが、小さなサイズでSNSにシェアするならこれでも十分ではないでしょうか。

TORQUE G02 カメラ作例:薄暗い場所で撮るとピント合わせが難しい
薄暗い場所で撮るとピント合わせが難しい

赤瓦屋根の写真は周りが薄暗くなっていて少しピントが合わせづらかったです。夜景モードで撮るとシャッターが切れるまでに時間が掛かるので、ミニ三脚などで固定するといいかもしれません。

TORQUE G02 カメラ作例:看板のネオンが白飛びせず撮れた
看板のネオンが白飛びせず撮れた

夜間にハンバーガーショップの看板を撮ったときは夜景モードを使用して、ブレを抑えるように脇を締めて撮影するとノイズが少ない綺麗な写真が撮れました

食べ物を撮影してみた

TORQUE G02 カメラ作例:つけ麺を撮ると色が薄くなってしまった
つけ麺を撮ると色が薄くなってしまった
TORQUE G02 カメラ作例:接写するといい具合に背景がボケた
接写するといい具合に背景がボケた

1枚目はラーメン屋さんでつけ麺を注文した時の写真。真っ赤なテーブルやスープの色味に引っ張られてしまい、麺のみずみずしさが余り伝わらない写真になってしまいました。

おまけで貰ったかき氷を接写。色が暗くなっていますが、背景がいい感じにボケてくれました

TORQUE G02 カメラ作例:台湾風まぜそばは暖色に写って美味しそう
台湾風まぜそばは暖色に写って美味しそう
TORQUE G02 カメラ作例:接写でもピントがしっかり合っている
接写でもピントがしっかり合っている

こちらは台湾風まぜそばの写真。明かりがよく当たるカウンター席で撮影したところ、色合いも良く美味しそうな写真に仕上がりました。接写で撮影してもきちんとピントが合っていて、素材の質感が伝わってきます。

評価まとめ:特殊な環境下でもアクティブにスマホを使いたい方にオススメ!

ここ数年のスマホは似たり寄ったりなデザインが多いなかで、数々の衝撃や厳しい環境下で使いたい方にオススメできる機種です。他の機種と比べて普段使いでは少々かさばるのと、スペックが低いことがデメリット。普通に生活している人は、デメリットのほうが大きく感じてしまうでしょう。

それでもここまで耐久性のある機種は今のところ存在しないので、欲しいと思ったら買いでしょう。それだけ尖った機種なのでTORQUE G02の特徴を理解して欲しい!と思った方だけ購入することをオススメします。

TORQUE G02の設定・使い方はこちら:

au「TORQUE G02」を便利に活用する7つの機能・設定

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi