スマホ販売最安への挑戦! モバレコ バリューストアの厳選最安スマホ特集

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ販売最安への挑戦! モバレコ バリューストアの厳選最安スマホ特集

モバレコ バリューストアの厳選ベストプライス商品一覧です。
人気のSIMフリースマホが市場最安値で手に入るチャンス!ぜひチェックしてみてください。

商品名 販売価格
ZenFone 3 Laser 25,900円 (メーカー販売額:27,800円)
ZenFone 3 36,291円 (メーカー販売額:39,800円)
HUAWEI P9 lite 25,741円 (メーカー販売額:29,979円)
HUAWEI P9 49,270円 (メーカー販売額:59,804円)
ZenFone Go 16,760円 (メーカー販売額:19,800円)
Moto Z 76,100円 (メーカー販売額:92,664円)
Moto Z Play 47,110円 (メーカー販売額:58,104円)
arrows M03 29,164円 (メーカー販売額:オープン価格)
ZTE Blade V7Max 31,200円 (メーカー販売額:34,800円)
ZTE Blade V7lite 18,312円 (メーカー販売額:21,800円)
Moto G4 Plus 31,295円 (メーカー販売額:38,664円)
FREETEL REI 26,909円 (メーカー販売額:29,900円)
ZenFone Max 26,800円 (メーカー販売額:27,800円)
ZTE Blade E01 13,980円 (メーカー販売額:14,800円)
ZTE Blade V580 22,700円 (メーカー販売額:27,800円)

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laser

本体サイズ : 約149.0 mm × 76.0 mm × 7.9 mm
重さ : 約150 g
OS : Android 6.0.1 Marshmallow
ROM : 32GB
RAM : 4GB
電池容量 : 3000 mAh
ディスプレイ : 5.5インチ FHD(1920×1080)IPS液晶
カメラ : アウトカメラ 1300万画素 / インカメラ 800万画素
カラー : シルバー、ゴールド

販売価格
25,900円 (メーカー販売額 : 27,800円)

価格と性能・機能のバランスを重視して人気のZenFone Laserシリーズの新機種。
5.5インチノフルHD解像度ディスプレイ、4GBのメモリと高いスペックを誇りながら、3万円を切るコストパフォーマンスの高いスマートフォン。初めてのSIMフリーにもおススメ。

●関連記事

ZenFone 3

ZenFone 3

本体サイズ : 約146.8 mm × 73.9 mm × 7.69 mm
重さ : 約144 g
OS : Android 6.0
ROM : 32GB
RAM : 3GB
電池容量 : 2650 mAh
ディスプレイ : 5.2 インチ (1920×1080)
カメラ : アウトカメラ 1600万画素 / インカメラ 800万画素
カラー : サファイアブラック、パールホワイト

販売価格
36,291円 (メーカー販売額 : 39,800円)

放射線状のスピン加工が施され洗練されたデザインに仕上がったZenFone 3。
5.2インチのフルHD解像度ディスプレイを搭載し、3GBメモリや世界初Snapdragon 625を搭載するなど性能もバツグン。
DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)やUSB Type-Cにも対応し、先代のZenFone 2から大きな進化を遂げています。

●関連記事

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite

本体サイズ : 約146.8 mm × 72.6 mm × 7.5 mm
重さ : 約147 g
OS : Android 6.0
ROM : 16GB
RAM : 2GB
電池容量 : 3000 mAh
ディスプレイ :5.2 インチ (1920×1080)
カメラ : アウトカメラ 1300万画素 / インカメラ 800万画素
カラー : ゴールド、ホワイト、ブラック

販売価格
25,741円 (メーカー販売額 : 29,979円)

昨年発売され、評価が高かったHUAWEI P8 liteの後継機モデルにあたるHUAWEI P9 lite。
金属製のスタイリッシュなボディにパーフェクトセルフィーやライトペインティングといった多様な撮影モードをカメラに搭載しています。

●関連記事

HUAWEI P9

HUAWEI P9

本体サイズ : 約145 mm × 70.9 mm × 6.95 mm
重さ : 約144 g
OS : Android 6.0
ROM : 32GB
RAM : 3GB
電池容量 : 3000 mAh
ディスプレイ : 5.2 インチ (1920×1080)
カメラ : アウトカメラ 1200万画素 / インカメラ 800万画素
カラー : ミスティックシルバー、チタニウムグレー

販売価格
49,270円 (メーカー販売額 : 59,804円)

ドイツのカメラメーカーLeica(ライカ)との協業で開発された2眼カメラが搭載されたHUAWEI P9。RGBとモノクロームの独立した2つのセンサーがより多くの光を取り込み豊かな色彩を表現できます。
ボディは金属製で2.5Dのガラスを組み合わせた高級感のあるデザインに仕上がっています。

●関連記事

ZenFone Go

ZenFone Go

本体サイズ : 約151 mm × 76.9 mm × 10.7 mm
重さ : 約160 g
OS : Android 5.1
ROM : 16GB
RAM : 2GB
電池容量 : 3010 mAh
ディスプレイ : 5.5 インチ (1280×720)
カメラ : アウトカメラ 800万画素 / インカメラ 500万画素
カラー : ブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ピンク

販売価格
16,760円 (メーカー販売額 : 19,800円)

国内で発売されているZenFoneシリーズとしては唯一、爽やかな青色がラインナップされているZenFone Go。
スペックは決して高くはないものの、「ポケモンGO」がサクサク動いたりと日常使いには必要な最低ベースは確保されています。

●関連記事

Moto Z

Moto Z

本体サイズ : 約153.3 mm × 75.3 mm × 5.19 mm
重さ : 136 g
OS : Android 6.0.1 Marshmallow
ROM : 32GB/64GB
RAM : 4GB
電池容量 : 2,600 mAh
ディスプレイ : 5.5インチ Quad HD(2560×1440)AMOLEDディスプレイ
カメラ : メイン:1,300万画素 サブ:500万画素
カラー : ブラック、ホワイト

販売価格
76,100円 (メーカー販売額 : 92,664円)

Motorolaのハイエンドモデル。スリムなボディながら、Qualcomm Snapdragon 820 クアッドコア、4GB RAMを搭載し、ディスプレイも有機ELを採用したハイスペックスマートフォン。
最大の特徴は Moto Mods と呼ばれる専用アクセサリーをつけることでの機能拡張。例えばカメラレンズの「トゥルーズーム」を使うと、光学10倍ズームの本格的なカメラになります。

●関連記事

Moto Z Play

Moto Z Play

本体サイズ : 約156.4 mm × 76.4 mm × 6.99 mm
重さ : 約165g
OS : Android 6.0.1 Marshmallow
ROM : 32GB
RAM : 3GB
電池容量 : 3,510mAh
ディスプレイ : 約5.5インチ FHD(1920 × 1080)
カメラ : アウトカメラ 約1,600万画素 インカメラ 約500万画素
カラー : ブラック、ホワイト

販売価格
47,110円 (メーカー販売額 : 58,104円)

Moto Zの下に位置するミドルレンジモデル。ミドルレンジとはいっても、Qualcomm Snapdragon 625 2GHz オクタコア、3GB RAMを搭載した不安の無いスペック。
こちらも Moto Mods が使用可能で、スピーカーやプロジェクターなど様々な使い方のある、可能性に満ちたスマートフォン。

●関連記事

arrows M03

arrows M03

本体サイズ : 約144 mm × 72 mm × 7.8 mm
重さ : 約141 g
OS : Android 6.0
ROM : 16GB
RAM : 2GB
電池容量 : 2580 mAh
ディスプレイ : 5 インチ (1280×720)
カメラ : アウトカメラ 1310万画素 / インカメラ 500万画素
カラー : ブラック、ホワイト、ピンク

販売価格
29,164円 (メーカー販売額 : オープン価格)

富士通から発売されるSIMフリースマホでは、arrows M01、arrows M02に続く三代目にあたるarrows M03。
先代モデルから防水・防塵におサイフケータイ、ワンセグなどの機能が引き継がれ搭載されており、デザイン・機能共に完成度の高い機種に仕上がっています。

●関連記事

ZTE Blade V7Max

ZTE Blade V7Max

本体サイズ : 約154 mm × 77 mm × 7.2 mm
重さ : 約167 g
OS : Android 6.0
ROM : 32GB
RAM : 3GB
電池容量 : 3000 mAh
ディスプレイ : 5.5 インチ (1920×1080)
カメラ : アウトカメラ 1600万画素 / インカメラ 800万画素
カラー : ゴールド、シルバー

販売価格
31,200円 (メーカー販売額 : 34,800円)

ZTEから発売されるSIMフリースマホでは、ハイエンドモデルにあたるZTE Blade V7Max。
フルHDのディスプレイやオクタコアのCPU、3GBのRAMを搭載しており性能も十分。
DS/DS機能は4Gと3Gの同時待ち受けが可能な機能で、格安SIMとの相性もバッチリです。

●関連記事

ZTE Blade V7lite

ZTE Blade V7lite

本体サイズ : 約143.8 mm × 70.2 mm × 7.9 mm
重さ : 約135 g
OS : Android 6.0
ROM : 16GB
RAM : 2GB
電池容量 : 2500 mAh
ディスプレイ : 5 インチ (1280×720)
カメラ : アウトカメラ 800万画素 / インカメラ 800万画素
カラー : グレー、シルバー

販売価格
18,312円 (メーカー販売額 : 21,800円)

2万円前半と手ごろな価格ながらも、アルミ合金ボディや指紋認証センサーを搭載するZTE Blade V7lite。
この内容と価格を考えれば十分にコストパフォーマンスが良いといえるミドルレンジモデルのスマホです。

●関連記事

Moto G4 Plus

Moto G4 Plus

本体サイズ : 約153.0 mm × 76.6 mm × 7.9 – 9.8 mm
重さ : 約155g
OS : Android 6.0.1 Marshmallow
ROM : 32GB
RAM : 2GB
電池容量 : 3,000mAh
ディスプレイ : 約5.5インチ 1,920×1,0800(Full HD)
カメラ : メイン:約1,600万画素 サブ:約500万画素
カラー : ブラック、ホワイト

販売価格
31,295円 (メーカー販売額 : 38,664円)

日本国内としては初の4Gと3GのデュアルSIM・デュアルスタンバイ対応端末。樹脂ボディは無駄な高級感を持たない分、使いやすさを重視したデザイン。
Snapdragon 617、1.5GHz 8コアを搭載し、扱いやすいミドルスペックモデル。

●関連記事

FREETEL REI

FREETEL REI

本体サイズ : 約145.8 mm × 71.5 mm × 7.2 mm
重さ : 約136 g
OS : Android 6.0
ROM : 32GB
RAM : 2GB
電池容量 : 2800 mAh
ディスプレイ : 5.2 インチ (1920×1080)
カメラ : アウトカメラ 1300万画素 / インカメラ 800万画素
カラー : メタルシルバー、スカイブルー、シャンパンゴールド

販売価格
26,909円 (メーカー販売額 : 29,900円)

FREETEL史上最も美しいとされるSAMURAI REI。
一眼レフモードやビューティーモード、残像モードなど独自機能を備えるカメラに加え、ひとつで5つの機能を備えたFREETELボタンなど多様な機能を搭載しています。

●関連記事

ZenFone Max

ZenFone Max

本体サイズ : 約156 mm × 77.5 mm × 10.55 mm
重さ : 約202 g
OS : Android 5.0
ROM : 16GB
RAM : 2GB
電池容量 : 5000 mAh
ディスプレイ : 5.5 インチ (1280×720)
カメラ : アウトカメラ 1300万画素 / インカメラ 500万画素
カラー : ブラック、ホワイト

販売価格
26,800円 (メーカー販売額 : 27,800円)

これまでのZenFoneシリーズのデザインを継承しつつ、電池容量が大幅にグレードアップしたZenFone Max。
一般的なスマートフォンの約2倍以上の5,000mAhという超大容量のバッテリーを搭載しているので、多機能なスマホながらも2~3日連続で使用することが可能です。

●関連記事

ZTE Blade E01

ZTE Blade E01

本体サイズ : 約142.5 mm × 71 mm × 7.8 mm
重さ : 約155 g
OS : Android 5.1
ROM : 8GB
RAM : 1GB
電池容量 : 2200 mAh
ディスプレイ : 5 インチ (1280×720)
カメラ : アウトカメラ 800万画素 / インカメラ 500万画素
カラー : ブラック、ホワイト

販売価格
13,980円 (メーカー販売額 : 14,800円)

税抜で15,000円を切る価格設定が魅力のZTE Blade E01。
安いだけではなく、笑顔認証、パノラマなどの多彩なカメラ機能も搭載されているため、「安かろう悪かろう」というイメージを良い意味で覆してくれます。

●関連記事

ZTE Blade V580

ZTE Blade V580

本体サイズ : 約155.3 mm × 77.2 mm × 8.55 mm
重さ : 約165 g
OS : Android 5.1
ROM : 16GB
RAM : 2GB
電池容量 : 3000 mAh
ディスプレイ : 5.5 インチ (1920×1080)
カメラ : アウトカメラ 1300万画素 / インカメラ 500万画素
カラー : グレー、シルバー

販売価格
22,700円 (メーカー販売額 : 27,800円)

ZTEから発売されるSIMフリースマホでは、ハイエンドモデルにあたるZTE Blade V580。
キャリアから発売されるスマホではお馴染みの指紋認証や高性能オクタコアを搭載しています。
ボディは質感の良いアルミ合金で覆われており、メタリックながら高級感のある大人のデザインに仕上がっています。

●関連記事

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

鬼ゲラウッ福カモンッの季節になりましたね。今年のエホー巻きはホクホクセイッを向いて食べるそうですよ。ちなみに「節分」を英語にすると、ただの"Setsubun"かと思いきや、"the last day of winter"というかっこいい名前がついていました。