使いやすい操作性に注目! 「iOS 10」の新機能で日々のiPhone生活がより楽しくより便利に

書いた人: NINO

カテゴリ: iPhone, まとめ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
使いやすい操作性に注目! 「iOS 10」の新機能で日々のiPhone生活がより楽しくより便利に

2016年6月に開催されたAppleの世界開発者会議WWDC2016の基調講演で、iPhoneやiPad向けの最新アップデート「iOS 10」が今秋にリリースされると発表がありました。
「大きく、大胆に、美しく」をテーマに、さらに使いやすいユーザーインターフェースとなって登場します。

現在はiOS 10ベータ版がリリースされてるので、一足先に使用してわかったiOS 10の新機能や魅力をまとめました。

検証端末:iPhone 6s Plus 128GB
バージョン:iOS 10 beta7

※記事内の画像引用元:「Apple公式サイト」「Apple WWDC 20162016

目次:

iMeesage機能の進化がすごい

iMessage
iMessage

テキストメッセージのやり取りといえば、現在国内で一番シェアがあるのは「LINE」ですが、iPhoneやiPad向けのiOSにもデフォルトでインストールされている純正アプリとして「iMessage」というアプリもあります。
iOS 10では、このiMessageの機能が大幅に進化しさらに使いやすくなります。iOS 10の数々の新機能の中でも一番目玉のポイントです。

メッセージの吹き出し効果で「言い方」を表現

人と会話をするときに同じ内容でも「言い方」によって伝わり方は全然変わります。
iMessegeの新機能ではこの形のない「言い方」というものを、テキストメッセージ上の吹き出し効果で形あるものとして表現できます

吹き出し効果(強調)
吹き出し効果(強調)

具体的には、テキスト内容を強調して言いたい時はテキストの吹き出しがアニメーションを伴いながら拡大して表示されます。反対にヒソヒソとささやくように送信したい時は、小さく表示させることもできます。

直筆メッセージが送れる

直筆メッセージ
直筆メッセージ

画面に直接文字を入力して相手に送ることができます。当然、機械的なテキストフォントより手書きの方が文字に暖かみが一層増すので、より感情が相手に伝わりやすくなりますね。

メッセージや写真を隠した状態で送信

写真を隠して送信
写真を隠して送信

サプライズでメッセージを伝えたい時や、貴重な写真を見せたい場合、ダイレクトにいきなり送るのではなく1アクション覆った状態で送ることができます
相手に贈るギフトであるプレゼントは、通常直接モノを渡すのではなく袋に入れたり綺麗に包装したりしますよね!? 同じような感覚でメッセージを送ることができます。

ただテキストや写真を送るのではなく、隠すことによって特別な演出を加えることが可能です。受信者はスワイプすることにより開封することができます。

背景アニメーションを追加できる

アニメーション追加
アニメーション追加

スクリーンいっぱいに広がる背景アニメーションをメッセージに追加することができます。
この背景アニメーション効果で、単なる横並びの文字がより臨場感あるメッセージに仕上がります。

ステッカーが貼れる

メッセージ上にステッカー
メッセージ上にステッカー

ステッカーは、LINEアプリでいうスタンプの進化版のようなもの。スタンプはタイムライン上の流れに沿って貼り付けることしかできませんが、ステッカーでは、通常のスタンプのように使える他、メッセージ上や画像上に任意の場所に自由に貼りつけることができるのが特徴です。

文字をタップすると絵文字に置き換え

タップで絵文字変換
タップで絵文字変換

絵文字は気持ちを手軽に可愛く伝えることができますが、都度入力するのは絵文字と文字の間で入力切替を行う必要もあり、少し手間に感じることもあります。

新機能では入力した文字部分をタップするだけで絵文字に置き換えることができます。
これで手軽で簡単にカワイイ文章を作ることができますね。

マップアプリがもっと使いやすく!

マップアプリ
マップアプリ

Apple純正アプリの1つである「マップ」アプリがこれまでと比較し、よりスマートなナビゲーションや周辺検索ができるようになり、さらに使いやすくなりました。

自分が行きそうな場所と最短経路を提案

場所と最短経路を自動提案
場所と最短経路を自動提案

マップアプリを使って検索した履歴・よく使う項目・連絡先で登録している自宅や職場情報・カレンダーやリマインダーに登録しているイベント情報などから、ユーザー自身が行きそうな場所をマップアプリが自動で判断しその最短経路を自動で提案してくれます。

「初めて行った出先で急に自宅や職場に帰らなくてはいけなくなった」という状況でもいちいち検索することなく、ワンタップで最短経路をナビゲーション設定することができるのでとても便利です。

アプリ間連携でお店の予約もスムーズに

マップアプリでお店の予約も可能
マップアプリでお店の予約も可能

例えば、行ったことのないレストランで外食しようとすると、まずマップアプリで検索して場所をチェックしてから、今度はブラウザでお店の情報を調べてネットまたは電話をかけて予約をする、といういくつかの手順を踏むことがあると思います。

iOS 10のマップアプリでは、アプリ間の連携機能を使うことにより、アプリを切り替えることなく、地図検索したマップアプリ上でそのままお店の予約をすることが可能です。

周辺スポットも簡単に検索

周辺スポット検索
周辺スポット検索

「ドライブ中にガソリンがなくなりそう」「ちょっとコーヒーを飲みたい」「近くにレストランは!?」といった場面に遭遇したことはないでしょうか。

土地勘のない場所では、周辺スポット検索は大変重宝します。iOS 10のマップアプリでは、経路に沿って周辺スポットを簡単に賢く検索することができます。余計にかかる時間も表示されるので予定をしっかりと把握できますね。

駅での乗り換え検索も可能に

駅での乗り換え検索
駅での乗り換え検索

これまで駅での乗り換え検索や運賃比較は、米国などの一部地域でのみ対応していましたが、ようやく日本にもこの機能が上陸。不慣れな大規模ターミナルでの乗り換えもマップアプリ1つあれば、アプリを切り替えることなくシームレスに検索できナビゲートしてくれるのでとても便利。

様々なアプリでSiriが使えるように

音声検索でなにかと便利な「Siri」

これまでSiriはアップルの純正アプリ間でのみ連携機能が働き、Siriで検索すればSafariが使用され、メッセージを送ろうとすればデフォルトのメールアプリまたはメッセージアプリが起動されるといった具合でした。
iOS 10では、サードパーティー製アプリにSiriが対応します。

サードパーティー製アプリに対応するSiri
サードパーティー製アプリに対応するSiri

公式発表はまだありませんが、例えばSiriに指示をして「LINE」でメッセージを送れたり、Facebookに投稿できたりするかもしれません。Siriを使ってTwitterでツイートできる機能があってもいいですね。

サードパーティー製アプリに開発システムがオープン化されたことにより、音声アシスタントSiriの可能性は無限大に広がります。続々と対応アプリが増えると思われるので今後が楽しみです。

写真アプリで簡単にスライドショーを作成できる

iOS 10の写真アプリ
iOS 10の写真アプリ

旅行先で撮影した思い出の写真・子供のかわいらしい動画などiPhoneの中には素敵な写真や動画で埋め尽くされていると思います。

それらの思い出を存分に楽しむことができ、仲間内で共有できるのがスライドショーです。
スライドショーというと何だか手間がかかるようなイメージがありませんか!?
使う素材を選んで、別のアプリを使ってトリミング、並び替え、動画編集をしてようやく完成。1つのスライドショーを作成するのに相当な労力を使います。

新機能「メモリー」
新機能「メモリー」

iOS 10の写真アプリの新機能「メモリー」を使用すれば、こんな面倒は一切入りません。写真アプリがイベントごとに写真や動画を自動で識別し、ほぼ数回のタップで音楽付きのスライドショーを簡単に作成することができます。

スライドショーは多様なテイストに仕上げ
スライドショーは多様なテイストに仕上げ

スライドショーは1種類ではありません。
「ドリーミー」「センチメンタル」「ハッピー」などスライドショーを10種類の仕上がりテイストから選ぶことが可能。さらに長さも「短編」「中編」「長編」の3種類が存在し、お好みの長さで作成することができます。

面倒な編集作業も一切なく、ハイクオリティなスライドショーを一瞬で作成することができます。仲間同士集まり楽しんだイベント終了後すぐに作成してシェアすれば、より一層楽しむことができ、楽しい思い出が蘇りますね。

UIが美しく、操作性も向上

「大きく、大胆に、美しく」がテーマのiOS 10。
持ちあげるとスリープが解除されるほか、ロック画面から右にスワイプするとすぐにカメラが起動、ロック画面の通知がリッチ表示に対応、コントロールセンターのUIの刷新されるなど操作性が大きく向上しています。

iPhoneを持ち上げるとスリープ解除

iPhoneを持ち上げるとスリープ解除
iPhoneを持ち上げるとスリープ解除

これまで画面暗転しているiPhoneをスリープ解除するためには、iPhoneを手に持った後に電源ボタンまたはホームボタンを1度押す必要がありました。

iOS 10では、iPhoneを手に持った瞬間にスリープ状態が解除され、即座に通知を確認することができます。いちいちボタンを押さなくても手に持つだけで簡単に通知確認できるので、毎日の利用にとても便利です。

ロック画面の通知がリッチ表示に

通知がリッチ表示
通知がリッチ表示

シンプルにテキストのみで構成されているものがこれまで多かった通知ですが、新たにiOS 10ではリッチ表示に対応しています。アプリによっては通知上で動画ハイライトを確認できるなど、リッチ通知になることにより情報性が豊かになっています。

コントロールセンターのUIが刷新

コントロールセンターのUIが刷新
コントロールセンターのUIが刷新

Wi-FiやBluetoothのON/OFFや機内モードの切替、画面照度や音量などあらゆる設定が集約されているコントロールセンターがさらに使いやすくなりました。

表示やアイコンが大きくなり、操作がとてもしやすいです。体感的にはボタンの大きさがほぼ倍くらいになっている感じがします。1ページに集約されていた画面も、スワイプすることにより2画面に増え、その分ゆとりを持った表示になっています。本当に見やすいです。

まとめ

今回紹介した項目以外にも「iOS 10」では進化した新機能がまだまだあります。iPhoneで家の照明や空調など家電を制御できるアプリ「Home」もその1つです。

現状としてはHomeに対応した家電は少ないですが、市場が拡大し今後増えることに期待したいです。ミュージックアプリのUIも刷新され文字表示がより大きく視認性の高いものとなっています。

実際にiOS 10beta版を使用してみて、印象的に感じたことは下記の3点です。

・iMessegeの進化が凄まじい
・写真アプリの自動作成スライドショーが便利
・文字もアイコン表示も大きく画面操作がしやすい

現状、日本国内ではテキストメッセージのやりとりはLINEが断トツなシェアを誇っていますが、「iMessage」の進化は凄まじいものがあります。日本ではiPhoneユーザーが多いですから、今回のアップデートにより今後のメッセージアプリ利用シェアがもしかしたら変わるかもしれません。

これまでで最も大型なアップデートとされている「iOS 10」。
操作性が大きく向上し、毎日のiPhone生活がより便利になる機能が満載です。今秋のリリースに大きく期待したいと思います。

iPhoneの便利な使い方もチェック

  • iPhoneの使い方

    iPhoneの便利な使い方
    こちらのリンクから「iPhoneの便利な使い方」をチェックできます。初期設定や活用術など、iPhoneユーザーの方はぜひチェックしてみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。