LINEモバイル契約の流れと申し込みの手順、年齢認証の方法を解説!

書いた人: 奥野大児

カテゴリ: LINEの使い方, ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEモバイル契約の流れと申し込みの手順、年齢認証の方法を解説!

2016年9月からサービス開始したLINEモバイル(LINE MOBILE)。LINEをはじめ、Twitter・Facebookの基本的な利用が使い放題(データ通信が無料)になり、SNSを多用するユーザーには嬉しいプランの登場です。使用回線はNTTドコモで、ナノSIM、マイクロSIM、標準SIMまで3種類のカードサイズを選べます。

家族間や恋人同士の連絡手段としてLINEがメインの方は通信費を抑えられそうです。

そんなLINEモバイルですが、現時点では店頭での手続きが出来ず、オンラインだけの申込となっています。ネットでの契約が苦手という方もいると思うので、ここではLINEモバイルの契約・申し込みから初期設定に至るまで、LINEモバイルを使うための手順をきっちり解説いたします。

サービスの詳細はこちら:

LINEが使い放題、月額500円?の「LINEモバイル」がついにサービス開始

目次:

LINEモバイルのプランを選ぼう

LINEモバイルには大きく2つの料金プランがあります。月額500円でLINEの通話・トークが使い放題の「LINEフリー」と、高速データ通信が最大10GBまで選択できTwitterやFacebookも使い放題となる「コミュニケーションフリー」です。

主な特徴は以下の通り。

LINEフリープランの料金表
高速通信容量 データ通信のみ データ通信+SMS データ通信+音声
1GB 500円/月 620円/月 1,200円/月

●主なカウントフリーの対象(高速データ通信が無料になるもの)

  • テキスト・音声メッセージの送受信
  • スタンプ・画像・動画などの送受信
  • 通話・ビデオ通話
  • タイムラインでの画面閲覧・投稿(画像・動画)
  • スタンプ・着せ替えのダウンロード
  • 友だち一覧の表示や友だちの追加

※外部リンクへの接続やライブストリーミングはカウントフリーの対象外

LINEフリーは機能をかなり限定したプランです。高速通信容量は1GBのみで、データ通信だけの場合500円/月、SMSや音声通話のオプションを付けると1,200円/月になります。

友だちとのトークはもちろん、タイムラインの閲覧やスタンプの送受信などは高速データ通信にカウントされません。そのため、高速通信容量はLINEのコミュニケーション以外で使用されます。SNSはほとんどLINEだけ、あとはほんの少ししかデータ通信を行わないというライトユーザーにおすすめなプランです。

小さなお子さんにスマホデビューさせるために契約するなどでは良いかもしれませんね。

コミュニケーションフリープランの特徴
容量 データ通信のみ データ通信+SMS データ通信+音声
3GB なし 1,110円/月 1,690円/月
5GB なし 1,640円/月 2,220円/月
7GB なし 2,300円/月 2,880円/月
10GB なし 2,640円/月 3,220円/月

●主なカウントフリーの対象(高速データ通信が無料になるもの)
▼Twitter

  • タイムラインの表示・投稿(画像・動画)
  • ホーム・ニュース・通知
  • DM
  • プロフィールの編集

▼Facebook

  • タイムライン・ニュースフィードの表示・投稿(画像・動画)
  • リクエストやお知らせ画面表示
  • プロフィール編集

+LINEフリープランのカウントフリー

※外部リンクへの接続やライブストリーミング、FacebookのMessengerはカウントフリー対象外

3GB・5GB・7GB・10GBの高速データ通信量を設け、SMSや音声通話の有無を選べるプランです。一般的な格安SIMと似ています。

高速データ通信にカウントしない通信のことをLINEモバイルでは「カウントフリー」と呼び、LINEのトークやタイムラインの利用だけでなく、TwitterやFacebookのタイムラインもカウントフリーとなるのが特徴です。
データ通信量を使い切ったあとでも、カウントフリー対応の通信に関しては高速でアクセスできるのもポイントです。

余ったデータ通信量をプレゼントすることができるので、家族での利用にも向いているでしょう。高速データ通信の多い月と少ない月を上手に管理できるようお父さんやお母さんがデータ通信量を多めに契約しておき、必要に応じてお子さんに渡すといったこともできますね。

LINEモバイルの申し込み手順

2016年9月時点、LINEモバイルはインターネット経由でのみ申し込みを受け付けています。運転免許証などの公的な書類が必要ですが、スマホから申し込むとカメラで撮影してアップロードできるので契約がスムーズに進みます。この記事でもスマホの画面を参考にしながら申込手順を進めます。

なお、LINEモバイルの支払い方法はクレジットカードもしくはLINE Payです。口座振替やコンビニ払いはできませんのでご注意ください。

※画面イメージはSIMフリーのiPhone 6s Plusで、ブラウザはChromeを使用しています。

1)まずは「LINEモバイル」のサイトへアクセスし、画面下の「申し込み」をタップします。

サイトへアクセスし「申し込み」をタップサイトへアクセスし「申し込み」をタップ

サイトへアクセスし「申し込み」をタップ

2)「お申し込み前の確認」画面に移ります。内容を良く読み、「上記事項に同意のうえ申込」をタップします。

注意事項を良く読んで申込ボタンをタップ

注意事項を良く読んで申込ボタンをタップ

3)「端末とセット」か「SIMカードのみ」を選びます。ここではSIMカードのみ購入してみます。

「SIMカードのみ」をタップ。文字の背景が緑色になった

「SIMカードのみ」をタップ。文字の背景が緑色になった

4)前述した2つのプランから選択します。ここでは「コミュニケーションフリー」の3GBを選びました。

「コミュニケーションフリー」の「3GB」を選択「コミュニケーションフリー」の「3GB」を選択

「コミュニケーションフリー」の「3GB」を選択

5)「データ+SMS」もしくは「データ+SMS+音声通話」を選択します。「データ+SMS」を選択しました。

「データ+SMS」を選択

「データ+SMS」を選択

6)SIMカードのサイズを選択します。iPhone 7 でも使用できる最も小さいナノSIMを選択しました。

SIMカードのサイズはナノSIMを選択

SIMカードのサイズはナノSIMを選択

7)更に下に進むと、選択した内容を確認できます。問題なければ「次へ進む」をタップします。

選択に間違いがないか確認して「次へ進む」をタップ

選択に間違いがないか確認して「次へ進む」をタップ

8)「お客様情報の入力」画面です。氏名、カタカナ、性別、生年月日、郵便番号や住所、電話番号やメールアドレスを入力します。その他、お知らせメールの受信設定や契約内容の交付方法などを選択します。

個人情報やメールの受信設定などを入力・選択個人情報やメールの受信設定などを入力・選択

個人情報やメールの受信設定などを入力・選択

9)規約の同意にすべてチェックしたら「次へ進む」をタップします。

規約にチェックを入れて「次へ進む」をタップ規約にチェックを入れて「次へ進む」をタップ

規約にチェックを入れて「次へ進む」をタップ

10)本人確認のメール送信のメッセージが出ます。メールが届いているか確認しましょう。

メールを確認

メールを確認

11)メールに書いてあるURLをタップし、処理を進めます

URLをタップして処理を継続

URLをタップして処理を継続

12)本人確認書類の登録画面です。画面下の「+ここをクリックしてアップロード」を選択し、カメラの起動、もしくは既に撮影した写真を選択してアップロードします。

撮影もしくは撮影データの選択で、身分証明書を選択撮影もしくは撮影データの選択で、身分証明書を選択

撮影もしくは撮影データの選択で、身分証明書を選択
「次へ進む」をタップ

「次へ進む」をタップ

13)支払い情報を選択します。ここではクレジットカード(VISA)で支払い情報を登録しました。

「支払い方法を選択>」を選択し、クレジットカードかLINE Payかを選択「支払い方法を選択>」を選択し、クレジットカードかLINE Payかを選択

「支払い方法を選択>」を選択し、クレジットカードかLINE Payかを選択

14)クレジットカードを入力し「登録する」ボタンを押します。

セキュリティコードまで含めてカード情報を入力し次へ進むセキュリティコードまで含めてカード情報を入力し次へ進む

セキュリティコードまで含めてカード情報を入力し次へ進む

15)登録の最後のボタンをタップします

「次へ」をタップ

「次へ」をタップ

16)Webで利用状況を確認したりプラン変更をしたりするための、Myページ用アカウントの設定をします。

Myページ用アカウントとパスワードを指定して「次へ進む」をタップ

Myページ用アカウントとパスワードを指定して「次へ進む」をタップ

17)最終確認の画面が出てくるので、すべて確認して「申し込む」をタップします。これで申し込み完了!お疲れ様でした!

すべての内容を確認して「申し込む」をタップすべての内容を確認して「申し込む」をタップ

すべての内容を確認して「申し込む」をタップ

申し込み内容が問題なければ、数日後にLINEモバイルのSIMが到着します。

LINEモバイルの初期設定

後日送られてくるパッケージはグレーでシンプルなものです。

LINEモバイル

SIMカードを取り出してスマホにセットし、ここからはLINEモバイルを使うための初期設定を行います。

▼Androidの初期設定
▼iPhoneの初期設定

Androidでの初期設定

※ここではGalaxy S7 edge SC-02Hを使用しています

Androidのスマートフォンを使った設定手順です。まずは設定アプリを開き「モバイルネットワーク」を選択します。

「モバイルネットワーク」を選択

「モバイルネットワーク」を選択

「APN」を選択します。APNとはAccess Point Nameのことで、インターネットの接続先のこと。これを「LINEモバイル」用に設定します。

「APN」を選択

「APN」を選択

APNの新規追加で、LINEモバイルのAPN情報を入力します。項目はさまざまありますが、入力や選択が必要なのは「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証」の4つのみ。以下のように設定します。

●設定が必要な項目
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証:PAPまたはCHAP

設定したら「保存」をして登録したAPNを選択すれば完了です。より詳しい解説は以下の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

参照:

Androidスマートフォンを使った格安SIMのAPN設定ガイド

iPhoneでの初期設定

※iPhone 6s Plus(iOS10)を使用しています

iPhoneで格安SIMを利用する場合、「プロファイル」をインストール必要があります。もしほかの格安SIMのプロファイルをインストールしている場合は削除が必要です。そのプロファイルを設定アプリから「一般」→「プロファイル」を経由して削除してください。

ほかの格安SIM用プロファイルがある場合、事前に削除しておく

ほかの格安SIM用プロファイルがある場合、事前に削除しておく

ではiPhoneで設定を行っていきます。Wi-Fi環境下で行いましょう。
まず「LINEモバイルのサイト」に接続してAPN用のプロファイルをダウンロードします。このとき、ブラウザは必ず「Safari」を使用してください。

インストールをタップ

アクセスすると、いきなりインストール画面になるので、右上の「インストール」をタップ

iPhoneに設定しているパスワードを入力し、「インストール」をタップします。

パスワードを入力し、右上の「インストール」をタップパスワードを入力し、右上の「インストール」をタップ

パスワードを入力し、右上の「インストール」をタップ

これでAPNの設定は完了、iPhoneでの設定は以上です。

より詳しい解説は以下の記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

参照:

iPhoneを使った格安SIMのAPN設定方法ガイド

これでAndroid、iPhoneそれぞれでLINEモバイルの初期設定が完了です。アンテナが立ち、ネットが接続できるようになりました。もしなかなか接続できない場合は端末の再起動を試してみましょう。

LINEの年齢認証を行う

LINEモバイルの大きな特徴のひとつは、格安SIMで唯一LINEの年齢認証ができるということです。これにより、「格安SIMではLINEのID検索が出来ない」というデメリットが解消されます。

詳しくはこちら:

格安SIMでLINEを使うために!知っておきたい7つの注意点や対処法

年齢認証には事前に利用コードの発行が必要です。LINEモバイルのWebサイトにログインし、マイページから確認します。利用コードが表示されたら大文字・小文字、ハイフンを含めてすべて記録しておきましょう。タップすればコピーもできます。

利用コード

まず、利用コードをメモしておく。タップすることでコピーもできる

Androidでの設定手順

これまで認証ができなかった別の格安SIMからLINEモバイルに切り替えた、という前提で設定手順を解説します。

プロフィール設定の画面から「IDによる友だち追加を許可」にチェックを入れます。

「IDによる友だち追加を許可」をタップ

「IDによる友だち追加を許可」をタップ

ここで年齢認証の画面が出てきます。「LINEモバイルをご契約の方」をタップし、先ほどメモをした利用コードを入力します。

「LINEモバイルをご契約の方」をタップし利用コードを入力「LINEモバイルをご契約の方」をタップし利用コードを入力

「LINEモバイルをご契約の方」をタップし利用コードを入力

年齢確認の画面で緑色の「通知を許可する」を選択します。すると「IDによる友だち追加を許可」にチェックが入り、IDによる検索が可能となります。

「通知を許可する」をタップすれば完了「通知を許可する」をタップすれば完了

「通知を許可する」をタップすれば完了

iPhoneでの設定手順

新規にLINEをインストールしたと仮定して設定してみます。「新規登録」を選択して認証画面を表示します。

「新規登録」をタップした場合の手順

「新規登録」をタップした場合の手順

画面にしたがってLINEの初期登録を進めたら「年齢確認」の画面が表示されます。ここでAndroid同様、「LINEモバイルをご契約の方」をタップして、メモしておいた利用コードを入力します。

「LINEモバイルをご契約の方」をタップし、利用コードを入力

「LINEモバイルをご契約の方」をタップし、利用コードを入力

確認画面から、緑の「通知を許可する」をタップします。

「通知を許可する」をタップ

「通知を許可する」をタップ

これで年齢認証が完了、iPhoneでもIDによる検索が許可されました。

さいごに:公式の「LINE MOBILE」と友だちになろう

現時点インターネット経由での申込みに限られており、スマホで公的機関の身分証明書の写真を撮影してアップロード、という過程が含まれています。どうしても気がかりな人は、店舗での販売開始に期待しましょう。

また、利用者同士で高速データ通信量を分け合うなどLINEモバイルの機能をフルに活用するためには、公式ユーザーであるLINE MOBILEと友だちになる必要があります。友だちになって初めて実質的にLINEモバイルが使える様になります。

LINEモバイル公式アカウント」のページ へアクセスし、LINE MOBILE公式ユーザーと友だちになっておきましょう。

公式の「LINE MOBILE」と友だちになろう公式の「LINE MOBILE」と友だちになろう
公式の「LINE MOBILE」と友だちになろう公式の「LINE MOBILE」と友だちになろう

これでLINEモバイルをフルに活用することが出来ますよ!

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ライター・ブロガー・イベント主催・運営をやっているフリーランス。iPhone、iPad、Galaxy S5、Xperia Z Ultra、Surface Pro 3を所有しているガジェット好きです。ノンジャンルブログ「明日やります」を運営中。