gooのスマホ「g06」を快適に使うために押さえておきたい7つの設定・使い方

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
gooのスマホ「g06」を快適に使うために押さえておきたい7つの設定・使い方

gooSimsellerで販売している手のひらサイズのコンパクトスマートフォン「g06」。価格が7,800円(税抜き)という安さから、SIMフリースマートフォンデビューを「g06」でした人もいるでしょう。
この記事ではそんな、コンパクトなスマートフォン「g06」を最高な環境で使いこなす為の応用設定から初心者が知りたい入門設定など、7つ紹介していきます。

g06の詳細レビューはこちら:

gooのスマホ「g06」をレビュー!4インチのコンパクトスマートフォンはサブ機としてオススメ!

目次:

1. まずはAPN情報を設定しよう

SIMフリースマートフォンを手にしたら、まずはAPN情報を設定しモバイル通信を出来るようにしなければなりません。

SIMカードを挿入

SIMカードを挿入する為に、本体の電源を切り、バックカバーを外す必要があります。バックカバーを外すとバッテリーの姿が現れるので、このバッテリーも取り外します。ここで初めてSIMカードを挿入することが出来ます。SIMサイズはmicro SIMです。SIMトレイが2つあるので、メインで使うSIMカードをSIM1に挿入します。

赤四角で囲んだ「SIM1」に挿入
赤四角で囲んだ「SIM1」に挿入

これでSIMカードの挿入はバッチリです。

電源を入れてAPN情報を設定

SIMカード挿入ステップを終えたら、バッテリーやバックカバーを元の状態に戻し、電源を入れます。起動が完了するとホーム画面を動かせるようになるので、ここでアプリを一括で収納するスペース「ドロワー」をタップします。

ドロワーをタップ
ドロワーをタップ

ドロワーを無事に開いた後「APN設定」と呼ばれるアプリケーションがあるので、このアプリをタップします。

「APN設定」をタップ
「APN設定」をタップ

APN設定を起動したら、契約したSIMカードのサービス名を確認します。確認し、サービス名から見つけることが出来たら、該当するサービス名を中心に持っていきましょう。その後、右上の「保存」をタップしてAPN情報の設定は完了します。

SIMサービス名を中心に合わせ、保存
SIMサービス名を中心に合わせ、保存

自分の契約しているSIMサービスがなかった場合は、手動でAPN設定をする必要があります。詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

手動でAPN設定をする場合はこちら:

Androidスマートフォンを使った格安SIMのAPN設定ガイド

2. バッテリー消費を抑える「バッテリーセーバー」を有効に

スマートフォンとバッテリーは切っても切れない関係です。少しでもバッテリーの持続時間を伸ばす為にも、「バッテリーセーバー」の設定は有効にするのがおすすめです。

まず、ドロワーを開いた後、「設定」と呼ばれるアプリケーションを起動し、設定画面を移行します。

設定のアイコン
設定のアイコン

設定をスクロールしていく途中、「電池」と呼ばれる項目が登場します。この電池をタップし、バッテリー使用詳細に移行した画面の右上にある、「●ポチ」が縦に3つ並んだアイコンをタップします。そこから表示されるメニューの中の「バッテリーセーバー」を選択します。

画面右上の●ポチをタップしバッテリーセーバーを選択する画面右上の●ポチをタップしバッテリーセーバーを選択する
画面右上の●ポチをタップしバッテリーセーバーを選択する

バッテリーセーバーは電池残量が規定値になった時に、バッテリーを長持ちさせるため、パフォーマンスを抑え、ヴァイブレーション、位置情報サービス、大半のバックグラウンドデータを制限し、バッテリーの消費を抑える事が出来ます。通常、この設定はオフになっているため、ご自身で設定しなければいけません。ということで、これを自動でオンになるようにしておきましょう。

電池残量を15%にするのがおすすめ
電池残量を15%にするのがおすすめ

3. 画像をもっとキレイに表示出来るモードを設定しよう

g06にはMediaTek製のCPUが搭載しています。このMediaTek製のCPUの多くは写真の表示を自分好みに設定出来ます。これを「MiraVision」と呼んでいます。この「MiraVision」はリアルタイムで写真のコントラストや明るさを反映することが出来ます。せっかく撮影した写真ですから、最大まできれいに魅せたいですよね。

まずは、設定画面まで移動し、ディスプレイの項目をタップします。

設定方法の順番は【ドロワー】→【設定】→【ディスプレイ】です。

ディスプレイの設定項目の一番上に「MiraVision」と呼ばれる機能があるので、それをタップします。

MiraVisionをタップ
MiraVisionをタップ

本当に多くの設定が出来る「MiraVision」は、この記事では紹介しきれないほど多機能です。設定が面倒くさい方には「モード」から「鮮やかな」に設定しましょう。ユーザー自身でカスタマイズしたい場合は「ユーザーモード」から自分好みにカスタマイズしてみると良いでしょう。

MiraVisionの画面
MiraVisionの画面。細かい設定が面倒な方は、ここで「鮮やかな」を選択しましょう
ユーザーモードで画面のコントラストを調整できる
ユーザーモードで画面のコントラストを調整できる
写真の輝度も調整できます
写真の輝度も調整できます

4. ターボモードで快適にアプリをダウンロードしよう

最近のスマートフォンには「ターボダウンロード」と呼ばれる機能が搭載しています。この機能はモバイル通信とWi-Fi通信が協力してアプリケーションをダウンロードする機能で、通常よりも高速でアプリケーションをダウンロード出来ます。

注意点はモバイル通信のデータ制限です。データ制限にかかってしまうと元も子もなくなってしまうので、時間が無く急ぎの用事でどうしてもアプリケーションが必要となった場合などに有効にすると効率的かも知れませんね。

設定方法は、【ドロワー】→【設定】→【ターボダウンロード】の順で進んでいきます。

ターボダウンロードは通常はオフになっているので、これをオンにすることで有効化します。

ターボダウンロード画面
ターボダウンロード画面

5. 画面にロックをかけよう

スマートフォンの設定項目の中で大切な事があります。それは、スマートフォンのロックです。スマートフォンにロックをかけなければ、紛失してしまったときプライバシーが筒抜けになってしまいます。大事な個人情報を守るため、スマートフォンにロックをかけましょう。

設定方法は【ドロワー】→【設定】→【セキュリティ】の順で選択します。

セキュリティ画面から「画面ロック」と呼ばれる項目があるので、そこから自分好みのロック解除方法を設定しましょう。

画面ロックを選択
ここはお好みで

途中通知の表示方法の選択を迫られますが、「全ての通知を表示」にしてしまうと、LINEのメッセージなど、文字通り全てが表示されるので、しっかりと確認しましょう。

関連記事:

Androidスマートフォンで画面ロック(自動ロック)を設定する方法

6. 音楽を快適に聴く設定をしよう

スマートフォンは電話をする、インターネットをする以外にも音楽が聴けます。g06には音楽を聴く方にとって嬉しい「BesSurround」や「BesAudEnh」「BesLoundness」が搭載しています。これを有効にするだけでも違いが生まれるので、ぜひ設定してほしいところです。

設定方法は【ドロワー】→【設定】→【音と通知】と順番に選択します。

「音と通知」の項目をスクロールし、下へ進むと「音声強化」と呼ばれる機能が現れます。これをタップし、「BesAudEnh」「BesLoundness」と有効にします。

音声強化をタップ
音声強化をタップ
「BesAudEnh」「BesLoundness」を有効に
「BesAudEnh」「BesLoundness」を有効に

「BesAudEnh」はイヤホンから聴こえる音を、「BesLoundness」はg06本体から出るスピーカーの音を強化します。

「BesSurround」は上記2つの総合的な強化を行うもので、「動画モード」か「音楽モード」を選べます。これは状況に応じて設定を変更すると良いでしょう。

状況に応じて設定を
状況に応じて設定を

7. ブラウジングをセキュアにしよう

g06にはプリインストールされているブラウザアプリをセキュアに使用出来る「セキュアWebブラウジング」機能が搭載しています。これはAndroidのユーザー補助を使って有効化するもので、悪意のあるウェブサイトを閲覧前にスキャンを行い、事前にブロックすることが出来ます。ウィルスの危険性が多くなった今だからこそ、設定しておきたい項目ですね。

設定方法は、【ドロワー】→【設定】→【ユーザー補助】と進みます。

ユーザー補助の一番上
ユーザー補助の一番上
セキュア WebブラウジングをONにする
セキュア Web ブラウジングの設定を有効にします

まとめ

APN情報設定から奥まで探らないと見つけることが出来ない「セキュアWebブラウジング」など、7つの設定方法について紹介しました。

設定画面をみていると、音楽を聴くのにも最適であることも分かりましたし、本来の目的とプラスαで使い道が増えるかも知れませんね。

今回紹介した設定をぜひ押さえていただき、快適なg06ライフをお迎え下さい。

g06の詳細レビューはこちら:

gooのスマホ「g06」をレビュー!4インチのコンパクトスマートフォンはサブ機としてオススメ!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ガジェットギークを運営している。 商業・個人のメディアサイトや雑誌にも寄稿経験があるライター。 Twitter:@ggeek4