iPhoneでBluetoothヘッドホン、Bluetoothイヤホンを使用するための設定方法

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: iPhone, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneでBluetoothヘッドホン、Bluetoothイヤホンを使用するための設定方法

2016年9月16日にAppleから発売された同社iPhone(アイフォーン)シリーズの最新モデルとなるiPhone 7/iPhone 7 Plus。

今作では本体が待望の防塵防水仕様になった一方、ホームボタンが物理式からセンサー式へ変更、内蔵スピーカーがステレオタイプに変更されるなど、大きく変化しているポイントが見られます。

そしてその中でも、多くのユーザーにとって特に大きな影響を与えているものといえば、ヘッドホンジャックの廃止ではないかと思います。

今作ではiPhone本体に付属する純正ヘッドホン「EarPods」のコネクタがLigntningコネクタへと変更され、また従来の3.5mmヘッドホンジャックをLightningコネクタに変換するアダプターが同梱。また10月下旬には純正のワイヤレスヘッドホン「AirPods」の発売も予定されています。

こういった流れを受けてBluetoothヘッドホン(イヤホン含む)への買い替えを検討してみようか?という人もいることでしょう。そこで今回はiPhoneにBluetoothヘッドホンを接続して使用するための設定方法を説明していきます。

目次:

iPhoneのBluetoothの設定画面はココ

まずはじめにヘッドホン以外を含むBluetooth機器をiPhoneと接続するための設定画面の場所から確認しておきます。

ホーム画面より【設定】をタップ。

まずは【設定】を開く
まずは【設定】を開く

そして設定画面から【Bluetooth】の項目を探します。

設定画面の上から3番めに並ぶ【Bluetooth】の項目
設定画面の上から3番めに並ぶ【Bluetooth】の項目

この【Bluetooth】の項目をタップすると、Bluetooth機能の設定画面が表示されます。

iPhoneとBluetooth機器をペアリングする

続いて実際にiPhoneにBluetoothヘッドホンをペアリング(接続登録)していきましょう。なお今回は下の写真のBluetoothヘッドホンを使って説明していきます。

今回はこちらのBluetooth対応ヘッドホンで説明
今回はこちらのBluetooth対応ヘッドホンで説明

まずはじめに先ほどのBluetooth設定画面にて、Bluetoothをオンにします。

BluetoothをオンにするBluetoothをオンにする
Bluetoothをオンにする

続いて接続するヘッドホンをペアリングモードにします。一般的なBluetoothヘッドホンでは、ペアリング専用ボタンが設けられているか、電源ボタン(あるいは再生ボタン)の長押しでペアリングモードに移行できることが多いです。

イヤーカップ付近にあることが多い電源ボタン
イヤーカップ付近にあることが多い電源ボタン

今回使用するヘッドホンは電源オフの状態から電源ボタンを7~8秒ほど長押しすることで、電源オン→ペアリングモードへと移行します。

なおペアリングモードに移行した際の通知として、こちらは一般的に「ボタン側にあるランプが点滅」「普段と異なる色に点灯」「ペアリングモードに移行したことを示すメッセージがヘッドホンから再生」といった動作が組み込まれていることがほとんどです。

ランプが点滅するとともにメッセージが再生された
ランプが点滅するとともにメッセージが再生された

ヘッドホンを無事ペアリングモードにできたら、iPhone側での操作を行ないます。この際、接続するヘッドホンはなるべくiPhoneのそばに置いておき、iPhoneがヘッドホンを無線で認識しやすいようにしておくことがオススメです。

できればiPhoneとヘッドホンは近くに置いて作業したい
できればiPhoneとヘッドホンは近くに置いて作業したい

iPhoneの画面を確認してみると、Bluetoothの設定画面上に接続する機器の名前が表示されます。これをタップします。

接続した機器の名前を探してタップする
接続した機器の名前を探してタップする

すると数秒の待ち時間の後に「接続済み」と表示されるはず。これでiPhoneとBluetoothヘッドホンのペアリングが完了しました。

意外にもこれでペアリングは完了
意外にもこれでペアリングは完了

この状態で音楽を再生してみると、音がヘッドホンから聞こえてくるはずです。

なおヘッドホンをペアリングモードにした後、そこからの設定に時間をかけてしまうと、ヘッドホン側でペアリングモードが自動終了されてしまうことも。

接続エラーの場合はiPhone側にメッセージが出る
接続エラーの場合はiPhone側にメッセージが出る

この場合は再びヘッドホンをペアリングモードにして、接続を試みましょう。

iPhoneとBluetooth機器を再接続する

Bluetoothのペアリング設定については、iPhone側に「どの機器と接続したことがあるか」の情報が保存されます。そのため、改めてヘッドホンをiPhoneに接続する場合は、前述のペアリング設定を毎回行なう必要はありません

ヘッドホンの電源を入れ直した、あるいは時間を空けて再び使うといった場合は、まずBluetoothヘッドホンの電源をオンにし、iPhoneのBluetooth機能もオンにします。

この状態でiPhoneのBluetooth設定画面より、再接続したいBluetoothヘッドホンをタップしましょう。

状態が「未接続」になっていることを確認
状態が「未接続」になっていることを確認
再接続のために機器名をタップ
再接続のために機器名をタップ

これで数秒の待ち時間の後、表示が「接続済み」に変わります。

状態が「接続済み」に変わり再接続が完了
状態が「接続済み」に変わり再接続が完了

なお特に最新の機器については、iPhoneのBluetoothをオン→Bluetoothヘッドホンの電源をオンの手順で進めると、勝手に再接続を行なってくれることも多いです。

iPhoneとBluetooth機器のペアリングを解除する

ヘッドホンの買い替えなどで、ペアリングしていたBluetoothヘッドホンを使わなくなってしまった。そういった場合に行なうペアリングの解除手順も併せて確認しておきましょう。

iPhoneのBluetooth設定画面にて、ペアリングを解除したい機器名の横にある「i」マークをタップします。

機器名の横にある「i」マークをタップ
機器名の横にある「i」マークをタップ

このデバイスの登録を解除」という項目が表示されるので、これをタップ。もう一度、登録を解除してよいか確認を求められますので【デバイスの登録を解除】のボタンをタップします。

青文字をタップし、改めて登録解除をタップ青文字をタップし、改めて登録解除をタップ
青文字をタップし、改めて登録解除をタップ

するとBluetoothの設定画面に戻るとともに、下部に表示されていた機器名が消えているはずです。これでペアリングの解除は完了です。

ペアリングしていた機器名が表示されなくなった
ペアリングしていた機器名が表示されなくなった

まとめ:ヘッドホン以外でも手順は大きく変わらない基礎知識

これまで有線接続のヘッドホンに慣れ親しんできた人の中には「Bluetoothの設定はなんとなく難しそう」と不安を抱いているケースもあるかと思います。ですが実際に手順を確認してみると、たいして難しくないことが理解いただけたのではないでしょうか。

なお今回はiPhone 7/7 PlusにBluetoothヘッドホンを接続するという想定で説明してきましたが、この「iPhoneにBluetooth機器を接続する手順」は(一部の専用アプリが用意されているものを除いて)ヘッドホン以外でもそれほど大きく変わりません。

最近では小型で音もよいワイヤレススピーカー、通話音声もきれいかつハンズフリーで使用できるヘッドセットなど、多種多様なBluetooth機器が販売されています。こういった機器を使う際にも活用できる”便利な基礎知識”ともいえますので、ぜひマスターしてみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。