Huawei honor 8を徹底レビュー!ダブルレンズ搭載のカメラ性能を写真多めに評価

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Huawei honor 8を徹底レビュー!ダブルレンズ搭載のカメラ性能を写真多めに評価

最近になり、日本国内のSIMフリースマートフォン市場にフラグシップモデルなどのハイエンドモデルも投入し、より力の入れ具合が感じられるHuawei Technologies(以下、Huawei)。

そのHuawei製の最新ハイエンドモデル「honor 8(オーナー・エイト)」が、2016年9月28日よりMVNOの楽天モバイルから独占販売の形で発売されました。

価格と仕様だけでなく、デザイン性の高さやダブルレンズカメラをはじめとする搭載機能の面からもコストパフォーマンスが高く、今国内でもっとも注目されているSIMフリースマホの1つといっても過言はないでしょう。

今回はこのhonor 8の特徴や魅力を紹介していきます。

目次:

honor 8はどんな端末?スペックをおさらい

まずはじめに、honor 8がどのような端末なのか、スペックを見つつおさらいしておきましょう。

プラットフォーム Android 6.0
プロセッサー/動作周波数 Hisilicon Kirin 950(オクタコア)
画面サイズ 約5.2型/1920×1080ドット(IPS)
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 32GB
カメラ アウトカメラ:1,200万画素x2/インカメラ:800万画素
バッテリー容量 3,000mAh
サイズ 高さ145.5mmx幅71mmx厚さ7.45
質量 約153g
SIMサイズ nano SIM
カラー サファイアブルー、サンライズゴールド、パールホワイト

※より詳しい情報は楽天モバイルの製品ページおよびHuawei Japanの製品ページにてご確認いただけます。

honor 8はHuaweiのhonorシリーズにおける最新モデルで、日本では2016年9月中旬にMVNOの楽天モバイルが独占取扱いを発表しました。楽天モバイルがこれまでも取り扱ってきていたhonor 6 Plusの2世代後の後継機となります。

機能面での最大の売りとなるのが、Huawei Pシリーズのフラグシップモデル「P9」同様に搭載されたダブルレンズ構成のメインカメラ。それぞれの有効画素数は1,200万画素に抑えられていますが、2つのカメラから取り込んだ情報を合成することで、シングルレンズ構成のカメラとは異なった写真の仕上がりを楽しむことが可能です。

また仕様面でも現行のハイエンドとして謙遜無く、この内容で46,224円(税込)という端末本体価格の安さが、多くのスマホユーザーにとって魅力を感じさせる話題性にもつながっています。

外観デザインをチェック

楽天モバイルから発売中の本体カラーはパールホワイト、サファイアブルー、サンライズゴールドの3色。そんな中、今回チェックしていくのは3色中もっとも人気も高いと思われるサファイアブルー。

honor 8(本体カラー:サファイアブルー)

honor 8(本体カラー:サファイアブルー)

ボディは金属とガラスを組み合わせた設計。ディスプレイガラスは2.5D曲面ガラスを用いることで縁が丸みを帯び、そこにダイヤモンドカットを施したベゼル、緩やかにカーブしたフレームと重ねられています。

ベゼルとフレームも色味を統一

ベゼルとフレームも色味を統一

側面には右に電源キーと音量キー、下にUSB Type-C端子とイヤホンジャック、左にSIMカード/SDカードスロットを配置。

honor 8 側面(上)

側面(上)
honor 8 側面(右)

側面(右)
honor 8 側面(下)

側面(下)
honor 8 側面(左)

側面(左)

背面は15の層が織りなすマイクロパターンがなにより特徴的。光の当たり方(角度や強さ)によって浮き上がる模様が異なる独特な仕上がりになっています。

honor 8のリアパネル

honor 8のリアパネル

背面上部には異なる情報を取り込む2台のカメラ。その横にはレーザーオートフォーカス用のセンサーも並びます。

メインカメラはダブルレンズ仕様

メインカメラはダブルレンズ仕様

独特の反射を見せる背面がとにかくキレイ

honor 8の最大の特徴のひとつといえるのが、やはり、背面に用いられたマイクロパターンでしょう。

ガラスパネルを採用して光沢感を演出する機種は他社製品でも多く見受けられますが、光の当て方で見え方がギラギラと変わるこの模様はついついウットリ・ジックリと見入ってしまう魅力があります。

honor 8 背面のマイクロパターン
honor 8 背面のマイクロパターン
honor 8 背面のマイクロパターン
honor 8 背面のマイクロパターン
honor 8 背面のマイクロパターン

見る角度を変えるだけでも変わった反射具合が確認できる
honor 8 背面のマイクロパターン

より強い光を当てると細かい線のギラギラとした模様も浮かび上がる

模様の出方は本体カラーによって異なっており、もっともこのデザインを楽しめるのはサファイアブルーだと思います。筆者個人的にも、ぜひはじめて手に取るならこの本体カラーをオススメしたいところ。

扱いやすいデザイン・サイズにストレスフリーな高仕様

前面~側面~背面と全体的に丸みを帯びたデザインで指当たりが優しいhonor 8。加えて5.2インチという大きすぎないディスプレイサイズとベゼルを狭く取った設計は片手でもかなり扱いやすくなっています。

片手でも持ちやすい適度なサイズ

片手でも持ちやすい適度なサイズ

Huawei製のスマートフォンにはフローティングボタンやワンハンドUIといった「大型サイズでも片手で扱いやすくする機能」が初期搭載されていますが、このhonor 8に関しては、こういった機能の必要性をあまり感じませんでした。

持ちやすさは片手での扱いやすさにも直結!

持ちやすさは片手での扱いやすさにも直結!

ちなみに物理的に扱いやすいだけでなく、ソフトウェア面でも大きなストレスは感じません。もともと4GBという大容量のRAM(メモリ)を搭載しているhonor 8ですが、初期状態ではその半分以上が空き領域となっており、アプリを同時に多数起動しても動作は快適。

全体4GBに対して2.45GBが空きとなっていたRAM

全体4GBに対して2.45GBが空きとなっていたRAM

また搭載するプロセッサはHuaweiの子会社であるHisilicon(ハイシリコン)社製のオクタコアモデル Kirin950。実際にベンチマークテストをしてみても、同社Pシリーズのフラグシップモデル「P9」(Kirin955+RAM3GB)を超える点数を叩き出しました。

honor 8 : AnTuTu Benchmarkでのベンチマークスコア測定結果honor 8 : AnTuTu Benchmarkでのベンチマークスコア測定結果

AnTuTu Benchmarkでのベンチマークスコア測定結果

CPUだけ見てみても、現行の他社製フラグシップモデルと互角の内容。ゲームなど負荷の高い使い方も含め、日常使用で動作にストレスを感じることはほぼないのではないか、と思います。

Geekbench 4でのベンチマークスコア測定結果SINGLE-CORE結果

Geekbench 4でのベンチマークスコア測定結果(左)SINGLE-CORE結果(右)
Geekbench 4でのベンチマークスコア測定結果(MULTI-CORE)

Geekbench 4でのベンチマークスコア測定結果(MULTI-CORE)

なおホームアプリは他のHuawei製機種同様、アプリ一覧がなく、ホーム画面上にすべてのアプリアイコンが並ぶデザインです。

ホーム画面がアプリ一覧の役割を果たす

ホーム画面がアプリ一覧の役割を果たす

過去にHuawei製の機種を使った経験がある人であれば、使い方に困ることはまずないでしょう。

指紋認証は高速。機能割当もできる背面ボタンが便利

最近ではハイエンドモデル以外の機種でも目にすることがある指紋認証センサー。honor 8では背面中央に丸型の物理キーとして搭載されています。

背面に搭載された指紋認証センサー内蔵の物理キー

背面に搭載された指紋認証センサー内蔵の物理キー

指紋認証はスリープ状態から0.4秒でのロック解除を謳いますが、使ってみるとたしかに高速。特に物理キーをグッと押し込まずとも、指が触れただけでロック解除ができる「アクションを1つ減らす設計」は便利に感じる人も多いことでしょう。

またこの物理キーは指紋認証だけでなく、あらかじめ特定の機能やアプリ起動をショートカットして搭載しておくことができるスマートキーとしても機能します。設定できるアクション(操作)は3種類。

スマートキーの設定画面スマートキーの設定画面

スマートキーの設定画面
特定のアプリを起動するように設定もできる

特定のアプリを起動するように設定もできる

懐中電灯やカメラといった咄嗟の起動を求めたいものから、よく使うアプリまで。設定して操作に慣れるとかなり便利に感じます。

なお筆者が個人的に少し気になった点といえば、ボタンを押し込んだときの感触がややチープな印象があることくらいでしょうか。「カチッ」というよりも「ペコッ」といった表現が適切で、操作に対してのフィードバックをしっかり感じたい人にはやや物足りなさは感じられるかもしれません。

話題のダブルレンズカメラをとことん試す

デザインと合わせてhonor 8の最大の特徴といえるのが、ダブルレンズ構成のメインカメラでしょう。

カメラアプリの画面には左右に操作・設定ボタンがいくつか並びますが、いずれもイラストでなんとなく意味のわかるシンプルなデザインです。

カメラアプリの画面UI

カメラアプリの画面UI

撮影モードはHDRやコマ抜き(タイムラプス)といった基本的なものから、ライトペインティングやナイスフードといったHuawei独自のモードまで、同社「P9」や「honor 6 Plus」同様に多彩な内容をサポートしています。

初期状態で利用できるものだけで16種類
初期状態で利用できるものだけで16種類

初期状態で利用できるものだけで16種類

honor 8のダブルレンズは片側(カラーセンサー)で色彩情報を、もう一方(モノクロセンサー)で、被写体の陰影や輪郭情報を記録し合成することで1枚の写真を作り上げます。これによって、被写体の細かなディテールや色彩を再現できる点がダブルレンズならではの魅力です。

なおモノクロセンサーのほうは指で塞いでみても、写真の撮影が可能。試しにシングルレンズ(カラーのみ)とダブルレンズ(カラー+モノクロ)で同じ被写体を撮影してみました。

シングルレンズで撮影した写真

シングルレンズで撮影した写真
ダブルレンズで撮影した写真

ダブルレンズで撮影した写真

よく見比べてみると、後者のほうが葉っぱや葉脈の輪郭がよりくっきりと映っている印象を受けます。リサイズしてしまうと差は分からないかな?と思いましたが、意外と違いははっきりわかるものです。

なお誤って気づかぬうちにモノクロセンサー側のレンズを指で塞いでしまっていた、なんてことを防ぐため、そちら側のレンズが隠れていると画面上に確認のメッセージが表示されます。

モノクロセンサー側だけを塞ぐと画面表示は変わらないがメッセージが出る

モノクロセンサー側だけを塞ぐと画面表示は変わらないがメッセージが出る

レンズの位置は背面の端になっているため、筆者もはじめのうちは持つ手の指がレンズに被さるケースがありました。カメラの機能をより楽しむ意味でも、こういった細かな配慮は嬉しく感じました。

では、ここからは実際にhonor 8のカメラで撮った撮影例を紹介していきます。写真はいずれもリサイズ加工のみ施したものとなっています。

通常撮影

オートモードで撮影:HDRは使わずに撮影

昼間の仙台・定禅寺通り。HDRは使っていないが木の表面まで確認できる
オートモードで撮影:モノクロ撮影にしても輪郭やコントラストが綺麗に出る

モノクロ撮影にしても輪郭やコントラストが綺麗に出る
オートモードで撮影:スナップ撮影でも発色よく撮れる

スナップ撮影でも発色よく撮れる
オートモードで撮影:遠くの格子や窓枠まで細かく記録できている

遠くの格子や窓枠まで細かく記録できている
オートモードで撮影:夜の時間帯でも簡単・綺麗に記録しやすい印象

夜の時間帯でも簡単・綺麗に記録しやすい印象

オートモードで適当にパシャパシャと撮影してみても、簡単かつ綺麗に撮影できる印象がとても強く感じられました。露出の調整もフォーカスを合わせた後に表示される操作バーで容易に変更でき、初心者でも扱いやすいと思います。

HDR合成

HDR合成オフで撮影:明るさもよく綺麗に撮れている

HDR合成オフで撮影。明るさもよく綺麗に撮れている
HDR合成オンで撮影:全体的に暗くなったが、雲の模様はよりはっきりした

HDR合成オンで撮影。全体的に暗くなったが、雲の模様はよりはっきりした
HDR合成オフで撮影:木の枝葉は完全に黒く潰れてしまった

HDR合成オフで撮影。木の枝葉は完全に黒く潰れてしまった
HDR合成オンで撮影:HDR合成オフの場合と大きく変化は見られない

HDR合成オンで撮影。HDR合成オフの場合と大きく変化は見られない

HDR(ハイダイナミックレンジ)合成は場面によって、効果がはっきり出る・出ないがわかれた印象。特に完全な逆光の環境で撮影した場合は効果があまり感じられなかったように思います。

ただし例えば3・4枚目の写真でいえば、HDR合成オフの場合でもビルの窓などはディテールをしっかりと視認可能。このあたりはダブルレンズならではの効果がでているのかもしれません。

なおHDR合成はほぼリアルタイムで行われるため、手ブレはかなり起きにくく感じました。

ワイドアパーチャモード

ダブルレンズカメラによる恩恵(機能)のひとつとなるのがワイドアパチャー。2つのレンズを活用することで被写界深度を擬似的に調整し、実質F0.95~16という幅広い絞りで背景ぼかしが楽しめます

F16でブロンズ像を撮影

F16でブロンズ像を撮影
F4でブロンズ像を撮影。背景の枝葉が大きくボケている

F4でブロンズ像を撮影。背景の枝葉が大きくボケている
F0.95でブロンズ像を撮影。さらに印象は大きく変わった

F0.95でブロンズ像を撮影。さらに印象は大きく変わった

「被写体との距離を2m以内に」というポイントを頭に入れつつ、背景が遠くになるように撮影してみると、背景のぼけをしっかりと再現することができました。

F0.95で撮影した花。やや不自然にぼけている印象も

F0.95で撮影した花。やや不自然にぼけている印象も

ただし慣れないうちは少しずつF値を変えながら取り直してみることがオススメです。上の写真は絞りの設定に慣れる前に撮影した1枚ですが、花の上の箇所だけやや不自然にボケてしまっていることがわかると思います。

とはいえ、いろいろと触りつつ楽しめるという点で、このワイドアパチャーもhonor 8の大きな魅力のひとつであることは間違いないでしょう。

ナイスフード

料理撮影用のモードとなるナイスフードも、もれなくテスト。

オートモードで撮影。これでも十分美味しそうに感じる

オートモードで撮影。これでも十分美味しそうに感じる
ナイスフードモードで撮影。全体的により温かみのある仕上がりに

ナイスフードモードで撮影。全体的により温かみのある仕上がりに
オートモードで撮影。ブロッコリーがやや黒く潰れかかっているがパンやエビは美味しそう

オートモードで撮影。ブロッコリーがやや黒く潰れかかっているがパンやエビは美味しそう
ナイスフードモードで撮影。やや黄色みがかり過ぎな印象も

ナイスフードモードで撮影。やや黄色みがかり過ぎな印象も

ナイスフードモードを使用すると、写真が全体的に暖色よりの仕上がりに。寒色(青みがかった)仕上がりになると不味そうに見えるので、それを防ぐことができる機能といえます。

ただし場合によっては補正なしのほうが料理の生々しさが感じられ、より美味しそうに感じられる印象も。こういった機能があることを把握しつつ、状況に合わせて使い分けるのがよさそうです。

その他Huawei独自機能

その他、最近のHuaweiスマートフォンに搭載されている独自機能で夜景を撮影してみました。

ライトペインティングモードで撮影した1枚

ライトペインティングモードで撮影した1枚
夜間撮影モードで撮影した1枚

夜間撮影モードで撮影した1枚

今回試した2つの撮影モードはいずれも一定時間カメラを固定することで、光の軌跡を浮き上がらせたり、明るい場所と暗い場所をきれいに合成して撮影したりできる機能

1枚目の写真は固定が甘かったためか全体的にぶれていますが、それでも一般的なスマホとは少し印象の異なった写真が撮れることがわかるかと思います。

ビューティーモード(サブカメラ)

最後にこちらもHuawei製スマホのサブカメラ(セルフィーカメラ)に搭載される特徴的な機能「ビューティーモード」もテストしてみました。

0~10までの11段階で被写体の映りを美顔加工することができます。

ビューティーモード(設定:0)で撮影

ビューティーモード(設定:0)で撮影
ビューティーモード(設定:5)で撮影

ビューティーモード(設定:5)で撮影
ビューティーモード(設定:10)で撮影

ビューティーモード(設定:10)で撮影

わりと大きく設定をいじりテストしてみましたが、こちらは結果は歴然といった様子。設定値を挙げていくと肌のキメが整えられ、顔の輪郭もスリムに。また目の大きさが大きくなっていきます。

0と10ではまさに別人な仕上がりですが、撮影時から簡単に加工が施せるという点では女性にも魅力的な1台といえるのではないでしょうか。

デザインから仕様・機能まで満足度の高い1台

デザインについても高級さの感じられる素材を選ぶだけでなく、そこに独自の魅力を盛り込んでいるhonor 8。ここに現行ではまず文句のないであろう高仕様のオクタコアプロセッサや大容量RAMを搭載。

またカメラも簡単にいろいろな写真が撮影できる点がおもしろい、改めて注目度の高い理由がわかる1台であると感じました。

サイズ感としても男女問わず扱いやすいものと思われるだけに、まさに万人にオススメしやすいSIMフリースマホといったところ。

今現在販売しているMVNOが楽天モバイルに限られる点は(選択肢は狭いという点で)惜しさも感じられますが、それでも2016年のSIMフリースマホ市場における本命候補として多くの人の期待に答えてくれる1台になっていくのではないでしょうか。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。