ZTE Blade V7Maxをより使いやすくするために確認しておきたい6つの設定

書いた人: あいむす

カテゴリ: スマホ

ZTE Blade V7Maxをより使いやすくするために確認しておきたい6つの設定

4万円を切るお得な価格設定ながら多彩な機能を搭載したZTE Blade V7Max
レビュー編では本機種の魅力を紹介しましたが、本記事では購入した際に是非やっておきたい設定を6つ紹介します。

ZTE Blade V7Maxの詳細レビューはこちら:

ZTE Blade V7Maxを徹底レビュー!DS/DS対応で使い勝手・コスパ良しのSIMフリースマホ

目次:

1. SIMカードを挿入してAPNを設定しよう

スマホを購入してまずやるべきことは、インターネットにつなげること。
SIMフリースマホの場合は、手順を踏んで設定をしておかないとインターネットに繋げることができないので、必要な設定を行いましょう。

SIMカードの挿入

ZTE Blade V7MaxのSIMスロットは本体左側面
ZTE Blade V7MaxのSIMスロットは本体左側面
デュアルSIM対応なので2枚のSIMを挿入可能
デュアルSIM対応なので2枚のSIMを挿入可能

まずは電源を入れる前に本体にSIMカードを挿入しましょう。
ZTE Blade V7MaxのSIMスロットは本体左側面にあります。小さな穴に付属のSIMピンを挿し込んでSIMスロットを取り出しましょう。
DS/DS機能を使いたい場合はSIMカードを2枚、それぞれのスロットに入れておきましょう。

APNの設定

この設定をしないとスマホがインターネットに繋がりませんので、必ずAPNの設定をしましょう。まずは、ホーム画面を上から下にスワイプさせて、歯車マークをタップし設定画面を表示させましょう。

次に、「無線とネットワーク」→「SIMカード」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」と進みます。

ホーム画面を上から下にスワイプ右上の歯車をタップし「設定」を表示します
ホーム画面を上から下にスワイプ→右上の歯車をタップし「設定」を表示します
「無線とネットワーク」「SIMカード」と進み「モバイルネットワーク」をタップ
「無線とネットワーク」→「SIMカード」と進み「モバイルネットワーク」をタップ
「アクセスポイント名」と進むプリセットされているAPNの一覧が表示されます
「アクセスポイント名」と進むと、プリセットされているAPNの一覧が表示されます

以上の手順でプリセットされているAPNの一覧が表示されます。V7Maxは非常に多くの格安SIMのAPNがプリセットされており、基本的には選ぶだけというパターンが多いかと思いますが、「LINEモバイル」などを利用している場合は手動で追加する必要があります。

手動でAPNを設定する場合はこちら:

Androidスマートフォンを使った格安SIMのAPN設定ガイド

2. 指紋認証を設定しよう

ZTE Blade V7Maxには本体右側面に、指紋センサーが搭載されています。
セキュリティレベルを高めるためにも指紋認証は必ず設定しておきましょう

指紋認証センサーは本体右側面に搭載
指紋認証センサーは本体右側面に搭載

指紋認証の設定は、設定画面から「指紋」→「指紋認証マネージャ」→「指紋を追加」の順番で進んでいきます。

設定を開き「指紋」をタップ「指紋認証マネージャ」をタップ
設定を開き「指紋」をタップ→「指紋認証マネージャ」をタップ
「指紋を追加」をタップし画面の指示に従いセンサーに指を置きます「指紋を追加」をタップし画面の指示に従いセンサーに指を置きます
「指紋を追加」をタップし画面の指示に従いセンサーに指を置きます
画面に従い指の位置の微調整を繰り返して設定終了です
画面に従い指の位置の微調整を繰り返して設定終了です

この指紋認証機能はセキュリティは気にしないという方も指を置くだけでロックが解除でき、都度画面をスワイプする手間がないので設定しておくことをおすすめします。

3. 指紋センサーでアプリを簡単に起動させてみよう

ZTE Blade V7Maxの指紋センサーは、前項で紹介した指紋によるセキュリティ認証の他に登録した指紋でスリープ状態からアプリを一発起動させることが可能となっています。
スマホをポケットから取り出すのは着信などの何かしらの通知があったときか、アプリを使って何かをしたい場合が多いと思います。

この機能を設定しておくことで,例えば写真を撮りたいときなども登録した指をセンサーに置くことでカメラがすぐに起動させることができ、シャッターチャンスを逃す可能性が低くなります。手間なく、すぐにアプリが起動できるのは便利ですよね。

それでは、手順をご紹介していきます。
設定画面から「指紋」→「指紋認証マネージャ」→「アプリをクイック起動する」と順番に進みます。

設定から「指紋」「指紋認証マネージャ」と進みます
設定から「指紋」→「指紋認証マネージャ」と進みます
「アプリをクイック起動する」をタップし登録したい指紋を選択します「アプリをクイック起動する」をタップし登録したい指紋を選択します
「アプリをクイック起動する」をタップし登録したい指紋を選択します
起動したいアプリを選択すれば設定は完了
起動したいアプリを選択すれば設定は完了

頻繁に使うアプリがある方は、ぜひ設定することをおすすめします。

4. ナビゲーションキーの配置を変えてみよう

レビュー編でも述べたようにZTE Blade V7Maxでは、ディスプレイ下部のナビゲーションキーの配置を入れ替えることができます。

設定画面から「ナビゲーションキー」を選択しましょう。

設定を下にスワイプしていき「ナビゲーションキー」をタップ
設定を下にスワイプしていき「ナビゲーションキー」をタップ
好みの配置に設定しましょう
好みの配置に設定しましょう

ナビゲーションキーの配置は初期設定では左がバックキー、右がタスクキーとなっています。Galaxyシリーズのスマートフォンを使ってきた場合は配置に違和感を覚える可能性があるので、左をタスクキー、右をバックキーにするといいでしょう。

5. キーボードの位置を使いやすい位置に調整しよう

ZTE Blade V7Maxは5.5インチの大きなディスプレイを搭載しています。
これぐらい大きくなるとフリック入力を利用する時に片手で操作がしにくいもの。
そういった時はキーボードを片寄せするなどして一番使いやすい位置・大きさに調整しましょう。

キーボード左上のマークをタップします
キーボード左上のマークをタップします
自分の好みの位置に移動させます
自分の好みの位置に移動させます

6. DS/DS機能の優先するSIMを設定しよう

ZTE Blade V7Maxは4G/3Gの同時待ち受けに対応したDS/DS機能を搭載しています
2枚のSIMを挿して使う方に限った設定項目にはなりますが、ここで手順を紹介ておきます。設定画面から「SIMカード」を選択します。

「設定」→「SIMカード」を選択します
「設定」→「SIMカード」を選択します
ここで設定する項目は「モバイルデータ」「通話」「SMS」の3点
ここで設定する項目は「モバイルデータ」「通話」「SMS」の3点

3点の項目の内、「モバイルデータ」に関しては利用できるのが2枚の内のどちらか1枚の排他の設定となります。

「通話」と「SMS」に関しては片方のSIMを優先使用し、もう1枚は着信・受信専用とすることも可能ですし、発信・送信時に都度選択することも可能です。

「通話」「SMS」で設定したい内容をタップ「通話」「SMS」で設定したい内容をタップ
「通話」「SMS」で設定したい内容をタップしましょう

これでDS/DS機能の基本的な設定は完了です。
電話番号を仕事/プライベート用などの用途別に使いたい分けたい方は「その都度確認」を、2枚のSIMを電話用とデータ通信用で使い分ける方は電話用のSIMを選択するといいでしょう。

まとめ

設定項目のご紹介は以上となります。
APN設定から、指紋認証の設定など最初に設定しておきたい機能を6つ紹介しました。
ZTE Blade V7MaxはAndroid OSの標準に近いシンプルなUIながらも、メーカー独自の機能を多数設定したスマホになっています。

指紋によるアプリ一発起動は、特に便利な機能なので設定しておくことを強くおすすめします。ぜひ色々と設定を弄って自分好みの使いやすい1台に仕上げてみてください。

ZTE Blade V7Max

ZTE (ゼット・ティー・イー)

ZTE Blade V7Max

薄型のアルミボディのデザイン、本体サイドに指紋センサーを設置。シンプルなUIで使い勝手も良く、トレンドのDS/DS機能も搭載したスマホ。

カラー:ゴールド/シルバー(全2色)

【ノジマオンライン】 33,800円(税込)
【ひかりTVショッピング】 33,820円(税込)

※2016年10月時点 モバレコ編集部調べ

ZTE Blade V7Maxの詳細レビューはこちら:

ZTE Blade V7Maxを徹底レビュー!DS/DS対応で使い勝手・コスパ良しのSIMフリースマホ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

あいむす

あいむす

ガジェットとアニソンライブをこよなく愛する。黒ぽん氏に携帯販売沼に引きずり込まれ、キャリアショップや量販店の最前線を経験するも、現在は引退。 海外でのライブの際に現地キャリアの電測を楽しみとしている。 ブログ「Eventer Life」ではガジェット・音楽のことなど好きなことをひたすら書いています。 Twitter:@ak1aims




特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン