ASUS ZenFone 3を購入したら設定しておきたい11のこと

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ASUS ZenFone 3を購入したら設定しておきたい11のこと

ASUSのSIMフリースマートフォン「ZenFone 3」。美しいガラスボディに包まれたハイスペックが魅力的なモデルですが、内部のソフトウェアを自分好みにカスタマイズできるのもZenFoneの特徴です。

今回は、ZenFone 3をさらに使いやすくするために設定しておきたいことを11個紹介します。

目次:

1. ディスプレイの点灯時間を長く/短くする

ZenFoneの初期設定を行うにあたってディスプレイがすぐに消灯するとストレスになるので、まずは点灯時間を長く設定しましょう

設定から「ディスプレイ」→「スリープ」に進んで、消灯時間するまでの時間を選択します。初期設定中は5分がオススメ。常時利用時は2分から徐々に短くしていくと良いでしょう。

設定画面から「ディスプレイ」「スリープ」とタップしていく

設定画面から「ディスプレイ」→「スリープ」とタップしていく
ディスプレイの点灯時間を調整する

ディスプレイの点灯時間を調整する

2. バッテリー残量をパーセント表示に

電源を入れたばかりのZenFoneでは、バッテリー残量がアイコンの表示のみでわかりにくいので残量をパーセント表示に変更しましょう。

設定から「電池」に進んで右上の「︙」をタップして「電池残量をパーセント表示」にチェックを入れます。

設定画面から「電池」画面右上の「︙」を選択

設定画面から「電池」→画面右上の「︙」を選択
バッテリー残量をパーセント表示に

バッテリー残量をパーセント表示に

3. アプリの動作がおかしい?電池の最適化を解除する

Android 6.0が搭載されているZenFone 3では「Dozeモード」を利用できます。

これはスマートフォンを使用していない時に、特定のアプリを自動的にスリープ状態にして、アプリの実行・ネット接続、同期処理などを抑えて消費電力を抑えるというもの。

ZenFone 3ではほとんどのアプリにおいてDozeモードがオンになっているため、スマートフォンのディスプレイをオフにすると、アプリがスリープ状態に移行してメッセージアプリでは通知が受け取れないといったことが発生します。

これでは困るので電池の最適化を解除しましょう。

設定から「電池」に進んで右上の「︙」をタップして「電池の最適化」に進みます。

設定画面から「電池」画面右上の「︙」を選択

設定画面から「電池」→画面右上の「︙」をタップ
設定画面から「電池の最適化」に進む

設定画面から「電池の最適化」に進む

「最適化していないアプリ」のボックスをタップして「すべてのアプリ」を選択します。電池の最適化を解除したいアプリをタップして「最適化しない」に変更します。

「最適化していないアプリ」→「すべてのアプリ」最適化を解除したいアプリを選択

「最適化していないアプリ」→「すべてのアプリ」と進み、最適化を解除したいアプリを選択
電池の最適化を解除する

電池の最適化を解除する

4. アプリの動作がおかしい?アプリの自動起動を有効にする

ZenFone 3には「自動起動マネージャー」が搭載されていて、アプリの自動起動が制限されています。

アプリの自動起動が制限されると、バックグラウンドでの通信もできなくなるため、動作がおかしくなることがあります。アプリの動作がおかしい場合はアプリの自動起動を有効にしましょう。

設定から「電力管理」→「自動起動マネージャー」に進んで自動起動を有効にしたいアプリのスイッチを「許可」に変更しましょう。

設定画面から「電力管理」「自動起動マネージャー」と進む

設定画面から「電力管理」→「自動起動マネージャー」と進む
アプリの自動起動を許可に変更する

アプリの自動起動を許可に変更する

5. GPSの精度を高める

Androidではバッテリーを節約するためにGPSの精度を変更することができます。ZenFone 3は、バッテリー節約が最優先になっていて初期設定ではGPSの精度がかなり悪いです。

設定から「位置情報」→「モード」に進んで「高精度」に変更します。

設定画面から「位置情報」「モード」と選択する

設定画面から「位置情報」→「モード」と選択する
GPSの精度を「高精度」に変更する

GPSの精度を「高精度」に変更する

6. 指紋認証の精度を高める

ZenFone 3には指紋認証センサーが搭載されています。認証の精度が悪い場合は、複数回同じ指で認証するのがオススメです。

設定から「指紋」→「指紋を管理する」に進んで「指紋を登録する」を選択します。

「指紋」→「指紋を管理する」とタップする「指紋」→「指紋を管理する」とタップする

「指紋」→「指紋を管理する」とタップする
設定画面から「指紋を登録する」に進む

設定画面から「指紋を登録する」に進む

初期設定と同じようにチュートリアルに従って指紋を登録しますが、同じ指であらゆる方向から複数個登録すると精度が向上します。

画面のチュートリアルに従って進んでいく画面のチュートリアルに従って進んでいく

画面のチュートリアルに従って進んでいく
同じ指の指紋を複数回登録する

同じ指の指紋を複数回登録する

7. 指紋認証でカメラを起動する

ZenFone 3の指紋認証センサーは、画面ロックを解除する以外の使い方も用意されています。その一つが2回タップしてカメラを起動するというもの。

これが有効になるのは画面がオン時のみ。ポケットの中でカメラが誤起動することはないので安心して利用できます。

設定から「指紋」に進んで「カメラを起動する」のスイッチをオンにします。

指紋認証を使ってカメラ起動指紋認証を使ってカメラ起動

指紋認証を使ってカメラ起動

ポケットからZenFone 3を取り出してカメラを起動する場合はロック画面で上に向かってスワイプするとカメラが素早く起動できますが、スマートフォンの操作中は一度ホーム画面に戻ってカメラアプリを探すなど手間が必要。

この機能をオンにしておけば指紋認証をダブルタップするだけでカメラが起動するのでシャッターチャンスを逃さずに写真を撮ることができます。

8. 簡単にスクリーンショットを撮る

電源ボタンとボリュームダウンキーを同時に長押しするとスクリーンショットが撮れますが、これが面倒。失敗することも多いです。

ZenFoneではマルチタスクボタンを長押ししてスクリーンショットをカンタンに撮ることができます。設定から「スクリーンショット」→「マルチタスクボタン」に進んで「ボタンを押し続け、スクリーンショットを保存する」に変更します。

設定画面から「スクリーンショット」「マルチタスクボタン」とタップ

設定画面から「スクリーンショット」→「マルチタスクボタン」とタップ
マルチタスクボタンの長押しでスクリーンショット撮影

マルチタスクボタンの長押しでスクリーンショット撮影

9. スクリーンショット撮影時の通知をオフに

スクリーンショットを撮影すると通知バーにスクリーンショットの通知が表示されますが気になる場合はこれをオフにすることができます。

設定から「スクリーンショット」に進んで「通知の表示を有効にする」をオフにします。

設定画面から「スクリーンショット」スクリーンショット撮影時の通知をオフにする

スクリーンショット撮影時の通知をオフにする

10. 片手操作をカンタンに「片手モード」

ZenFone 3には5.2インチの大型ディスプレイが搭載されています。片手で操作するのが難しい場合は画面を縮小表示する「片手モード」を使いましょう。

設定から「Zenmotion」→「片手モード」に進んで「クイック起動」をオンにすると、ホームボタンをダブルタップして画面を縮小表示することができます。

設定から「Zenmotion」「片手モード」と進む

設定から「Zenmotion」→「片手モード」と進む
画面を縮小表示する「片手モード」

画面を縮小表示する「片手モード」

11. DSDSの優先SIMを変更する

ZenFone 3はデュアルSIM/デュアルスタンバイ、いわゆるDSDSに対応していることが大きな特徴です。SIMを切り替えることなく、複数番号の通話やSMSの同時待ち受けが可能になります。

ただし、4Gでのデータ通信は優先SIMとして設定したSIMのみ有効になります

優先SIMを変更するには設定から「デュアルSIMカード設定」→「データサービスネットワーク」に進んで優先にしたいSIMを設定するとデータ通信を利用するSIMを切り替えることができます。

設定から「デュアルSIMカード設定」「データサービスネットワーク」と選択していく

設定から「デュアルSIMカード設定」→「データサービスネットワーク」と選択していく
4Gデータ通信を行うSIMカードを変更する

4Gデータ通信を行うSIMカードを変更する

まとめ

以上がZenFone 3を購入したら設定しておきたい11のことでした。

ZenFone 3を約10日間使いましたが、かなりバッテリー節約重視の設定になっているため、アプリが正しく動作しないことがよくありましたが、今回紹介した設定で解消できるはずです。

ZenFone 3で新たに追加された便利機能もあるので、当記事を参考にZenFone 3を使いやすく設定してみてください。

また、モバレコ バリューストアだと今ならZenFone 3の新品が、一括で36,291円(税抜)24ヶ月の分割だと月々1,512円と、定価よりも安く購入することができます。

気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

Zenfone 3

Asus (エイスース)

ZenFone 3

デュアルSIM/デュアルスタンバイへの対応、指紋認証、ハイレゾのサポート、カメラ性能も大幅に進化した高性能な格安スマホ。

カラー:サファイアブラック・パールホワイト(全2色)

ZenFone 3の詳細レビューはこちら:

ASUS「ZenFone 3」レビュー!高級感あふれるガラスボディが魅力の格安スマホ

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!