フリモバ、通話料が半額になるアプリ「通話料いきなり半額」アプリを発表

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: アプリ, レポート, 通話アプリ ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
通話料いきなり半額

プラスワン・マーケティング株式会社はfreetelブランドの新サービスとして、月額基本料0円で通話料が半額になる「通話料いきなり半額」を4月2日(木)より提供開始と発表しました。

オンラインでの販売のほか、全国の家電量販店およびパソコン専門店にて専用パッケージ(価格は税別390円)も販売されます。
まずサービス開始時にはAndroidが対応OSとなり、専用通話アプリを使用。iPhoneについても4月末以降対応予定の専用通話アプリがリリース予定です。

freetelの新サービス「通話料いきなり半額」とは?

特徴としては、現在使用中の電話番号をそのまま利用でき、専用アプリを使えば30秒あたり10円で通話が行えます。
すべての携帯電話利用者が対象とのことで、キャリアに縛られず利用できるのもメリットです。
パッケージ版には500円分の無料通話が含まれており、パッケージに同梱された認証コードを確認後、サイトで必要情報を入力すると適用されます。

他社サービスとの比較表を下記にまとめましたので、確認してみてください。

MVNO各社の通話料に関するサービスを比較
サービス 通話料いきなり半額
(フリモバ)
楽天でんわ
(楽天)
みおふぉんダイアル
(IIJmio)
通話料 10円/30秒(国内・海外) 10円/30秒(国内・海外) 10円/30秒(国内・海外)
無料通話 500円分
(パッケージ購入時のみ)
× ×
支払方法 クレジットカード
コンビニ払い(手数料200円)
クレジットカード クレジットカード
対象 携帯電話利用者全員 携帯電話利用者全員 自社通信加入者のみ
販売方法 店頭/オンライン販売 オンライン販売のみ オンライン販売のみ

会場に展示されていた実機では、「通話料いきなり半額」アプリのインターフェイスが確認できました。
既存の電話アプリとよく似た操作画面で、ダイヤルや連絡帳からの通話、履歴、お気に入りなどの機能が利用できます。

通話料いきなり半額
クセがなくシンプルな通話アプリ。
通話料いきなり半額
アイコンはこのように表示された

なお、Windowsでのアプリ利用に関しては、現在Microsoftと協議中とのことで、プラスワン・マーケティング側としては前向きに検討しているとのことです。
Windows Phoneでも「通話料いきなり半額」が利用できれば、さらに幅広く利用できそうです。

また、会場にはMWCで発表されたWindows Phone(コードネーム・Ninja)も展示されていました。端末のリリース時期については既報の通り2015年夏までとのことで、乞うご期待とのこと。

MWCで発表されたWindows Phoneが展示。
メイドインジャパンをテーマとしたSAMURAIプロジェクト。

まとめ

通話料金が半額になる通話アプリは多数ありますが、今回発表された「通話料いきなり半額」は無料通話付きパッケージやコンビニ決済対応など、他のサービスには見られない特徴があり、現状ではお得なサービスとなっています。
今後、先行する各社がどのような動きを見せるのか、要注目です。

※なお、当記事で扱う料金および通信料などは執筆時点のものです。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!