賢く使って節約上手!格安SIMをもっとお得にする「低速モード」とは?

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

タグ:mineo

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
賢く使って節約上手!格安SIMをもっとお得にする「低速モード」とは?

「スマホ代が安くなったからって、ガンガン使っているとあっという間に速度が遅くなっちゃう」。
こんな悩み、抱えていませんか?追加のデータ量をどんどん買ってなんだかお得感が薄れていませんか?

そこで今回は、格安SIMで安くなったスマホ代を、もっとお得に便利にしてくれる「速度切替」についてご紹介していきます。
これを知って低速モード・高速モードの切り替えを上手に使えば、毎月のスマホ代はすごい安くなります

目次:

低速モードってなに?どんなことができるの?

高速・低速モードに切り替えができる
高速・低速モードに切り替えができる

低速モード」と言われると、毎月のデータ使用量を超えて制限された状態をイメージする人もいるのではないでしょうか。
今回ご紹介していく低速モードは「意図的に遅くして使うかわりに、データ使用量のカウントはされない」状態です。

この「低速モード」の通信速度ですが、契約している格安SIM会社によって違いはありますが、概ね200Kbpsほどに制限されます。
大手携帯電話会社で毎月のデータ使用量を超過した場合は128Kbpsに制限されるため、それよりは僅かに速い速度で利用することになります。

「低速モード」は、LINEやメールのテキストの送受信程度であれば十分に快適に行えます。また、TwitterやFacebookといったSNS、Yahoo!やGoogleといったWebサイトで検索やニュースの閲覧をするのもそこまで苦ではありません。

GoogleなどWebサイトでの検索もそこそこ大丈夫
GoogleなどWebサイトでの検索もそこそこ大丈夫

画面内に画像や動画が多かったり、それらを送受信する場面ではかなり時間がかかりますが、「テキスト」だけで完結するやりとり、アプリや機能の利用であれば問題ないと言えるでしょう。

逆に、YouTubeを始めとする動画配信はWebサイトの画像の読み込みにも時間がかかりますので、再生はかなり厳しいです。
どうしても動画を見たい、LINEで送りたい画像がある、SNSにあがっている動画を確認したいといった重たい事をやりたいときだけ「高速モード」を利用するよう使うようにします。

そうすることで、普段は毎月のデータ使用量のカウントが減らないため、上手に節約して利用できる!ということです。

低速モードを実際に使ってみる。これくらいなら普通に使えます!

実際に低速モードでスマホを使ったとき、上に書いたように快適に利用することができるのか、筆者自身も体験してみました。

WEB閲覧はスムーズに行えるか

ニュースのチェックも大丈夫
ニュースのチェックも大丈夫

スマートフォンでもよく使う機能と言えばWeb閲覧。ニュースアプリなどもありますが、やっていることは一緒ですので今回はひとまとめにWEB閲覧とします。
こちらは上にも書いた通り、そこまでストレスを感じずいつも通りに利用することができました。

ただ、中には画像が多いニュース記事、Webページもあり、そうしたページでは画像の読み込みに待たされることも。
いわゆる新着ニュースをざっとチェックするような使い方であれば問題ありません。

動画視聴はできるか

動画視聴はどうか!?
動画視聴はどうか!?

かなり厳しい…というのが正直な感想です。
動画の読込完了までに時間がかかるため、いつもの感覚で再生を行うと途端に動画の再生がストップしてしまいます。Web閲覧時、中には動画を利用した広告のようなものがありますが、そうしたものも厳しいと感じます。

動画をどうしても見たい!というときは、素直に高速モードに切り替えてしまった方がいいでしょう。

Googleマップは利用できるか

便利なマップアプリも使いたいところ
便利なマップアプリも使いたいところ

スマホの便利機能といえば「地図アプリ」を利用したナビゲーション。
乗り換え検索にカーナビ、Web閲覧から検索を行い、気になるお店を見つけたら次の画面では地図を開くということも多いはずです。
地図の表示は大量の画像を読み込むため、通信速度が遅すぎると表示されず全く意味をなさなくなります。

低速モードでは地図の表示が厳しいかも!と思いましたが、実際に使ってみるとそこまでストレスを感じるほどではありませんでした
ただし、頻繁に地図の拡大縮小を行う場合は要注意。都度、地図画像の読み込みのために大量の通信が発生し、表示されるまでに待たされることが増え快適とは言えませんでした。

関連記事:

グーグルマップの使い方を徹底解説! ピンやマイプレイスなど便利機能盛りだくさん

低速モードが利用できる格安SIM選びのポイント!

格安SIM選びのポイント
格安SIM選びのポイント

ここまでにご紹介した通り、普段使いであれば「低速モード」でも案外普通に格安SIMを使う事ができそうです。
しかし、ここぞという場面では高速モードを利用したい!と思ってしまうのも事実。
そこで、低速モードが利用できる格安SIMを選ぶ際、通信速度が必要な際にすぐに高速モードに切替ができるSIMカードを選ぶポイントを紹介します

低速・高速モードはアプリから簡単切替がオススメ

低速モードと高速モード、逐一お客様専用ページにアクセスをして切替って面倒ですよね。ましてや低速モードで使用中にWebサイトにアクセスし、速度を切り替えてデータ通信量を節約するメリットよりも、ストレスが上回ってしまいます。

そこで、低速・高速の切替が専用アプリで行える格安SIMを探し選ぶのがオススメです。

IIJmioの切替画面IIJmioの切替画面
IIJmioの切替画面

アプリであれば一度インストール・設定させしてしまえば、切り替えたいタイミングでボタンひとつで切替完了です。
これであれば普段は低速モード、どうしても速度が欲しいときはすぐに高速モードに切り替えられ、ストレスフリーでデータ通信量の節約が可能です。

バースト機能があると低速モードでも更に快適に!

低速モード時と相性抜群の「バースト機能」
低速モード時と相性抜群の「バースト機能」(引用元

一部の格安SIMでは低速モード時に「バースト機能」が使用できます。
バースト機能はWebサイトを開いた際など、通信を開始してからの数秒間だけ高速モードで通信を行う機能です。

WebサイトやSNSの新着情報のチェック時、最初の読込にやけに時間がかかるんですが、ここだけを高速モードで通信させるため、サクサク次のページへ読み進める事ができます。しかも、バースト機能で通信した際の高速モード分はデータ通信量のカウント対象外!

低速モードの200Kbpsは通常時の1/100~1/1000のスピードとなっているため、ほんの数秒だけでもフルスピードの高速モードで通信ができるだけでも快適さが段違いです。低速・高速の切替が容易で節約上手になれるアプリも大事ですが、快適に使用できるかのポイントとして、バースト機能の有無は要チェックです

低速モードが使えるオススメの格安SIM

ここまでで低速モードの魅力がきっと伝わったことでしょう。
あとはどこの格安SIMを選ぶか、低速モードをもっと快適に利用できる格安SIMはどの会社か、とても気になるところです。
調べるのも大変だと思いますので、今回は低速モードを提供している格安SIMをピックアップしました。

UQ mobile

無制限・高速通信でおなじみ「UQ WiMAX」を提供するau系の格安SIMがUQ Mobile。通信速度や高音質通話au VoLTEに対応した豊富な機種ラインナップが強み。

>>UQモバイル公式サイトはこちら


IIJmio

最大10人でシェアできる「ファミリーシェア」を上手に使うととにかく安く利用できるのがIIJmio。バースト機能なども充実しており、指名買いするユーザーも多い人気の格安SIMです。

>>IIJmio公式サイトはこちら

OCN モバイル ONE

NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM。流石のNTTグループ系、通信の安定性がピカイチ。通話料を節約するOCNでんわアプリや050plusなど、通話サービスが充実しているのも特徴です。

>>OCN モバイル ONE公式サイトはこちら
OCNモバイルONE/OCN光

楽天モバイル

機種ラインナップの多さ、キャンペーンの豊富さ、実店舗・楽天モバイルショップが続々開店する今勢いのある格安SIMといえばココ。


>>楽天モバイル公式サイトはこちら





mineo

ドコモ系の格安SIM、au系の格安SIMの両方を取り扱い、それぞれの行き来も容易なmineo。家族に限定されないパケットギフトやフリータンクといった、余ったデータ通信量のやりとりはmineoならでは。

>>mineo公式サイトはこちら
mineo(マイネオ)

低速モードを提供している格安SIM一覧
会社名 バースト機能 アプリからの切替 翌月繰り越し 無料Wi-Fi 低速時の帯域制限
OCNモバイルONE 200Kbps
UQ mobile × 300Kbps
楽天モバイル × × 200Kbps
IIJmio × 200Kbps
mineo × 200Kbps
DMM mobile × 200Kbps
エキサイトモバイル ×
※定額プランのみ
× 200Kbps

まとめ:低速=使えないではない!低速モードを賢く使えばもっとお得、便利に。

とことん節約しつつ、便利さ、快適さは譲れない!という人は、低速モード・高速モードをアプリから簡単に切り替えできる格安SIMがオススメです
さらに低速時のバースト機能や、駅やお店で使える無料Wi-Fiにも対応している格安SIMを選んだり、移動中に速度を求めない限り、低速モードだけでも十分快適に利用することができます。

実際使ってみて…という話ですが、筆者の場合、日中はほとんどデスクワークでスマホをさわる時間は稀。
こういうときは低速モードに設定しておき、取材などで電車移動する場面でだけ高速モードに設定し、Webの閲覧を行うようにしたところ、かなりデータ使用量を抑えることができました。

格安SIMは価格だけじゃない。こういう機能までじっくり確認し、もっとお得、便利が溢れてきていますので、ぜひ購入の際の参考にしてください!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon