Apple Payの使い方・設定! iPhone 7がFeliCaに対応[クレジットカード・Suicaを登録する方法]

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Apple Payの使い方・設定! iPhone 7がFeliCaに対応[クレジットカード・Suicaを登録する方法]

2016年9月に発表・発売されたApple社の最新スマートフォンiPhone 7/iPhone 7 Plus。

今作でも新たな機能・仕様がいくつか盛り込まれましたが、その中でも、もっとも日本のユーザーが待ち望んだものといえばFeliCaサービスへの対応でしょう。

10月下旬より開始されたサービス「Apple Pay」を利用することで、従来Androidスマホで利用できていたおサイフケータイのようなスマホでの非接触型決済(スマホをタッチして支払い)も行えるようになりました。

今回はこのApple Payの仕組み、そして実際に利用するための設定方法を紹介していきます。

目次:

Apple Payでできること

Apple Payとは、Appleが独自に提供する決済サービスです。予めiPhone本体にクレジットカード情報を登録しておくことで、実店舗やネットショップ、アプリ上での決済を簡単・安全にすることができるものです。

そしてiPhone 7/iPhone 7 Plusでは、新たに日本国内で主流となっている非接触ICカード技術規格FeliCa(フェリカ)に対応。Apple PayにJR東日本が運用する交通系ICカードサービス「Suica(スイカ)」あるいはクレジットカード情報を登録することで、既存電子マネーでの非接触決済が利用できるようになります。

2016年10月31日現在において、日本でのApple Payで支払いに利用できる電子マネーサービスは次の3種類。

・Suica(提供元:JR東日本)
・iD(提供元:NTTドコモ)
・QUICPay(提供元:JCB)

なおApple Pay自体は、新しく発売されたiPhone 7/iPhone 7 Plus以外にも、iPhone 6/iPhone 6 Plus以降に発売されたiPhoneでも利用が可能です。FeliCaに対応しないこれら従来機種では、カードリーダーへのタッチが不要なネットショップやアプリ上に限り、Apple Payによる決済が可能です。

Apple Pay 初期設定の手順を紹介

ここからは実際にApple Payにカード情報を登録する手順を説明していきます。

まず機種を問わず、Apple Pay利用するための条件として、ソフトウェアバージョンがiOS 10.1以降になっている必要があります。

iOS 10.1以降でないとApple Payは使えない
iOS 10.1以降でないとApple Payは使えない

Apple Payへのカード情報の登録は「Walletアプリ」上で行ないます。

まずは【Wallet】アプリを開く
まずは【Wallet】アプリを開く

ソフトウェアバージョンがiOS 10.1以降であれば、アプリと開くと上段にApple Payの項目が現れます。右上のプラスマーク、または【カードを追加】をタップします。

どちらかをタップして登録画面へ
どちらかをタップして登録画面へ
次の画面では右上の【次へ】をタップ
次の画面では右上の【次へ】をタップ

するとApple Payに追加するカードの種類を選択する画面が表示されます。

カードの種類を選択する画面
カードの種類を選択する画面

ここからは「クレジットカード/プリペイドカード」と「Suica」、それぞれ個別に設定手順を紹介していきます。

Apple Payにクレジットカード/プリペイドカードを追加する

まずはクレジットカードおよびプリペイドカードを追加の場合から。

2016年10月31日時点においては、すべてのクレジットカードでApple Payが利用できるわけでないことには注意が必要です。Apple Payが利用可能(登録可能)なクレジットカードの詳細はAppleの公式サイトに説明されているので、まずはこちらを確認してみましょう。

Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とカード発行会社 – Apple サポート

【クレジットカード/プリペイドカード】の項目を選びます。

【クレジットカード/プリペイドカード】を選択
【クレジットカード/プリペイドカード】を選択

カード情報の読み取り画面に切り替わりますので、画面に表示された枠内へ合わせ、カメラにカードを映します。また画面下に用意された【カード情報を手動で入力】をタップすれば、自動読み取りでなく、手動でカード情報を登録することもできます。

カード情報の読み取り画面
カード情報の読み取り画面
手動入力の場合はまず【名義】【カード番号】を入力
手動入力の場合はまず【名義】【カード番号】を入力
続けて【有効期限】【セキュリティコード】も入力
続けて【有効期限】【セキュリティコード】も入力
カード会社との通信が始まる
カード会社との通信が始まる
Apple Pay利用規約が表示されるので内容を確認し【同意する】を選択
Apple Pay利用規約が表示されるので内容を確認し【同意する】を選択
Apple Payにカード情報の登録が行われる
Apple Payにカード情報の登録が行われる
この表示が出ればカード情報の登録は完了
この表示が出ればカード情報の登録は完了

クレジットカード情報の登録が済むと、そのクレジットカードに対して割り当てられた電子マネーサービスが表示されます。

筆者の楽天カードはQUICPayに振り分けられた
筆者の楽天カードはQUICPayに振り分けられた
他のカードではiDに振り分けられたものもあった
他のカードではiDに振り分けられたものもあった

Apple Payを店頭で利用する際の注意点として、利用時には支払い方法としてここで表示された電子マネーサービス名(iDまたはQUICPay)を伝える必要があります(レジにApple Payのボタンは用意されていないため)。

登録したクレジットカードがどちらに振り分けられたのかは後からでも確認ができますが、Apple Pay利用時には、どちらを伝えればよいのかをしっかり覚えておきましょう。

最後にクレジットカードの認証を済ませれば、Apple Payでこのカードが使えるようになります。登録したカードにより認証方法はいくつか表示されますが、もっともわかりやすいのはSMS認証かと思います。

カードの認証画面
カードの認証画面
SMS認証では送られてきたコードを画面に入力する
SMS認証では送られてきたコードを画面に入力する
アクティベート完了と出ればOK
アクティベート完了と出ればOK
Walletアプリ上に登録したカードが表示された
Walletアプリ上に登録したカードが表示された

アクティベートまで完了すれば、あとは登録したカードでApple Payを利用することができます。

実際にApple Payを利用する場合はWalletアプリを開き、使用するカードを選択。その上でTouch ID(指紋認証センサー)に指をあて「リーダーにかざして支払う」と出たら、iPhoneをカードリーダーにかざします。これで支払いができます。

支払いに使うカードを選んだらTouch IDに指をあてる
支払いに使うカードを選んだらTouch IDに指をあてる
この表示になったらiPhoneをカードリーダーにかざす
この表示になったらiPhoneをカードリーダーにかざす

なおApple Pay利用時に毎回Walletアプリを開くのが手間であれば、後ほど説明する「ホームボタンのダブルクリックで支払う」設定を行なうことで、スリープ状態からでも簡単にApple Payが呼び出せます。

Apple PayにSuicaを追加する

次はSuicaを登録していきます。

Apple PayでSuicaを利用するには既存のICカードに登録された情報を吸い上げる、または新規発行したSuica情報を登録する、という2つの方法が用意されています。

筆者自身Suicaを利用していたので、今回は既存のICカードに登録された情報を吸い上げる方法を説明していきます。

ここでは既存のSuicaの情報を登録(吸い上げ)していく
ここでは既存のSuicaの情報を登録(吸い上げ)していく

カードの種類選択画面で【Suica】を選びます。

【Suica】を選択
【Suica】を選択

続いてSuicaに割り当てられた【カード番号】、また記名式(カードに名前が印字されたもの)を使用している場合は【生年月日】を入力します。

まずは【カード番号】【生年月日】を入力
まずは【カード番号】【生年月日】を入力
カード番号とはSuica裏面に書かれたこの番号
カード番号とはSuica裏面に書かれたこの番号
入力したら【次へ】を選ぶ
入力したら【次へ】を選ぶ

Suicaの取扱規則が表示されるので、内容を確認して【同意する】を選択します。

Suicaの取扱規則
Suicaの取扱規則
3分の2ほど進んだあたりにスマホでの取扱規約も見つかる
3分の2ほど進んだあたりにスマホでの取扱規約も見つかる

「カードを転送」という表示が出たら、イラストに従ってSuicaにiPhoneを重ねます。

登録方法はイラスト付きで表示されるのでわかりやすい
登録方法はイラスト付きで表示されるのでわかりやすい
イラストに従い、SuicaにiPhoneを重ねる
イラストに従い、SuicaにiPhoneを重ねる
無事にカードの追加ができた
無事にカードの追加ができた

筆者自身、Apple Payの提供が始まった当日からSuicaの登録を試してみましたが、数日間はシステム側の障害によるものか、なかなか登録がうまくいかず。何度も繰り返しチャレンジする中、3日目にしてようやく登録することができました。

エラーばかりでなかなか登録が上手くいかないという場合は、時間帯などを変えて試してみることをオススメします。

Suicaの登録では、最後にエクスプレスカードに設定が行われます。

エクスプレスカードの設定をすれば登録完了
エクスプレスカードの設定をすれば登録完了

これはApple Payに登録できるカードのうち交通系ICカード(現時点ではSuicaのみ)に対して付与できる機能で、Touch IDで認証することなく非接触決済を利用可能にするものです。

通勤・通学時の改札付近は非常に混み合いますが、そういった状況で通常のSuica同様、iPhoneをカードリーダーにかざすだけで読み取らせることができるものになっています。

これでApple PayへのSuicaの登録も完了しました。なおApple Payに登録したSuicaのカード本体は、以降使用することができません。カード発行時に支払っていたデポジット(預り金)はカード利用残高に自動でチャージ(返金)されます。

デポジットは残高にチャージという形で返金される
デポジットは残高にチャージという形で返金される
残ったカードは自分でハサミを入れて破棄してOK
残ったカードは自分でハサミを入れて破棄してOK

早速筆者もSuica相互利用に対応する仙台市営バスにてApple Payを試してみましたが、これまでのSuicaを利用する場合とほぼ変わらない感覚で運賃の支払いができました。

いざApple Payでバスに乗車。特に問題なく支払いができた
いざApple Payでバスに乗車。特に問題なく支払いができた

Apple Payで支払った際には、支払いしたことがバイブレーションで通知されます。また画面上には支払情報と残高も表示されます。

利用直後の画面。支払額と残高が確認できる
利用直後の画面。支払額と残高が確認できる

Apple Payの押さえておきたい使い方

最後にApple Payを利用する上で一度確認しておきたい設定項目、あるいは使い方をいくつか紹介しておきます。

Walletアプリ、あるいはApple Payに関する設定は設定画面内に用意されています。

【設定】【WalletとApple Pay】
【設定】→【WalletとApple Pay】の順に進む
【WalletとApple Pay】の設定画面【WalletとApple Pay】の設定画面
【WalletとApple Pay】の設定画面

Apple Payを簡単に呼び出す

先にも触れたとおり、クレジットカードでApple Payを利用する際に画面のロックを解除→Walletアプリを起動という点順を毎回踏むことが面倒であれば、ホームボタンのダブルクリック操作でWalletアプリの支払い画面をすぐに呼び出すことも可能です。

この場合は【ホームボタンをダブルクリック】の項目をオンにしておきましょう。

Apple Payを快適に使うならこの設定は必須
Apple Payを快適に使うならこの設定は必須

なおiPhone 7/iPhone 7 Plusでは、ホームボタンに指を乗せただけでは端末のスリープ解除・ロック解除は行われません。そのためこの機能でApple Payを利用する際はスリープ状態でホームボタンをダブルクリック→そのまま指を乗せてApple Pay利用時の認証を済ませる、とするとかなりスムーズに使うことができるでしょう。

Suicaの残高をチャージする

ICカードタイプのSuicaであれば、駅の券売機でチャージができました。しかしiPhone(Apple Pay)に登録したSuicaでは、駅の券売機でチャージができません。そのため、基本的にはApple Payに登録したクレジットカードを使って残高をチャージすることになります。

Suicaをチャージするには【My Suica】→【チャージ】の順にタップします。

【My Suica】【チャージ】
【My Suica】→【チャージ】の順に選択

するとチャージ額の入力画面が表示されます。ここで入金額を入力します。

チャージ額の入力画面
チャージ額の入力画面
画面下のテンキーなどを用いて金額を指定後、右上の【チャージ】を選択
画面下のテンキーなどを用いて金額を指定後、右上の【チャージ】を選択

画面下に支払いに使用するカード情報、チャージする金額が表示されます。内容を確認し問題なければ、あとはTouch IDに指をあてます。これでチャージが完了します。

表示された支払い方法を確認後、Touch IDに指をあてればチャージは完了
表示された支払い方法を確認後、Touch IDに指をあてればチャージは完了

なお注意したいこととして、この設定画面から現金で残高をチャージすることはできません。一部コンビニレジなどでチャージすることはできますが、逆にこれ以外に現金でチャージする方法は用意されていません。この点はよく理解した上で、かえって不便にならないよう、Apple Payを利用するか判断したいところです。

Suicaの利用履歴を確認する

Suicaの利用履歴についてもこの画面から確認が可能です。

【WalletとApple Pay】→【My Suica】の順に開き、画面右上の【ご利用明細】をタップすると、直近でのSuica利用履歴が確認できます。

利用履歴も画面上で確認できる利用履歴も画面上で確認できる
利用履歴も画面上で確認できる

まとめ

実際に数日Apple Payを利用してみた印象として、これまでAndroidで使うことができたおサイフケータイとは仕組みが違うものの、感覚的にそこまで大きな違いはなく使用することができるということを感じています。

すべてのクレジットカードで利用できるわけではない、Suicaについては現金でのチャージがしづらくなる、といった注意点もありますが、これらを踏まえてもiPhoneで非接触決済が利用できる点は大きな魅力といえるでしょう。

設定自体も決して難しいものではないので、特にiPhone 7/iPhone 7 Plusを購入したのであれば、ぜひ試してみたい機能です。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。