一歩先の未来をその手に「Moto Z Play」レビュー!Moto Modsで可能性が広がるスマートフォン

書いた人: あさひな

カテゴリ: MOTOROLA

一歩先の未来をその手に「Moto Z Play」レビュー!Moto Modsで可能性が広がるスマートフォン

Motorolaの最新SIMフリースマートフォン「Moto Z Play」をレビューします。別売りオプションのMoto Modsと組み合わせることで、サウンドやカメラに特化したスマートフォンになるのが特徴です。

Moto Z Play

目次:

スペックと性能をチェック

Moto Z スペック情報(参照:製品ページ)・Moto Z Play スペック情報(参照:製品ページ
Moto Z Moto Z Play
サイズ 高さ 約153.3 × 幅 約75.3 × 厚さ 約5.19mm 高さ 約156.4 × 幅 約76.4 × 厚さ 約6.99mm
重量 約136g 約165g
OS Android 6.0.1 Marshmallow Android 6.0.1 Marshmallow
SoC Qualcomm Snapdragon 820
1.8GHz Quad-core
Qualcomm Snapdragon 625
2GHz Octa-core
RAM 4GB 3GB
ROM 32 / 64GB 32GB
外部メモリ microSDXCカード(最大2TB) microSDXCカード(最大2TB)
バッテリー容量 2,600mAh 3,510mAh
ディスプレイ 約5.5インチ QHD(2560 × 1440) 約5.5インチ FHD(1920 × 1080)
カメラ アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約500万画素
アウトカメラ 約1,600万画素
インカメラ 約500万画素
カラー White・Black White・Black
通信方式 GSM/GPRS/EDGE:850/900/1800/ 1900MHz
UMTS / HSPA+:850/900/1700/1900/2100 MHz
4G LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/ 20/25/28/38/40/41
CDMA:850/1900MHz
GSM/GPRS/EDGE:850/900/1800/1900MHz
UMTS/HSPA+:B1/2/4/5/8/19(B6を含む)
4G LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/28/38/40/41
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.a//g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1 LE EDR Bluetooth 4.0LE EDR
備考 指紋センサー / NFC 指紋センサー / NFC

今回レビューするMoto Z PlayはMoto Zの廉価版という位置付けになります。Moto Zがハイエンド、Moto Z Playがミドルレンジです。スペック以外にもサイズなど細かい違いはありますが、後述するMoto Modsはどちらも共通のものを使います。

Moto Z Play:AnTuTu Bencmarkの結果Moto Z Play:Geekbench 4の結果
AnTuTu BencmarkとGeekbench 4の結果

ベンチマークアプリで性能を見ていきます。スコアは現行のミドルレンジでは平均的な数値ですが、2015年のハイエンドSoCであるSnapdragon 808に迫る性能です。少し重めのゲームもプレイできるでしょう。

詳細・商品ページはこちら:Moto Z Play

Moto Zのレビュー記事はこちら:

待望のMotorolaハイエンド「Moto Z」レビュー!スリムボディはMoto Modsとの相性も抜群!

外観を確認

Moto Z Play:パッケージ
パッケージ
Moto Z Play:付属品はSIMピン・イヤホン・USB Type-Cケーブル・マニュアル類
付属品はSIMピン・イヤホン・USB Type-Cケーブル・マニュアル類
Moto Z Play:前面
前面
Moto Z Play:背面
背面
Moto Z Play:右側面にはボリュームボタンと電源ボタン
右側面にはボリュームボタンと電源ボタン
Moto Z Play:左側面
左側面
Moto Z Play:上部にはnanoSIMカード+microSDカードスロット
上部にはnanoSIMカード+microSDカードスロット
Moto Z Play:下部にはイヤホンジャックとUSB Type-C端子
下部にはイヤホンジャックとUSB Type-C端子
Moto Z Play:フロント側にもフラッシュライトがある
フロント側にもフラッシュライトがある

Moto Z PlayはMoto Zより分厚く、約30gも重いです。その代わり、Moto Zでは削られてしまった3.5mmイヤホンジャックがあったり、バッテリーが大容量だったりと恩恵もあります

Moto Z Play:指紋センサー
指紋センサー

触れるだけでロックを解除できる指紋センサーを搭載。ホームボタンと間違えて押してしまいそうですが、ボタンではありません。画面点灯時に指紋センサーにタッチすると、画面が消灯する機能もあります。

詳細・商品ページはこちら:Moto Z Play

ソフトウェアはシンプルすぎるかも

Moto Z Play:プリインストールアプリ一覧Moto Z Play:プリインストールアプリ一覧
プリインストールアプリ一覧

プリインストールアプリは少なめです。シンプルなのは好感が持てますが、スマートフォンを便利に使うための独自機能はアプリも設定画面でも特に見当たりませんでした。今まで機能満載のスマートフォンを使っていた人にとっては、少々物足りなさを感じるかもしれません。

Moto Modsでトランスフォーム

Mods Mod専用端子
Mods Mod専用端子

Moto ZとMoto Z Playで使える拡張モジュール「Moto Mods」を見ていきます。現時点では5種類販売されており、1つの機能に特化したスマートフォンに変形できます。高価なものもありますが、後継機でも使えるようになるそうです。

JBL SoundBoost Speaker

JBL SoundBoost Speaker
JBL SoundBoost Speakerの仕様(参照:製品ページ
サイズ 高さ 約152 × 幅 約73 × 厚さ 約13mm
重量 約115g
スピーカー数 2個(直径27mm)
スピーカー消費電力 スピーカー1個あたり3W、合計6W
周波数応答範囲 200Hz〜20kHz
音量 80dBSPL(0.5m)
バッテリー容量 1,000mAh
バッテリー駆動時間 10時間
外部充電 USB Type-C

音響機器で有名なJBLのスピーカーを2個搭載し、大迫力のステレオサウンドを楽しめます。しかし、サイズも重量もそれなりにあるため、手で持ち続けるのはストレスに感じると思います。そんな時に便利なのが、キックスタンドです。特に動画を観る時などに重宝しそうです。

Moto Insta-Share Projector

Moto Insta-Share Projector
Moto Insta-Share Projectorの仕様(参照:製品ページ
サイズ 高さ 約152 × 幅 約74 × 厚さ 約10mm
重量 約104g
解像度 854×480 WVGA(480p)
プロジェクター技術 DLP
輝度 50ルーメン
コントラスト比 400:1
画像サイズ 最大70インチダイアゴナル
バッテリー容量 1,100mAh
バッテリー駆動時間 投射時間を最長60分延長
外部充電 USB Type-C

近年は動画配信サービスなどが充実してきたので、スマートフォンと組み合わせて使えるプロジェクターは面白いですね。持ち運べるコンパクトサイズゆえにスペックは低めですが、簡易ホームシアターなどには向いていると思います。

Hasselblad True Zoom

Hasselblad True Zoom
Hasselblad True Zoomの仕様(参照:製品ページ
サイズ 高さ 約152.3 × 幅 約72.9 × 厚さ 約15.1mm
重量 約145g
センサー解像度 12MP
センサーサイズ 1/2.3インチ
口径 F3.5〜6.5
ズーム 10倍光学 / 4倍デジタル
焦点距離 4.5〜45mm(35mm換算 25〜250mm)

装着するだけでデジタルカメラになる面白い製品です。重さはデジタルカメラと同じくらいになってしまいますが、撮った写真を転送する必要がなく、すぐにレタッチしたり共有できるのがポイント。また、カメラ特化型スマートフォンとは異なり、必要ないときは外せるのも強みでしょう。

Incipio offGRID Power Pack

Incipio offGRID Power Pack
Incipio offGRID Power Packの仕様(参照:製品ページ
サイズ 高さ 約152.7 × 幅 約73.5 × 厚さ 約6.2mm
重量 約79g
バッテリー容量 2,220mAh
バッテリー駆動時間 最長20時間
ワイヤレス充電 Qi・PMA

よくあるバッテリーケースのスマートなやつと考えるとわかりやすいと思います。ただの拡張バッテリーではなく、無接点充電に対応しているのです。モバイルバッテリー代わりに持っておきたいですね。

Moto Style Shell

Moto Style Shell

今まで紹介してきたものとは異なり、機能を拡張しない交換式の背面パネルです。ガラケー時代にあった着せ替えケータイを彷彿させます。外観や質感が変わるだけでなく、Moto Modsの端子部分も保護できるので、普段使いではMoto Style Shellをつけておくことをおすすめします。

詳細・商品ページはこちら:Moto Z Play

Moto Style Shellでドレスアップ

チャコールオークのMoto Style Shellを装着したところ
チャコールオークのMoto Style Shellを装着したところ

Moto Style Shellはウォッシュドオーク・シルバーオーク・チャコールオーク・ナイロンブラック・ナイロンレッド・ブラックレザーの6種類で、チャコールオークが同梱されています。それぞれ素材やテクスチャーが異なるので、複数用意して気分に応じて変えてみるのもいいかもしれません。

少し浮いているように見える
少し浮いているように見える

装着するとカメラ部分の出っ張りが解消します。マグネットで引っ付いているだけなので、遊びがあったり浮いているように見えるのが気になりましたが、気軽に交換できるのはいいですね。

Moto Insta-Share Projectorを使ってみる

Moto Insta-Share Projectorを取り付けたところ
Moto Insta-Share Projectorを取り付けたところ

プロジェクター側にはピントのダイヤルと電源ボタンがあります。装着して電源ボタンを長押しするとプロジェクターが起動します。

設定画面
設定画面

電源がONの状態で電源ボタンを短押しすると、設定メニューが出てきます。ちなみに、台形補正は自動でやってくれます。スクリーンの正面にプロジェクターを設置するのがコツです。

壁に投影
壁に投影

一般的な大型のプロジェクターよりも、解像度が低くて暗いので用途と使用環境が限られますが、その分安価で手軽に持ち運んで楽しめるのが魅力です。

カメラ性能をチェック

Moto Z Playで撮影した作例でカメラ性能を確認します。設定は全て(HDRも含め)オートで撮影しました。写真を、タップorクリックすると大きいサイズの写真を表示できます。

スワンボート
スワンボート
紅葉と湖
紅葉と湖
カルビとハラミ
カルビとハラミ
豚トロ
豚トロ
ガトーショコラ
ガトーショコラ

カメラは「プロのような写真が撮れる」とアピールしていますが、価格相応の性能だと思います。やはり、カメラの評価が高いiPhoneやXperiaには及びません。レーザーオートフォーカスと位相差オートフォーカス(PDAF)を併用しているとのことで、確かにフォーカスは早いと感じました。

詳細・商品ページはこちら:Moto Z Play

Moto Z Playの価格と購入できるところ

Moto Z Playの価格は、定価53,800円(税抜)となっています。オンラインストア・家電量販店にて購入することが可能です。

Moto Z Play

価格 : 定価53,800円(税抜)
カラー : ブラック、ホワイト
本体サイズ : 約156.4mm × 76.4mm × 6.99mm
重さ : 約165g
OS : Android 6.0.1 Marshmallow
RAM : 3GB
ROM : 32GB
電池容量 : 3,510mAh
ディスプレイ : 5.5インチ FHD(1920×1080)AMOLEDディスプレイ
カメラ : アウトカメラ 1600万画素 / インカメラ 500万画素

評価まとめ:キワモノ系では珍しく完成度が高いスマートフォン

背面にモジュールを装着することで機能を拡張する異色のスマートフォンで、変態スマホに分類できるでしょう。大抵、こういう製品はエッジが効きすぎて受け入れられなかったり、面白くても実用的ではなかったりするのですが、Moto Z Playは違いました。

現在Lenovoの傘下となったMotoloraは、スマートフォン黎明期からスライドや回転機構の面白い端末を世に送り出したメーカーです。その頃のDNAを感じられるMoto Z Playは、きっと新しい体験をさせてくれるでしょう。

格安SIMをお探しなら

格安SIMの利用、乗り換えを検討中であればモバレコが運営する「モバレコ バリューストア」で購入すると、最初にかかる初期費用を安く抑えられることができます。
ぜひ、一度チェックしてみてください。

■初期費用が安くなる格安SIM一覧

U-mobile(初期費用3,000円 → 130円~
BIGLOBE SIM(初期費用3,000円 → 2,000円
IIJmio(初期費用3,000円 → 330円~
NifMo(初期費用3,000円 → 2,300円

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

あさひな

あさひな

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。

特集コンテンツ

d-card

モバレコ ストア

d-card

モバレコ ストア

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン