SIMカードケースが便利! 端末乗り換え時や海外旅行でも役立つ、SIMの保存・保管方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: アクセサリ

昨今の格安SIMの普及により、「複数のSIM」を使い分けるような人も増えてきたのではないでしょうか?
また、海外旅行の際に現地でSIMを購入することもありますが、元々入っていたSIMの保管場所に困ることはありませんか?
スマホの買い替え時など、一時的にSIMを取り出しておかなくてはならない場合にも、どうしたものか迷ってしまいます。

SIMカード

SIMカードは、非常に小さくて扱いにくいうえに、「大切な情報」がたくさんつまっているので、絶対に紛失は避けたいところです。今回はそのSIMの保存方法についていくつかご紹介したいと思います。

専用のSIMカードケースが一番安心

当然のことですが、SIMカードを保存するために作られた専用のケースが一番保管に適しています。今は色々なメーカーから出ていますが、簡易的なものなので値段も安くお買い得です。一度でも使う機会があれば買ってしまってもよいですね。

全部が揃ったカードケース型

最初に紹介するのは、Amazonでも人気のカード型のSIMカードケース。microSDとSIMの保存はもちろんのこと、SIMピンやSIMアダプターが入っているのもポイント。アダプターが入っているのは海外旅行でも役立ちますね。

microSDカード収納用アルミケース

SIM変換アダプターだけでも、数百円することが多いので、1,200円ならこのセットで買ってしまっても良いかもしれません。

SIM microSDカード収納用アルミケース

SIM microSDカード収納用アルミケース

1,200円(税込)

一番シンプルにビニールのSIMカードケース

シンプルにNanoSIM(ナノSIM)を6つ入れるだけのビニールのケースもあります。SIMピンが付いているので、便利ですね。一般的なクレジットカードやポイントカードなどと同じ大きさになるので扱いやすいです。

6ナノSIMカード用のSIMカードホルダー収納ケース

6ナノSIMカード用のSIMカードホルダー収納ケース

6ナノSIMカード用のSIMカードホルダー収納ケース

750円(税込)

人気の粘着型? のSIMカードケース

トレイを引き出し、その粘着部分に貼り付けるタイプもあります。レイアウトを気にせず保管ができるので、非常に便利。粘着部分と言ってもベタベタすることもなく、これが結構人気です。

SIMカードケース

粘着式グリップパッド技術 SIM カード や micro SD カード 紛失防止 持ち運び ケース

粘着式グリップパッド技術 SIM カード や micro SD カード 紛失防止 持ち運び ケース

1,136円(税込)

ひと工夫で便利にSIMを保存できるカードとセロハンテープ

SIMカードの保管・保存方法で一番手っ取り早いのが、SIMカードを切り離す前のカードにセロハンテープで貼り付けて保存する方法です。実は大量のSIMがあるモバレコ編集部でも、この方法で保管しております。

まずは、カードのSIMを切り取った部分にセロハンテープを貼ります。

SIMカード セロハンテープ
SIMカード セロハンテープ

そこに、SIMをペタっと貼り付けます!

SIMカード セロハンテープ

そのままカードサイズでどこかに保存しておいてもいいですが、複数枚ある場合は、市販のカードフォルダに入れて整理するとわかりやすくて便利です。利点は、カードの部分に情報を書き込めることです。

SIMカード セロハンテープ

他にもSIMの保管の仕方は無限大!

SIMカードの特徴は、小さくて薄いので紛失には注意が必要だが、それほど壊れやすいものではない。たっぷりと個人情報が詰まったアイテムなのに、物理的に情報を書き込む場所が極めて少なく、複数あった場合に見分けが付かなくなるというのが特徴です。
では、このような点を踏まえて、いくつか考えてみましょう。

■デスクトップ

PC上の概念ではなく、物理的にデスクトップに貼ってみるのはいかがでしょうか?

SIMカード デスクトップ

絶対忘れなさそうですね。
これは極端な例ですが、Nano SIMは本当に小さいですから、あまり動かすことがなく、且つ普段目に付く場所に貼り付けておくのはいい方法です。

■カードに貼り付け

海外旅行でSIMを借りた際などに、急に保管しなくてはいけなくなった場合、サイフの中にある使わないポイントカードやパスポートなどに貼り付けておくのもありかもしれません。

SIMカード カードに貼り付け

薄くて適度な大きさの保管のしやすいものに、セロハンテープで貼り付けておくのは得策です。セロハンテープなら、海外でもどこかで手に入るのではないでしょうか? 英語でセロハンテープって何ていうのかわかりませんが(笑

さすがにこれはマズイかな? 間違ったSIMの保管方法

■ポケット

どこかに入れて……と思ったらまずはポケットでしょ? SIMカードを直接ポケットにイーン!

SIMカード ポケット!?

まず、やる人はいないと思いますが、これはまず無くすでしょうね(笑 入れたまま洗濯したらどうなるのか、誰か検証して欲しいです。

■小銭要れ

何か細かいものを急に保管しなくてはいけなくなったとき、絶対忘れないようにと、サイフの小銭入れに入れてしまう人はいないでしょうか?

SIMカード 小銭いれ!?

小銭が入っていないのなら良いのですが、周りに小銭が入っていると、傷ついてしまう可能性があるので、やめておいた方がいいです。

■冷蔵庫

保管するといったら、ほら、あれでしょ! タッパーに入れて冷蔵庫に! 新鮮なまま保てるよって

SIMカード 冷蔵庫!?

そもそも、SIMカード腐りませんから。
大丈夫だとは思いますが、電子部品などの天敵と言われているのが、ホコリと水分です。
冷蔵庫なんて湿気でだめになっちゃうかもしれませんよ? やったことないですけど。

■子供に預ける

終わりですね。

SIMカード 子ども…!?

おもちゃ箱に入れられたら、もぅオシマイでしょう。ただでさえ小さいSIMカード。色んな隙間に入っていってしまいます。子供になんて渡してしまったら、数年後に意外なところから出てくるかもしれませんね。タイムカプセル気分を味わいたい人はどうぞ。

まとめ

SIMカードは、あまり外で保管することを前提として作られていないようです。保管用のケースが付いてくることはありません。

複数枚使用することがあるなら、専用のケースを購入することをおすすめしますし、そうではなく一時的なものなら、セロハンテープを使って簡易的に保存して紛失しないように注意しましょう。

SIMの紛失はそれまでのデータが全て無くてなってしまうようなこともありますし、誰かに拾われて悪用される可能性もあります。小さなチップでも個人情報のたくさんつまったチップなので、取り扱いにはくれぐれも注意しましょう。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp




特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン