SIMフリー iPhone 7の購入の仕方

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone, レポート ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
SIMフリー iPhone 7の購入の仕方

2016年秋、「iPhone 7 / 7 Plus」が発売されました。購入した人はもちろん興味のある人も多いと思いますが、docomo、au、SoftBankでの購入のほかに「SIMフリーのiPhoneを買う」なんて聞いたことはありませんか?

iPhone

「SIMフリー iPhone」とは何でしょうか?
簡単に言うと、キャリア(docomo、au、SoftBank)の束縛がない「iPhone」です。

iPhone本体そのものは、「docomo」も「au」も「SoftBank」もどこで買っても変わりません。しかし、どの本体も「スマホの通信を使うため」に、SIMという小さなカードを挿入することになります。このSIMに対して制限を設けているのがキャリアのiPhoneです。

つまり、docomoで購入したiPhoneは原則docomoのSIMでの使用を想定し、他では使えないようにしています。これを「SIMロック」と言います。

SIMロックとは?SIMフリーとは?

ここ数年で総務省からSIMロック解除の要請が出るなど、SIMフリー化への流れは進み、様々な条件がありますが、キャリアのスマホでもSIMロック解除ができるようにはなりました。

しかし最初から、そのような制約のないどこの通信(SIM)でも使える状態のiPhoneが「SIMフリー」のiPhoneです。

SIMフリー iPhoneの金額

本体自体に性能の違いはありません。SIMフリーのiPhoneとキャリアのiPhoneでは購入の際に金額の考え方が変わる点が大きな特徴かもしれません。

例えばSIMフリーのiPhone 7の価格は、
32GBで72,800円(税別)
128GBで83,800円(税別)
256GBで94,800円(税別)
となります。

SIMフリーのiPhone 7を購入の際には、この金額を支払わなくてはなりません。
一括で現金で支払うことも可能ですし、クレジットカードなどで分割で購入することも可能です。しかし、基本的にこの金額を支払って、iPhone 7の本体を購入し、それとは別にMVNOと通信の契約をしなくてはなりません。

キャリアとは?SIMフリー端末とは?

対して、キャリアでの購入の際には2年間の分割購入を前提に、様々な割引サービスが適用され、

例えば機種変更の場合
32GBで約2~3万円
128GBで約3~4万円
256GBで約4~5万円
程度の実質負担額となっています。

これは、キャリアの場合、その分毎月の通信費用がMVNOに比べて割高なので、どちらが良いとは言えないのですが、キャリアが複雑な料金体系なのに対し、SIMフリーのiPhone 7の支払いは単純明快です。
上記金額はAppleの公式の金額なので、もし安くSIMフリー iPhone 7を買うことができれば非常にお得になるかもしれません。

SIMフリー iPhone 7 はどこで買う?

それでは、SIMフリーのiPhoneはどこで買えばよいのでしょうか?

Apple公式オンラインストア

まずはなんと言っても、Appleで購入するのが一番安心です。Apple公式のオンラインストアでの購入がおススメです。

Apple公式オンラインストア

Appleの公式なので、一番安心なサイトです。手続きも難しくないので特に問題がなければ、ここで買うのが一番良いかもしれません。

Apple iPhone 7 購入ページ

Apple Store

インターネットでの注文はヤダ、直接見て購入したいという人は、お近くのApple Storeの実店舗に行ってはいかがでしょうか? 銀座・渋谷・表参道を初めとして、大阪・名古屋・福岡・仙台などにもあります。

Apple Store

Apple Storeに行くと、SIMフリーiPhoneはもちろん、各キャリアの通信が入ったiPhoneも購入できるようです。

インターネット通販

SIMフリーのiPhone 7 は、Apple Store以外でも通販大手の「Amazon」や「楽天市場」などにも出品があります。公式ではないので販売店をしっかりと見極めて購入しましょう。

値段も安かったり高かったり、時間と共に細かく変化したりするので、小まめにチェックして安い時に購入することができれば、かなりお買い得に「SIMフリー iPhone 7」を手に入れることができるかもしれません。

注意事項としては、キャリア版も売っているので、ちゃんとSIMフリー版を探すこと。またSIMフリーでも、「アメリカ版」や「香港版」など、海外で売っているSIMフリー端末の場合もあるので、注意しましょう。

SIMフリー iPhone を購入する注意点

SIMフリースマホを買う際にネックとなるのが、キャリアと違って詳しいサポートが受けにくいという点があります。
もちろん、どこの通信会社にするのかは自分で決めなくてはいけないですし、その契約手続き、SIMの出し入れや設定も自分でやらなくてはいけません。

SIMフリーiPhone購入時は初期設定も自分で

初心者にはそこがわかりにくくネックになってきますが、通信会社さえ決めてしまえば、そのMVNOのサポートを受けることができる場合が多いので、それほど難しくはありません。

またMVNOで購入する際に、iPhone 7に対応しているSIMであることをしっかりと確認しましょう。iPhone 7 は「nano sim」サイズですが、同じnano simでも、一部MVNOではiPhone 7 に対応しているものと対応していない「nano sim」がありますので、注意が必要です。

SIMフリー iPhone 7 に対応したおススメSIM

SIMフリーのiPhoneは根本的にはグローバルモデルですので、ほとんどのMVNOが対応するSIMを販売しています。
選べるからこそ迷ってしまうところですが・・・

せっかくSIMフリーiPhone 7を買うなら、少しでも安く運用してキャリアのiPhone 7を使っている人と差をつけたいですね。モバレコが運営する「モバレコ バリューストア」では通信料金が安いだけでなく、初期費用を安く格安SIMを購入することができます。その中から一般ユーザーにおススメのSIMをいくつか紹介します。

U-mobile

U-mobile
公式初期費用 : 3,394円 (税抜)が
モバレコ バリューストアで初期費用0円になるプラン

UQ-mobile

UQ-mobile
公式初期費用 : 3,000円 (税抜)が
モバレコ バリューストアで初期費用1,150円になるプラン

BIGLOBE

BIGLOBE
公式初期費用 : 3,000円 (税抜)が
モバレコ バリューストアで初期費用2,000円になるプラン

まとめ

日本では、キャリアが端末に自社の色を押し出したがる傾向にありますが、iPhoneはどのキャリアでもSIMフリーでもあまり変化はありません。だからこそ、SIMフリーで購入するなら、できるだけ安く購入し、できるだけ安い通信料金で運用したいものです。

iPhone 7は一括で購入するには少々高い買い物ですが、一度買ってしまえば、月々の料金はキャリアに比べて格段と安くなります。
SIMの設定も最初はわかりにくいかも知れませんが、モバレコを初めとしてネット上に様々な情報が載っている時代、決して難しいものではありません。

iPhone

この際にSIMフリーのiPhoneを購入してみてはいかがでしょうか?

おまけ情報ですが、iPhoneを下取りに出す場合、基本SIMフリー版の方が高く売れる傾向にありますよ!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp