【iOS8新機能】探したい情報を一括検索できるSpotlight検索の便利な使い方を解説

書いた人: 小枝祐基

カテゴリ: iPhone, iPhoneの標準機能, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【iOS8新機能】探したい情報を一括検索できるSpotlight検索の便利な使い方を解説

Spotlight(スポットライト)検索とは、ざっくりいうと、iOSの持つ一括検索機能のことです。
「あのアプリ、どこにしまったっけ?」「すぐにあの曲が聴きたい!」「この前のメールサクッと確認しよう」などなど、何かを探したい時に特定のアプリを立ち上げることなく、ダイレクトに検索をかけられるので便利ですが、これまではiPhone内にあるアプリや音楽、メール、テキストなどの内部検索が主な使い方でした。
しかし、iOS 8からは、App StoreやiTunes Store、iBook Storeのコンテンツに加え、Wikipediaや推奨サイト、Bing検索といった外部情報の検索も行うようになり、より利用の幅が広がりました。

今回は進化したSpotlight(スポットライト)検索の基本操作から、便利な使い方までを解説していきたいと思います。

Spotlight(スポットライト)の基本操作

まずはSpotlight(スポットライト)検索の使い方を説明します。
といっても使い方はとてもシンプル。検索画面を呼び出してキーワードを入力し、あとは検索結果を確認するだけ。
検索結果はジャンルごとにわかりやすくリストアップされ、必要な情報をすばやく見つけることが可能です。

検索画面の呼び出しは、ホーム画面で指をのせ、下方向にスワイプします。このとき、上端に指が触れると通知パネルが引き出されるので注意しましょう。

下方向にスワイプすると
Spotlight(スポットライト)検索が呼び出せます。
キーワードを入力して検索すると
ジャンル別に結果がリストアップされます。

Spotlight(スポットライト)で、どう便利になる?

冒頭でも触れましたが、iOS 7まではおもにiPhone内部の検索に特化していたSpotlight(スポットライト)検索ですが、iOS 8では外部の情報も検索候補に含まれるようになりました。
ここでは、iOS 8で追加されたそれぞれの検索結果を見ていきましょう。

App Store内のアプリ検索

iPhoneに検索するアプリがインストールされていない場合はApp Storeの検索結果が表示され、ここからApp Storeにアクセスが可能です。
検索したアプリがすでにiPhoneにインストールされている場合は、アプリのアイコンが表示され、そのままアプリを起動することができます。

iTunes Storeでアーティスト検索

iTunes Storeでアーティストを探す場合は、そのアーティスト名をダイレクトに入力すればOKです。アーティストの曲がiPhoneに入っている場合は、その曲もリストアップされます。なお検索したアーティストの楽曲をiTunes上で取り扱っていない場合には、iTunesの結果は表示されません。

iBook Store

本の検索を行う場合、iBook Storeで取り扱いがあれば、タイトル名を入力すると検索がヒットします。
タイトルがわからない場合も、著者名で検索を行うと、ヒットする可能性があります。

Wikipedia

検索した用語がWikipediaに登録されている場合、検索結果に表示されます。
Wikipediaに関しては、検索結果一覧をタップして、さらに用語の概要や、場合によってはイメージ写真をSpotlight(スポットライト)上で確認ができます。「記事をすべて読む」をタップすると、Safariが起動してWikipediaの掲載ページにアクセスします。

推奨サイト&ニュース

検索エンジンや大手通販サイトなどなど、検索したキーワードから推奨されるWebサイトや、キーワードに関連するニュースサイトなどをピックアップしてくれます。
サイト名をタップするとそのままSafariで該当ページにアクセスします。

BingのWeb検索結果

Bingに限られますが、キーワードによるWeb検索にも対応しました。検索キーワードを入力すると、Webページのトップヒット3つまでがリストアップされます。
ただし検索時に、用語の間にスペースを入れてしまうと検索結果が表示されません。

Spotlight(スポットライト)検索をより便利に使うために

検索の対象が増えて用途の幅が広がった反面、シンプルに使いたい人にとっては検索結果が見づらくなってしまうことも。そんな時には、Spotlight(スポットライト)検索の設定を見直してみましょう。
iOS 8で用意されている14種類の検索項目のうち、初期設定では全項目にチェックが入っていますが、任意の項目のチェックを外すだけで検索の対象から除外することができます。
また並びの順序を変更すれば、検索結果の表示順の優先順位を変更もできます。

Spotlight(スポットライト)検索の設定を変更する

設定アプリで「一般」を選択し
「Spotlight(スポットライト)検索」をタップします。
Spotlight(スポットライト)検索の対象項目から
任意の項目のチェックを外して除外できます。
項目名の右手のアイコンを長押しし
表示したい順番に並び替えができます。

Safariの設定を見直す

Spotlight(スポットライト)検索はSafari上でも使用することができます。設定をしておくと、Safariでキーワード検索を行う際に、Spotlight(スポットライト)の候補が検索フィールドの一番上に表示されるようになります。
なお表示される候補はトップのひとつのみとなります。

設定アプリで「Safari」を選び
「Spotlight(スポットライト)の検索候補」をオンにします。
検索フィールドにSpotlight(スポットライト)の候補が表示され
キーワードにより候補が変化していきます。

補足:「Spotlight(スポットライト)の検索候補とプライバシーについて」

規約には、Spotlight(スポットライト)を使用すると、検索候補や関連データ、位置情報などがAppleに送信される旨が記載されています。

気になる人は上記で説明をした設定→一般→Spotlight(スポットライト)検索から「Spotlight(スポットライト)の検索候補」と「BingのWeb検索結果」のチェックを外します。位置情報については、設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービスと進み、「Spotlight(スポットライト)の検索候補」をオフにしておくと良いでしょう。

まとめ

Spotlight(スポットライト)検索の機能は知っていても、これまで積極的に利用していなかったという人も多いと思います。
ですが、iOS 8で外部検索に対応し、さらに進化したSpotlight(スポットライト)なら、特に意識をせず、Webの検索もコンテンツの検索も、もちろんiPhone内の探し物にも便利に活用できます。
何をするか迷ったらまずはSpotlight(スポットライト)…という使い方が今後定着するかもしれませんね。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!