格安SIM初心者必読!自分に合ったプランを選ぶための3つのポイント

書いた人: 菊池拓哉

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
初心者必読! 自分に合った格安SIMを選ぶための心得

キャリアと比べると格安SIMの料金プランは数が多く、そのぶんサービス内容も細分化されています。
音声通話SIMを使うかデータ専用SIMを使うか、データ容量はどのくらいのものを選べばいいのか等々……選択肢が多すぎて悩んでしまう方も多いはず。

そこでこの記事では、格安SIMを選ぶ際に心がけたい3つのポイントを紹介していきます。

目次:

音声通話SIMとデータ専用SIMのどちらを選べばいいの?

格安SIMは大きく分けて2種類あります。ひとつは、音声通話対応SIM。キャリアのスマホからMVNOしてそのまま電話番号を引き継ぎたい方や、仕事などで音声通話を頻繁に使う方は、こちらのSIMを使いましょう。

そしてもうひとつが、データ通信専用SIMです。こちらのSIMでは電話回線を使った音声通話ができません。しかしその分、音声通話SIMよりも月額料金が割安となる傾向にあるので、普段あまり通話を利用しない方や、ガラケーとの2台持ちを検討している方にオススメです。

なおデータ通信専用SIMでも、LINEやIP電話アプリを使えば通話することは可能です。キャリアで使っていた電話番号に特にこだわりがないのであれば、思い切ってIP電話サービスを契約して新たな電話番号を作るのもいいでしょう。

ただし、LINEやIP電話では、電話回線ではなくデータ通信を利用して通話が行われるため、通信が混雑する時間帯にはつながりにくくなる可能性があります。また、SIMの通信容量をオーバーして速度制限がかかってしまった場合は、安定した通話ができなくなることもあるので注意しましょう。

IP電話アプリの代表的なものは、NTTコミュニケーションズが提供する「050 plus」ですが、こちらのサービスは月額基本料の324円(税込)にプラスして毎回の通話料金もかかるため、通話量次第では割高になってしまいます。

OCN モバイル ONE 050 plus SIMパッケージ」には、「050 plus」の月額基本料が半額になる特典があるので、少しでも出費を抑えたい方はこちらを使いましょう。

OCN モバイル ONE 050 plus SIMパッケージ
「OCN モバイル ONE 050 plus SIMパッケージ」では「050 plus」のIP電話サービスを月額162円(税込)で利用できる

SIMのデータ容量はどれくらいのものを選べばいいの?

音声通話SIMとデータ通信SIM、どちらのSIMを使うか決めたら、次の悩みどころはデータ容量です。格安SIMには、月々の上限が1GBのものから無制限のものまで、幅広いプランが用意されています。

ここでチェックしたいのが、現在使っているスマホの通信量。「自宅では基本的にWi-Fi接続で通信を行い、外出先でも必要最低限の通信しか行わない」という方は、1GB〜2GBのプランを使えば月額料金をグンと抑えることができます。仮に通信容量をオーバーしてしまっても、追加のチャージ料金を支払えば速度制限を回避することができるので、まずは最低容量のものをお試しで使ってみるのもアリでしょう。

しかし、「自宅にWi-Fi環境がなく、ネットサーフィンや調べ物もパソコンではなくスマホで行うことが多い」という方は、これらの低用量プランでは物足りないはず。そんな方にオススメなのが、「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」を始めとする、データ容量無制限の格安SIMです。月額利用料金だけを見ると、ほかの格安SIMに比べてやや割高ですが、速度制限を気にせずに通信を利用できるのはやはり魅力的でしょう。

ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン
「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」は月額通信料2,980円(税込)で定額無制限の通信が可能

低容量プランを使っていても、チャージを繰り返して結局割高になってしまうくらいなら、最初から無制限プランを選んでしまった方がお得でしょう。

通信速度はどれくらい必要?

音声通話SIM、データ通信専用SIMを問わず、スマホユーザーなら誰しも気になるのが通信速度です。

3大キャリアと比較すると、格安SIMの通信速度は全体的に低速な傾向にあります。しかし、最近ではLTE対応のSIMが主流となっていることもあり、使い勝手の面ではさほど気にならなくなってきました。

とは言え、ストレスなくデータ通信を利用したいのであれば、最大150Mbps程度の通信速度は欲しいところ。日本通信が提供する「b-mobile SIM 高速定額」などは、高速通信に対応しているうえに、通信容量の制限もないのでオススメです。

b-mobile SIM 高速定額
月額2,138円(税込)で利用できる「b-mobile SIM 高速定額」

一方で「通信速度は二の次! とにかく月額料金を抑えたい」という場合は、多数のWi-Fiスポットを無料で提供している「ワイヤレスゲート 480円プラン」を検討してみるのもいいでしょう。

ワイヤレスゲート 480円プラン
「ワイヤレスゲート 480円プラン」は最大通信速度250kbpsと低速ながら月額480円(税込)と業界最安クラス

このプランは最大通信速度が250kbpsと低速な代わりに、全国4万カ所のWi-Fiスポットを利用できます。外出先であっても、Wi-Fiがつながる場所であれば、ストレスなく快適な通信を利用できるでしょう。

さいごに

いかがでしたか? これから格安SIMの購入を検討している方は、ここで紹介した注意点を踏まえて、自分に合ったお得な格安プランを見つけてみましょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

菊池拓哉

菊池拓哉

株式会社エディトル所属の編集者/ライター。IT系雑誌やムックの編集業のほか、コミック、文芸、お笑い、ライフハックなど多彩な分野の記事を執筆。愛用端末はiPhone 6。