工夫次第で料金が安くなるかも?確認しておきたいドコモの料金プランまとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
カケホーダイ&パケあえる

情報量の多いケータイの料金プランですが、苦手意識を捨てて確認してみると意外とシンプルだったりするものです。

今回はドコモの料金プランや月額料金をまとめてみたので、この機会にもう一度見直してみましょう。もしかしたら、毎月の料金を安くできるかもしれません。

※金額は全て税別

目次:

新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」をおさらい

カケホーダイ

ドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」は、24時間通話料無料の「カケホーダイプラン」と家族みんなでムダなくパケットを分けあえる「シェアパック」がポイント

まずは料金設定を確認していきましょう。

基本プラン

プラン名 月額基本料金
2年契約加入時 2年契約未加入時
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2,700円 4,200円
カケホーダイプラン(ケータイ) 2,200円 3,700円
データプラン(スマホ/タブ) 1,700円 3,200円
データプラン(ルーター) 1,200円 2,700円

2年契約は自動更新で2年単位での契約。更新月(契約期間満了の翌請求月)以外に解約する場合には9,500円の契約解除料がかかります。

パケットパック

プラン名 データ通信量 月額料金 1GBあたりの料金
データSパック 2GB 3,500円 1,750円
データMパック 5GB 5,000円 1,000円
データLパック 8GB 6,700円 838円
シェアパック10 10GB 9,500円 950円
シェアパック15 15GB 12,500円 833円
シェアパック20 20GB 16,000円 800円
シェアパック30 30GB 22,500円 750円

インターネットを利用するには、この他にインターネット接続サービス「spモード(月額300円)」を契約する必要があります。

利用可能データ量を超過した場合、通信速度が最大128kbpsに制限される「リミットモード」となります。

スピードモード/1GB追加オプション

リミットモードになってしまっても、「スピードモード」または「1GB追加オプション」を利用することで通常の通信速度での通信が可能です。

スピードモードは、10GBまで1GB単位で、または無制限で事前にデータ量を追加しておけるというもの。課金されるのは実際に利用したデータ量に対して1GBごとに1,000円です。

1GB追加オプションは、通常速度での利用可能データ量を1GBあたり1,000円で都度購入できるサービスです。

なお、スピードモードで設定したデータ量を超過した際に1GB追加オプションでデータ量を購入することも可能となっています。

パケットくりこし

データパックM・L、シェアパック10~30は、利用可能データ量を使い切らなかった場合に使わなかったデータ量を1GB単位で翌月に繰りこす「パケットくりこし」が適用されます。これにはスピードモード/1GB追加オプションで追加したデータ量も含まれます。

シェアオプション

月額500円のシェアオプションを契約することで、同一ファミリー割引グループ内の回線でシェアグループを設定でき、代表回線が契約したシェアパックのデータ量を最大10回線で共有することができます。

ずっとドコモ割

「ずっとドコモ割」はドコモ利用年数に応じてパケットパックの料金が自動的に割引になるサービスです。割引額は以下の通り。

プラン名 ドコモ利用年数
5年以上 8年以上 10年以上 15年以上
データSパック -600円
データMパック -600円 -800円
データLパック -600円 -800円
シェアパック10 -300円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック15 -300円 -600円 -800円 -1,000円
シェアパック20 -600円 -800円 -1,000円 -1,500円
シェアパック30 -800円 -1,000円 -1,500円 -2,000円

なお、シェアパックを契約している場合は、代表回線のドコモ利用年数に応じての割引になります。

U25応援割

利用者が25歳以下の場合、「U25応援割」でカケホーダイプラン(2年契約)の基本使用料が500円割引になります。さらに、パケットパックのデータ量にボーナスパケット1GBが追加されます。

なお、このボーナスパケットの1GBは、パケットくりこしの対象にはなりません。

U25応援特割

新規契約の際に25歳以下であれば「U25応援特割」が適用され、基本使用料が最大12ヶ月1,350円割引になります。さらに、同一シェアグループ内の家族も基本使用料が1,350円割引となります。

実際に支払う月々の利用料金は?

利用料金の詳細

続いて、実際に支払う金額が月々どれくらいになるか計算してみましょう。

1人の場合

各データプラン毎の料金は以下の通り。

カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2,700円
SPモード 300円
パケットパック 2GB 5GB 8GB 10GB 15GB 20GB 30GB
3,500円 5,000円 6,700円 9,500円 12,500円 16,000円 22,500円
合計 6,500円 8,000円 9,700円 12,500円 15,500円 19,000円 25,500円

4人家族

4人家族で、シェアパックを契約した際の料金は以下のようになります。

カケホーダイプラン(スマホ/タブ) × 4 10,800円
SPモード × 3 1,200円
パケットパック 10GB 15GB 20GB 30GB
8,000円 12,500円 16,000円 22,500円
シェアオプション × 3 1,500円
4人合計 21,500円 26,000円 29,500円 36,000円
1人あたり 5,375円 6,500円 7,375円 9,000円

U25応援特割があれば、1回線あたり1,350円以上の割引があるため、非常におトクです。

2台目プラス

データS・M・Lパックでも、カケホーダイプランと同一名義でデータプランを契約する場合には利用可能データ量がシェア可能となっています。スマホとタブレットの2台持ちをする際などは、月額料金がおトクになります。

主回線 副回線
カケホーダイプラン(スマホ/タブ) 2,700円 データプラン(スマホ/タブ) 1,700円
SPモード 300円 SPモード 300円
パケットパック 2GB 5GB 8GB シェアオプション 500円
3,500円 5,000円 6,700円
合計 6,500円 8,000円 9,700円 合計 2,500円

いずれのパターンも、記したものから各種オプションサービス料金が追加されたり、割引サービスで料金が引かれたものが実際の請求額になります。

まとめ

ドコモの場合は新規で旧プランを契約することができないため、計算が少しラクです。

また、 25歳以下のユーザーへの割引が非常におトクなので、さらに月額料金を安くすることができます。これらを考慮し上手に契約することで、毎月の固定費を削減していきましょう!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?