au「isai Beat LGV34」レビュー!エンターテイメント性を重視したハイエンドスマートフォン

書いた人: あさひな

カテゴリ: auスマホのレビュー, レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
au「isai Beat LGV34」レビュー!エンターテイメント性を重視したハイエンドスマートフォン

2016年11月18日にauから発売されたisai Beat LGV34をレビューします。ハイスペックな性能に個性的なオーディオ機能とカメラ機能を併せ持ち、秋冬モデルの中でも”異彩”を放っているスマートフォンです。それでは詳しく見ていきましょう。

目次:

isai Beat LGV34のスペックを確認

isai Beat LGV34 スペック情報(参照:製品ページ
サイズ 高さ 約149 × 幅 約72 × 厚さ 約8mm
OS Android 7.0 Nougat
重量 約146g
SoC Qualcomm Snapdragon 820 Octa-core
(2.2GHz Dual-core+1.6GHz Dual-core)
RAM 4GB
ROM 32GB
外部メモリ microSDXCカード(最大256GB)
バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 約5.2インチ WQHD(2,560 × 1,440)
カメラ アウトカメラ 約1,600万画素+約800万画素(広角カメラ)
インカメラ 約500万画素
カラー チタン・ゴールド
備考 防水・防塵・おサイフケータイ・ワンセグ・フルセグ・VoLTE
AnTuTu Bencmark v6.2.6のスコアGeekbench 4のスコア

AnTuTu Bencmark v6.2.6とGeekbench 4のスコア

Snapdragon 808のisai vividよりも飛躍的にスコアが伸びています。記事執筆時点で国内で販売されているスマートフォンの中で最新かつ最強のSoCを搭載。高いスペックを要求するゲームもバリバリ動かせる性能なので、性能不足を感じることはまずないでしょう。

外観・デザインをチェック

isai Beat 前面

前面
isai Beat 背面

背面
isai Beat 右側面にはnanoSIMカード+microSDカードスロット

右側面にはnanoSIMカード+microSDカードスロット
isai Beat ピンを差し込むとトレイが出てくる仕組み

ピンを差し込むとトレイが出てくる仕組み
isai Beat 左側面にはボリュームボタン

左側面にはボリュームボタン
isai Beat 上部には赤外線(リモコン機能のみ)とマイク

上部には赤外線(リモコン機能のみ)とマイク
isai Beat 下部はスピーカー・USB Type-C・マイク・イヤホンジャック

下部はスピーカー・USB Type-C・マイク・イヤホンジャック
isai Beat メタルボディだが、一部分はプラスチック

メタルボディだが、一部分はプラスチック
isai Beat IPX5/IPX7の防水、IP6Xの防塵性能を備える

IPX5/IPX7の防水、IP6Xの防塵性能を備える
isai Beat 手になじむサイズ感

手になじむサイズ感

ベースとなったLG V20は約5.7インチのディスプレイを搭載しているのに対し、isai Beatは約5.2インチになっています。解像度などの基本スペックはそのまま小型なボディに詰め込んでおり、片手でも使いやすい大きさにまとまっています

LGのグローバルモデルをベースにauがローカライズしているのが特徴のisaiシリーズ。しかし、isai Beatはシリーズで初めてデザインがほとんど変わっていないモデルです。良く言えば継承、悪く言えば流用でしょうか。個人的には少しオリジナリティを出してほしかったと思いました。

Bang&OlufsenコラボとQuad DACで強化されたオーディオ機能

32bit Hi-Fi Quad DAC

32bit Hi-Fi Quad DAC

一般的なスマートフォンのDACは1つですが、isai Beatはクアッド構成のDACが並列でD/A変換行うことでノイズを50%低減しています。また、不可逆圧縮ファイルや低解像度の音源でも、アップスケーリングして高音質で再生可能です。

ハイレゾ音源の再生に対応

ハイレゾ音源の再生に対応

ハイレゾーリューションオーディオ(以下、ハイレゾ)は、CDよりも原音に近い情報量を持っています。プリインストールされている音楽青プリは多様な再生フォーマット(DSD / FLAC / ALAC / WAV / AIFF)に対応しており、音楽配信サイトのハイレゾ音源を再生できます。

背面下部にB&Oのロゴが入っている

背面下部にB&Oのロゴが入っている

オーディオ・ビジュアルブランドの「Bang&Olufsen」とコラボレーションしています。サウンド機能のチューニングを担当している証として、本体にロゴが入っています。原音に忠実でバランスのとれた音楽体験を提供できるとのことです。

Hi-Fi Quad DAC機能

Hi-Fi Quad DAC機能

接続機器の最適な音質を自動で設定してくれます。SHUREのSE535 LTD-Jを接続して試してみたところ、音場が広がって立体感が増したように感じました。ON/OFFを切り替えて聴き比べると違いが明確にわかると思います。

イコライザで好みの音に

イコライザで好みの音に

イコライザー(EQ)は、ボーカールを前に出したり低音を強調したりして音を変えられる機能です。イヤホンや曲に合わせて変えてみると良いでしょう。筆者はロックを低音強調、その他はQuadBeatがしっくりきました。

スピーカーはやや迫力不足

スピーカーはやや迫力不足

イヤホンジャックから出力される音は確かに良かったのですが、本体内蔵のスピーカーはいまいちでした。決して悪いわけではないのですが、ステレオスピーカーのスマートフォンが増えてきている中で、オーディオ機能をウリにしているならもうひと頑張りしてほしかったところ。

2つのカメラの役割と作例をチェック

isai Beatのカメラ機能

iPhone 7 Plusとisai Beatのカメラ

iPhone 7 Plusとisai Beatのカメラ

どちらもアウトカメラが2つあります。isai Beatは、光学手ブレ補正対応で75度のカメラ(F1.8 / 約1,500万画素)と、135度の広角カメラ(F2.4 / 約800万画素)で構成されています。iPhone 7 Plusは望遠カメラを搭載していますから、機能は対極的と言えます。

デュアルLEDフラッシュと赤外線センサーによるレーザーAFに対応

デュアルLEDフラッシュと赤外線センサーによるレーザーAFに対応

2つのカメラの間にはデュアルLEDフラッシュライトと赤外線レーザーを搭載しています。赤外線レーザーはレーザーオートフォーカスに使用されており、高速で正確なピント合わせを実現します。また、暗所でも性能を発揮できるのも特徴です。

細かい調整ができるカメラアプリ

写真のマニュアルモード

写真のマニュアルモード
動画のマニュアルモード

動画のマニュアルモード
マイナーな比率にも対応

マイナーな比率にも対応

写真と動画どちらもマニュアルモードが用意されており、シャッタースピードやISO感度などを手動で設定できます。ちなみに、動画撮影時は録音レベルが調整できるので、ライブ会場などでも音割れを防ぐことができます。また、解像度は16:9の4K(UHD)や21:9のシネマサイズに対応しており、クリエイティブな用途でも活躍してくれること間違いなしです

作例で性能を確認

isai Beatで実際に撮影した作例をご紹介します。設定はすべてオートで撮影しました。写真はクリック・タップすると大きなサイズで表示できます。

isai Beat カメラ作例 紅葉

紅葉
isai Beat カメラ作例 もみじを接写

もみじを接写
isai Beat カメラ作例 花を接写

花を接写
isai Beat カメラ作例 油そば

油そば

ここからは広角カメラの実力を見ていきます。同じ位置から2つのカメラを切り替えて撮影しました。画角と画素数の違いに注目してください。

isai Beat カメラ作例 標準レンズ

標準レンズ
isai Beat カメラ作例 広角レンズ

広角レンズ
isai Beat カメラ作例 標準レンズ

標準レンズ
isai Beat カメラ作例 広角レンズ

広角レンズ

標準レンズと広角レンズは画角が異なるだけでなく、F値・画素数・光学手ぶれ補正において性能差があります。性能面では標準レンズが勝っているため、広角で撮りたい時のみ広角側を使うといいでしょう。

便利機能をピックアップ

セカンドスクリーン

右上に1040×160ドットのセカンドスクリーンが配置されている

右上に1040×160ドットのセカンドスクリーンが配置されている

フィーチャーフォンのサブディスプレイのように、日付と時計を常時表示しておいたり通知内容を表示することができます。表示領域が小さい分、消費電力が低くなっています。筆者はスマートフォンを腕時計代わりに使っているので、重宝しました。

表示内容のカスタマイズ画面表示内容のカスタマイズ画面

表示内容のカスタマイズ画面

アプリやツールの配置、署名の表示にも対応しています。スワイプで表示内容を切り替えられます。大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズで、視認性と操作性を犠牲にしていません。

指紋認証センサー

背面の指紋センサー

背面の指紋センサー

電源ボタンと指紋認証センサーが一体型になっており、押し込むと電源ボタンとして機能します。ロック解除に指紋を設定しておけば、スリープ状態でセンサーに触れるだけでロック解除できて便利です。電源ボタンを押す必要はありません。センサーの位置的に、人差し指が使いやすいと思います。

Qリモート

Qリモートでisai Beatがリモコンに

Qリモートでisai Beatがリモコンに

携帯端末の赤外線センサーといえば、連絡先や写真の交換をイメージすると思いますが、isai Beatはこのような赤外線通信機能は使えません。かわりにテレビやエアコンなどのリモコン対応の家電を操作できます。複数のリモコンをスマートフォン1台にまとめることができる便利な機能です

マルチウィンドウ機能

マルチウィンドウ機能マルチウィンドウ機能

タマルチタス画面で分割表示したいアプリを選択し、マルチウィンドウで2つのアプリを同時に表示

マルチウィンドウアイコンが出ているアプリは画面を分割して同時に表示可能。この機能はAndroid 7.0 Nougatで正式に対応しました。記事執筆時点で最新のOSを搭載している機種は少ないので、ぜひ活用してほしい機能のひとつです。

まとめ:オーディオとカメラがウリのハイエンドスマートフォン

isai Beatは、その名前の通りオーディオ機能にこだわったスマートフォンです。音楽プレイヤーとしても十分に使える性能を持っています。

また、最近は高性能なカメラをアピールしているスマートフォンが増えてきましたが、本機は一味違います。画質だけでなく、マニュアル撮影の自由度の高さは圧倒的です

もちろんオートでもきれいに撮影できるのですが、こだわって撮影したいという要望にも柔軟に応えてくれるでしょう。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。