SHARP AQUOS SH-M04をレビュー!国産ならではのSIMフリースマホの魅力とは?

書いた人: 佐々木 翼

カテゴリ: AQUOS

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARP AQUOS SH-M04をレビュー!国産ならではのSIMフリースマホの魅力とは?

SIMロックフリースマートフォンの大半は海外製品ばかりで、おサイフケータイや防水に対応した機種は未だに珍しい存在です。おサイフケータイや防水防塵といったガラパゴス機能はユーザーにとっても需要が高いものです。

今回はおサイフケータイ・防水防塵に対応したSHARP(シャープ)の国産SIMロックフリースマートフォン、「AQUOS SH-M04」の魅力を伝えていきたいと思います!

目次:

まずは製品のスペックを確認

まずはAQUOS SH-M04を使っていくうえで重要となる、基本スペックを確認してみましょう。

AQUOS SH-M04のスペック(参照:SHARP製品ページ)
サイズ 高さ 約143mm ✕ 幅 約71mm ✕ 厚さ 約8.3mm
重さ 約138g
バッテリー容量 2,700mAh
ディスプレイ 約5インチ
1,280×720ドット IGZO液晶
OS Android™6.0 Marshmallow
メモリ RAM:2GB
ROM:16GB
CPU Qualcomm Snapdragon 430 オクタコア 1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
対応SIMカードサイズ nanoSIM
カメラ アウトカメラ:1,310万画素
インカメラ:500万画素
その他 microSD(最大256GBまで対応)/Wi-Fi(IEEE 802.11 g/b/n)
Bluetooth 4.2/おサイフケータイ/防水防塵(IPX5/8/IP6X)

AQUOS SH-M04の特徴は、何と言ってもおサイフケータイIPX5/8及びIP6Xに準拠した防水防塵に対応していることです。水周りの作業が多い場合でも安心して利用出来ます。

また、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しているAQUOS SH-M04は、楽天EdyやWAONといった各種電子決済サービスに対応しています。

Android Payで決済した様子
Android Payで決済した様子

ディスプレイは5インチ 1,280×720ドットと決して高いものではありませんが、省電力性に貢献しているIGZO液晶や強度が非常に高いCorning® Gorilla® Glass 4を採用しています。

外観をチェック

AQUOS SH-M04は丸みを帯びたラウンドデザイン仕様となっています。この仕様により、握りやすく手から滑ることなくしっかりとホールド出来ます。

AQUOS SH-M04の背面
AQUOS SH-M04の背面

充電端子は最近多く採用されているUSB Type-Cではなく、従来のmicro USB ケーブルを使います。ストラップホールが付いているのは嬉しいポイントです。音量・電源ボタンは右側に配置されており、どちらも物理ボタンとなっています。

今までのmicro USBを採用
今までのmicro USBを採用
国産スマホらしくストラップホールがついている
国産スマホらしくストラップホールがついている
物理ボタンの音量・電源キー
物理ボタンの音量・電源キー

シャープの独自機能である「モーションでON/OFF」がかなり便利で、手に持っただけでディスプレイが点灯します。いちいち電源ボタンを押す必要が無いのがいいですね。

背面カメラは限りなくフラットですが、若干突起しています。突起しているといっても本当に0.1mmあるかないかのレベルなので気にならないでしょう。

ディスプレイ下部にはLEDが配置されています。このLEDは通知ランプとしての役割だけでなく、「ヒカリエモーション」として機能します。

「ヒカリエモーション」は井出 音 研究所とのコラボレーションでデザインされたもので、例えば着信時の相手との関係で光り方が変化し、生命感あふれるイルミネーションを演出してくれます。従来のLEDランプとは違い、とても新鮮でみていて面白い仕組みだと思いました。

ヒカリエモーション採用
ヒカリエモーション採用
限りなくフラットなカメラ
限りなくフラットなカメラ

ディスプレイは2.5D加工がされていないため、保護フィルムやガラスフィルムを貼る際に、端っこが余ってしまうといった問題がありません。

カメラの基本性能

カメラは1,310万画素です。自分流の表現がプラスできる「おすすめプラス」を搭載しているため、コントラストやシャープネスを自分好みに調整することで、更に表現力の高い撮影ができます。

アウトカメラの絞り値はF2.2となっているため、イルミネーションがキレイな今の季節でも活躍できるでしょう。
インカメラは500万画素、画角が約85度と広いため、背景も余すこと無く映すことが出来ます。

カメラ作例:お弁当
お弁当
カメラ作例:観葉植物
観葉植物
カメラ作例:イルミネーション
イルミネーション

シャープの独自機能が便利

シャープ製のスマートフォンにはメーカー独自の機能が盛りだくさんです。本体を持ったまま手首をひねるだけで、一つ前に戻る事が出来る「ツイストマジック」。

満員電車でスクロールすら出来ない場合でも、自動でスクロール出来る「スクロールオート」など、シャープならではといえるユーザーの利便性を考えた便利な機能が多いです。

ツイストマジックのイメージ図
ツイストマジックのイメージ図

特にスクロールオートは便利で、掲示板サイトや長文記事などを読む際に、自動でスクロールすることで、指を動かすことなく読めるほか、場所が狭い空間でも無駄なスペースを使わずにスクロール出来るため、とても重宝しました。

スクロールオート
スクロールオート

取扱しているMVNOと価格

AQUOS SH-M04を取り扱いしているサイトですが、「楽天モバイル」「BIGLOBE SIM」で販売しています。同モデルのAQUOS SH-M04-Aが「IIJmio」「DMM mobile」にて取り扱いとなっています。

楽天モバイルは2017年1月13日AM9時59分までの購入で、3000円引きの26,800円で販売。

BIGLOBE SIMは33,120円ですが、2017年1月10日までにアンケート回答することで3,000円引きされるクーポンを配布しています。

IIJmioは一括で32,800円で販売しており、DMM mobileは29,800円での取り扱いとなっています。

価格(税抜)
楽天モバイル 26,800円
2017年1月13日AM9時59分までの購入で、3000円引き
BIGLOBE SIM 33,120円
2017年1月10日までにアンケート回答で3,000円引きクーポン配布中
IIJmio 32,800円
DMM mobile 29,800円

※記事執筆時の2016年12月時点での情報です。価格表記は全て、税抜表記となっています。

評価まとめ:国産機種ならではの充実感

AQUOS SH-M04は国産機種ならではの充実した機能、スペックを備えています。

性能こそミドルレンジ向けに作られた端末ですが、防水防塵・おサイフケータイ・ストラップホールなど、長年のノウハウを活かした満足できる仕様になっていることが伺えます。特にSIMロックフリースマートフォンで、おサイフケータイが使えることがなによりも大きな特徴です

AQUOS SH-M04は、より生活に寄り添ったスマートフォンであるように感じました。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ガジェットギークを運営している。 商業・個人のメディアサイトや雑誌にも寄稿経験があるライター。 Twitter:@ggeek4