AQUOSケータイ「SH-N01」レビュー!ガラケー機種選びの幅を広げるSIMフリーモデルの使い勝手とは

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
AQUOSケータイ「SH-N01」レビュー!ガラケー機種選びの幅を広げるSIMフリーモデルの使い勝手とは

スマートフォンが幅広く普及する一方、今でもなお一部のユーザーを中心に根強い人気をほこるガラケー(フィーチャーフォン)。

ただしこれまではガラケーといえばキャリアが取り扱うモデルがほとんどで、かつ毎年リリースされる機種数も減りつつある。ガラケーユーザーにとっては機種選びに不自由さを感じる状況でした。

そんな中、SHARPでは2016年12月11日にSIMフリーのガラケー「AQUOSケータイ SH-N01」を発売。従来とは少し異なる、新たな選択肢が登場しています。

今回はこのAQUOSケータイ SH-N01について、ガラケーとしての使い勝手やSIMフリーモデルならではの特徴・注意点などをメインにレビューしていきます

目次:

シンプル&クラシックな外観デザインをチェック

AQUOSケータイ SH-N01は2つ折りの見慣れたデザインを採用したガラケーで、3色(White/Red/Black)のカラーラインナップで展開されています。

今回はWhiteのモデルを用いて、外観デザインから写真でチェックしていきましょう。

フタ側の外装には光沢感のあるプラスチックを使用
フタ側の外装には光沢感のあるプラスチックを使用
側面(右):マナーモード切り替えキーを配置
側面(右):マナーモード切り替えキーを配置
側面(下):MicroUSB端子はキャップレス防水仕様
側面(下):MicroUSB端子はキャップレス防水仕様
側面(左):クイックオープンボタン、ストラップホール、専用ドッグ用の端子がある
側面(左):クイックオープンボタン、ストラップホール、専用ドッグ用の端子がある
側面(上):折りたたみはシンプルな機構
側面(上):折りたたみはシンプルな機構
フタ側と異なり、背面はつや消しが施された質感
フタ側と異なり、背面はつや消しが施された質感

発売直後の現在は33,200円(税込)前後と比較的手頃な価格で販売されているSH-N01。デザインはシンプルで、まさにクラシックスタイルなガラケーといったところ。

フタ側に時刻や通知確認用のサブディスプレイが無い点は、少し使い勝手として気になる部分かもしれませんね。

なお扱いやすさを意識した設計として、本体左側には片手で本体をひらくことができるクイックオープンボタンが設けられています。

折りたたみ部の左側にあるクイックオープンボタン
折りたたみ部の左側にあるクイックオープンボタン
クイックオープンボタン
クイックオープンボタン
ボタンを押すだけ。片手で簡単にひらくことができる

また本体を開いた状態でのデザインもガラケーとしてまったく違和感はナシ。

SIMフリーだから...という何かはとくにない
SIMフリーだから…という何かはとくにない
慣れ親しんだテンキーに加え、クイック起動キーが3つ並ぶ
慣れ親しんだテンキーに加え、クイック起動キーが3つ並ぶ
キーの押し心地はややソフトめ。ただポチポチという感触は十分伝わる
キーの押し心地はややソフトめ。ただポチポチという感触は十分伝わる

防水・防塵設計となっているSH-N01ですが、リアカバーは取り外すことが可能。バッテリーの着脱ができるほか、SIMカードやSDカードもここから差すことになります。

取外し可能なリアカバー。防水性を担保するパッキンも見てとれる
取外し可能なリアカバー。防水性を担保するパッキンも見てとれる
バッテリーの下にSIMカードとSDカードのスロットがある
バッテリーの下にSIMカードとSDカードのスロットがある
カードスロットはスマホとは異なるつくり
カードスロットはスマホとは異なるつくり
SIMカードの種類はNano SIMになっている
SIMカードの種類はNano SIMになっている

充電は本体に設けられているMicroUSB端子を用いて行えるほか、付属の充電ドッグを使うこともできます。

立てて置ける充電ドッグが付属する
立てて置ける充電ドッグが付属する
充電ステータスや通知用にLEDランプが内蔵されている
充電ステータスや通知用にLEDランプが内蔵されている

今はまだ存在が珍しいSIMフリーモデルのガラケーですが、SH-N01についてはキャリアモデルと大きな違いは感じないデザインとなっています。

少なくとも見た目という点で、従来のキャリアガラケーユーザーが違和感を覚える、ということはほとんどないでしょう。

性能をスペック表で確認

SH-N01の主な仕様は次のとおりとなっています。

サイズ 約 113 x 51 x 16.7 mm
質量 約 131 g
CPU Qualcomm Snapdragon 210 1.1GHz(クアッドコア)
内蔵メモリ ROM 8GB/ROM 1GB
外部メモリ microSDHC 最大32GB対応
バッテリー容量 1,800mAh
ディスプレイ 約3.4インチ QHD/TFT液晶
通信・通話機能 VoLTE対応、テザリング対応、赤外線通信対応
Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth:Version 4.1
カメラ 有効画素数 約800万画素
防水/防塵/耐衝撃 IPX5/8/IP5X/MIL規格準拠

※その他詳細なスペック情報はSHARP公式サイトの製品ページにてご確認いただけます。
スペック|AQUOS ケータイ SH-N01 |製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

ガラケーとしての使い勝手は無難に確保

ガラケーの新機種登場を待ちわびているユーザー層のまず大きいところは、これまでもガラケーを使ってきた人でしょう。そうなるとまずはじめに気になる点はガラケーとしての使い勝手がどうなのかということ。

続いてはガラケーとしての使い勝手をチェックしていきましょう。

SH-N01はLinuxベースのOSを用いて設計。とはいえ、メイン画面やメニュー画面のデザインは、従来のガラケーと比べても違和感のないものになっています。

メイン画面。時計やカレンダーを配置できる
メイン画面。時計やカレンダーを配置できる
メニュー画面は選べるメニュー画面は選べる
メニュー画面はタイルデザイン、リストデザインから選べる
搭載するRAMは1GBだが、ガラケー用途ならストレスは感じない
搭載するRAMは1GBだが、ガラケー用途ならストレスは感じない

アプリ・機能の使用履歴を表示し、直近で使ったものを簡単に呼び出せる機能なども搭載されています。

本体右側面のマナースイッチを1度押すと履歴画面が開く
本体右側面のマナースイッチを1度押すと履歴画面が開く

またSH-N01では4G(LTE)通信にも対応。4Gでの音声通話が楽しめるVoLTE(ボルテ)もサポートします

4Gでの高速通信やVoLTEにも対応
4Gでの高速通信やVoLTEにも対応

通話相手も同じキャリアかつVoLTE対応機種を使っている場合は高音質通話が利用可能。またテザリングにも対応するため、例えばテザリングでPCをインターネットに接続している際に通話を受けても、PC側の操作も快適にこなすことができます。

そしてガラケーには当たり前に付いていてほしい防水・防塵設計も。

IPX5/8の防水、IP5Xの防塵設計に
IPX5/8の防水、IP5Xの防塵設計に

加えて米国防総省の軍用品調達規格、いわゆるミルスペック(MIL規格)に準拠した耐衝撃性も備えています。防水・防塵・耐衝撃による雑にも扱える頑丈な製品といえますよ

また、ガラケーユーザーの大部分が最も求める要素であるバッテリーの保ちも問題なし。

一度フル充電した後、1日あたりメールチェックを10分ほど、1~2分の音声通話を数回、およびテザリング30分使用といった使い方をしたところ、4日使用時点でのバッテリー残量は約53%ほどとなりました

数日充電を忘れても耐えられるバッテリー持ちは◯
数日充電を忘れても耐えられるバッテリー持ちは◯

もちろん使い方にもよりますが、主に待ち受けが多い人には充電の手間も大きく省くことができる安心のできといえるでしょう。

そのほかにも最近のSHARP製ガラケー・ガラホによく搭載されているタッチクルーザーEXを搭載。キー部分にタッチセンサーを内蔵しており、インターネット閲覧時など、ブラウザ上での操作(クリック/拡大・縮小)をスマホ操作のように直感的に行えます。

色付きエリアにタッチセンサーを内蔵
色付きエリアにタッチセンサーを内蔵
センサー部分を指でなぞると...
センサー部分を指でなぞると…
画面上に表示されたカーソルを操作できる
画面上に表示されたカーソルを操作できる

また、キー下部に搭載されているクイック起動キーも。

テンキー下に3つ並ぶクイック起動キー
テンキー下に3つ並ぶクイック起動キー

3つのボタンそれぞれに短押し・長押しの2つ、計6つまでの機能を割り当てられます。よく使う機能がある場合は、ぜひとも設定して便利に使いたいところ。

3つのキーに合計6つまでの機能を割り当てられる
3つのキーに合計6つまでの機能を割り当てられる
割り当てられる機能のジャンルは7つ
割り当てられる機能のジャンルは7つ
それぞれ充実のラインナップが用意されているそれぞれ充実のラインナップが用意されている
それぞれ充実のラインナップが用意されている
それぞれ充実のラインナップが用意されている

そして最近では携帯電話の主な用途のひとつになっているカメラもテスト。SH-N01では有効画素数800万画素でHDR撮影(ハイダイナミックレンジ合成撮影)対応のカメラをひとつ、本体背面に搭載。

実際に撮影してみた写真例をいくつか載せておきます。それぞれ撮影モードはオート設定としており、加工はリサイズ(縮小)のみ。クリックすると大きいサイズに拡大できます。

AQUOSケータイ SH-N01 カメラ作例:HDRオフで撮影
HDRオフで撮影。全体的に影は多いが、光量があれば写りはきれい
AQUOSケータイ SH-N01 カメラ作例:HDRオンで撮影
HDRオンで撮影。全体的に明るくなったが、細部はややぼんやりとした印象も
AQUOSケータイ SH-N01 カメラ作例:HDRオフで撮影
HDRオフで撮影。空の明るさに引っ張られ、やや露出オーバーな写りに
AQUOSケータイ SH-N01 カメラ作例:HDRオンで撮影
HDRオンで撮影。夜間など光量が落ちるとノイズが目立つ
AQUOSケータイ SH-N01 カメラ作例:HDRオンで撮影
HDRオンで撮影。全体的な雰囲気はわかる一方、手ブレは起きやすい
AQUOSケータイ SH-N01 カメラ作例:HDRオフで撮影
HDRオフで撮影。シズル感には欠けるものの、ガラケーのカメラと考えれば十分な出来

実際に使ってみた印象は、有効画素数800万画素というレベルを考えればまずまずといったところ。HDR撮影は利用することでとても目に見える効果が得られる一方、やや明るくなりすぎる感じも受けました。

ただしガラケーであれば、カメラの画素数は高くても1,200~1,300万画素まで。機能としては十分な気がします。

SIMフリーモデルならではの特徴・注意点は?

現在ではまだ珍しい存在の“SIMフリー”なガラケー。最後に実際に使用する中で確認した、SIMフリーモデルならではの特徴・注意点を3つ紹介しておきます

ひとつめはMMS(キャリアメール含む)には対応していないということ。SH-N01がサポートするのはSMS(電話番号を使って送受信するメッセージ)およびPCメールのみとなります。

PCメールについては今回Googleアカウントを登録し、Gmailを使用。

PCメールの受信トレイ画面
PCメールの受信トレイ画面
個別のメールチェックも文字中心ならストレスはナシ
個別のメールチェックも文字中心ならストレスはナシ
メール受信の同期はリアルタイムではない(最短5分毎)
メール受信の同期はリアルタイムではない(最短5分毎)

スマホユーザーからすれば、直感的な操作ができない分もどかしさはありましたが、メールの送受信など、基本的な機能は無難に使うことができました。

ふたつめにSIMフリーモデルということで、SIMカードを差した後、データ通信を利用する際の初期設定(APN情報の設定)は自身で行う必要があります

【設定】からネットワークを選択【設定】からネットワークを選択
【設定】からネットワークを選択
次に【ネットワーク設定】、【モバイルネットワーク】と順番に選択していく次に【ネットワーク設定】、【モバイルネットワーク】と順番に選択していく
次に【ネットワーク設定】、【モバイルネットワーク】と順番に選択していく
メニュー画面以降の進み方はAndroidスマホと同じ
メニュー画面以降の進み方はAndroidスマホと同じ
ドコモ系のSIMカードを差したところ、プリセットのAPN情報も多く確認できた
ドコモ系のSIMカードを差したところ、プリセットのAPN情報も多く確認できた
もちろん使いたいものが見つからない場合は手動登録も可能
もちろん使いたいものが見つからない場合は手動登録も可能

従来のガラケーを使う上で、このAPN情報の設定はまず行うことがないであろう作業。実際に行なってみると難しい内容ではないものの、通信をするためにはひと手間が必要ということは押さえておきたいところです。

また最後に、SH-N01はおサイフケータイやワンセグ・フルセグ機能には非対応となっています。このあたりの機能が必須ということであれば、キャリアモデルのガラケーを選ぶしかありませんね。

評価まとめ

二つ折りのデザインに防水・防塵・耐衝撃の設計のガラケーらしいクラシックさ。そしてここに4G(LTE)での高速データ通信やVoLTE、テザリングに対応と最新モデルならではの機能を搭載。

キャリア製のガラケーに漏れなく搭載されているおサイフケータイやワンセグなど一部機能はないものの、ガラケーとしての基本は押さえた十分な製品に仕上がっていると感じました。

最近では音声通話が安く使えるプラン・オプションを用意するMVNOなども増えているので、ガラケースタイルを維持しつつ、でも毎月の料金をさらに抑えたい。そんな場合によい選択肢のひとつとなってくれることでしょう。

音声通話対応の格安SIMをお探しの人はこちら

スマホ・格安SIM通販サイト「モバレコ バリューストア」では、格安SIMの初期費用を安く購入することができます。ぜひ一度チェックしてみてください。

U-mobileを申し込む(初期費用3,394円 → 0円

音声通話対応プラン

IIJmio タイプD

IIJmio タイプDを申し込む(初期費用3,000円 → 2,000円

音声通話対応プラン

紹介したプランは一部です。他にも初期費用が安くなるプラン・格安SIMはまだまだあるので、気になる人は以下の記事を参考にしてみてください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。