【2016年総集編】一番速い格安SIMはどれだ!? MVNO速度ランキング

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: 格安SIM, 格安SIMの速度比較, 比較

タグ: ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【2016年総集編】一番速い格安SIMはどれだ!? MVNO速度ランキング

こんにちは、モバレコ編集部です。

毎週木曜日に更新する「MVNOの通信速度を一斉調査!格安SIM速度ランキング」の結果から、2016年の動きを総括してみましたので、その内容をお届けします。

上記の記事は毎週測定、毎週更新となるため過去の結果を振り返ることができません。また、中・長期的に見てそれぞれのMVNOがどのように推移しているかをみるためにも、計測をスタートした2016年7月から2016年12月までの結果を振り返ってみます。

モバレコが独自調査を行っている通信の快適さランキングについては、下記記事をご覧ください。

注意事項:
この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

目次:

調査方法について

測定アプリと使用端末

当測定ではスピードテストアプリ「Ookla Speedtest.net」を使用し、主要MVNO19サービス(2016年12月時点)を一斉測定しています。端末による数値の差を出来る限りなくすために、計測端末も同じ台数を用意しました。今回は、人気SIMフリースマートフォン「ZenFoneシリーズ」を提供するASUSに協力をいただき、すべて「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」に統一しています。

計測端末はすべて「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」に統一
計測端末はすべて「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」に統一

計測場所と時間帯

計測は東京・五反田にあるモバレコ編集部のオフィス内で行っています。毎週月曜日あるいは火曜日の同日内に一斉に測定を開始。朝・昼・夕方と1日3回×3回の測定を行い、その平均値を算出。

朝は9:00~9:30、昼は12:00~12:30、夕方は17:30~18:00の間で、計測にかかる時間は10分程度でしょうか。なるべく時間帯にも差が出ないように努めています。

スプレッドシートにデータを貯めていきます
スプレッドシートにデータを貯めていきます

調査対象のMVNO(格安SIM)について

2016年12月時点で、計19サービスの測定を行っています。といっても測定を開始した2016年7月時点では12サービスで、そこから月ごとに1~2サービスずつ増えてきた格好となります。 

測定を行っているSIMは以下の通り。

MVNO 通信回線 下り最大速度
OCN モバイル ONE ドコモ 262.5Mbps
BIGLOBE SIM ドコモ 375Mbps
IIJmio タイプD ドコモ 375Mbps
b-mobile 高速定額 ドコモ
U-mobile PREMIUM ドコモ 375Mbps
楽天モバイル ドコモ 262.5Mbps
イオンモバイル ドコモ 375Mbps
LINEモバイル ドコモ 375Mbps
NifMo ドコモ 262.5Mbps
FREETEL ドコモ 225Mbps
mineo Dプラン ドコモ 225Mbps
DMM mobile ドコモ 375Mbps
hi-ho LTE typeD ドコモ 375Mbps
DTI SIM 通常プラン ドコモ 225Mbps
ロケットモバイル ドコモ 225Mbps
nuroモバイル ドコモ 375Mbps
ぷららモバイルLTE 定額無制限 ドコモ 3Mbps
UQ mobile au 150Mbps
mineo Aプラン au 225Mbps

※下り最大通信速度は各社サイトやニュースリリースなどから参照

今後は「IIJmio タイプA」を追加予定です。

一番速かったのはどれ?主要MVNO19サービスを振り返る

2016年7月~12月の6ヶ月間、実に23週に渡って毎週測定を行ってきました。そこで、長期的に見てどのMVNOが一番速いのか、その結果を順位付けしたのでご紹介します。なお計測期間にバラつきがありますが、単純に平均値をとったものとなります。(今回は下り平均速度のランキングになることをご了承ください)

ちなみに19サービスすべての推移を表したのがこちらのグラフ。

19サービスの推移を表したグラフ
19サービスの推移を表したグラフ

正直ごちゃごちゃでよくわからないので、ここからは下り平均速度が速い順にご紹介していきます。

ぜひ格安SIM選びの1つの参考にしてみてください。

1位:UQ mobile(平均23.25Mbps)

1位:UQ mobile(平均23.25Mbps)

au系MVNOでも人気の高いUQ mobileが下り平均速度のトップとなりました。平均速度は23.25Mbps。10月第5週から9週にわたって計測し、毎週下りの総合トップに輝きました。

2位:mineo Aプラン(平均10.62Mbps)

2位:mineo Aプラン(平均10.62Mbps)

同じくau系MVNOのmineo Aプランが平均10.62Mbpsで2位となりました。mineoはドコモプラン・auプランを選べる数少ないマルチキャリアの1つ。Aプランは11月第1週から8週にわたって測定し、ほぼ毎回のように2位にランクインしています。

3位:LINEモバイル(平均7.54Mbps)

3位:LINEモバイル(平均7.54Mbps)

総合3位、ドコモ系で1位となったのは2016年秋よりサービス提供を開始したLINEモバイルでした。結果は平均7.54Mbps

LINEモバイルは昼に強い印象で、多くのMVNOが必ずといっていいほど数字が落ち込む一方で、LINEモバイルは驚きの平均10Mbps超えを見せてくれました。計測は9月第3週から。

4位:FREETEL(平均6.80Mbps)

4位:FREETEL(平均6.80Mbps)

計測を開始した初期の段階から測定しているFREETELが、平均6.80Mbpsで全体の4位に入りました。実はUQ mobileが入ってくるまでは、一番トップを獲っていたSIMでもあります。

5位:IIJmio タイプD(平均6.10Mbps)

5位:IIJmio タイプD(平均6.10Mbps)

ユーザーからの信頼も厚いIIJmioのタイプDが5位にランクイン。FREETELに次いで1位を多く獲っていたSIMで、朝・夕方の時間帯に強い印象です。反対に昼の時間が課題でしょうか。こちらも計測を開始した7月第3週から。

6位:BIGLOBE SIM(平均6.06Mbps)

6位:BIGLOBE SIM(平均6.06Mbps)

大手プロバイダとして知名度も高いBIGLOBE。YouTubeやGoogle Play Musicといった動画・音楽コンテンツのデータ通信がカウントフリー(消費なし)になるエンタメフリー・オプションが特徴的。全体的に安定しているので、そういったコンテンツも心配なく楽しめそうです。計測は7月第3週から。

7位:U-mobile PREMIUM(平均5.88Mbps)

7位:U-mobile PREMIUM(平均5.88Mbps)

U-NEXTが提供するU-mobileの使い放題プラン。IIJが回線を提供しており比較的安定した高速通信を可能にします。モバレコの測定では平均5Mbpsでしたが、十分利用できる速度でしょう。ただし、短時間で大量のデータ通信を行うと通信制限にかかる場合があります。動画の観すぎには注意しましょう。計測は9月第3週から。

8位:イオンモバイル(平均5.72Mbps)

8位:イオンモバイル(平均5.72Mbps)

大手小売のイオンが提供するイオンモバイル。こちらも7月第3週から計測しており、安定してそこそこの速度を出してくれています。ただグラフを見る限りでは少し速度が下がってきたようです。これからの回復に期待したいところ。

9位:hi-ho LTE typeD(平均5.34Mbps)

9位:hi-ho LTE typeD(平均5.34Mbps)

2007年からIIJの子会社となったハイホーの格安SIM。時折速い速度を見せますが、安定しているわけではないようです。徐々に速度が落ちてきているのも気になるところ。測定は7月第3週から。

10位:mineo Dプラン(平均5.04Mbps)

10位:mineo Dプラン(平均5.04Mbps)

auプランと大きく離されてしまったmineoのドコモプラン。10月半ばから速度が少し落ち着いてしまったようです。それでも平均2~3Mbpsあたりの速度を出しているので、低価格でそこそこ使いたい人にはおすすめできそうです。測定は7月第3週から。

11位:DMM mobile(平均4.96Mbps)

11位:DMM mobile(平均4.96Mbps)

たまに昼の時間帯でも爆速を見せてくれますが、全体で見ればやはり厳しいところ。反対に夕方はそこまで悪くありません。今回も平均で5Mbps近く出ているので、低価格プランとバーストモードを活用すれば2台目スマホなどに良さそうです。測定は8月第2週から。

12位:NifMo(平均4.90Mbps)

12位:NifMo(平均4.90Mbps)

グラフを見る限り少し速度にバラつきがあります。11月に入って速度が落ちてしまっているのも気になるところ。こちらも昼の時間は厳しいので、メインで使う人は避けた方がいいかも知れません。測定は7月第3週から。

13位:OCN モバイル ONE(平均4.87Mbps)

13位:OCN モバイル ONE(平均4.87Mbps)

BIGLOBEと並び大手プロバイダの1つであるOCNのSIMブランドが「OCN モバイル ONE」。老舗ブランドとして長く多くのユーザーに利用されています。めちゃくちゃ速い・遅いというわけではなく、安定してそれなりに使えるSIMと言えそうです。知名度も高いのでその安心感が強みなのかも知れません。

14位:ロケットモバイル(平均4.75Mbps)

14位:ロケットモバイル(平均4.75Mbps)

月々298円の神プランでも話題のロケットモバイル。当測定では通常プランを使っていますが、2~3Mbpsあたりをうろうろ、たまに高速、といった印象です。比較的新しいSIMブランドなので今後に期待したいですね。測定は7月第4週から。

15位:楽天モバイル(平均4.49Mbps)

15位:楽天モバイル(平均4.49Mbps)

楽天モバイルの速度は、2桁を超えるような高速通信というより、5Mbps前後の数字をずっと出している安定感があります。先程のOCN同様、広く多くのユーザーが利用することを考えればこの安定感が大切なのかも知れません。シェアもぐんぐん伸ばしている注目のSIMです。測定は7月第3週から。

16位:nuroモバイル(平均3.12Mbps)

16位:nuroモバイル(平均3.12Mbps)

so-netのSIMブランドからネーミングを変更し、新たにnuroモバイルとして生まれ変わりました。500MB以下なら0円で使える「0 SIM」もこのブランドです。10月第5週からの測定のためデータは少ないですが、今のところ3Mbps前後をいったりきたりしています。

17位:DTI SIM(平均2.45Mbps)

17位:DTI SIM(平均2.45Mbps)

こちらは使い放題ではない、DTI SIMの通常プランでの測定。7月第3週から測定しており、安定して2~3Mbpsの速度を出し続けています。SNSを中心とした利用であれば実用的かもしれません。

18位:ぷららモバイルLTE(平均2.15Mbps)

18位:ぷららモバイルLTE(平均2.15Mbps)

筆者も使っているぷららモバイルLTEの使い放題プランです。そもそも下り最大通信速度が3Mbpsに制限されているためこのような順位ですが、制限速度に対してこの結果と考えれば上出来ではないでしょうか。実際使っていてもYouTubeなどの動画コンテンツは問題なく視聴でき、月間30GB以上使えているためほとんど困ることがありません。測定は7月第3週から。

19位:b-mobile 高速定額(平均0.41Mbps)

19位:b-mobile 高速定額(平均0.41Mbps)

残念ながら全体の最下位になってしまったのはb-mobile 高速定額プラン。現在は新規申し込みを停止していますが、いち早く使い放題プランを低価格で提供したSIMでもあります。いちアプリの測定結果とはいえ平均1Mbps以下は少し寂しいところ。ですが、実は9月第5週のみ平均1.57Mbpsを記録しているんです!(最下位でしたが)

まとめ:格安SIM選びの1つの参考にどうぞ

2016年は7月から12月まで22週にわたって毎週測定してきました。社内ではわりと変な目で見られている気がしますが、この測定結果がみなさんの格安SIM選びの参考になればと思い、引き続き測定を行っていきたいと思います。毎週の測定結果はこちら

あくまで筆者の環境で測定した結果にすぎませんが、それでも1つの指標にはなるはずです。個人的には、「これに決めよう!」というより、「このSIMを検討してみよう」というスタンスが良いと思います。それから詳しく調べたり、他社と料金比較してみたりするのをおすすめします。

また、もう1つおすすめしたいのはデータ通信専用プランを利用して一度使ってみることです。もちろん初期費用や契約した分の月額料金がかかりますが、基本的に違約金がありません。合わなければいつでもやめることができるので、使い勝手やつながりやすさを知るには一番手っ取り早い方法でしょう。

というわけで宣伝です

モバレコ バリューストアでは通常よりも安い初期費用で販売しているので、少しでもコストを抑えたい方におすすめです。店頭ではなくWeb上での申し込みになりますが、格安SIMを始める上で他にはないお得なキャンペーンなので、この機会にぜひ利用してみてください。買ってね〜!

UQ mobile(初期費用3,000円 → 1,150円★au系SIMでおすすめ

U-mobile(初期費用3,394円 → 1,200円

※1 U-mobile PREMIUMとは異なるプランです

IIJmio タイプD(初期費用3,000円 → 330円

その他のSIMや音声通話月プランは下記のリンクからどうぞ。

MVNO各社の公式サイトはこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

2年縛りが終っていないのにiPhone Xの購入を考えている新人ディレクターのMです。10月になり、本格的な秋の到来です。秋と言えば運動会、筆者は足が速かったので、リレーの選手でした。自慢してよいですか? モテましたねー。何で小学生の頃って足が速いだけでモテるんでしょうか。最近の運動会は1番を決めずに皆でゴールする学校もあると聞きましたが、残念ながら社会は平等ではないので・・・おっとこれ以上はやめましょう。今月もモバレコをよろしくお願いします!