HUAWEI MediaPad M3レビュー!音楽と動画を存分に楽しみたいならこのタブレットで決まり

書いた人: とくめい

カテゴリ: HUAWEI

HUAWEI MediaPad M3レビュー!音楽と動画を存分に楽しみたいならこのタブレットで決まり

Huaweiから画質や音質をこだわり抜いたタブレット「MediaPad M3」が2016年12月16日に発売されました。8インチの高精細なディスプレイ・高性能なCPUを搭載しつつ、スタンダードモデル(Wi-Fiモデル)なら3万円台前半で購入できるコスパの良さが魅力的な1台です。

今回はゴールドカラーが美しいLTE搭載のプレミアムモデルの、本体の質感や映像・音質の良さをレビューします。

目次:

HUAWEI MediaPad M3のスペック

まず初めに本体性能から見ていきましょう。

MediaPad M3ではスタンダードモデルとプレミアムモデルに分かれており、スタンダードモデルはWi-Fi版とLTE版から選べます。プレミアムモデルでは、ストレージ容量が64GBに倍増し、専用カバーやAKG製のイヤホンが付属します。

本体価格(税抜) スタンダードモデル(Wi-Fiモデル):31,980円
スタンダードモデル(LTEモデル):37,800円
プレミアムモデル:42,800円
カラー スタンダードモデル:シルバー(Wi-Fi / LTE)
プレミアムモデル:ゴールド(LTE)
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約215.5 × 124.2 × 7.3 mm
重量 約310g
OS / UI Android 6.0 Marshmallow / EMUI 4.1
ディスプレイ 8.4インチ WQXGA(2,560×1,600)IPSディスプレイ
CPU Huawei Kirin 950 オクタコア (4 x A72@2.3GHz + 4 x A53@1.8GHz)
メモリ スタンダードモデル:
RAM 4GB / ROM 32GB / microSDカード(最大128GB)
プレミアムモデル:
RAM 4GB / ROM 64GB / microSDカード(最大128GB)
通信方式 下り(受信時)最大:150Mbps (LTE)
上り(送信時)最大:50Mbps(LTE)
FDD-LTE: Band 1/3/5/7/8/19/20/28
TDD-LTE: Band 38/39/40/41
W-CDMA: Band 1/2/5/6/8/ 19
TD-SCDMA: Band 34/39
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
SIMカード nanoSIM×1
充電端子 micro USB
カメラ メインカメラ: 800万画素(AF)
インカメラ: 800万画素
オーディオ SWS 3.0サラウンドシステム
デュアルスピーカー
音楽再生フォーマット: MP3/FLAC/APE/WAV/OGG/MIDI/3GP/AAC
バッテリー容量 5,100mAh
付属品 スタンダードモデル:ACアダプタ / USBケーブル / 保護フィルム
プレミアムモデル:ACアダプタ / USBケーブル / 専用カバー / AKGイヤフォン / 保護フィルム

※スペック表は公式のMediaPad M3 スペックより引用。

ディスプレイは8.4インチ WQXGA(2,560×1,600)と8インチ台のタブレットではトップクラスに解像度も高く、IPSディスプレイで横から見ても色変化が少なく複数人で写真や動画を見る時に最適です。

CPUにはhonor 8と同じKirin 950に加えて、4GBのメモリで重たいアプリを同時に起動しても裏でアプリが終了することが少なくなったのもポイント。参考までにベンチマークアプリ「Antutu Benchmark」で計測してみたところ、93702点とかなりいいスコアを記録しました。

ベンチマークアプリによる計測結果ベンチマークアプリによる計測結果

注目してほしいのがオーディオ周り。世界的なオーディオブランドのharman/kardonとの協力により、タブレット単体とは思えないほどクリアで広がりのあるサウンドを楽しめます。

開封した後からすぐに使える豪華な付属品たち

それでは早速箱を開封していきましょう!

真っ白な箱に型押しの印字
真っ白な箱に型押しの印字
harman/kardon
Huaweiのロゴ
harman/kardonやHuaweiのロゴ

真っ白な箱に金色の型押しで印字された化粧箱は、まるでアクセサリーでも入ってそうな高級感があります。開ける前からワクワクさせてくれますね。

箱を開けると本体とAKG製のイヤホンがお目見え
箱を開けると本体とAKG製のイヤホンがお目見え

箱はフリップ式で蓋が開き、開けた瞬間に本体とプレミアムモデル限定のAKG製のイヤホンが登場しました。

フィルムで本体を持ち上げる
フィルムで本体を持ち上げる
付属品一式が詰まっている
付属品一式が詰まっている

フィルムで本体を持ち上げるとSIMピンや説明書や保証書一式、microUSBケーブルなどが出てきました。

保護フィルムまで付いてくる
保護フィルムまで付いてくる

嬉しいことに保護フィルムまで標準セットに付いてきます。タブレットを手に入れた当日から使い始められるのは嬉しい配慮ですね。

付属品が豪華!
付属品が豪華!

プレミアムモデルの付属品一式を並べるとこれだけ入っていました。これに先ほど紹介した保護フィルムと専用カバーが付いてきます。

細部までこだわり抜いた高級感のあるデザイン

MediaPad M3の正面
MediaPad M3の正面
本体上部にはHUAWEIロゴが確認できる
本体上部にはHUAWEIロゴが確認できる

左右のベゼル部分が細く作られているので、正面から見ると大きめのスマホのように見えます。上部にはHUAWEIロゴと800万画素のインカメラを配置。タブレットでも高画質な自撮りを楽しめます。

本体右側面には電源ボタンとボリュームボタン
本体右側面には電源ボタンとボリュームボタン

右側面には電源ボタンと音量ボタンが並びます。電源ボタンにはスピン加工が施され高級感だけではなく押し間違えも防いでくれます。エッジ部分には3次元ダイヤモンドカットで光がキラリと反射します。

本体下部には、microSD・SIMスロット、スピーカー、microUSBコネクタ、マイクが確認できます
本体下部には、microSD・SIMスロット、スピーカー、microUSBコネクタ、マイクが確認できます

下部にはmicroSD・SIMスロット、スピーカー、microUSBコネクタ、マイクを内蔵。スピーカーについてはこだわりポイントが沢山あるので後述します。

SIMスロットはSIMピンをグッと奥まで差し込み引くとスロットがオープンします
SIMスロットはSIMピンをグッと奥まで差し込み引くとスロットがオープンします
microSDと兼用のSIMスロット
microSDと兼用のSIMスロット

SIMスロットはmicroSDスロットと兼用です。LTE版だとWi-Fiルーターを持ち歩いたりスマホのテザリングを起動しなくても、SIMカードを挿してタブレット単体で通信できます。

また、バッテリー容量が5,100mAhもあるためWi-Fiテザリングでルーター代わりに使用するのもオススメです。

ナビゲーションキーを兼ね備えた指紋認証センサー

タッチ式の指紋認証センサーを搭載
タッチ式の指紋認証センサーを搭載

下部には指紋認証センサーが配置されています。ボタンはタッチ式で押し込むことはできません。

ナビゲーションバーしても機能するナビゲーションバーしても機能する
ナビゲーションバーしても機能する

この指紋認証センサーはロック解除として使う以外にも、ナビゲーションバーとしても機能します。FREETEL REIやKIWAMI 2に搭載されたFREETELボタンのように、短押しでバック、長押しでホーム、左右スワイプでタスク一覧、上にスワイプでGoogle Now起動が割り当てられています。

もちろんAndroid標準のナビゲーションバーも選べます。指紋認証センサーのショートカットは個別で有効 / 無効が切替できるので好みに合わせて変更しておきましょう。

動画にしてみるとこんな感じです。指紋認証の認証精度も高く、タッチしただけですぐに反応してくれて思った以上に使いやすいです。

ただ1点、上スワイプのGoogle Now起動が過敏に反応してしまい、操作中に誤って起動することが何度も発生したため、ある程度慣れが必要だと感じました。今後ソフトウェアのチューニングでどうにかなるといいのですが…。

片手でしっかりと握れるサイズがGood!

MediaPad M3の背面
MediaPad M3の背面

背面はサラサラのメタルボディに、繋ぎ目のない滑らかなカーブは触っていて気持ちがいいです。これまでのタブレットといえば野暮ったいイメージがありましたが、外装の安っぽさは全く感じられません

外観デザインの安っぽさは感じられない
外観デザインの安っぽさは感じられない
狭額縁設計によって片手でもしっかりと握れる
狭額縁設計によって片手でもしっかりと握れる
側面から背面にかけて緩やかにラウンドしている
側面から背面にかけて緩やかにラウンドしている
側面から背面にかけて緩やかにラウンドしている

側面にかけて緩やかにカーブした設計と画面占有率82%の狭額縁設計によって、片手でもしっかりとホールドできる絶妙なサイズが持ちやすさに大いに貢献しています。

他のタブレット・ファブレットとサイズ比較

私が持っている大画面モデルと比較。左から順番にXperia Z4 Tablet SOT31(10.1インチ)、MediaPad M3(8.4インチ)、P8max(6.8インチ)。

コンパクトサイズのバッグでも持ち運びできる
コンパクトサイズのバッグでも持ち運びできる

8.4インチというサイズ感は画面の広さと携帯性が絶妙で、小さめのバッグにもスッポリ入ります。私は折りたたみ式のBluetoothキーボードやスタンドなどをひとまとめにして持ち運んでいました。

Bluetoothキーボードとの相性も抜群
Bluetoothキーボードとの相性も抜群

Bluetoothキーボードを接続するとOfficeソフトの編集やブログ更新なども捗ります。解像度も高いので細かい文字でも潰れずにくっきりと表示されました。

タブレットとは思えないほど迫力のある音声が楽しめる

付属のイヤホン「AKG H300」

MediaPad M3では薄型・軽量化しつつ大型のスピーカーを2基搭載し、タブレット単体でも迫力のある音声を楽しめます

歪みや音割れを抑えつつ低音をしっかりと鳴らす「Smart PA」、位相変調技術により音に奥行きを出す「SWS3.0」、タブレットの持ち方によって再生モードを変える「スマートチャンネルスイッチ」では、横持ちだとステレオ効果を強調し、縦持ちだと音の大きさを強調することで視聴環境に応じて最適なサウンドが楽しめます。

ヘッドホンアンプ内蔵のHi-Fi DAC チップ「AK4376」を内蔵し、プレミアムモデル付属のイヤホンを使用するとHI-FI再生も可能です。

付属のイヤホン「AKG H300」
付属のイヤホン「AKG H300」

プレミアムモデルに付属するイヤホン「AKG H300」は、AKGと共同開発したMediaPad M3専用設計イヤホン。私はオーディオ系にあまり詳しくないですが、音の伸びや高音の響きは普段使っているEarPodsよりもしっかりと出ていると思いました。

イヤーピースもきちんと同梱されています
イヤーピースもきちんと同梱されています

耳のサイズに合わせて大きめと小さめのイヤーピースも付いてきます。標準サイズが合わないと感じたら変更してみるといいでしょう。

イヤホンにはボリューム調整ができるコントローラーがついている
イヤホンにはボリューム調整ができるコントローラーがついている

イヤホンには再生・停止、音量調整や選曲が行えるコントローラーを内蔵。ケーブル部分はナイロン素材のようなもので出来ており、絡みにくく耐久性にも優れています。

カメラ画質をチェック

続いてはカメラの画質チェック。メインカメラ、インカメラ共に800万画素のレンズを搭載しています。実際にいくつか作例を撮影してみたのでご参考までに。

赤瓦屋根の風景
赤瓦屋根の風景

道路を挟んだ場所にある赤瓦屋根のホテルを撮影。広角レンズで周辺の町並みまで撮影できました。拡大してもディティールを保持しておりまずまず。

居酒屋の看板をプロモードで撮影。味のある写真に
居酒屋の看板をプロモードで撮影。味のある写真に

居酒屋で飲む前に撮影した1枚。プロモードにして色味や明るさ、焦点距離をマニュアルで変更するとこのような味のある写真も撮影可能。

端末を固定して夜景モードで撮影
端末を固定して夜景モードで撮影

夜景モードにして端末をスタンドなどで固定しながら撮影すると、実際に目で見る景色よりも明るく撮影ができました。シャッタースピードを長くするため手持ちだとかなりブレやすいです。

沖縄そば
沖縄そば

沖縄そばは、脂の照りやスープの透き通った感じがよく出ていました。

オート撮影
オート撮影
ナイスフードモード
ナイスフードモード

スタバのベイクド アップル フラペチーノでオート撮影とナイスフードモードの比較。オート撮影だと逆光で全体的にくすんだ色味になっていますが、右側のナイスフードモードで撮ったときのほうが美味しそうな色味になっています。

オート撮影
オート撮影
ナイスフードモード
ナイスフードモード
オート撮影
オート撮影
ナイスフードモード
ナイスフードモード

スコーンやクリスマスで購入したピザも、青みがかった色味が暖色系で色鮮やかになり美味しそうに見えます。

オート撮影ナイスフードモード
右がナイスフードモードだが、色がどきつくなってしまった
オート撮影ナイスフードモード
白飛び・黒つぶれしてしまった

ただし照明の当たり方によってはどちらもイマイチになることが多く、他のHuawei製品と比べて環境に大きく左右されやすく感じました。普段はHuawei P9で撮影していますが、同じ環境で撮っても写真の精細さや色味変化の少なさはP9に軍配が上がります。

オートで撮影すると青みがかった画質になるため、モード調整や画像加工アプリで補正する必要があります。タブレットのカメラなので、大画面を活かして撮った写真をそのまま複数人で見るような使い方がいいかも。

HUAWEI MediaPad M3の価格と購入できる場所

カメラ画質、オーディオもタブレットの性能とは思えないほどよくでてきており、ディスプレイサイズが8.4インチと使い勝手がいいHUAWEI MediaPad M3の本体価格は下記の通り。

端末名 価格(税抜)
HUAWEI MediaPad M3 8.0 LTE プレミアムモデル 42,800円
HUAWEI MediaPad M3 8.0 スタンダードモデル(LTE) 37,800円
HUAWEI MediaPad M3 8.0 スタンダードモデル(Wi-Fi) 31,980円

HUAWEI MediaPad M3は、オンラインストア、家電量販店から購入することができます。また、LTEモデルは格安SIMと一緒に使うことができ、セット購入したい場合は楽天モバイルが販売しています。

MediaPad M3 8.0

HUAWEI MediaPad M3 8.0 LTE プレミアムモデル
カラー : ゴールド
本体サイズ : 高さ:215.5mm × 幅: 124.2mm × 奥行き:7.3mm
重さ : 約310g
OS : Android 6.0 Marshmallow
RAM : 4GB
ROM : 64GB
電池容量 : 5,100mAh
ディスプレイ : 8.4 inch 2560 x 1600 IPS
カメラ : アウトカメラ 800万画素 / インカメラ 800万画素

評価まとめ:音と映像コンテンツを楽しむにはぴったりのタブレット

MediaPad M3ではタブレットとしての基本性能も高いだけではなく、綺麗な音や映像を映画鑑賞や電子書籍の閲覧、音楽だけではなくゲームなどの多彩なコンテンツを思う存分楽しむことが出来ます

是非とも一度家電量販店などへ足を運び、実機に見て触れてその良さを確かめてみて下さい。これさえあれば休日をきっと有意義に活用できるでしょう。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

とくめい

とくめい

(自称)格安SIMアドバイザー・LCCトラベラー

プロフィール

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマホやタブレットなどのモバイルガジェットをはじめ、格安SIMの料金や速度比較、初心者向けのハウツー記事などを執筆しています。格安SIMを20枚以上契約しており、様々な利用用途から最適な料金プランを提案します。

LCCや高速バスを使って安く・お得に全国各地へ旅をするのが趣味。個人ブログ「Creator Clip」や、モバレコ以外の外部メディアには旅行やお出かけ情報に関する記事も書いています。

得意カテゴリー

スマホレビュー・格安SIM・初心者向け記事など

ブログ・SNS

Creator Clip
https://creatorclip.info/
Twitter(@tokumewi)
https://twitter.com/tokumewi/
Instagram(@to9mewi)
https://www.instagram.com/to9mewi/

メディア実績

【テレビ】

  • 沖縄ローカル番組「こきざみプラス」にゲスト出演(2016/12/04)

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン