UQモバイルへMNPする方法は? スムーズに乗り換えるための4つのステップ

書いた人: 船本ちとせ

カテゴリ: UQ mobile

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQモバイル MNP

UQモバイルに乗り換えしたいけど、手続きが大変そう」と思っていませんか?この記事では、そんな方のために携帯電話番号はそのままで、UQモバイルに乗り換える方法(MNP)を徹底解説します。

手続きが不安なあなたでも安心。事前の準備をしておけば、スムーズな乗り換えが可能です。手続きの流れも紹介しますので、どんな手順で進んでいくのかイメージできます。

※なお、当記事で紹介する内容は記事執筆時点での情報で、金額はすべて税抜価格です。

目次:

UQモバイルへMNP(転入)したときの料金プラン

UQモバイルの料金プラン
UQモバイルの料金プランは?

UQモバイルへ乗り換えしたら、月々の料金プランはどうなるのでしょうか。UQモバイルでスマートフォンを使うなら「スマホプラン」の3つの中から1つ選択します。

詳細な料金は以下の通りです。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額料金 1,980円 2,980円 3,980円
データ容量 3GB 9GB 14GB

データの使用頻度に合わせてプランを選びましょう。1番大きいスマホプランLにしても、大手キャリアの料金プランよりお得です。1ヶ月でデータ量を使い切らなかったときは、翌月に繰り越しが可能になっています。無駄なくデータ量を使えるのがUQモバイルの良いところです

さらに家族でUQモバイルにすると、家族割で2台目以降が500円引きになります。上記の金額から割引されるので、乗り換えするなら家族も一緒にUQモバイルにするのがおすすめです。

なお、スマホプランはデータ通信部分の料金ですので、通話料は別途発生します。電話をかけた場合、通話料は30秒につき20円です。もし通話が多くなるなら、通話オプションを追加しましょう。1回につき10分のかけ放題が毎月700円、1ヶ月60分の通話パックが500円で利用できます。

UQモバイルへMNP(転入)するときの事前準備・確認事項

MNP転入時の準備
UQモバイルへMNPする際の準備と確認しておくポイント

ここからは、UQモバイルへ乗り換えるための、事前準備と確認事項を紹介します。主に事前準備と確認事項は以下の5つです。

・ 現在の契約で解約金や違約金がかからないか確認する
・ UQモバイルで端末を使えるか確認する
・ 利用している通信キャリアからMNP予約番号を発行する
・ 本人確認書類を準備する
・ データの移行、アプリの引き継ぎをする

現在の契約で解約金や違約金がかからないか確認する

UQモバイルに乗り換える際に、現在の契約で解約金や違約金がかかる場合があります。
2019年10月から各キャリアで解約金が安くなる、もしくはかからなくなるプランも発表されていますが、それ以前のプランは2年縛りになっていて、解約金が発生するパターンが多いです。

大手キャリアの場合、2年契約の更新月以外での解約は9,500円かかります。乗り換えするときの大きな負担になりますので、事前に契約の更新月を確認しておくと安心です。更新月の確認はWebでもできますが、勘違いで時期がズレてしまわないように、念のため店頭かコールセンターにも聞いておくと良いでしょう。

また、本体を購入したときの割引サポートが継続されていると、違約金の対象、もしくは割引が終了になる場合があります。直近2年以内に機種を購入した人は注意が必要です。

UQモバイルで端末を使えるか確認する

現在使っている端末をUQモバイルでそのまま使うこともできます。その場合、UQモバイルに乗り換えたあとも端末を使えるか確認しておきましょう。動作確認済み端末の一覧は、UQモバイル公式サイト内にあります。

※参照:動作確認端末一覧│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)

ドコモ・au・ソフトバンクなどを利用してSIMロックがかかっている端末であれば、乗り換え前に「SIMロック解除」の手続きが必要です。UQモバイルで動作確認が取れている端末であれば、SIMロック解除をすることでUQモバイルのSIMカードを入れて通信が可能になります。

SIMロック解除手続きには3,000円程度の手数料が発生する場合があるので、乗り換えするときの予算に組み込んでおきましょう。

利用している通信キャリアからMNP予約番号を発行する

MNP予約番号とは、現在使っている携帯電話番号を変更せずに、そのままUQモバイルで引き継ぐための番号です。乗り換えするときに、1回線につき1番号が必要になります。現在契約しているキャリアから取得しましょう。

MNP予約番号の有効期限は15日間。その間に手続きをしないと予約番号は無効となり、現在の契約がそのまま継続します。

ただし、UQモバイルへの乗り換え手続きをWebからするときは注意が必要です。予約番号を取得してから2日以内に乗り換えの申し込みをしないと、有効期限までに手続きが完了しない場合があるためです。

予約番号取得から乗り換え手続きを2日以内に完了できるよう、スケジュールの調整をしておくと安心です。具体的なMNP予約番号の取得方法は後ほど紹介します。

本人確認書類を準備する

本人確認書類
本人確認書類の準備

手続きを始めてから「あの書類が手元になかった!」ということのないように、あらかじめ本人確認書類を揃えておきましょう。中には役所に行かないと取得できない書類もありますので、しっかり準備しておくことをおすすめします。

UQモバイルに乗り換えするときに必要になるものは、「本人確認書類」「本人名義のクレジットカード」「連絡の取れるメールアドレス」です。本人確認書類は原本で以下のうち1点が必要となります。

・ 運転免許証
・ パスポート
・ 写真つき住民基本台帳カード
・ 身体障がい者手帳または療育手帳 または精神障がい者保健福祉手帳
・ 特別永住者証明書
・ 在留カード
・ 健康保険証+補助書類

健康保険証で手続きをする場合は、住所確認のために補助書類が必要です。たとえば、公共料金領収証や住民票など、発行から3ヶ月以内のものを用意してください。
また、未成年の方が契約者になる場合は、以下の書類が必要になります。

・ 未成年者本人の確認書類
・ 親権者同意書(兼フィルタリングサービス不要同意)
・ 親権者の本人確認書類

本人確認書類の詳細については細かく定められているため、公式サイトにて確認しておくと確実です。

※参照:お申し込みに必要なもの一覧|格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

データの移行、アプリの引き継ぎをする

乗り換えと同時に機種を買い替えるなら、事前に電話帳や写真などをバックアップしておきましょう。現在どの機種を使っていて、これからどの機種に変えるのかによって、バックアップの方法は異なります。

バックアップ方法の一例を挙げておきますので、参考にしてください。

バックアップ元/復元先 iPhone Android
iPhone iCloudへ保存 Google同期、クラウドサービス、PCなど
Android Google同期、クラウドサービス、PCなど SDカードへ保存

iPhoneからiPhone、AndroidからAndroidは簡単にデータ移行が可能です。しかし、AndroidからiPhone、もしくはその逆の場合は少々複雑になりますので、どの方法でデータ移行するのか、よく検討しておいたほうが良いでしょう。

またLINEやおサイフケータイを使っている人は、アプリごとに引き継ぎ設定が必要です。ゲームアプリでも引き継ぎしないと続きからプレイできないものもあります。それぞれ設定方法が異なるので、使っているアプリをリストアップして、機種変更時の引き継ぎをしておきましょう。

中には乗り換え手続きが完了してしまうと、移行できないアプリもあります。乗り換え完了前に、バックアップとアプリの引き継ぎ設定をしておくとスムーズです。

UQモバイルへMNP(転入)するときの費用

MNP費用
UQモバイルへMNPする場合の費用は?

UQモバイルに乗り換えするときに、SIMカードの代金として3,000円がかかります。UQモバイルに支払う初期費用はSIMカード代のみです。

しかし、他社から転出する手数料のほうが高くなる可能性が考えられます。発生する可能性のある手数料をまとめると、以下のとおりです。

・ 解約金
・ 端末割引の違約金
・ SIMロック解除手数料
・ MNP転出手数料
・ UQモバイルのSIMカード代金

「こんなにお金がかかる予定じゃなかった」ということのないように、あらかじめトータルで乗り換えにいくらかかるのか計算しておくと安心です。

MNP予約番号の取得方法

UQモバイルに乗り換えするときに必要なものがMNP予約番号です。ここでは、ドコモ、au、ソフトバンクなどの主要キャリアから予約番号を取得する方法を表にまとめてみました。

また格安SIMやMVNOについても記載しています。ご自身の使っているキャリアをチェックしてください。

各キャリアで共通していることは、以下の内容になります。

・ 電話での予約番号取得は契約者本人からの申し出が必要
・ オンライン受付は、ログイン用のIDとパスワード等が必要

またUQモバイルへ乗り換え手続きをするのは、予約番号取得後から2日以内となっています。そのため、キャリアから予約番号を取得するのは、なるべく早い時間帯にしたほうが効率的です。

ドコモの場合

ドコモの場合
ドコモの場合
オンライン手続き My docomo 午前9時~午後9時30分
電話受付 ドコモインフォメーションセンター
ドコモの携帯から:151
一般電話から:0120-800-000
どちらも通話料無料
午前9時~午後8時
店頭 ドコモショップ 各店舗の営業時間内
転出手数料 3,000円
(2019年9月までの料金プランの場合2,000円)

auの場合

auの場合
auの場合
オンライン手続き My au 午前9時~午後8時
電話受付 携帯、一般電話から:
0077-75470通話料無料
午前9時~午後8時
店頭 auショップ 各店舗の営業時間内
転出手数料 3,000円

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合
ソフトバンクの場合
オンライン手続き My SoftBank 午前9時~午後8時
電話受付 ソフトバンクMNP問い合わせ窓口
ソフトバンクの携帯から:*5533
一般電話から:
0800-100-5533
どちらも通話料無料
午前9時~午後8時
店頭 ソフトバンクショップ 各店舗の営業時間内
転出手数料 3,000円

格安SIM・MVNOの場合

格安SIMやMVNOは非常に多いため、ここでは代表的なものを挙げてみました。

ワイモバイル:ワイモバイルカスタマーセンター(0570-039-151)、もしくはMy Y!mobile
楽天モバイル:メンバーズステーション
LINEモバイル:LINEモバイルマイページ
マイネオ:マイネオマイページ

各社の受付時間や、転出手数料はそれぞれ異なります。確認してからの手続きがおすすめです。

UQモバイルへMNPで乗り換えする手順は簡単4ステップ

MNP手順
簡単乗換え4ステップ

では実際にUQモバイルに乗り換えする手順を紹介します。難しいと思われがちの手続きも簡単4ステップで終了です。

乗り換えの手順は以下の通りです。

1. 申し込み手続きをする
2. 本人確認書類をアップロードする
3. SIMカードの回線切り替え作業をする
4. 初期設定をする

申し込み手続きをする

UQモバイルへの乗り換え申し込みする方法は2通りです。

・UQスポット、UQモバイルを扱っている店舗で申し込む
・UQモバイルオンラインショップで申し込む

手続きが不安な人は、対面で相談できる店舗での手続きがおすすめです。店舗へ行って手続きをすれば、即日乗り換え手続きが完了します。

近くにUQモバイルを扱っている店舗がない、忙しくて店舗に行く時間がないという人は、オンラインショップでも手続きができます。オンラインショップでの手続きは、スマホやパソコンから必要事項を入力していくだけ。わざわざ店舗に行かなくても手続きが完結します。わからなくなった場合でもチャットや電話でのサポートがあるので安心です。

店舗へ行く人は、スタッフの指示の通りにすれば良いので、ここで手続きは終了です。以下で紹介する残りのステップは、オンラインショップで手続きする方法になります。

本人確認書類をアップロードする

UQモバイルのオンラインショップで必要事項を入力し、乗り換え申し込みが終わると、申し込み完了画面に本人確認書類をアップロードするボタンが表示されます。画面の指示にしがたって、事前に用意した本人確認書類をアップロードしていきます。

スマホやデジカメで本人確認書類を撮影する際には、手ブレで文字が不鮮明にならないように注意しましょう。また免許証や保険証など、裏面のあるものは両面の写真が必要です。
最後まで登録し、「アップロード完了」のページが出たら申し込み手続きはすべて終了となります。

アップロード画面は登録したメールアドレスに届く「申し込み完了メール」からもアクセス可能です。

SIMカードの回線切り替え作業をする

SIMカードの回線切り替え
SIMカードの回線切り替え

申し込み手続きと本人確認書類のアップロード完了後、UQモバイルの審査が入ります。場合によっては、審査に1週間程度かかることもあるようです。審査が完了すると、その翌日にSIMカードが発送されます。手続きのときに端末も購入した場合は、SIMカードとセットで届きます。

商品が到着したら、回線切り替えの作業を行いましょう。

1. my UQ mobileにログイン
2. お申し込み状況一覧
3. 回線切り替え
4. 実行

この作業をもって、これまでのキャリアでの契約は終了し、UQモバイルユーザーになります。なお、切り替えが完了するまでに30分程度時間が必要です。

回線切り替えの受付時間は、午前9時30分から午後8時30分までとなっています。UQお客さまセンターが午後9時終了になっているので、時間に余裕を持って回線切り替えをするようにしましょう。

初期設定をする

端末にUQモバイルのSIMカードを入れましょう。その後、端末の電源を入れると、新しく買った端末の場合、本体の初期設定が始まります。画面に沿って初期設定を進めましょう。
これまで使っていたAndroid端末をSIMフリーにして使う場合は、APN設定が必要です。APN設定をしないと、スマホがインターネットに接続できないままになってしまいます。手順どおりに画面を操作すれば設定は簡単です。

本体の初期設定が終わったら、事前にバックアップしておいた電話帳や写真データを復元していきます。また必要なアプリのダウンロードや、引き継ぎをしておいたアプリの設定もしていきましょう。準備段階でしっかりバックアップやアプリの引き継ぎ設定ができていれば、スムーズな復元ができます。

けれども、すべての設定を一気にしようとすると意外と大変です。時間に余裕を持って少しずつやっていきましょう。

以上でUQモバイルへの乗り換えは終了です。お疲れさまでした。

まとめ

UQモバイルへMNPで乗り換えするときの事前準備や手続きの手順を紹介してきました。
乗り換え手続きは難しいイメージがありますが、準備さえしっかりできていれば、その後の手順はスムーズに進みます。

UQモバイルへ乗り換えて、スマホの料金を節約してみましょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

船本ちとせ

船本ちとせ

Android大好きスマホライター

プロフィール

30代、新潟県在住のWebライター。前職ではキャリアショップ店員を8年経験し、プラン診断や故障相談が得意でした。その後、これまでの知識とスマホ好きなことを活かして、スマホ系ライターに転身。2018年からさまざまなメディアで執筆中です。「複雑なスマホの世界を、文字をとおしてわかりやすく伝えること」をモットーにしています。

好きなスマホはiPhoneよりAndroid。使ってきた歴代スマホはすべてAndroidです。その中でも特にGalaxyシリーズがお気に入り。

プライベートでは一児の母です。週末に子供とお出かけするのが楽しみになっています。趣味は多肉植物を育てること、ワークショップに参加して作品を作ること。

得意カテゴリー

ドコモ全般・格安SIM・VOD・スマホ代金の節約

ブログ・SNS

ふなちとぼっくす
https://motomuu-days.net/
Twitter(@f_chito_se)
https://twitter.com/f_chito_se

メディア実績

【Webメディア】

  • アンドロイドゲート
  • モノレコ
  • で・どれ
  • 他多数